« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

フロッピーから蘇る面影・Kちゃんが話題に・スポーツセンター

フロッピーから蘇る面影

寒さで庭作業は断念。パソコンから(続・負けてたまるか)のネタ探し。

至る所から、Kちゃん、Tさん、Nさん始め千の風になった人のコメントが飛び出してくる。

みんな死んでなんかいない。千の風になる寸前の絶叫とも言えるメッセージがそのまま生き残っている。

「ごめんね。コメントも書けないで。兎に角苦しい・・・この苦しみから逃れたい・・・奇跡を願って」

奇跡の女になるんだ。とそれこそ必死で闘っていたKちゃん。

奇跡が起きて千の風からメッセージを送っているのではないかと錯覚する。

若しかしてそんなこともあるかもしれないと、メールアドレスも携帯電話番号も消さずに残したまま。

ガンになったことは

不運ではあったが

不幸ではなかった

素晴らしい出会いに恵まれ

明日を待つ今

「負けてたまるか」と絶対弱音を言ったことのなかったKちゃんの最後のメールを、五行歌に代えた。

奇跡は起こらなかった。

Kちゃんが話題に

昨晩の新年会にKちゃんの話が出てきて驚いた。

主治医から見離されてもKちゃんは人のことに一生懸命だった。

友人が脱毛患者用に製作した帽子を大きな病院に紹介したいと頼まれたと聞いて、

昨晩の新年会のメンバーのTさんを紹介したことがあった。

ところが話を聞いてもらえるとアポをとったその時、Kちゃんはホスピスに入院してしまった。急遽Kちゃんの代役を勤めた。

Kちゃんの友人は話が上手く進み今でも年賀状のやり取りを続けているらしい。そんな話が飛び出してきたのには驚いた。

フロッピーから蘇った直後そんな話が出てきて何かの因縁を感じた。

そう言えば(千の風になって)がこんなに有名になる前にこの「CD」を黙って送ってくれたのもKちゃんだった。

スポーツセンター

雨も上がったのでスポーツセンターで水中歩行中心に1時間30分。嬉しいことに体重が70キロを切った。

| | コメント (6)

2009年1月30日 (金)

VIP新年会・大相撲また若麒麟大麻で逮捕

大相撲十両若麒麟・大麻で逮捕

大相撲尾車部屋の十両若麒麟が大麻で逮捕。ようやく騒ぎが収まったと思っていたのにこの騒ぎ。自覚が足りない。

VIP新年会

靖国さん企画VIP新年会。普通ではあまりお近付きもできないお偉いさんたちとの新年会。お互い肩書きを棄てて無礼講。それぞれが言いたい放題、結構際どい話も出てきた。楽しかった。

予め笛を持参が参加条件。ひれ酒を少しやってしまった後だが、「さくら」「江戸子守唄」「荒城の月」3曲吹く。

靖国さんの歴史観もジックリ拝聴。

こころちゃんと一度会ったという人がいた。そういえばこころちゃんに頼まれて紹介したことがあった。

今日は雨の予報で自転車は休ませてあった。靖国さんがタクシーを面倒見てくれて助かった。

明日も大雨。惠ちゃんとの鎌倉の寒牡丹見学は延期。

| | コメント (10)

2009年1月29日 (木)

体調不良はパソコンのやり過ぎ・篠笛分教室・新年会反省会

体調不良はパソコンのやり過ぎ?

ここのところの異常なまでの体調不良は風邪ではなくパソコンのやり過ぎだったようだ。

今年は闘病記第3冊目に挑戦する。なんて大きなこと言ってしまって、素材をフローピーに求めた。

フロッピーを開けてびっくり至る所に千の風になった戦友たちの生の声がそのまま残っていた。次から次に声を追ってしまって時間を忘れてしまった。

千の風になった戦友たちがたまには思い出せと反乱を起こしたのかもしれない。パソコンだと目が疲れるのでコピーをとって読むことにした。枚数の多いのにまたびっくり。

蘇った千の風邪の戦友たちの声はオイオイお伝えすることに。

篠笛分教室

風邪だとみんなに迷惑掛けるから休もうとしたが風邪ではなさそうなので予定どうり。

畑の野菜を持って出かける。

I画伯、Oちゃん、院長夫妻。Uちゃんは風邪でダウン。笛は正直練習したかしないかは音色で教えてくれる。

練習中に院長の母さんが見えて篠笛に興味を持たれAちゃんの笛を手にして吹き始めた。少しすると音が出るようになった。Kさんがみんなに篠笛収納袋を作ってきてくれた。みんなその器用さに驚くと共に大喜び。

お母さん、みんなの(さくら)合奏に合わせて85歳とは思えないしなやかさで踊りを披露してくださった。その後別室に入って一生懸命練習して音が出るようになった。やる気満々。笛を一本買うことになった。

病院の直ぐ目の前に救急車が来た。乗用車とバイクの衝突事故。バイクの運転手さん意識不明のようだった。

新年会反省会

西口の地下街四川飯店で先日の新年会の反省会。Kさんも参加、メンバーは最高。賑やかで、美味しかった。暑気払い、忘年会、新年会などこの調子でやりましょう。と言うことでお開き。

| | コメント (12)

2009年1月28日 (水)

バアチャンの買い物お供

信州のからし大根ソバで昼食、バアチャンは鍋焼きうどん、美味しそうだった。

JBK・小休止

何か纏めようとしてフロッピーを開いたが、戦友たちの生々しい声が蘇って文章にならない。

頭痛、腹痛・・・風邪かな?。

たまにはゆっくりするのもいいかもしれない。

スポーツセンターも休み

| | コメント (10)

2009年1月27日 (火)

先陣争い・08年度2次補正予算成立・酒気帯び運転、一発取り消し

先陣争い

娘の運転で、バアチャンと買い物に行く途中に葬儀屋さんがあった。そこである戦友の簡素な告別式に花がなかったのを思い出した。

「迷惑掛けたくないからできるだけ連絡は少なくして、花だけは飾って。そのとき、庭に咲いている花を一本でいいから枕元に入れておくれ」

旅立ちの注文をした。

「そんなこと言ったって、私の方が先よ。ジイチャンは長生きするわよ」

「ジイチャン残して先には逝けないわよ」

普段口癖にしていることとは全く違う反論。

「平均寿命見たって女の方が10年長生きだよ。俺が先だよ」

「どっち道逝き先は同じだからそんなことで喧嘩することはないわよ。リビングウイルも承知しているし。心配しなくてもチャンとやってやるから・・・」

運転していた娘の仲裁で収まった。

私が先よ

いや 俺だ

逝き先が見えてきて

たわいない夫婦の

先陣争い

肌寒いが穏やかな日。体調を考えて終日パソコン相手。

酒気帯び運転、一発取り消し

(酒気帯び)一発取り消し・・・道路交通法改正案」閣議決定。

今年6月1日から施行。

08年度2次補正予算成立。

すったもんだの末、憲法の規定により08年度2次補正予算成立。問題の定額給付金ももらえることになった。後期高齢者は一人2万円。孫の小遣いにもならない。

| | コメント (7)

