« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

寂しい解体

解体

朝早くから、近くでただならぬ騒音。なんだろうと見に行った。町内会・隣の班Kさんの家の解体作業が始まっていた。バリバリバリバリ作業機械は容赦なく解体作業を進めていく。

Kさんは85歳同じ時期町内会役員をやったこともあった。町内会の組織も今のようにしっかりしたものではなかった。

道路の舗装を町内会費でアスファルトを購入して町内会全員で路面舗装をやった時代、先頭に立って作業をしていた。

筆字が上手で盆踊りの時寄付金をサラサラッと書いて提示していた。

長いこと病身だった奥さんを車椅子で散歩につれて出たり面倒みていたが、奥さんが亡くなられすっかり元気をなくしていた。数年前老人ホームに入ってから噂話にも出てこなかった。

ムベが好きで何度かあげたことがあった。

「去年暮れの30日か31日に亡くなられた。最近はお付き合いもなかったので、家族葬で済ませた。家も売れて建て直すらしい。」近所の人が話してくれた。

Kさんは大正生まれ。また先輩が一人いなくなった。

篠笛を捧げた。

| | コメント (6)

2009年2月27日 (金)

篠笛を楽しみま専科・雪

篠笛を楽しみま専科

雪も降るという生憎のお天気で休まれる方もあったが9人が参加。

撫子さんも駆けつけてくれた。

3月14日神奈川QOLの会総会で篠笛合奏をする曲。(さくら)(荒城の月)をミッチリ練習。

一人ひとり吹いてもらった。皆さん練習の成果を音色で示していた。

家ではモット上手に吹けるのにと残念がっていた。みんな暗譜に苦労しているようだ。

最後に「湖北」を吹いておしまい。

有志でお粥昼食。

寒くて植木たちが震えている。雪割草も受粉した状態を大事にするのか花を閉じたまま。

今晩はバアチャンに注文を出して寄せ鍋にした。

調子を狂わせていたパソコンどうにか動くようになった。でも、あちこちいじったせいか何日間かの記録が消えてしまった。

| | コメント (15)

2009年2月26日 (木)

「春の便り」(ブログ「里山の日誌」)

「春の便り」(ブログ「里山の日誌」)

先日信州の甥に庭で咲いた「雪割草」を写し,プリントして春の便りを出した。そのハガキを彼のブログ「里山の日誌」に載せてくれた。

雪割草のハガキを出せなかった方もある。雪割草に興味のある方は「里山の日誌」を開いてご覧になってください。

雪を割って

春の使者

一番乗り

寒風に揺らぐ

雪割草

| | コメント (8)

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)・オランダ、アムステルダムで航空機事故

オランダ、アムステルダムで航空機事故

事故の報道に、惠ちゃんがオランダ・スイスなどの旅行中で心配したが、旅行日程・コースからも外れている。乗客名簿に日本人はいないようで一安心。

それにしても最近事故が多い。

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)

「おくりびと」のアカデミー賞受賞に関連してJBKでも2回取り上げた。

その影響を受けてか、身辺整理や写真など最期の幕引きについて準備を始めた人が出てきたようだ。

日常生活の中で、死に纏わることを話題にすることはなんとなく憚れる。でも「おくりびと」受賞の話題とともに家族の間でも最期の儀式について語られるようになったらしい。

「これを機会にリビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)を両親を含め家族全員で書こうと言うことになった。内容を教えてくれ」との問い合わせがあった。

最期お世話になった方々に迷惑を掛けない幕引きには、生前の本人の意思が重要な意味を持つ。

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)については既にJBKでは何度も取り上げてきた。

08、8、30.と 08,11,7。の2回

日本尊厳死協会発行の原文を搭載してあるので参考にしていただきたい。

確かに人間としての尊厳を失わずに幕引きはJBKでありたいと思う。

万が一の場合は「リビングウイル」に突き当たる。

今回の「おくりびと」受賞はそうしたことを自分を含め家族で考える

いい機会になったと思う。

投稿日

タイプ

| | コメント (2)

2009年2月25日 (水)

「おくりびと」に寄せて(納棺師)

「おくりびと」アカデミー賞受賞に寄せて

この映画まだ観ていない。日本で始めての受賞ということでマスコミが連日大きく取り上げている。

騒ぎに巻き込まれる恰好で昔を思い起こしてしまった。

現役時代は刑事という職業柄、死体見分、検視、捜査という形で、自然死、病死以外の不自然死と対面し、数え切れない仏を「納棺師」に引き継いできた。

これまで聞きなれなかった「納棺師」と言う仕事は一般にはいわゆる葬儀屋さんの仕事であろう。

仕事柄この人たちとも顔見知りになっていまでもお付き合いが続いている方もいる。

「人の不幸が仕事。仕事がなくなる心配はない。不況知らずだ」と、その知り合いが話してくれた。

どんなに地位、権力、名誉、財産があっても自分では納棺はできない。誰でも最期この人のお世話にならなければ灰になって人生を終わることができない。

人が忌み嫌う、しかも夜昼日曜祭日なしの因果な仕事。

綺麗な仏ばかりではない。目をさすような異臭、蛆が動き回るもの、焼け爛れたもの、バラバラなもの、想像を絶する状況の中で、化粧を施し、装束を着せる。死者に対する礼を損なうような行為は許されない。

