« 「JBK友の会」アクセス総数10万突破 | トップページ | 撫子さん五行歌ハマ風推薦歌に・裁判員制度・麻生・小沢党首怪談・羽賀研二無罪判決 »

2008年11月27日 (木)

鎌倉・麦とろで、篠笛吹きながら楽しい忘年会

鎌倉・麦とろで忘年会

ミニ「月見草の会」院長夫婦、Sさん、Nさんと兼ねてからの懸案だった鎌倉散策の後、「麦とろの店」で忘年会を兼ねて開催。生憎の雨で予定を大幅に変更した。皆が足の悪い(転倒後遺症)年寄りを気遣ってくれた。

麦とろの店の紹介者

「麦とろの店」は横浜西口の狸小路の赤提灯で知り合ったKさんから教わった店。Kさんはいつも赤提灯のカウンターの奥で一人酒をやっていた。他の客とは一切話したことがなかった。Kさんは店長から篠の「負けてたまるか」を聞いて本を買ってくれた。「この気持ちは分かるね」と珍しく向こうから話しかけてきた。「何か思い悩むとこの本を読んでいる。サインをしてもらいたい」そんなことがあって顔を合わせると挨拶をするようになった。

そのKさんが「鎌倉の裏通り、女将さんは無愛想だが、麦とろの味は最高。今度案内する」と教えてくれたのがこの店。約束を果たすことなく、そのKさんも一度もこの店に一緒することなく一人寂しく千の風になって久しい。

麦とろの店の味

鎌倉駅から徒歩4分。狭い急な階段を上った2階のカウンター6人くらい座敷テーブル3卓のこじんまりとした小料理屋。看板の麦とろは女将さんが注文を受けてから作ってくれる。付いてくるいわしのつみれ汁がまたなんともいえない。

刺身も女将さんがじきじき市場に行って仕入れてくるほか、漁師さんが自分で釣った魚を持参で来ることもあるだけあって新鮮で美味しい。手造りのおから、漬物がまた最高。

こんな店が近くにあると日参してしまう。

篠笛合奏

料理が出るまでの時間、女将さんの了解を得て4人でKさんを偲んで篠笛の合奏。「さくら」「荒城の月」3人とも篠笛を持参しただけあって練習の成果が出ていて音色もこれまで最高だった。店のお客さんからもいい時に来合わせた。と、しきりに拍手が出ていた。

新年会決定

麦トロができるまでの僅かの時間を利用して、新年会は場所はSさんの家で、日日などあらかたのことが決まってしまった。

院長夫妻たちはこれから明日香ちゃんのライブに参加するといって、湘南新宿スカイラインで直行すると言う。この若さとパワーには年寄りは付いていけない。横浜駅で分かれたが、なんとも楽しい一夜だった。これじゃ身辺整理なんて手が付けられない。

|

« 「JBK友の会」アクセス総数10万突破 | トップページ | 撫子さん五行歌ハマ風推薦歌に・裁判員制度・麻生・小沢党首怪談・羽賀研二無罪判決 »

コメント

今年始めた篠笛が、暮れには少し形になって、何よりお師匠さんに少しほめられて、ほっ。

投稿: 藍弥生 | 2008年11月27日 (木) 23時36分

行けなくて残念だったなあ。。。

今日は寒くて、雨もひどかったねえ。

滑らないようにねっ!

投稿: 恵 | 2008年11月28日 (金) 01時26分

サボっていると、歩道橋の上に立たされちゃうから、生徒も必死ですよ〜。
今日は合格点貰えたみたい!?(^^♪

投稿: 撫子 | 2008年11月28日 (金) 01時40分

藍ちゃん
努力の賜物だよ。年配のお客さんがシミジミと感心して聞いてくれた。これで安心しないで練習続けようね。
惠ちゃん
惠ちゃんの都合が付かなくて残念だったね。今度日日を合わせて行こうね。
撫子さん
ソバに誰か聞いてくれる人がいると、適度の緊張感があっていいみたい。
昨日はまた特別音の響きがよかったよ。笛は正直だね。

投稿: 篠笛 | 2008年11月28日 (金) 08時53分

リスナー報告!
最高でした!!!
篠笛演奏会計画も、いろいろありそうなので、リスナー&カメラマン&篠笛さんの頼りない杖役を買って出ようとしています。
みなさまもぜひ♪歩道橋に立つSさんの姿は残念ながらカメラに収められませんでした。

投稿: 夏海 | 2008年11月28日 (金) 10時52分

 「麦とろの店」料理もさることながら、その場の楽しそうな雰囲気が目に見えるようです。篠笛先輩は、小生の3倍も5倍も楽しい日々を過ごされているようです。
 来春「イワヒバ」は、必ず戴きに伺います。今度は、枯らさないよう手入れの方法もご教示をお願い致します。精魂込めて育てます。

投稿: ライス | 2008年11月28日 (金) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「JBK友の会」アクセス総数10万突破 | トップページ | 撫子さん五行歌ハマ風推薦歌に・裁判員制度・麻生・小沢党首怪談・羽賀研二無罪判決 »