2009年1月26日 (月)

篠笛教室・お年玉月年賀ハガキ当選発表

篠笛教室。

荒城の月の二重奏。さくら散りぬるを。

昨夜から始まった、手の痺れ、胃の痛みは一向に治まる気配を見せない。

「篠笛を楽しみま専科」のNさんが入門。Nさんは10年も吹いておられとか。篠の大先輩だ。Nさんを交えてお粥昼食。

先生JBKを見ていて「お孫さんに買ってやった、桁違いの物って何?」と聞かれ品物と値段を言うと、「そりゃオジイチャン甘やかし過ぎだよ」と笑われてしまった。

行き付けの店でマッサージ40分。マッサージ師が(凝っていますね)とびっくりしていた。少し楽になった。

ヨドバシカメラで原稿専門のパソコンのUSBメモリー「かんたんワンプッシュ」

を買う。

お年玉付年賀ハガキ当選発表

切手シートが10組当たっただけ。

枚数はそんなに減っていないのに、年々当たる率が低下してくる。

テレビなどの景品はかすりもしない。これも不思議。

今年も宝くじは無理のようだ。

| | コメント (11)

2009年1月25日 (日)

和ちゃん受験勉強・布団干し・大相撲朝青龍優勝

和ちゃん受験勉強

珍しく和ちゃんが顔を見せる。母親に頼まれ植木鉢を取りに来た。今期末試験の最中で学校のそばの友人の家に泊まり込んで勉強しているらしい。夜食用に餅などを差し入れ。

「2月は誕生日だけど。買いたい物がない」どうやらそれを言いたかったらしい。試験が終わってからどこかで食事を約束。

布団干し

お天気がいいので布団干し。

庭のシュロの木の枝が陰になって日が当たらない。と言うバアチャンの意見を聞いて思い切って剪定。バアチャンも手伝おうとするが邪魔なだけ。

大相撲 朝青龍 優勝

千秋楽、白鵬・朝青龍横綱同士の優勝決定戦。朝青龍が優勝。

開花が遅い雪割り草

ブログを見ると去年の今頃は咲いていた雪割り草が、今年はまだ花芽が硬い。

| | コメント (6)

2009年1月24日 (土)

裁判に被害者参加制度・東京地裁・春菊植え付け・スポーツセンター

裁判に被害者参加制度・東京地裁

23日東京地裁で刑事裁判に被害者や遺族が参加する「被害者参加制度」に基づき、遺族らが出廷した公判が2件行われた。

これまでは被害者・遺族は証人として立つ以外は傍聴席で唯聞くだけだった。

検察官の横に座って量刑についても意見を述べられるようになった。わが国の裁判では画期的な出来事。でも問題はありそう。

春菊植え付け

昨日バアチャンのお供で農協に行ったとき春菊の苗を買ってきた。去年畑に種を撒いたが何故か一本も芽を出さなかった。

レタスの後を掘り起こし堆肥をタップリ鋤きこんで植えつけてみた。

スポーツセンター

風もなく穏やかさに誘われてスポーツセンターで水中歩行。2時間。

大きな(食道)手術をした、O探偵元気にやっていたが途中誤嚥らしき症状が出たと引き上げていった。

大相撲

朝青龍が勝って14勝。白鳳は13勝1敗。バアチャンはご機嫌が悪い。白鳳に勝たせたいらしい。

| | コメント (5)

2009年1月23日 (金)

バアチャンの買い物お供・惠ちゃんとデイト・狸小路

バアチャンの買い物お供

午前中公の運転でバアチャンの買い物のお供。名物塩ラーメンで昼食。

惠ちゃんとデイト・狸小路

惠ちゃんがJBKに時々出てくる篠の行き付けの狸小路の赤提灯を、是非探検・体験したいと言ってきかない。昨晩の誤嚥騒ぎも落ち着いたので以前からの約束もあって、高島屋で待ち合わせて狸小路に行った。店長始め皆がお孫さんと一杯やれるなんて羨ましいと大歓迎。

お新香、馬刺し、タン、シッポ、ミミ、惠ちゃんアルコールは一滴もやらずウーロン茶で、出される物全部美味しいと言って食べていた。和っちゃんやBFも是非一度連れてきてくれと注文。急な階段をこんなところ大丈夫かと心配していた。タンを土産に包んでもらった。

女気の全くない店の雰囲気、味も気に入ったようだ。

出た後が大変だった。

ソゴウに行って思っていたより一桁違う買い物。

お互いの思い出造り。と目を瞑る。

タクシーで惠ちゃんを送って帰る。

朝青龍が勝ち続けてバアチャン「つまらないね。強い力士いないのかね」とご機嫌斜め。

| | コメント (9)

「誤嚥」・「誤嚥対策」

「誤嚥」

「誤嚥」(飲食物を食道ではなく気管・肺に吸い込む)

昨晩三悠会新年会で、乾杯だけで後はお茶にした。人が美味しそうに熱燗を飲むのを眺めているのは手持ち無沙汰、つまみに箸を伸ばした。キンキの煮つけが美味しくて店員が「これだけ綺麗に食べていただければお魚も幸せ」と言うくらい骨までしゃぶった。お茶をがぶ飲みした。