納棺師に仏を引き渡してからが刑事の仕事。納棺師から思わぬ情報が切っ掛けで捜査が大きく進展したこともあった。

「納棺師」はいわば、人生の総仕上げ人。幕引きにはなくてはならない人である。

「おくりびと」がアカデミー賞受賞を機会にもう一度正面から最期を見直してみることになった。

祭壇に飾る写真のことを考えるのもその影響。

| | コメント (11)

2009年2月24日 (火)

胃カメラ・若者たちと会食・昔仲間との再会

胃カメラ

昨晩9時から食物は禁止。朝食禁止。

二日間の便。今朝起きた時の最初の小便。を持参。

胃カメラは始めて。

麻酔から終了まで約30分。麻酔をしたとはいえカメラを入れる時は痛い。異常はなさそう。

検査結果は34日に予約。少し休んで・・と言われたが振り切って終了。

待合室でO先輩夫婦に会う。奥さんも胃カメラの予約らしい。

若者たちと会食

惠ちゃんのBFと彼が県警本部見学の際案内をしてくれたUさんOさんを交えた夕食会。千草で。

健ちゃんも色々アドバイスをしてもらった。

偶然だが二人の親父さんと懇意にしていただいたことも何かの縁を感じる。

胃カメラの後で調子は今一。でも若い人たちとの会話は新鮮でいい。

昔仲間と再会

帰り掛け入ってきた人が懐かしげに話しかけてきた。

篠が退職の前年県下の有段者大会で準優勝した時のメンバーだった。すっかり年を取って話しをするまで分からなかった。先方から「道場以来です。新聞では拝見していました。お元気で何よりです。会えてよかった」二十一年ぶりの再会を涙を流しながら喜んでくれたのに感激。

そう言えば暇さえあれば道場に行って時間をつぶしていた。

当時の柔道師範の先生ご夫妻とは今でもお付き合いして戴いている。そんな話も出て懐かしかった。

機会があればゆっくり話たい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

篠笛教室・第91アカデミー賞日本人監督作品2作受賞

篠笛教室

前回に引き続き3月発表会の舞台を設定しての練習。

篠笛で老人ホーム慰問の件を報告。先生はブログを読まれて知ったおられた。

若い人は長い曲を暗譜していて見事な演奏。

恥ずかしながらまだ暗譜できていない。

「音は素敵だから、もっと時間を掛けてゆったりと吹くように」

と言うのが今日のご指導。

有志でベトナム料理で昼食。

行きつけのマッサージで肩・首を中心に30分。

雨で庭作業も出来ず昼寝満喫。

明日は胃カメラ。

91アカデミー賞。日本人監督作品2作受賞

「おくりびと」が外国語映画賞

(同賞ができてから日本人受賞は始めて)

「つきみのいえ」が短編アニメーション賞

日本人監督の同時受賞は始めて。

「おくりびと」は人が亡くなって納棺のときのいわば人生最期の仕上げをする仕事師の話。

麻生内閣支持率11,4パーセント産経新聞合同調査。

| | コメント (18)

2009年2月22日 (日)

花粉症・雪割草結実・老人ホーム篠笛慰問が壁新聞に

花粉症

いい天気に誘われて庭に出たが花粉が酷くたちまち涙と鼻水の襲撃にあい作業は中止。

バアチャン注文のブロッコリーの収穫が精一杯。

先日花粉症防止の薬を飲んだ後、副作用で変な気分になったので今日は服用を中止。

雪割草種結実

早めに咲いた雪割草受粉させた物がコンペイトウのようなしっかりした形になってきた。今年は種蒔きができそう。

種を蒔いて芽が出てきても花が咲くのは早くて3年か4年先だと言う。それまで・・・・とつい考えてしまう。

たくさん芽が出て来たら、少し安曇野の山中へ移植も考えている。神社の裏山の春ランの側なら育つかもしれない。

老人ホーム篠笛慰問が壁新聞に

老人ホームへの篠笛慰問の状況を施設長さんが写真に収め施設内の壁新聞に掲載してくださった。

藍ちゃんのところに送られたファックスを転送してもらった。

篠のところのブロッコリーとホウレン草のオヒタシも美味しく食べてくださった。と言う記事も載っている。

こんなに喜んでいただくとまた行きたくなってきた。

慰問用に小学校唱歌を練習してみた。自分で吹いている笛の音に昔を思い出して、瞑想。

やらなければならない仕事?がいっぱいある。

それにしても今日はいい天気だ、午後からマスクで重装備して庭作業に挑戦。

| | コメント (10)

