« 「おくりびと」に寄せて(納棺師) | トップページ | 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) »

2009年2月26日 (木)

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)・オランダ、アムステルダムで航空機事故

オランダ、アムステルダムで航空機事故

事故の報道に、惠ちゃんがオランダ・スイスなどの旅行中で心配したが、旅行日程・コースからも外れている。乗客名簿に日本人はいないようで一安心。

それにしても最近事故が多い。

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)

「おくりびと」のアカデミー賞受賞に関連してJBKでも2回取り上げた。

その影響を受けてか、身辺整理や写真など最期の幕引きについて準備を始めた人が出てきたようだ。

日常生活の中で、死に纏わることを話題にすることはなんとなく憚れる。でも「おくりびと」受賞の話題とともに家族の間でも最期の儀式について語られるようになったらしい。

「これを機会にリビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)を両親を含め家族全員で書こうと言うことになった。内容を教えてくれ」との問い合わせがあった。

最期お世話になった方々に迷惑を掛けない幕引きには、生前の本人の意思が重要な意味を持つ。

リビング・ウイル(生前の遺書・尊厳死の宣言書)については既にJBKでは何度も取り上げてきた。

08、8、30.と 08,11,7。の2回

日本尊厳死協会発行の原文を搭載してあるので参考にしていただきたい。

確かに人間としての尊厳を失わずに幕引きはJBKでありたいと思う。

万が一の場合は「リビングウイル」に突き当たる。

今回の「おくりびと」受賞はそうしたことを自分を含め家族で考える

いい機会になったと思う。

投稿日

タイプ

|

« 「おくりびと」に寄せて(納棺師) | トップページ | 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) »

コメント

お片づけ、にがてだし、できないし、今年の目標だね。

投稿: 藍弥生 | 2009年2月27日 (金) 00時21分

元気なうちに整理整頓。少しは他人に見られてもいいように、お片付けしようと思っているんだけどね〜。人が何十年も生きてきた荷物!?って、ちょっとやそっとでは片付かないですね。マッ、焦らず少しずつお片づけします。何かあったら、篠笛さんにお願いしようっと(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2009年2月27日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「おくりびと」に寄せて(納棺師) | トップページ | 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) »