会が終わって外に出ると寒い。丁度通りがかった流しのタクシーを捕まえて帰宅した。

夕食は食べない。養命酒を計量カップ一杯グッと飲み込んだ瞬間、ゲップが突き上げてきて養命酒を気管に吸い込んでしまった。直ぐ吐き出して事なきを得た。

手術以来「誤嚥」には悩まされてきた。

「誤嚥」対策

飲食時は姿勢を正し、何か口に入れたら、箸を一旦手から離す、よく噛んで、腹八分ではなくて5分、ユックリ胃袋に送り込む。

食べたあと直ぐに横にならない。

お茶のがぶ飲み、料理店・外、タクシー・外・暖房の効いた室内。と普段と違ってお茶のがぶ飲みと体温の急激な変化が、「誤嚥」に繋がったのではないかと思う。

五行歌会の帰りKさんからも「誤嚥」の相談を受けたばかり。

原因は手術の後遺症だけではなく、加齢からくる気管・体力の老化だと言う人もいる。「誤嚥」は癖になり繰り返していると肺炎になって命取りになる。

注意しよう。

午前中バアチャンの買い物お供。夕方は惠ちゃんとデイト。

| | コメント (7)

2009年1月22日 (木)

人権相談・三悠会役員会

人権相談

朝から一日法務局で人権相談。お天気がこんなお天気だから相談が多かった。休む時間もなかった。悩みは誰にでも何処にでも存在している。当たり前に考えるとなんでもないことが、人によっては大変な負担、悩みになっていることを教わった。

隣の席の方が元教育者で時間の合間に色々話を聞いていただいた。(負けてたまるか)を是非読みたいといってくださった。これが本日の一番の収穫。

三悠会役員会

相談が終わって三悠会役員会。キンキの煮つけ、白菜の漬物が美味しかった。

病がご縁で知り合った副会長さんいつもお洒落で、元気。この方にはいつも元気を頂く。

明日はバアチャンの買い物のお供の後、惠ちゃんとデイト。

今日は流石に疲れたワイ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

五行歌横浜歌会2席入選・赤提灯で乾杯

五行歌横浜歌会2席入選

今日は何時もより出席者が多かった。

お正月の歌にしては少し明るさに欠けたかなと思っていた。ところがなんと2席入選。それも1席と1点差だった。

みんなが「そうだよね」と周囲を見回して笑いながら共感してくれた。出席者のほとんどの方が点数をくれたようだ。

「その嫌な奴って誰だか聞きたい」そんな際どい質問もあった。

正直、嫌な奴が居ない訳ではない。

「どんな治療をしても居座り続けるガン太郎」と応え、誤魔化した。

長生きの秘訣一番手

「嫌な奴とは付き合わないこと」

思えば思うほど

居座り続ける

嫌な奴

本音を素直に詠ったことがみんなの共感を呼んだようだ。

赤提灯で乾杯

終わって何時ものようにKさんと狸小路の赤提灯。軽く乾杯しながら昔話に花を咲かせた。

隣の席に酔っ払いの5人組がいた。若造の上司らしき奴が威張り散らして部下をなじっていた。まさに(「嫌な奴」用便に行った際仲間が騒がしくてごめんなさい。と詫びてきた。「嫌な上司で可哀そうだな」と余計な口を入れると「飲まなきゃ何も言えないんですよ」部下の方が上手だと分かった。嫌な奴は意外に身近にいる。

珍しく天気予報が当たって雨になった。

| | コメント (10)

アメリカ初の黒人大統領オバマ氏就任・ガンノイローゼ対策に再質問

アメリカ初の黒人大統領オバマ氏就任

アメリカ初の黒人大統領オバマ氏就任。就任演説で、米国の現状について危機のまっただ中にあるがこれを克服し、将来も繁栄した強い国家であり続けるとの決意を表明。
米国民に奮起を促し、米国再生へ共に取り組むよう呼び掛けた。

米国民のみならず世界中が注目、期待している。果たして思惑通りいくか注目。

騒ぎをよそに、ニューヨーク株式市場、株価は値下がりしている。

昨日、西松建設社長逮捕。スポーツセンター2時間。

ガンノイローゼ対策に再質問

ガンと上手く付き合うための10の道しるべ」を見せたら余計にふさぎこんでしまった。どうしたらいいだろうか?

昨日のJBKについて複数の方から質問があった。「自分の店仕舞い、JBKへの道は、どうしたら歩めるか?」私自身その道を模索中。そう簡単に答えられる問題ではない。篠がもっともらしく振舞うまでには35年間と言う長い時の流れがあった。己の道を人様に押し付けるわけにはいかない。

この問題は奥が深い。

道しるべの6番、「落ち込みが長く続く場合は、早めに専門的なこころのケアを受けましょう」を勧めた。

苦悩・苦痛も

生きている証

一緒に歩こう

キット

明日が待っている

庭の紅梅寒さを全く気にせずに、また次の花が咲き出した。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

ガンノイローゼ対策・相談・ガンと上手く付き合うための10の道しるべ

ガンノイローゼ対策・相談

年賀状のやり取りもなく何年も音信のなかった古い知人から真剣な相談を受けた。何処からかJBKを耳にしたようだ。

「知り合いが末期のガンと宣告を受けた。兄弟も同じガンで苦しみながら死んでいくのを看取ったばかり。

毎日パソコンで色々の情報を集め、深い溜息をするのが日課となってしまった。

誰の目にも完全に「ガンノイローゼ」。眠れないと言って何軒もの医者の診断を受けて睡眠薬を集め出した。遺書らしき物も書いている。自らの手で決着をつけようとしているのは明らか。

その道(JBK)のことを研究していると聞いた。どうしたらいいだろうか」

確かにこのJBKで2回も同じような質問に答えている。

病状、性格、個性、宗教、周囲の環境など皆様々。こうすれば確実に悩みから脱却の道に繋がるかどうかは分からない。特効薬はない。

ガンでなくても、脳梗塞、心筋梗塞、交通事故突然死がないわけではない。

ガンを宣告されて死と対面できたことで人生を見直し、店仕舞いをどうするか考えるチャンスを与えられたことに感謝するような気持ちになれば、JBKへの道に繋がる。

本人自ら生きようという気にならなければどんな名医の治療も効果は薄い。

私自身、悟ったようでもチョットした発作に怯えている日々。JBKの道はそう簡単ではない。厳しい。己へのメッセージのつもりで、機会があれば口にしている

ガンと上手く付き合うための10の道しるべ」

のコピーを渡して回答とした。

JBK友の会を覗いてコメントに参加するようにも勧めた。

ガンと上手く付き合うための10の道しるべ

1 自分や周囲を責めるのはやめましょう

2 「がんイコール死」と思い込まないようにしましょう

3 あなたのがんについての知識を集めて整理してみましょう

4 主治医とは納得できるまで話し合い、信頼関係を築きましょう

5 こころの中にあることを、周囲の親しい人にありのまま話して見ましょう

6 落ち込みが長く続く場合は、早めに専門的なこころのケアを受けましょう

7 あなたを支えてくれる人たちとのつながりを強くしましょう

8 リラックスする方法を身に付けましょう

9 イヤなことは「イヤ」と断る勇気を持ちましょう

10 自分らしさを大切にがんと向き合いましょう

生を賜って死を免れた人はいない。一日一日を大切に悔いなく、「JBK」を全うされることを祈念。(負けてたまるか)

| | コメント (5)