2009年2月21日 (土)

絶好の庭作業日和・孫たちの誕生会

絶好の庭作業日和

雲ひとつなく、風もなく、富士山もくっきり見えて絶好の庭作業日和。

雪割草、桜草、金のなる木・・・何時もと変わらぬ笑顔で語りかけてくれる。誰もここに立ち入ることは出来ない。このまま時計を止めてしまいたいような最高の時間。

マッサージの後孫達とデイト。

孫たちの誕生会

惠ちゃん、和ちゃんと三悠会のT君の合同誕生会。伊勢佐木町のおすし屋さん。

惠ちゃんのBFも参加。

惠ちゃん和ちゃん副会長から思い掛けないプレゼントをいただき大喜び。

惠ちゃんは明日からフランス、スイスなど海外旅行。和ちゃんは新潟へスキー。二人とも学割を有効に使っている。

関内から横浜駅まで歩くと言う3人と別れて電車で帰る。若さにはとても太刀打ちできない。今日も素敵な一日だった。

| | コメント (9)

2009年2月20日 (金)

歯石取り・「負けてたまるか」古本屋に注文

歯石取り

雨で庭作業も出来ない。歯のかみ合わせがおかしい、歯石を取ってもらいながら診察。

衛生士さんが約一時間丁寧に歯石を削り取ってくれた。見違えるように綺麗になった。

注意されることはいつも同じこと。

歯ブラシの当て方が中途半端らしい。

「負けてたまるか」古本屋に注文

最近「負けてたまるか」の注文が度々あるが絶版で出版社には在庫がなくなってしまった。

歯医者の帰り古本屋で聞いてみた2軒目の店でインターネットで調べてくれた。程度は分からないが3冊あるとのこと。代金着払いで注文した。

配達先を見て「あなたが作者ですか、?大丈夫なんですか」と驚いていた。

3冊目を早くしなければ・・・。

| | コメント (17)

2009年2月19日 (木)

老人ホーム篠笛慰問

老人ホーム篠笛慰問

「篠笛を楽しみま専科」のメンバーの藍ちゃんのお母さんが入っている佐野の老人ホームを慰問。

有志4(院長、藍ちゃん、撫子さん、篠笛)院長の運転。途中休憩をしながら片道2時間30分。車中で(ココでは話してはいけない)取って置きの昔話が次々と出てきて飽きなかった。

ホームは新しく、みんな一人部屋。お母さんは元気で、桜餅を美味しそうに食べてくれたり大変喜んでくださった。

お母さんとは築地のガンセンター虹の会ですい臓がん専門の先生の特別講演があったとき、紹介してすい臓がんを宣告されていた藍ちゃんのお父さんが来られ、そのとき付き添ってこられお会いするのは2度目。

丁度昨日藍ちゃんと撫子さんが注文していた本物の篠笛が届いて今日持って行った。その新品の笛で、4人で「さくら」「うさぎ」「荒城の月」を合奏した。

その後篠が、島原の子守唄、江戸子守唄、晩鐘、宵待ち草、などを吹くと目を閉じて首を振りながらハミングし聞いてくださった。

丁度夕食時となり皆さんが集まったところでも4人で合奏するとアンコールが出たり皆さんにもすっかり喜んでいただいた。

「後3年から35年」にみんなビックリ

藍ちゃんが「元捜査一課長、肺がん後3年と宣告されて片肺切除、これまで11回入院16回手術して35年も生きている。片肺で篠笛を吹いている。皆さんも頑張りましょう」

と紹介してくれた。みんな食事の手を止めて改めて篠の顔を見直していた。

ホーム入り口にお雛様が飾られていた。帰ろうとするとお母さんが折角だからとみんなでお雛様の前で記念撮影。

職員の方もみんないい人で「思わぬ慰問で皆さん喜んでいます。また是非来て下さい」とシャッターを切っていた。

藍ちゃんが職員の方々にいろいろ気を遣っていた。

充実した一日。他所では学ぶことのできない、いい勉強になった。篠笛を喜んでいただいたのが何より嬉しかった。

| | コメント (12)

2009年2月18日 (水)

