« 楽しく生きる。最大のポイント」あの世の存在と再会・カブト虫への変身 | トップページ | スポーツセンター・荒れる国会 »

2009年1月13日 (火)

「そうか、もう君はいないのか」・スポーツセンター体力造り

「そうか、もう君はいないのか」

昨晩TBSの「そうか、もう君はいないのか」城山三郎の死後発見された「愛する妻を慈しむ回顧録」のドラマ化。

末期がんで余命僅かとなった妻を宝物のように慈しむ夫城山の姿が切なすぎる。何度か涙を流しながら見てしまった。

誰にでも、いずれ別れの日はやってくる。「ジイチャン残して逝けないわよ」バアチャンは口癖のように言いながら色々の物の置き場所などをそれとなく教えるようになった。

妻に先を越された男は惨め。世の中の相場らしい。主治医がこのごろ毎回「奥さんは」と気に掛けてくれるのはその世間相場を考えてのことかもしれない。店仕舞いには家族の協力が必要。できることならあんな風に看取ってから直ぐ後に続きたい。夫婦揃ってIBKが夢。

スポーツセンター

三途の川を悠々渡るのにも健康でなければと、昨日お天気もいいので、今年初めてスポーツセンターへ行った。祭日で少し混んでいた。おしゃべりに来ただけのようなおばさんが目立った。

1時間30分ミッチリ水中歩行・ジャグジーでマッサージ。体重計に大きな変化は見られなかった。お蔭で、テレビで涙流した割合には、ぐっすり眠れた。

|

« 楽しく生きる。最大のポイント」あの世の存在と再会・カブト虫への変身 | トップページ | スポーツセンター・荒れる国会 »

コメント

昨日は 午後3時から 友人ご夫婦がみえて
7時半まで 飲みっぱなし~夫たちは囲碁をしながらも飲むことは休まず・・・楽しいひと時を過ごしました。
9時からのドラマを涙を拭きながら見て 夫婦愛に感動しました。我夫は 飲みすぎて大いびきをかいて既に床の中でした。トホホ・・

投稿: ふくろう | 2009年1月13日 (火) 13時51分

城山三郎さんは政財界にはっきり物の言える数少ない方でしたね。最後のシーン、葬儀の準備で政治家の名札をパタパタとりなずし、奥さんと本当に親しい方のと替えていたところは芯の強さが分かりました~・・。
スポーツセンターで汗を流されて健康的です。私は夜、合唱団に行って錆びついた喉をガラガラさせて来ます。

投稿: 梅 | 2009年1月13日 (火) 13時55分

 「城山三郎」の「そうか、もう君はいないのか」の言葉は有名で聞いておりましたが、久々に孫が来ていて見損なってしまいました。 残念!

 我が家は、家内より小生が先に逝くことに決めておりますので、もしもの時の連絡先や措置要領等をメモして渡しております。

 それにしても、忙しい合間に良くスポーツセンターに行けると感心します。
 小生は、金の掛からないウオーキングを毎日実施しております。少しは篠笛さんを見習いたいと思って。

投稿: ライス | 2009年1月13日 (火) 15時38分

どっちが先に行くかは、まだ決めていませんが、おしゃべりにスポーツジムに行くおばさん!というところで、肥満外来につるんで通い、その帰りにディナー食べる小学校の友達を思い出しました。

投稿: 藍弥生 | 2009年1月13日 (火) 17時14分

原作を去年に読んでいました。
ちょっと私の中での城山さんと、俳優さんのイメージが違いすぎて、ドラマは見ませんでした。
でも、本を詠みながら、城山さんの奥様への愛情と、奥様のとても素敵な生き方が伝わり、そして病を得てからのこと、涙滂沱と流れて
詠み進むのが辛かったです。

城山さんの戦争を書いた作品の目線が素晴らしく、この本を読み、またそのお人柄を知って感慨を深くしていました。

大切な人を失ったあとの空っぽになった心がタイトルにもなった言葉によく表れていますよね。

投稿: ルピナス | 2009年1月13日 (火) 17時59分

城山三郎さんのドラマ観ました。逝くことを承知のご本人とご家族の、それでも治ったら「ああしよう、こうしよう」と双方笑顔を作って・・・
亡くなられた後の、遺された者の心に空いた穴は、如何ばかりかと・・・
父の闘病中、治らないのがわかっていても、父も私達もおくびにも出せなかった辛い思い出が、フィードバックされました。その時は、母がいてくれたので、どんなにか救われましたが・・・
母の時は尚更でしたが、覚悟はしていても、その場に立たされた時の辛さは、言葉では言い尽くせません。

投稿: 撫子 | 2009年1月13日 (火) 20時15分

ふくろうさん
可愛い旦那にそんなに飲ませちゃ駄目だよ。一度碁のご指導お願いしたいね。もちろん、アルコールなしで。
梅ちゃん
合唱団に入っているの?色々やるじゃん。
だから元気なんだ。
城山三郎のような人がだんだんいなくなってきてしまったのは寂しい限り。
ライスさん
奥さんより先に逝くと勝手に決めてもさ、「いい人から順」だからね。
まあ、お互いもう少し楽しもうよ。新年会やりましょう。
藍ちゃん
どちらが先かわからないって。
いい人から順だよ。そうするともう決まりか?なんて言わずに長生きしてね。
みんなが頼りにしているんだからね。食べ過ぎ、遊び過ぎにご注意!!。
ルピナスさん
病にかかるのは嫌だけど、病に同居されて始めて夫婦愛や周りにいる人の情け、己の生き方が分かる。そんなことを教わりました。
撫子さん
悲しいことを思い出させてしまってごめんね。でもそうしていつも心に刻んでいる限りお父さんもお母さんも、ズウッと撫子さんのそばにいて見守っているんだよ。篠笛を吹けば聞いてくれるよ。

投稿: 篠笛 | 2009年1月13日 (火) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しく生きる。最大のポイント」あの世の存在と再会・カブト虫への変身 | トップページ | スポーツセンター・荒れる国会 »