2009年1月19日 (月)

篠笛教室

篠笛教室

篠笛教室今日はK先生。竹田の子守唄・荒城の月の二重奏。先生優しく丁寧に教えてくださった。

「篠笛を楽しみま専科」のNさんが見学に来られて先生との昼食会にも付き合った。Nさんは笛のほかにも色々の楽器を手にしたことがあるようで、先生との話も弾んでいた。

二重奏のとき突然発作に襲われ、むせこんでしまった。

調子がいま一つコスモス定例会も欠席、真直ぐ帰る。

昨日OB新年会のあと自転車で帰ったと書き込んで、惠ちゃんに「自転車も飲酒運転だよ」とキツイお叱り。

| | コメント (7)

2009年1月18日 (日)

OB新年会・一年前の面影

OB新年会

区内居住OB新年会。現役のトップなど3名も出席。会員166名、出席者72名。かなりの盛会。知らない顔が増えてきた。出席者ではもう長老の部。だんだん座る席がなくなっていく。昔仕事や柔道の稽古で一緒だった仲間と昔話に花を咲かせた。何人かが千の風になったことも知らされた。

早目に退席。自転車で帰るところをタバコを吸いに出ていた仲間に見つかった。「飲酒運転ですよ大丈夫?)」冷やかされる。

一年前の面影

ペタルを踏みながらガンセンターの前の坂道を一気に駆け上っている途中、フト、去年の今頃ホスピスに入院中の戦友に、ブロッコリーのオヒタシと紅梅を一輪持っていって喜ばれたことが蘇った。

桜の花の木下で篠笛を聞きたいといっていた。

庭に咲いた

一輪の紅梅を

ベッドテーブルに飾って

喜んでくれた戦友の涙

今年も紅梅は咲いたのに

| | コメント (7)

2009年1月17日 (土)

布団干しに最適・惠ちゃん旋風・スポーツセンター

布団干しに最適。

朝からいい天気。布団干しに最適。

野鳥がブロッコリーの葉を狙いだした。何が美味しいのか本能的に分かるらしい。可哀そうだが案山子を立てることにした。

惠ちゃん旋風

昨夜遅くに惠ちゃんが顔を出した。バアチャンの顔を剃ったりして小遣いを稼いで帰った。

就職してしまうと海外旅行などはできなくなるからと、あちこち精力的に旅行計画を立てているのには驚いた。バイトで稼いだくらいでは不足で母親に借金したらしい。少しはカンパを考えなくてはいけない雰囲気。若いって言うことは羨ましい。

スポーツセンター

風もなく自転車散歩日和、スポーツセンターで1時間30分。平日で今日も空いていた。ジャグジーマッサージが効いたのか足の痺れが少し薄らいできた。

| | コメント (10)

2009年1月16日 (金)

ニューヨーク・ハドソン川に旅客機不時着・ホウレン草収穫・連作の失敗

ニューヨーク・ハドソン川に旅客機不時着

ニュウヨーク上空で鳥の群れに旅客機が突っ込みエンジンに鳥を吸い込み、ハドソン川に不時着。乗員・日本人2人を含む乗客150人余奇跡的に全員無事。操縦士の冷静な対応が賞賛されている。

人的被害のなかったことは何より。

ホウレン草収穫・連作の失敗

寒さに耐えたホウレン草は甘味が増して美味しくなる。バアチャンの希望で採取。一箇所連作してしまって全体がいじけてしまっているが味に変わりはない。これまでは余り連作を気にしなかったが、次から次と色々のもを造って畑が休む間がないことも大いに影響しているようだ。畑だって休みたいようだ。来年は気をつけよう。

ウチョウラン保護

去年暮れにイワヒバの根っこに植えつけたウチョウラン霜で浮き上がってきたところを鳩や小鳥に狙われる。山コケを採ってきて鉢の表面を覆ってやる。これで今年はウチョウランの綺麗な花が一杯見られるかもしれない。

| | コメント (12)

2009年1月15日 (木)

清動篠笛教室・赤提灯・

篠笛教室

「清動」篠笛教室今年初めて。みんなそれぞれ都合があって出席は院長ご夫妻のみ。人数が少ない分タップリ練習が出来た。夫婦でも練習量が違うことが歴然。でも終始和やかだった。

先日のサクセス初会合でのさくら、荒城の月の演奏が皆にとても評判がよかったらしい。感想文にも書いてあった。篠笛を習いたいと言う人も出てきたらしい。

3月のQOL研究会での合奏が本決まりとなって「ウサギ」「さくら」「荒城の月」の3曲を真剣に練習。

終わってから院長運転で総持寺を案内して頂いた。恥ずかしながら始めて境内に足を踏み入れた。壮大さに驚くばかり。宗教の力の強さをまざまざと感じた。

赤提灯

帰り西口狸小路の赤提灯へ新年の挨拶。帰ろうとしているところにたまたま昔の仲間が現れ半分余計に飲んでしまった。畑違いの仕事だったが、この店でよく飲んだ昔の仲間の、仲間。30数年前の話を聞かされ恐縮。先日の新聞を読んでいてすっかりその気にさせられてしまった。

寒い中自転車は酔いを醒ますのに最高。

逆流誤嚥

「逆流誤嚥」について異風坊さんと30分も話し込んでしまった。誤嚥で苦しまれておられる方は昨日のJBK友の会のコメントをお読みください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

中大キャンバス・教授殺人事件・バアチャンの買い物お供

中大キャンバス・教授殺人事件

中央大学キャンバスでT教授が10数箇所刺されて殺害された。大勢の学生がいるキャンバス内での真昼の凶行。惠ちゃんのBFも通っているところ、心配で電話した。BFはまだ学校に行っていなかった。計画的な犯行のようだが何があったのか気がかり。