探偵仲間・囲碁会第2位・五行歌横浜歌会撫子さん第3席入選

探偵仲間・囲碁会第2

探偵OBが関内の囲碁クラブの一角を借り切ってトーナメント決戦。

いつまでたっても碁に性格が現れる。変っていないなあと観察・感心しながら打っていると別の意味の面白さが沸いてくる。C組で2位だった。

懇親会は五行歌横浜歌会出席のため欠席。

五行歌横浜歌会

撫子さんが見事第3席入選。

入選歌

チチンプイプイ

言葉は魔法使い

一言で

元気にさせたり

落ち込ませたり

篠は今を盛りと咲き誇っている雪割草を取り上げてみたが、まだ皆に共感を得るには至らなかった。第一、「雪割草」を知っている人が少なかった。

木漏れ日を

背に

寒風に揺らぎ

春を告げる

雪割草

例によって2次会は欠席してKさんと狸小路。

| | コメント (10)

ガンを防ぐ生活習慣

ガンを防ぐ生活習慣(朝日新聞2,17)

21日このブログで、「長生きするための3か条」と題して書き込んで大勢の方からコメントを戴いた。

バアチャンがTVをみてメモした物を基に書き込んでもので不十分の点もあった。新聞でそこを補ってくれたとは言わないが、同じような内容の記事が昨日(2,17)の朝日新聞28面に載せられた。重要なことなのでポイントを記載。

ポイントは、禁煙・節酒・運動。の3点。

日本酒で一日2合飲む人は飲まない人の2倍、4合以上の人は3倍。

酒がガンのリスクを高めることは常識だそう。

週に一日酒を飲まない日にすることは意味があり大切。

タバコ

関係がもっとも深いのが喫煙。長生きしたい人は「禁煙」は、今や常識。

神奈川県では禁煙条例が議会で知事提出案より一歩後退した形で可決された。

運動

一日一万歩。週一回はスポーツジム。これをしていれば今より7パーセント減らせる可能性があるそうだ。

このほか、肉、牛乳、ヨーグルト、日光などについても触れているが反対意見もある。

あちこちの情報を見聞すると色々あって混乱するから、詳しく読みたい方は217日付けの朝日新聞を読んでみて下さい。購読していない方は図書館で。それもできない方にはコピーを差し上げます。新聞もたまには役に立ちます。

いずれ千の風になるにしても死ぬまでは元気でいたいと思う方は実行してみて下さい。因みに私は実行しています。余命宣告より長生きすでしょう・・・?。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

世界ラン展・探偵仲間役員会・中川大臣辞任

世界ラン展

東京ドームで開催されている世界ラン展は毎年のように行っていた。

出品作品は大体同じような物、今年はどうしようかと迷っていた。惠ちゃんが進んで、暇だからと付き合ってくれることになった。

惠ちゃんはBFの学校が隣にあって道に詳しい。道案内には最適。

広いドームも人で一杯。TVで見たものより実物はまた素晴らしい。同じものでも手を掛けたものと掛けないもの相違は歴然。

カメラに写したいが人が多くて不可能。ゆっくり見たいが人混みの中を一時間も歩くと体力がそれを許さない。

一回りしたところで引き上げ。夜の会合があって、惠ちゃんとは横浜に来てお茶して分かれる。色々話しもできたし、いい思い出造りとなった。

探偵仲間役員会

探偵仲間も色々お付き合いがあるがこの会は一番人数も多い。コメントに参加している方も何人かいて楽しい会合。

ここでは書き込みできないような、ドッキとするような忘れていた昔の話をバクロされてビックリ。この会の面白さはこんなところにある。(このドッキリした裏話はいつか機会があれば直接お話しする)

アルコールは乾杯の一杯だけ。疲れを覚えさせない楽しい会だった。

中川大臣辞任

今晩になって(体調不良を理由に)辞任。往生際が悪い。何を考えているのだろうか?この時期に責任ある大臣が情けない話。

| | コメント (15)

2009年2月16日 (月)

酔っ払い大臣記者会見の行方

酔っ払い大臣記者会見

中川財務大臣ロンドンのG7終了後記者会見で正常な状態でなく記者の質問にもしどろもどろ。世界中に醜態をさらした。いかに酒好きとはいえ大臣の記者会見がまともにできない状態で望むとは常軌を逸している。本人は勿論側近も問題。

「馬鹿につける薬はない。馬鹿は死ななきゃ治らない。」森の石松が笑っている。

こんな中、今日発表された日本のGDPはー12.7と最悪。内閣支持率も下がりっ放し。

本人は辞任の意思はなさそう、麻生総理も(風邪を早く治せ)に留まっている。

この問題、麻生内閣の終焉に止めを刺すか?

