« ガンを防ぐための12か条 | トップページ | 今年最後の篠笛教室・公の誕生会・バアチャン異常なし »

2008年12月24日 (水)

風のガーデンに寄せてJ・BKへの道10ヶ条

風のガーデン

12月18日フジテレビで放映された「風のガーデン」(緒形拳・中井貴一)には泣かされた。このTVを観て、涙を流した人、人生の店仕舞いを考えた人が何人かいたようだ。「JBK」への道を真剣に問い合わせてきた。

物語のあらまし

連続もので全部を見たわけではないがあらすじは、

子供二人と家庭を捨てた男(中井貴一)が末期のすい臓がん・余命数ヶ月と宣告された。キャンピングカーで自宅近くで、花畑に娘の好きな花を植えながらそのときを待つ生活を始めた。

頑固一徹の医者の父親(緒形拳)は始めは家庭を捨てた息子を許さなかったが。徐々に態度を軟化して息子を自宅に迎えた入れた。治療・介護と言っても麻酔薬の量を調整するくらい。食事も排便も全てベッドの上。穴掘り(詰まった便を指で掻き出す)を進んでやると言う娘。病人は始め拒んだが自然に任せるようになった。

男と昔関わった女性が手伝いを申し入れてきたが父親は家族だけで看取る。と断る。男は父親と娘に看取られながら静かに最期を迎える。看取られる方も看取る方も涙。

JBKへの道

このTVの影響を受け、「JBK」へどうしたらいいか?道を教えてもらいたいと、複数の人から相談を受けた。

私自身最期は是非JBKを願っているがはっきりした道はなく模索中だ。

JBK友の会で何回か触れてきたがこの機会に整理してみよう。

JBK」(丈夫で、ボケずに、コロリンコ)あくせく生きた人生、せめて三途の川は悠々渡りたい。

どうあがいても桜の花の真似はできないが・・・。苦しまず、人に迷惑かけずに、穏やかに幕を下ろし千の風になりたい。今余生のすべてをこの一点に集中して研究・修行中だが確実な道には程遠い。

これだけはどうしても不可欠と思う10の条件。

1 心身ともに(死ぬまで)健康であること

2 日々身辺整理に心がけ、今日できることを明日に残さない。

3 若干の手持ち預金。三途の川も金次第。見舞いに来た孫に電車賃くらい渡したい。

4 遺書作成。リビングウイル。万一の場合、不要な延命処置拒絶意志表示を文章化。

5 愚痴らない、嘆かない、甘えない、あきらめない、「負けてたまるか」。

6 身の回りの人、特に連れ合いを大事に。あの世で再会しようという心友を持つ。でも、頼り切らない。所詮は人生一人旅を忘れない。

7 最期を任せられる主治医を探す。安楽死をしてくれる医者。

8 趣味を持つ(因みに篠は碁、将棋、マージャン、盆栽、野菜造り、篠笛、五行歌、ブログ)

9 何時どんな時で夢を棄てない。最期は「JBK」と願うのも夢の一つ。

10 運命に逆らわない。病も生きている証拠。無理して生きない。無理して死なない、

後はそれぞれで考えてみてください。これも!と思うことがあればお教えください。

こんなこと考えるだけ、心の中はいつも不安定。まだ揺れ動く心をもてあましている。それが人生かもしれない。

「負けてたまるか」221ページ、JBK(安楽死)七つの条件。参照

今日はこれからバアチャン通院のお供。

|

« ガンを防ぐための12か条 | トップページ | 今年最後の篠笛教室・公の誕生会・バアチャン異常なし »

コメント

なっちゃんも、「風のガーデン」は毎回かかさず観ました。とても美しくよくできたドラマで、生と死、男と女、家族等、いろいろ考えさせられました。そして、JBKのための10の条件、なるほど、なるほど・・と感じ入りながら、読ませていただきました。

投稿: なっちゃん | 2008年12月24日 (水) 19時55分

 「JBKへの道10箇条」一つ一つをかみ締めながら読みました。どれもこれも厳しい条件ばかりで実行に移すにはなかなか難しいものがあります。4番目と8番目くらいは、何とかなると思いますが、ズボラで怠け者の自分は死を迎えるにもなかなか難しいものがあります。
 2番目、「今日出来ることを明日に残してる。」
 5番目、「愚痴ってる・嘆いてる・甘えてる・すぐ諦める。」
 ウワーもうだめだ!
 

投稿: ライス | 2008年12月24日 (水) 20時40分

テレビは見る時間がないので・・・わからないんだけれど・・・うそでも、楽しかった、幸せだった、ありがとう,で締めくくりたいなあ。いろんなことは、残った人のためにあると思うから。父がお手本だけど・・・。

投稿: 藍弥生 | 2008年12月24日 (水) 20時48分

ありがとう
またね♪
を口癖にしていきたい。
あの世なのか、夢の中なのか
会えるような気がするから。

投稿: 夏海 | 2008年12月24日 (水) 22時13分

なっちゃん
お宅は仲のいいご夫婦の見本だから、色々心配することはありませんよね。羨ましい。
10ヶ条纏めるまで何年もかかりました。
ライスさん
最初から諦めちゃ駄目だよ。みんなやれば出来ろ事ばかり。できる物からクリアーしていきましょう。努力してみましょう。自分のためだからね。
藍ちゃん
藍ちゃんのお父さんは本当にお手本だよ。教えは大事にしたいね。
夏海ちゃん
「ありがとう
またね」
この言葉、いいね。
心と心が通じ合っていれば何処でもまた会えるさ。言葉にしなくてもいいのさ。
ありがとう
またあしたね

投稿: 篠笛 | 2008年12月24日 (水) 23時13分

母は、「ありがとう」の一言を残して旅立ちました。
最後まで諦めなかった母のその言葉は、私にとっては一番辛い言葉になりました。

投稿: 撫子 | 2008年12月25日 (木) 00時15分

撫子さん
お母さんの最期の「ありがとう」は遺された者には最期の言葉と思うと辛いことだけど、撫子さんが心を込めて介護したから自然に出てきた感謝の集約の言葉だと思うよ。
篠も最期は「ありがとう」で締めくくりたいと思っている。
今日は今年最後の練習日シッカリ吹き収めしようね。
撫子さん毎日コメント
ありがとう
またあとでね

投稿: 篠笛 | 2008年12月25日 (木) 07時18分

「風の・・」後の方を少し見ました。
緒方拳さんが亡くなった事やすい臓がん・・と言う事もあって関心がありました。
二人の俳優の演技も上手く引き込まれました。
10ヶ条・・「趣味を持つ」は大切ですね。
昨日大きな病院で会計を待っているとき年配の男性が「家の嫁は子宮がんの1ステージで5年たって喜んでいたら、脳にがんが転移していた。今年一杯と言われたが、来年まで頑張れるようだ。看病に息子は会社を休んだり・・子供が居ないのがせめてもの救い。キチント検査して呉れれば・・」と言っていました。

投稿: 梅 | 2008年12月25日 (木) 09時40分

梅ちゃん
コメントに梅ちゃんが訪問してくれないので風邪でも引いたのかと心配していた。
梅ちゃんも趣味は持っているから楽しみだね。篠笛も練習忘れないでね。

投稿: 篠笛 | 2008年12月25日 (木) 10時16分

「風のガーデン」最後はひとりで泣きながら見ました。私も 人生の最後は 「ありがとう!」で締めくくりたいものです。(願望)

投稿: ふくろう | 2008年12月25日 (木) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガンを防ぐための12か条 | トップページ | 今年最後の篠笛教室・公の誕生会・バアチャン異常なし »