バアチャンの買い物お供

昨日久しぶりバアチャンの買い物のお供。蟹雑炊で昼食。

惠ちゃんのところにレタス、ボロッコリーを届ける。

今日は午後から篠笛分教室

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

「JBK友の会」開設2周年・アクセス数107.797・素敵な仲間・月見草の会・明日に繋げたい

JBK友の会」開設2周年・アクセス数10万7.797

JBKを立ち上げて丁度2年。藍ちゃんの「藍弥生の世界」に刺激され本を参考に失敗を重ねながら何日もかかって立ち上げた。それから一日も穴を開けず毎日更新してきた。内容に問題点、下らない物もあったことは仕方がないこと。余命宣告されて過ごす何気ない日々をそのまま書き残すことを主眼に、毎日更新してきたことが継続に繋がった。継続は力なり。今は素直に続けてきたことを褒めてやりたい。

記事数 828、

コメント数 4336、

一日平均アクセス数 147,09、

アクセス総数 10万7、797

内容より兎に角10万以上の方の目に触れたことに意義があり、驚き。

この数字は毎日欠かさずコメントを書き込んで励ましてくださった「月見草の会」の皆様方の支えと励ましのお蔭以外何物でもない。改めて感謝申し上げます。

素敵な仲間・月見草の会

ブログを通じて素晴らしい出会いに恵まれた。その出会いが出会いを生んでその和が広まって大きな輪・絆となって(月見草の会)が誕生した。

盆栽と違って、温かいコメントが直ぐ打ち返されてくるのはなんとも楽しいし、嬉しい。この気持ちが継続に繋がっていく。

自分でも信じられない数字に驚くばかり。体調不良などで書き込みが遅れると(大丈夫か?)と声を掛けて頂く。逆にいつもコメントを下さる方のコメントがないと、どうしたのか、体調でも崩したのか、若しかして気に触ることでも書いてしまったろうか、などと気なってしまう。寝てなんかいられない。

3月にはコメント数も5000に到達するのは間違いない。月見草の会で皆様にお会いできるのを楽しみに、もうしばらく続けて生きたいと思う。よろしくお願いいたします。

明日に繋げたい

今年は少し欲を出して、JBKに書き込まれたことを素材に「続・負けてたまるか」を纏めたいと、思いを新たにした。皆さんよろしくお願いいたします。

少しでも同じ悩みを抱える方の参考になればこれに勝ることはない。

何気なく 平凡に

過ごすことの

難しさ

大切さ

明日に繋がれ

余命宣告はそれとして受け止め、なんでもなく平凡に一日一日を大切に生きることの大切さを噛み締めて生き全てを明日に繋げたい。

コメントの

その一言に

会いたくて

書き綴る

痺れる手

| | コメント (12)

2009年1月13日 (火)

スポーツセンター・荒れる国会

スポーツセンター

昨日スポーツセンターで汗を流したお蔭で昨晩ユックリ眠ることができた。味を占めて引き続いてスポーツセンターへ。平日とあって昨日よりは空いていた。

1時間30分水中歩行など。

一昨年余命半年と宣告され大手術をしたOさん柔軟体操などしていたが元気そのもの。大きな手術痕がウソみたい。

渡辺嘉美自民党に離党届

渡辺嘉美自民党に離党届。

麻生内閣支持率下がっていくばかり。そんな中での渡辺離党。定率減税はどうなるのか。

ああそうか、とそれだけで終わらせたくない。少しは面白くなってきた。

| | コメント (5)

「そうか、もう君はいないのか」・スポーツセンター体力造り

「そうか、もう君はいないのか」

昨晩TBSの「そうか、もう君はいないのか」城山三郎の死後発見された「愛する妻を慈しむ回顧録」のドラマ化。

末期がんで余命僅かとなった妻を宝物のように慈しむ夫城山の姿が切なすぎる。何度か涙を流しながら見てしまった。

誰にでも、いずれ別れの日はやってくる。「ジイチャン残して逝けないわよ」バアチャンは口癖のように言いながら色々の物の置き場所などをそれとなく教えるようになった。

妻に先を越された男は惨め。世の中の相場らしい。主治医がこのごろ毎回「奥さんは」と気に掛けてくれるのはその世間相場を考えてのことかもしれない。店仕舞いには家族の協力が必要。できることならあんな風に看取ってから直ぐ後に続きたい。夫婦揃ってIBKが夢。

スポーツセンター

三途の川を悠々渡るのにも健康でなければと、昨日お天気もいいので、今年初めてスポーツセンターへ行った。祭日で少し混んでいた。おしゃべりに来ただけのようなおばさんが目立った。

1時間30分ミッチリ水中歩行・ジャグジーでマッサージ。体重計に大きな変化は見られなかった。お蔭で、テレビで涙流した割合には、ぐっすり眠れた。

| | コメント (7)

2009年1月12日 (月)

楽しく生きる。最大のポイント」あの世の存在と再会・カブト虫への変身

「楽しく生きる。最大のポイント」あの世の存在とあの世での再会

藍ちゃんの講演の中継ぎでおしゃべりした「楽しく生きる習慣」の中で余りにも習慣が日常的になっていて書き忘れてしまったことを思い出した。

「あの世の存在とあの世での再会」

人生には必ず終わりがある。終わった後の道は「あの世」に通じている。

あの世が、あるかないかは5分と5分。向こうから帰ってきた人がいないから確認しようがない。それならある方を信じる方が楽しいではないか。

あの世では、この世で心と心で結ばれ信じ合えた者は必ず再会できる。会いたい人は一杯いる。そう考えただけで死を恐れる気持ちは薄らぎ楽しくなってくる。

カブトムシへの変身(「負けてたまるか」161ぺーじ)

肺摘出手術のあとICUから6人の大部屋に戻った。3人は誰が見ても末期だと分かった。

ある日、屋上で知り合った「マー坊(当時4歳)」が大事にしていたカブトムシに逃げられ、悲しんでいた。マー坊は正妻のこではなかった。その子の父親は末期の全身ガン。何本ものチューブに繋がれてその日を待っているだけだった。子どの悲しむのを見た父親が「パパがかぶと虫に変身してやる」と子供を宥めた。父親は身動きできない惨めな己の姿を変身への準備だと子供に話し、自分でも死を納得しあの世での再会を願ったのではないかと思う。