政治向きのことは言いたくないがこれは黙っていられない。

| | コメント (8)

バレンタインデー

バレンタインデー

昨晩夕食後ヒョッコリ惠ちゃんがやってきた。

「バイトで遅れちゃった。チョコはジイチャン食べないからこれにしたよ」と京都の小倉山荘のおせんべいを持ってきてくれた。

チョコはもらっても和ちゃんにやってしまうことを見抜き、私がこのせんべいを愛用していることを知っての気の遣い方が嬉しかった。

TVで盛んにバレンタインデーのことをやっているが今年は無縁の物と思っていた。

来週からスイスなど外国旅行の計画らしい。そんな話を聞くと黙っていられない。つい財布の紐も緩む。

このところ飛行機事故が続いた話をすると、「そうした後はみんな気をつけるし、保険に入ったから」と平然としている。

子供の成長には目を見張るばかり。

「ジイチャンの部屋汚いね。ちっとも整理進んでいないね」身辺整理状況のチェックも忘れない。

確かに去年から身辺整理は遅々として進んでない。あちコッチひっくり返して返って乱雑になってしまった。

整理が一段落するとそれで全てが終わってしまうのかもしれない。そんな想いも遅れている理由にあるのかもしれない。

今日はこれから大先生の篠笛教室。

| | コメント (10)

2009年2月15日 (日)

月見草花便り・元気な戦友

月見草花便り

春一番とともに届いた嬉しい花便り。

去年コメントのお仲間のdolceさんのところにお嫁に行った月見草がもう花を咲かせたと嬉しい便りを頂いた。

dolceさんのブログ「ハマのうたかいーdolceの日記」には写真も載せてもらっています。是非見させていただいてください。

外は寒くて可哀そうだからと部屋の中に入れ窓辺で育てたらしい。

ここのところ雪割草に夢中で月見草は棚に放り離しになっている。本家もウカウカしていられなくなってきた。

春一番の訪れもあって本格的な春がやってくる。毎日棚の仲間との対話が楽しみ。

元気な戦友

朝バアチャンの注文でブロッコリーの収穫をしていると、(おはようございます。やってますね)と突然道路から声を掛けられた。

3年前「食道がん」後数ヶ月と余命宣告され手術した探偵仲間のOさん。杖を持ちながら一時間散歩しての帰り。取立てのブロッコリーを差し上げる。

スポーツセンターでも顔を合わせるがスポーツ万能・武道で鍛えた体力・免疫力が病を抑えているようだ。

| | コメント (11)

2009年2月14日 (土)

雪割草の見舞い・事件事故

雪割草の見舞い

温かい日差しを受けて雪割草が次から次と花を咲かせ慰めてくれるが、胃の調子はいまいち。

畑でヒヨドリがうるさく鳴くので行って見ると案山子の帽子が昨日の風で飛ばされていた。ヒヨドリが帽子を気にしていることが分かった。

かんぽの宿・売買契約白紙撤回

日本郵政・(かんぽの宿)オリックスへ一括売買契約を白紙撤回。

当然のことながら、これでうやむやにしてもらっては国民は納得しない。

相次ぐ航空機事故

ニュートークで旅客機住宅街に墜落・50人死亡。(翼の凍結か?

ロンドンでも旅客機不時着(後輪が作動せず)

自民党小泉元総理が麻生発言を批判。揺れている。朝令暮改男と奇人変人の争い。

宮沢りえ結婚・妊娠6ヶ月?。

| | コメント (8)

2009年2月13日 (金)

I胃腸科医院・雪割草

I胃腸科医院

このところ胃の調子がおかしい。行き付けのクリニックの院長もたまには胃カメラで診てもらった方がいいかもね。と紹介状を書いてくれた。8時40分に行ったがもう待合室は満員。診察して24日の胃カメラの予約を取るまでに半日掛かった。

雪割草

雪割草はお天気に敏感な花である。春一番が吹くとの予報でお日様の顔は見えない。

お日様が上がって気温が上昇してこないと花を完全には開かない。

夕方日が落ちるころには花を萎めてしまう。

月見草と全く逆である。

花の形・色はそれぞれ違っている。年毎に替わるものもあって山野草店でも付けられないらしい。

棚に並べて想い想い名前をつけて、始めは千の風になった人から順に並べてみた。名前があった方が話しかけるとき独り言にならず様々な思いが蘇ってきて楽しい。

| | コメント (11)

2009年2月12日 (木)

サッカー引き分け・布団干し・農協朝市

サッカー引き分け

昨晩、サッカーワールドカップ予選。日本対オーストラリア0対0引き分け。攻めが甘い。(素人判断)

布団干し

昨日と打って変わって好天気。布団干し。

寒さに震えていた雪割草も一斉に可憐な花を咲かせて賑やか。色々の色の花が混じった方が賑やかでいい。

農協朝市

バアチャンのお供で農協朝市。ローゼンで鍋焼きうどん昼食。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

建国記念日・三笠フーズ社長逮捕

建国記念日

建国記念日だというのに、一日中、曇り。日が当たらず、折角花を開いた雪割草も寒さに震え花を開いてくれない。

そんな時は気分も優れない。胃袋がゴロゴロ。終日ベッドの周りをうろうろ。近日中に胃カメラ検査の予定。

三笠フーズ社長逮捕

汚染米販売、三笠フーズ社長逮捕。

日本人の主食である米の安全を揺るがした汚染米転売事件で、三笠フーズの冬木社長ら5人が逮捕された。

度々の検査で不正を見抜けなかった農水省の役人の責任は重い。徹底した追及が望まれる。

| | コメント (9)

