« 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) | トップページ | 寂しい解体 »

2009年2月27日 (金)

篠笛を楽しみま専科・雪

篠笛を楽しみま専科

雪も降るという生憎のお天気で休まれる方もあったが9人が参加。

撫子さんも駆けつけてくれた。

3月14日神奈川QOLの会総会で篠笛合奏をする曲。(さくら)(荒城の月)をミッチリ練習。

一人ひとり吹いてもらった。皆さん練習の成果を音色で示していた。

家ではモット上手に吹けるのにと残念がっていた。みんな暗譜に苦労しているようだ。

最後に「湖北」を吹いておしまい。

有志でお粥昼食。

寒くて植木たちが震えている。雪割草も受粉した状態を大事にするのか花を閉じたまま。

今晩はバアチャンに注文を出して寄せ鍋にした。

調子を狂わせていたパソコンどうにか動くようになった。でも、あちこちいじったせいか何日間かの記録が消えてしまった。

|

« 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) | トップページ | 寂しい解体 »

コメント

なべ、おいしそうだなあ。おもちいれたいなあ。ゆずコショウいれて、たべたいなあ。

投稿: 藍弥生 | 2009年2月27日 (金) 17時39分

撫子さんも来られたのですか!
明日遠方の結婚式に行ってきます。天気は良いようなので安心ですが、花粉症で スピーチの時大きなクシャミが心配。

投稿: 梅 | 2009年2月27日 (金) 17時53分

今日はお疲れさまでした!初雪にはびっくりしましたね!雪の降る中、篠笛を吹けるなんて、ラッキーだったかも・・・皆さん、情緒たっぷりでしたよね〜♪
暗譜が問題です。物覚えの悪さが露呈してしまいました(^^;

投稿: 撫子 | 2009年2月27日 (金) 18時00分

今日は、雪降る篠笛のお稽古日となりました。ひとりづつ人の前で吹くことは、緊張しますがいろいろ学べますね。左手の親指を気をつけると音が違ってきました。かっちゃんも今日の自分の演奏にはちょっとがっかりしていましたが、午後からは気を取り直して、また篠笛の練習していました。撫子さんにも初めてお目にかかれて、すてきな演奏を聴かせていただけてうれしまったです。
今日は、本当にありがとうございました。

投稿: なっちゃん | 2009年2月27日 (金) 19時22分

ソロ演奏聴きたかったです。一人練習しています。
撫子さんも一緒に練習できたのですね。
次回は出席しますので よろしくお願いいたします。

投稿: ふくろう | 2009年2月27日 (金) 20時34分

すみません。リラックスして動かないように気をつけるのは、左手の親指ではなくて、人差し指でした。訂正します。

投稿: なっちゃん | 2009年2月27日 (金) 22時04分

藍ちゃん
鍋、美味しかったア。体の芯から温まった。
明日は残った汁でオジヤにする。食べに来ないかい。
梅ちゃん
教え子の結婚式でスピーチなんて羨ましいな。篠笛を一曲入れるとなお素敵だと思うよ。
撫子さん
今日は遠いところをご苦労様でした。
美男子の山猿さんとデイト楽しかったでしょう。
一生懸命練習した成果が音色にでていたよ。暗譜ももう少しかな。
なっちゃん
お二人ともしっかり吹けていましたよ。少し上がってしまっただけでしょう。
指は練習の繰り返しで自然に言うことを聞いてくれます。
またお二人で仲良く練習に励んでください。夫婦で一緒にできるなんて羨ましい限りですよ。
ふくろうさん
今日は欠席残念でした。
みんな一生懸命練習しているのを音色が教えてくれ嬉しかった。
ふくろうさんもオカリナも頑張ってね。

投稿: 篠笛 | 2009年2月27日 (金) 22時53分

3月14日に篠笛合奏!ホワイトデーだね♪
私は母校でお手伝いの日。一生に一度の記念日だから、どちらも大盛況でありますように!

投稿: 夏海 | 2009年2月28日 (土) 02時27分

なっちゃん、初めてお目にかかれて嬉しかったです♪ありがとうございました!
梅ちゃん、ふくろうさん、お目にかかれるかと楽しみに伺いましたが、残念でした。
次回、楽しみにしていますので、よろしくお願いしま〜す(^^♪

投稿: 撫子 | 2009年2月28日 (土) 02時30分

荒城の月、いいですよね~。何か日本人の心の琴線に触れるメロディーですよね。滝廉太郎を聴きたくなりました!(^◇^)

投稿: てる! | 2009年2月28日 (土) 07時56分

夏海ちゃん
あなたも忙しいね。寒さに負けずに頑張ってね。
撫子さん
昨日は、あそこの教場の人たちとは、ほとんど初対面だったけれど篠笛が役割を立派に果たしていたね。
てるさん、
荒城の月は藍ちゃん夫婦、撫子さん、I画伯も綺麗に吹きますよ。今度聞きに来てください。

投稿: 篠笛 | 2009年2月28日 (土) 08時58分

昨日は行けなくて残念だったけれど ブログを読んでいると 何だかその場にいたような気持ちになっておりました・・・

投稿: ふくろう | 2009年2月28日 (土) 10時54分

篠笛専科、お世話になりまして、ありがとうございました。
「一人ずつ!」の言葉に、一気に緊張! ドキドキして、息も続かず、家で「の~びり」の練習とは全然違いました。14日は更に大きな緊張を強いられそうですから、間違えても「知らん顔で」次に流れて行ける練習もしなければ、、、。
とっても勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: 遥 彼方 | 2009年2月28日 (土) 12時24分

みんなの真剣に篠笛吹いていらっしゃる様子が目に見えるようです。
人前で演奏するのはドキドキするけど、その緊張感がなんともいえずいいものですね!
がんばって!
100回の練習より、1回の本番!といわれるぐらい力が付きますよね。
当日の大盛会を祈っています!
聴きに行きたいけど、その日は「る、ぴあの」さんで、カルチャーの生徒さんのミニコンサート。いつか聴かせてくださいね。

投稿: JACKのママ | 2009年2月28日 (土) 13時59分

ふくろうさん
「上手に吹く必要はない。心から心に届くように吹きましょう」先生の言葉です。
6日はお待ちしておりますよ。
遙彼方さん
忙しい中を参加してくださってご苦労様でした。しっかり音を捉えて出していましたよ。
後は慣れですね。
一人で吹くときの緊張感を乗り越えた時の感動を大切にしましょう。頑張りましょう。
JACKのママさん

「100回の練習より、1回の本番!といわれるぐらい力が付きますよね。」
この一言はみんなの本当の力になります。6日また最後の練習があります。その時JACKのママからの声援の言葉としてみんなに伝えます。有難うございました。
いつか、JACKのママのファンの藍ちゃん、撫子さん、梅ちゃんの合奏を聴いていただくのを楽しみにしております。


投稿: 篠笛 | 2009年2月28日 (土) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「春の便り」(ブログ「里山の日誌」) | トップページ | 寂しい解体 »