業病に取り付かれ様々な苦悩にあえぐ父親のわが子に対する深い愛情と、断ちがたい想い。それ以上に生への強い未練を感じ胸が一杯になった。

病室でそんな話をしたついでに「あの世で何になりたいたいか?」と質問。みんなから思い思い答が返ってきた。普段誰とも話をしてことがなかったオジイチャンまでが「(窓から見える隣の女子高校の)プールの水になりたい」などととんでもないことを考えていることが分かって大笑いとなった。変身と言う形であの世の存在を認めてから看護師も医師もびっくりするほど部屋全体の雰囲気が明るくがらりと変わった。

「千の風になって」をジックリ歌ってみよう。

向こうに逝った時会う人の名簿も整理できた。いい人が多い。

成人式

あちこちで浮かれ騒いでいる奴もいるようだ。

改まって成人式を祝ったことは記憶の中にない。そのころは吉田茂総理の警護で大磯の吉田邸警備に当たっていた。2時間勤務4時間休憩。一週間から10日間24時間休みなしだった。

あの当時総理は元芸者さんと同居していたが、それを問題にするマスコミもいなかった。兎に角、風格と威厳があった。孫は教育を受けたのだろうか?。

紅梅咲き始め

今朝庭掃除のあと、微かな香りに誘われて棚を覗くと。この寒さの中で紅梅が一輪凛と咲いていた。

玄関に取り込んだ「金のなる木」の花は3分咲き。この花に匂いはなさそう。

暮れから咲き始めていたカニサボテンは散り始めた。

これから一日も庭から目が離せない。楽しい日が続く。

| | コメント (11)

2009年1月11日 (日)

「認知症予備軍」知的趣味で改善

「認知症予備軍」知的趣味で改善

朝日ニュース1,11

軽い認知機能の衰えがある「認知症予備軍」の高齢者でも、計画力を鍛える知的な趣味と運動を定期的に長く続けると、記憶力や注意力などが改善することが「都老研」の研究で分かった。

JBKとも大いに関係がありこの記事には勇気を貰った。

「都老研」の研究にによると旅行、パソコン、園芸、料理など計画を立てたり。考えたりすることが必要な趣味の活動に独自の手順書を用意し続けたところ、やらなかった人より記憶、注意、思考、言語などいずれの認知機能でも成績がよかった。

都老研の話では「旅行、パソコン、園芸など、計画力を刺激する知的な活動を長く綴けることが、脳を活性化し認知機能の低下を遅らせた可能性がある」としている。

パソコンや園芸が認知症改善に役立つことが分かって、JBKの毎日更新や盆栽いじが無駄でないことが分かったことはなんとも嬉しいニュースだ。これに篠笛を加えれば尚いいに決まっている。

認知症予防プログラム・一例(パソコン・ミニコミ誌作成

操作を憶える

手早い作業を心掛ける

応用操作に挑戦する

情報集めと取材準備

文章の構成を考えて書く

記事を割り付け、編集する

発行の段取りを考える

毎回・メンバーと相談する

毎回・活動記録をつける

(これらを週1回30分程度継続することで、記憶力、計画力、注意力が鍛えられる)そうだ。

認知症・ボケを心配の方、JBKのコメントに参加し、篠笛を吹き、月見草を育てJBKを目指しましょう。

| | コメント (9)

2009年1月10日 (土)

警備システム加入シールが侵入目標・手口捜査で捕まえたテレビ盗

警備システム加入シールが侵入目標

今朝の朝日ニュース。神奈川県警にコロンビアの窃盗集団が逮捕された。

彼らは一戸建ての家で警備会社加入のシールが貼ってある家はお金持ちだと侵入の目標にしたいたと言う。犯罪の予防にために加入した警備会社のシールが,犯罪被害を誘発する切っ掛けとなったとは皮肉な話。

手口捜査で捕まえたテレビ盗

そう言えば、探偵長だった昔、テレビが普及し始めた。テレビアンテナを目標に侵入して稼いでいた泥棒がいた。質屋古物商を捜査したが手がかりはなかった。それもそのはず、その泥棒さん自転車でテレビの予約を取って予め売り先を決めてから犯行を重ねていた。

犯行を分析して泥棒道を予測、先制張り込みでテレビを運んできたところを逮捕。それが「手口捜査」の第一号だとマスコミに大いに取り上げられた。

当事の指揮官も張り込みで逮捕した探偵2名も、千の風になって久しい。

親友が当直日、千の風になった探偵

その時の探偵の一人は多発性骨髄ガンで、自分の自由が利くうちに処置する。と、3度目入院中の病院の窓から身を投げ自らの命を絶った。酔えば「無法松の一生」を目を瞑って熱唱した。

自殺は必ず検視があることを承知していた彼は、無二の親友探偵が当直日をその日に選んで身を投げた。

お通やで「こんな辛い想いをさせるなんて・・・」と嘆いた検視を担当した探偵の涙を忘れることはない。

| | コメント (7)

2009年1月 9日 (金)

篠笛を楽しみま専科・楽しく生きる習慣

「篠笛を楽しみま専科

コスモスから離れ独立して初めての教室。天気予報では大雪と言うことだったが、雨でよかった。

今日から、なっちゃんのご主人も参加されて9人。先生相変わらず親切に教えてくださった。

314QOL総会で合奏する「うさぎ」「さくら」「荒城の月」3曲をみんなで吹いてみた。みんなで渡れば・・・の組が多かった様に聞こえた。

夜になっても冷たい雨はシトシトと降り続いている。

「楽しく生きる7つの習慣」

昨日藍ちゃんの講演の中継ぎで喋った、篠流「楽しく生きる7つの習慣」突然のことで普段思っていることを喋った。パソコンに書き込んだものが何故か消えてしまった。忘れないうちに纏めておく。

「楽しく生きる7つの習慣」

1 嫌な奴と付き合わないこと 

    (これには皆がワッと湧いた)

2 ブログ「JBK友の会」の毎日更新、

     コメントへの返事・アクセス総数10万。月見草の会

3 盆栽・野菜作り。500鉢の手入れ・対話

4 篠笛・千の風になった人との対話、新たな仲間

5 健康 人生全ての基本は健康から。

複式呼吸・手足の指相撲・自転車散歩

6 ヒソカナ恋 言葉や態度にしたときその恋は終わり

(藍ちゃんのお父さんの教え)