2009年2月10日 (火)

庭作業日和・雪割草の仲間・自民党支持率14パーセント

庭作業日和。

早寝してぐっすり眠ったせいか、喉の痛みはすっかりなくなった。

調子がよくなるとジットしていられない。厚めのジャンバーで身を固めて庭へ。、

日光を全身で受け止め春を告げている雪割草,桜草など、可憐な花が迎えてくれる。

バアチャンの注文でレタス、チンゲン菜、ブロッコリーを収穫。

案山子に帽子をかぶせた効果があってヒヨドリが寄り付かなくなった。

雪割草の仲間

運動を兼ねて自転車で散歩に出た。

途中の山野草店頭に雪割草が並べられていた。

かなり安い!つい手が出てしまった。ベランダにまた仲間が増えた。

自民党支持率14パーセント

朝日新聞調査によると麻生内閣の支持率が14パーセントと下落した。いよいよ解散か?

| | コメント (13)

2009年2月 9日 (月)

篠笛教室・風邪?

篠笛教室

篠笛教室。先生足首を捻挫して足を引きずってきた。

今日から3月の発表会の練習。1番手に指名された。「晩鐘」「湖北」のポイントを教えていただく。

みんな、笛吹き童子、小諸馬子唄、荒城の月二重奏など難しい曲をいとも簡単に吹くのにビックリ。

風邪?

西口でマッサージ。若干風邪気味?でコスモスは休む。

バアチャンに急き立てられてWクリニックへ。検査結果インフルエンザではなかった。

日が昇らないので雪割草も寒がってほとんど花を開かない。育て主の調子の悪いのが分かるらしい。

熱燗で一杯引っ掛けて早寝と決める。明日は雨らしい。

| | コメント (14)

2009年2月 8日 (日)

ココロちゃんからコメント・穏やかな日

ココロちゃんからコメント

思い掛けなくココロちゃんからコメントを貰った。

こころちゃんが戻ってきたみたいだ。

平穏な日

一歩外に出ると肌寒いが,日向ぼっこには最高。

和ちゃんが近くのスーパーまで本を買いに来たが時間が早すぎたと言って立ち寄る。バアチャンと二人公平に肩もみをしてくれる。

春は確実にそこまで来ている。

雪割草を真近で直ぐ見られるように、花の膨らんだ鉢を箱に入れて2階ベランダ窓際に移動させた。一日中日当たりがいいせいか新しい花を咲かせ始めた。

パソコンで目が疲れてくると座ったまま見られる。

カニサボテンまだ少し花が残っているが花柄を全部取ってしまう。

ヒヨドリに馬鹿にされた案山子の帽子を変えてみたところ、ヒヨドリが畑に近づかなくなった。

ブロッコリー、レタス、チンゲン菜少しずつ収穫。

スポーツセンター一時間。

明日は篠笛教室

夕食後吐き気。

| | コメント (8)

2009年2月 7日 (土)

悲しい寒中お見舞い・ヒヨドリに馬鹿にされた案山子・雪割草

悲しい寒中お見舞い

毎年戴いていた方からの年賀状が今年なかった。

娘さんから悲しい寒中お見舞いを戴いた。

現役時代お世話になったうなぎのI小料理屋の女将さんが、昨年暮れ千の風になっていた。

数年前に高齢を理由に閉店してから行くこともなかったが年賀状のやり取りは続けていた。

家族でやっている郵便局近くのこじんまりとした小料理屋だった。

JBKコメントの方々も一度は行ったことがある。

患者会の原点となった「三悠会(三途の川を悠々渡る会)」の初会合を二階の小座敷で開催したこともあった。

腰の低い、笑顔の素敵な家族だった。

車椅子から寝たきりになっても、一人娘が自宅で看病し、最期の日も訪問介護入浴の後食事をして旅立たれたという。最期まで看取られた娘さんの孝養には涙以外の何物もない。

心からご冥福をお祈りする。

ヒヨドリに馬鹿にされた案山子

ヒヨドリが畑のブロッコリーの葉を食い荒らす。防止対策に案山子を作ってみた。今朝余りうるさいので見るとヒヨドリが案山子の上にとまってけたたましく鳴いていた。

馬鹿にされた案山子が寂しそうに項垂れていた。案山子の造りが貧弱だった。何か方策を考えよう。

雪割草

風はないが肌寒さに変わりはない。雲間から漏れてくる日の光に向かって開き始めた雪割草を観察しながら庭仕事をする気になった。

雪割草は雨や風の日は花を開かない。花びらを閉じて花粉を守っている。

花粉が飛び出したらしく鼻水が引っ切り無しに出てきて、作業は長続きはしない。

| | コメント (13)

2009年2月 6日 (金)

篠笛を楽しみま専科・和ちゃん誕生祝品・「円天」波会長ら22名逮捕

篠笛を楽しみま専科

出かけるのが惜しいようないいお天気。買い物に行くと言うバアチャンと同乗。

今日出席したA社のけんたろう記者が書いてくれた記事を見て、篠笛に興味を持たれたと言う都内練馬区のMさん、コスモスの会のSさんのお二人が新規に仲間に入られた。欠席者もあったが総勢9名。

先生のご指導で、3月14日神奈川QOLの会総会で篠笛合奏をする3曲。「うさぎ」(さくら)(荒城の月)をミッチリ練習。

その前に晩鐘、湖北を個人指導していただく。暗譜が今一。

和ちゃん誕生祝にデジカメ

教室が終わってから、スキーから帰ってきた和ちゃん、惠ちゃんと西口で待ち合わせ。先生も合流して和ちゃんの希望で回転すし昼食。

和ちゃん誕生祝にデジカメを買う。

「円天」波会長ら22名詐欺容疑で逮捕

発覚してから2年以上も経過している。捜査が遅いと言う声は当然。

高額の配当を餌に多額の金を集めた「円天」波会長らが、組織犯罪取締法で逮捕。騙す方が悪いに決まっているが、騙される方に問題はなかったのか。

| | コメント (7)

2009年2月 5日 (木)

春の幕開け・雪割草・春蘭

雪割草春の幕開け

花言葉 あなたを信じます。和解。

日差しは弱いが風もなく庭の仲間たちと会話。

節分を迎え雪割り草が春の幕開けを宣言するように可憐な花を少しずつ咲かせ始めた。

雪割草の名前の由来は、雪を掻き分けるようにして花を咲かせることからこう命名されらしい。

まだ寒い時期に一年間土の中でジット耐えてきたのを一気に吹き飛ばすように鮮やかな花。色はピンク、青、赤、朱、白・・・様々。

お日様が揚がってから気温がある程度までに上昇してきてから花を開き始める。日没とともにしっかりと花を閉じる。寒さ対策なのかもしれないが、花びらをしっかり閉じることで受粉をするのかもしれない。

花はおんなじようだが、よく観察すると表情はそれぞれの想いを語っているのかひつひつみんな違っている。

育て方

これまでに何度か挑戦してきたが失敗の連続だった。

夏場は半日日陰で過ごさせるのがポイントの一つ。日光に当て過ぎると失敗する。これまで何度も失敗を重ねてきたのに、今年は花を咲かせてくれたのは、先が短いのを同情したのか、来年も咲くから一緒に頑張ろうと声援を送っているのかもしれない。

花は1週間から10日間。可憐な花に千の風になった人々の面影を重ねながら観ていると時間を忘れてしまう。鬱積した想いは吹っ飛んで、自然に癒されていく。

月見草とともに大事にしてくださる方に上げたいが、増やそうとしてもいいものほど気難しくて鉢にあるものを育てるのが精一杯。

今年は大きめの鉢に寄せ植えに挑戦してみようと思う。来年花を観ることが出来るかが問題。

春蘭

雪割草の隣で昨年の秋友人が持ってきてくれた中国春欄が根元にヒッソリと花を咲かせ花は葉と同色で目立たないが、うっとりするような香りを届け存在感をアッピールしている。

想いのまま(梅)の蕾も大きくなってきた。

昨日の注射の副作用か調子はいまひとつだが棚の仲間たちが必死に声援を送ってくれている。

午後ユックリ昼ね。

| | コメント (6)

2009年2月 4日 (水)

ふくろうさん五行歌推薦歌・Gセンター診察日・節分・豆掴み取り勘定競争

ふくろうさん五行歌推薦歌

ハマ風24号にふくろうさんの歌が希雲先生推薦で搭載された。

おめでとうございます。

「長生きして ごめんね

なんて

言われない

言わなくても良い

老後であるようにと願う

Gセンター診察日

Gセンター診察日。自転車はスピード出せば出すほど風を切って冷たい。

待合室の混雑は変わっていない。入り口でアンケート用紙を渡された。そのせいか呼び出しが意外に早かった。

M医師先ず(奥さん石の方は?)とバアチャンの事から聞いてくれた。

「あなたは、ガンで死ぬことはない。心筋梗塞、脳梗塞が要注意。もしもの時のこと考えて一筆書いておいたほうがいいよ。」(リビングウイル、常時携行している)「そりゃいい考えだ・・・」と、冗談が言えるようになった。

O先生不在。W相談室長に挨拶。

帰り町内のWクリニックへ。「長い間病院に待たされると風邪をもらってしまうから」と言うバアチャンの言い分を聞いて、バアチャンの薬も貰ってくる。

待合室にいる人はみんな風邪気味の様子。うっかりしてマスクを忘れて行った。看護師さんが気を利かせてマスクを一つ出してくれた。ありがたい。

節分・豆掴み取り勘定競争

節分。去年は大雪だった。惠ちゃん和ちゃんたちはスキーに出発。

昨晩夕食後バアチャンと豆を年の数だけ一回で握るか競争。76個はなかなか難しい。

何回やっても丁度は出来なかった。一番近かったのが74個、バアチャンは72個だった。勝負は優劣なし相子で終った。

| | コメント (10)

2009年2月 3日 (火)

盗まれた「埋蔵金(3億6千万円)」

盗まれた「埋蔵金(3億6千万円)」

国会でも埋蔵金が話題になっている。

そんな時、ウソのような本当の話。(天声人語・週刊朝日)

佐賀県伊万里市の80代の会社役員宅から、庭に埋めてあった3億6千万円が盗まれた。40年間酒も飲まず、外食もせずコツコツ貯めたお金で、低金利を理由に銀行から自宅庭の土中に移したそうだ。毎日確認していた持ち主。昨年秋朝、掘り返されているのを発見警察に届けた。

この人12月に亡くなられたそうだ。

将来のための蓄え」だったと言うが、気の毒に蓄えも、将来も消えてしまった。この人の人生はなんだったのか・・・?

埋蔵金のある方は気をつけましょう。

思わぬ大金を手にした奴は、デカに身辺を洗われて毎日冷や冷やしているのか?ノンビリ楽しんでいるのか?気になるところ。捜査に加わってみたい。

犯人に心当たりのある方、ヒソカに貯めている方はJBKに相談してください。

| | コメント (13)

2009年2月 2日 (月)

篠笛教室・鎌倉八幡寒牡丹観・浅間山噴火・若麒麟解雇

篠笛教室

3月の発表会出場締め切り引き続き荒城の月二重奏。途中で発作のような症状に襲われたが大したことはなかった。次回から発表会の練習か?

鎌倉八幡・寒牡丹観

惠ちゃんと約束していた鎌倉八幡・寒牡丹観賞、先週土曜日雨で中止となっていた、今日に変更した。急遽、三悠会副会長も神社参拝を兼ねて参加することとなった。お陰で往復車に乗せてもらった。副社長の行きつけのおすし屋さんで昼食。

牡丹を観賞する人は結構いた。花は丁度見頃だったが、素人カメラマンが多くユックリ観賞するのを邪魔された。

3年前折角観に来たのにその年は閉園で観られなかった、戦友Tさんを偲んで笛を吹くつもりだったが、人が多くそのチャンスがなかった。

惠ちゃん、副社長おみくじは二人ともよくなくて木に結び付けていた。気にするようなら最初から引かない方がまし。

浅間山噴火

群馬県と長野県の境の浅間山が噴火。火山灰は横浜にも及んだ。

若麒麟・解雇

大相撲・大麻で逮捕の若麒麟解雇処分(除名の次の処分)。退職金530万円。これで再発防止が出来ろのか?と言う声が多い。

| | コメント (9)

2009年2月 1日 (日)

健康情報・嚥下障害(誤燕)を改善するためのリハビリ・ガンにならないで長生きする3か条

嚥下障害(誤燕)を改善するためのリハビリ

(09・2・1、アサヒ・患者を生きろ878)

病的に嚥下障害(誤燕)を起こしやすい人は、喉の筋肉の運動低下やコバワリのために嚥下障害(誤燕)を起こしやすい。

誤嚥に苦しむ人は意外に多い。

油断すると誤嚥は肺炎から死に繋がる。

食事前に発声練習や運動をしてリラックスすることが予防に繋がる。簡単にできることからやってみましょう。

嚥下障害(誤燕)を改善するためのリハビリ(梁山会診療所のリハビリから)

首を前後左右に傾ける

首をユックリ回す

肩を上下させる

肩を前後に回す

両手を高く上げて(万歳)をする

舌を前後、上下、左右に動かす

「ぱぱぱ・・・」など発声練習をする

深呼吸をする(腹式呼吸)

ガンにならないで長生きする3か条

バアチャンがTVから得た重要情報だとしてメモをくれた。

ガンにならない・長生きする3か条をテレビでやっていたらしい。詳しいことは分からない、要点だけを急いでメモしたようだ。

TVを見ていた方、追加、訂正ありましたらお願いいたします。

ガンにならない・長生きする3か条

1 禁煙

タバコは絶対駄目

2 酒は少し

酒も毎日は駄目、少量を時々はいいらしい

3 小太り

太りすぎ、痩せすぎは危険信号。少し太り気味の方がいいらしい。

| | コメント (10)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »