« リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)・オランダ、アムステルダムで航空機事故 | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・雪 »

2009年2月26日 (木)

「春の便り」(ブログ「里山の日誌」)

「春の便り」(ブログ「里山の日誌」)

先日信州の甥に庭で咲いた「雪割草」を写し,プリントして春の便りを出した。そのハガキを彼のブログ「里山の日誌」に載せてくれた。

雪割草のハガキを出せなかった方もある。雪割草に興味のある方は「里山の日誌」を開いてご覧になってください。

雪を割って

春の使者

一番乗り

寒風に揺らぐ

雪割草

|

« リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)・オランダ、アムステルダムで航空機事故 | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・雪 »

コメント

信州は明日は雪模様ですね。
我が家の早咲きの桜??も芽吹いていました。この寒さで又蕾が固くなっています。
お日様が恋しいですね。

投稿: 梅 | 2009年2月26日 (木) 22時07分

 若い頃、信州に勤務したことがあった。ちょうど今頃だったかな、安曇野の碌山美術館のそばを通りがかった。車を止めて、館内に入ると、教科書に載っていた「女」の像が目に付いた。見入って、外に出て改めて美術館を眺めると、真っ青な空の下、雪化粧した北アルプスがくっきりそびえ立っていた。
 「すごい」と、感動した記憶があるけど、今見たらもっと違う感動があるだろうね。
 この美術館は、子供たちの10円募金で建てられたと聞いているけど、篠さんの10円も入っているのかな。教育熱心な信州人の真骨頂を見る思いがするね。
 雪割草とは関係ないけど、この時期、そんなことを考えながら、あの景色を思い出しているよ。

投稿: 異風坊 | 2009年2月26日 (木) 23時27分

「雪割草」お花もかわいくて素敵だれれど、この響きがとっても美しいですね。
歌に出てきます。
冬の厳しい寒さから、一変して、「雪割草」が出てきたところから、曲が優しく柔らかな響きになるのです。いいな~

投稿: JACKのママ | 2009年2月26日 (木) 23時35分

いつか、甥っ子様に、あいたいなあ。

投稿: 藍弥生 | 2009年2月27日 (金) 00時23分

「里山の日誌」いつも訪問させて頂いてます。雪割草の葉書で、篠笛さんだ!って、すぐにわかりましたよ。
行ってみたいなぁ〜(^^♪

投稿: 撫子 | 2009年2月27日 (金) 00時39分

常雄叔父さん
ご無沙汰しております。広津は今年は雪の少ない冬で、春の陽気が続いておます。母も元気で梅の蕾が大きく膨らんだ事を喜んでいました。オレも帰ってないから電話で話しただけですが。今年は春の来るが早いです。前にした約束、大町までの16キロの通学路を訪ねる旅、元気なうちにぜひお願いします。
藍弥生さま、マロは元気になりました。その節はありがとうございました。叔父と話すたびにあなたが話題になります。受話器の向こうの、あのしゃがれた声で「アイちゃんアイちゃん」を連発する叔父の嬉しそうな声を聞くと、オレも「アイちゃん」にあいたいと思ってしまいます。

投稿: 広津のハルキ | 2009年2月27日 (金) 00時42分

 昨日我が家にも雪割草がやって来ました。 花屋さんで咲いていた可愛らしい白い花です。
 他の色の雪割草が無かったので一鉢だけです。
 いくら見てても飽きない花です。
 種類が豊富にあるということなので、少しずつ増やしてゆきたいと思っています。

投稿: ライス | 2009年2月27日 (金) 00時45分


梅ちゃん
家の庭にも、早く温かくならないかと春を待っている植木たちが一杯。風邪早く治してね。
異風坊さん
一度あなたが荒らした安曇野を検証しに行こう。温かくならないとだめでね。
JACKのママさん
JACKのママさんに歌ってもらえたら雪割り草は最高。
藍ちゃん
甥っ子のところにはお世話になったワンちゃんが待ってるからね。篠笛持って行こうね。
撫子さん
みんなが安曇野希望だから春を待ってみんなで一度行こう。

広津のハルキ君
死ぬまでに昔爺ちゃんと通った道は必ず案内してもらう。
そのときは藍ちゃん篠笛合奏団も一緒に行ければいいなあ。
マロも元気のようだね。
ライスさん
ゆくわりそう増やしたら分けてもらうよ。
ライスさんのところも段々花が増えて行くね。春には「イワヒバ」などもお嫁に行くのを待っているよ。

皆さん
昨夜からパソコンの調子がおかしくなって入力が上手くいきません。
今日篠笛を楽しみま専科から帰ってから調整します。

投稿: 篠笛 | 2009年2月27日 (金) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)・オランダ、アムステルダムで航空機事故 | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・雪 »