7 行き付けの店を持つ

8 リビングウイル・常時携行

9  地獄の沙汰も金次第。

       三途の川の渡り方・ハシワタシの意味。

好きな言葉

箱根駅伝往路箱根山でごぼう抜きで東洋大初優勝に貢献し、MVPに輝いたアンカー柏原選手のインタビューの言葉。

「奇跡は信じるだけでは起きない。起こそうとすれば起こる

「奇跡は自ら起こすもの」がんを宣告されても「負けてたまるか」今日できることを明日に残さない。一日一日を大切に、別れは心を込めて丁寧に。

失敗談

「人生静かに店仕舞いをするには、親子を含め一切の絆を断ち切り、孤独に徹すること」戦友の言葉に共感しているが、素晴らしい出会いに邪魔されている。贅沢な話。

これからの目標

JBK(丈夫で、ボケずに、コロリンコ)死ぬまで元気。

3冊目の本、遺書代わりに纏めたい。

向こう岸で「篠笛教室」

7つ以上になってしまった。これだけ喋るのには時間が足りなかった。

| | コメント (9)

2009年1月 8日 (木)

サクセス2009年初例会

サクセス2009年初例会。

マドンナ藍ちゃんが「楽しく生きる7つの習慣」と題して講演をすると言うので是非聞きたいと申し込んだ。ところが今朝になって藍ちゃんから特別ゲストとして10分間くらいおしゃべりをするよう告知された。

急遽「楽しく生きる7つの習慣」を書き出しおしゃべりの準備をしたが間に合わない。

場所は大井町の品川総合区民会館 りきゅうあん 場所が分からないので撫子さんに案内してもらった。撫子さん、夏海ちゃんが傍にいて何かと気を遣ってくれた。

サクセスは藍ちゃんのお父さんを偲ぶ会のとき参加しているので何人かはお会いしたことがある。が、全く別の世界。藍ちゃんの話の合間に篠流「楽しく生きる7か条」をおしゃべり、藍ちゃん、撫子さんと篠笛で「さくら」を合唱。篠は「荒城の月」を吹いた。

ソプラノ歌手の西田ちずるさんが「千の風になって」を歌ってくださって締めとなった。

参加者は21名色々の話が出てきて2130分時間ギリギリで終わりとなった。2次会はお断りして帰った。

なんとなく疲れた。詳細はあした。

明日は「篠笛を楽しみま専科」だが大雪とか。兎に角朝になってから考えよう。

| | コメント (6)

2009年1月 7日 (水)

Gセンター診察日・Wクリニック・春の七草粥

Gセンター診察日

お正月休み明けで何時もより混雑。8時に出て行ったが待合室は座る椅子もなく廊下に立っている人が何人もいた。

M医師はご機嫌そのもの。「ご本人は平均寿命まで大丈夫。奥さんはいかが?」とバアチャンのことまで気にしてくれた。

先日の「異変」のことを話すと

「年齢的に血管が細くなってきているからそうしたことは起こりうる。本人はまだ若いつもりでも、「後期高齢者」だからね。気分が優れない時は無理しないで、焦らず休んで、ユックリいきましょう」

と言うことだった。

平均寿命でなくてもう少し伸ばしてもらいたい。曾孫の顔が見たい」と言ってみたが「へーそんな孫いるの?」と聞き返したが余命延長には一言も触れなかった。

去年は診察の後、緩和病棟にMさんを見舞い、篠笛発表会のときの紋付袴の着方など注意されたことなど思い出す。

廊下で挨拶をされたが誰だか分からない。会釈を返しただけ。

O先生、W看護師、S看護師のところに立ち寄って新年の挨拶。O先生からは3月のQOL総会の時の篠笛合奏の件について念を押される。

Wクリニック

Gセンターの帰りWクリニックへ寄って血圧などの薬を貰って帰る。

「血圧・血糖値をもう少し下げたい。温かくなってきたところで胃の検査もして見ましょう」

顔見知りのナースが「ブログ時々覗いてますよ。アクセス数10万・・・凄いね」

と冷やかされた。

春の七草粥

バアチャンに七草のことを話すと造ることになった。流石に家の畑で七草全部は揃わない。ホウレン草、チンゲン菜など代役ですませる。

| | コメント (10)

2009年1月 6日 (火)

完全休養日・Sさん退院

完全休養日

皆さんに心配かけた発作?疲れからかもしれないと言うアドバイスが多く、素直に言うことを聞いて休養日と決めた。今日は久しぶりユックリ庭の仲間たちと話すことができた。

桜草は去年はピンクだけだったのに、白い花も咲いてくれた。

雪割り草、紅梅、長寿梅などはもう直ぐ弾けそう。

葺タンポポは一つ花が終わると次の花芽を覗かせる。

インテリーヤクザおSさん退院

長い間入院していたSさんが退院してきて電話をくれた。声も張りがあって入院前と変わらない。

色々問題があったようだが、無事退院できたことはよかった。

月見草の会の会員の方の中に心配していてくださっている方がおられるのでお知らせまで。

明日はGセンター診察日。

| | コメント (9)

2009年1月 5日 (月)

篠笛教室・道連れ

篠笛教室

諸行事に追われ練習放っぽりぱなしで参加。先生はそれを承知で親切に指導してくださった。

荒城の月、竹田の子守唄二重奏。二重奏は相手に迷惑を掛けるから普段よりも気を遣う。

昨日の新年会での篠笛合奏を報告。

正直手足の痺れは本物になってきた。練習不足だけのせいではない。笛の音が軋み出してきていつもの響きと違ってきたのが分かる。現実は厳しく、悲しい。

痺れは頭まで上ってきた感じ。自転車置き場に来たが鍵がない。朝、駅の売店で週刊誌を買ったとき自転車の鍵を落としてしまった。あれこれ考え、落としたのは売店と辿り着くまで時間が掛かった。

売店のお姉さん「鍵ありましたよ。駅に届けてあります」親切に感謝。

胃の調子もおかしくて昼会食は断って、お粥。

今年は色々のことを真剣に考えなくてはいけない年になりそうだ。

道連れ

電車で偶然昔の仲間と一緒になった。彼は尺八をやっているらしい。正月酒を飲み過ぎて失神したと言っていた。あの人この人色々の情報を聞かせてくれた。

探偵は若いころ無理をして不規則な生活をしているから店仕舞いも早いようだ。今更教えてもらっても手遅れ。

疲れているのだろうグッスリ昼寝。

民主党の議員自殺

去年国会質問で偽メール事件で辞任した民主党議員が自殺した。

色々あったろうが死ぬ気になってやり直すことは出来なかったのか。

| | コメント (12)

2009年1月 4日 (日)

風変わりな・新年会・探偵仲間のお通や

風変わりな・新年会。

Oさんの家でまことに風変わりの新年会。それこそ始めて会う人や普段全く関係のない人の集まり。そんなことは一切お構いなし、みんながそれぞれ個性豊かで愉快そのもの。ご馳走も盛り沢山。終始楽しい新年会。

Tさんのギター生演奏なかなか聞かせた。デパートリーは2000曲とも、3000曲とも。ジックリと聞きたいがそんな雰囲気ではなかった。

シンミリと雰囲気を変えた、Kさんのオカリナ演奏。

院長夫妻、Uさん、Oさん、Kさんとみんなで、さくら、荒城の月、ウサギを篠笛合奏、アルコールが入っていたが結構みんなよく吹けていた。

煽てられて篠も島原の子守唄、千の風になって、などを吹いたが・・・。

会場を提供したうえ色々準備してくださったOさんにはすっかりお迷惑を掛けてしまった。それにしても大きなマンションの、素敵な部屋でびっくりした。猫ちゃんにはすっかり嫌われてしまった。

でも、楽しかった。

用事があるというUさんと横浜まで一緒。

探偵仲間のお通や

新年会から帰って直ぐ着替えて、暮れに千の風になられていた昔の仲間のお通や。病に同居されてからが長かった。

JBKとは縁が遠い、余りにも長い闘病。正直言って「楽になったね。向こうでユックリ休まれよ」とご冥福を祈った。古い付き合いの仲間の顔も見えたが疲れが出て倒れないうちにと精進落としは素通りして帰宅。

ブログ更新がヤット。

| | コメント (6)

2009年1月 3日 (土)

箱根駅伝東洋大学総合優勝・新年会

箱根駅伝・東洋大学が見事総合優勝。

脅威の20人ごぼう抜き、逆転また逆転と筋書きのないドラマを繰り広げながら、東洋大学が始めての総合優勝。

奇跡は信じるだけでは起こらない。起こそうとすれば起こる」

昨日、箱根の山登りで約5分差、9位で引き継いで逆転して往路優勝した東洋大アンカー1年生柏原選手のインタービューで語った言葉が印象的だった。

この一言が東洋大学選手全員の魂だったに違いない。いい勉強をさせてもらった。

新年会

中区の中華で。惠ちゃんのBF、和ちゃんのGFも参加して楽しく開催。

馴染みの店で今日が仕事始め。サービスしてもらった。

食べ終わって、孫たちは楽しみだったお年玉を手にして4人揃って年寄りとは別行動。

お年玉。毎年のことだがバアチャンは「私はいいよ。おんなじだから」と遠慮しながら受け取る。バアチャンはその中から孫たちへ横渡し。少しでもやれることに感謝。今年も平和でありますように。

| | コメント (9)

最後の年賀状・筋書きのないドラマ箱根駅伝・新年会

最後の年賀状

沢山届いた年賀状の中の気になる一通。

「体力、気力の限界にて本状をもって最後のご挨拶となることをご了承くださいませ

長女 代筆」

の一枚に目が留まって頭から離れない。

気の優しい方だった。言うに言えない、色々の峠を乗り切ってこられ、現在も療養中の先輩。生きているうちにけじめを付けておこうとする律儀な生き方。考えさせられた一枚。

「人生静かに店仕舞いをするには、親子を含め孤独に徹することだ」と教えてくれた戦友の言葉を思い出した。

人生そのもの箱根駅伝。

勝者、敗者それぞれに涙あり。ごぼう抜きヒーロー誕生の影で泣く敗者、ゴールを目前にして力尽きた選手、喜びの裏側について離れない涙、まさに筋書きのないドラマ。復路も目が離せない。

新年会

孫達と新年会・中区で中華。惠ちゃんのBF、和ちゃんのGFも参加予定。

| | コメント (5)

2009年1月 2日 (金)

年賀状の反乱・庭の住人たちの挨拶

年賀状の反乱

年賀状がどっさり届いた。何故か出さなかった人から来てしまう。年賀状と言う物はそのようにできているらしい。

PCに収納されている住所録を引っ張り出して確認する。途中でかかってくる新年の挨拶電話に中断させられる。何処までやったのか分からなくなってしまう。結局一日かかってしまった。それでも、全部確認できたわけではないが目がショボショボしてしまった。義理を欠いても仕方がないやと、半ば投げ遣りの気持ちに負けてしまった。

PCに全て頼った結果だから仕方がない。不精の付けだ。手書きでやっておられる方に脱帽。そうかといってPCを止める気はしない。正月早々からそんな反省をさせられた昨日の一日。

今日明日は箱根駅伝、沿道警備に狩り出された昔を思い出しながら目が離せない。くだらない番組に悩まされることはない。

金のなる木開花

玄関に取り込んだ「金のなる木」がお正月を待っていたかのように挨拶代わりに一輪可愛い花を咲かせてくれた。星型で五弁の花は直径一センチくらい、薄いピンク。派手さがないのが奥ゆかしくていい。桜草と競うように無数の蕾が開く準備を進めている。

昔は紅梅を12月に入ると家の中に取り入れお正月に花を咲かせた。でもそうすると木が疲れてしまうことがわかって、最近は止めて自然の開花に任せることにした。

イワヒバ

連日の寒さでイワヒバは全部葉を丸めて完全に冬眠に入った。

根元にウチョウランや大文字草を植えてあるものはイワヒバにかからないように時々水をやる。

雪割り草の花芽が大分ふくらんできた。

ナンテン、万両、千両などの実を狙って鳥たちが五月蝿い。お正月なので鳥避けの網を外してやった。

寒さに負けず庭の住人たちは元気一杯。彼らに教わりながら今年もJBK目指して頑張ろう。

皆さんも風邪を引かないよう、食べ過ぎないようよいお正月を過ごしましょう。

| | コメント (7)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

JBKも皆様のご声援のお蔭で去年は一日も穴を開けずに続けられました。

大晦日の「JBK友の会」の

総アクセス数105675.

1平均アクセス数146,97

コメント数4、222

と驚異的な数字で締めくくることができました。皆さんの励ましに改めて感謝申し上げます。

今、初日の出に「JBK」を祈念しながら書いております。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (13)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »