« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

Gセンター診察日・行きつけのクリニックへ・篠笛個人レッスン・昼寝・「がんがわかる本」(泌尿器科の)

Gセンター診察日。

Gセンター診察日。連休も関係なし待合室は何時もと同じ混雑。苦悩、切なさ,、半ば諦め、など様々な顔の陳列。何処にも笑顔がない。

先生が先ごろ出版されたという本のことを話題にすると至極ご機嫌。

右脇腹の鈍痛は、何故か昨日からまったくなくなった。そんなに気にすることはないようなことを言ってた。

行きつけのクリニックへ

帰りの足でクリニックへ。「この間のCTの結果も何もなし。血尿も出ていないから異常はないと想う。」という医師に、バアチャンの勧めもあって一応結石の専門医へ紹介状を書いてもらった。

「あなたもお出掛けが多いから必ずマスクしてね。」「笛吹くときマスクしているわけにはいかないよね」そんな呑気な会話。

風邪が流行っているのかここもこれまでにない混雑。

「がんがわかる本」(泌尿器科の)

Gセンター主治医の三浦先生がこのほど四海書房から泌尿器科の「がんがわかる本」を出版した。ガンセンター売店で売っている。

なかなか参考になることが書かれているので、暇な時抜粋を紹介していくことにする。

篠笛個人レッスン

「青葉の笛」をミッチリやった後。先生が用意してきてくださった、「早春賦」「おぼろ月夜」「琵琶湖周航の歌」を教わる。

昼寝

病院2箇所、篠笛レッスン2単位。結構疲れた。教室の下の階でマッサージを開店していたのが目に付き、初回1000円引きに釣られてやってもらった。家に帰っても、疲れが顔に出ているのだろう「昼寝したら・・・」バアチャンの何回も繰り返す言葉に従った。

目が覚めると月見草が3輪咲いていて話しかけている。

これで4月も終わってしまった。

明日は「篠笛を楽しみま専科」

| | コメント (11)

2009年4月29日 (水)

月見草の嫁入り・農協朝市・新聞記事・惠ちゃんBFから便り

月見草の嫁入り

このところアチコチから月見草便りが届き{JBK友の会}を賑わしている。ところが、自然を愛する山猿さんのところに月見草がないと言うことで、先日縁談が決まった。気難しい?舅に嫌われては可哀想なので侍女を沢山つけてやることにした

朝早く山猿さんが新車で迎えに来てくれた。

月見草に侍女として山紫陽花(2種類)、ミセバヤ石付き、万年青(3)、石付イワヒバ、ピンク深山オダマキ、ツワ葺、など。持って行ってくれた。(こうして記録しておかないと誰に何を嫁がせた分からなくなるので)

農協朝市

山猿さんが帰った後直ぐ不足していた夏野菜の苗の買い付け。植え替えようの土購入。幾鉢かの植え替え。

庭作業をしていると道路から[これは何の花ですか]と問い掛けられる。

シャリン梅、ライラック、姫うつぎ、などが満開で、人によって幾つかの鉢をあげている。

新聞記事

中には新聞記事を読んだ人がいて「時々新聞に載っているのを拝見して、感動しています。実は私も幾つかの病気を同居させています。でもお宅を見て元気を戴いています。いつまでもお元気で」と励ましてくださる方もいて庭作業は楽しい。

惠ちゃんBFから便り

BFも警察学校の生活にすっかり馴染んだようで連休中外泊が許され遊びに来てくれると便りがあった。惠ちゃんも新人研修でいい方に巡り合えたようで表情も明るくなった。

二人の前途に幸せあれ。と心から祈念。

あしたはGさんター診察。

| | コメント (9)

2009年4月28日 (火)

棚の整理・クリニックの方と夕食会・安曇野から山の惠

棚の整理

肌寒く月見草も朝になっても、ピンクに変身できないで純白のまま咲き続けている。可哀想に異常気象に花たちも戸惑っているようだ。

山猿さんのところに嫁ぐ月見草、と侍女たちの選別、化粧直し。

クリニックの方と夕食

普段何かとお世話になっているクリニックの方たちと西口おかゆの店で夕食会。結構話が弾んで楽しい夕食会だった。

安曇野から山の惠

安曇野の姪のところから、山ウド、タラの芽、カタクリ、こごみ、山ワサビなどが送られてきた。雪が少なかったので一気に色々の山菜が動き出した大変らしい。

| | コメント (16)

2009年4月27日 (月)

戦友と会話・篠笛教室・コスモス主催O先生を送る会

戦友と会話

今日は篠笛教室の日、早目に起きて道路掃除をしていると「おはようございます」大きな声で呼びかけられた。3年前かなり進行した食道がんを手術したOさん。両手に杖を持っているが元気そのもの。毎日町内一周散歩を続けている。

でも好きな天ぷらを食べた後など。いまだに逆流に悩まされているらしい。

弱気になると病気に付け込まれる。免疫力は気力・体力の充実から。そう思って歩いています。「負けてたまるか」行ってきます。

なんだか気持ちだけ先行して歩いているような感じもする。早く、杖なしで歩けるように元気になって欲しい。そう願わずには入られなかった。頑張れ戦友。

篠笛教室

「幻の笛」「荒城の月二重奏」暗譜が今一。

若い人は簡単に暗譜してくる。

とても付いて行けない。

コスモス主催O先生を送る会

3月Gセンターを退職されたO先生を送る会。桜木町ワシントンホテル。奥さんも参加。参加者24名。Y先生は北海道から参加。

自己紹介が終わった後、「さくら」「荒城の月」「江戸子守唄」3曲吹いた。

月見草3輪

今晩は月見草が3輪咲き、窓辺から微笑みかけている.。.

| | コメント (14)

2009年4月26日 (日)

サヤエンドウ収穫・農協朝市・夏野菜植え付け・「負けてたまるか」発見

サヤエンドウ収穫

昨日一日庭に出られなかった。雑草も伸びたがサヤエンドウの実が大きく膨らんできた。枝が一部石垣の外にはみ出した物もあって道路の下から梯子を掛けて収穫。大きいのは実が弾けそうに膨らんでいる。バアチャンは大喜び。惠ちゃんのところにも分けてやる。

長いこと楽しませてくれたブロッコリーは疲れてきたようでソロソロお仕舞いのようだ。

いよいよ夏野菜と交代。

農協朝市

久しぶり農協朝市。今日は夏野菜の苗の特売日

なす、キュウリ、枝豆、モロッコインゲンなどいっぱい仕入れた。

帰ってからが大変。足りないところは急遽堆肥を混ぜて床を作って植え付け.

忙しがって藍ちゃんの放送も聞き漏らしてしまった。

明日香ちゃんのライブにも行けなかった。情報によると珍しい方が見えられたそうで残念。

ラーメン昼食

農協の帰り16号線沿いで長い行列ができていたラーメン屋さんによってみた。TVに出たことがある店らしい。結構美味しかった。

「負けてたまるか」発見

知り合いの古本屋さんに「負けてたまるか」が出たら連絡してくれるように頼んでおいた。頼んだことも忘れてしまうほど前のことだ。突然「出ましたよ」の電話を頂いてうれしかった。農協の帰り寄っていただいた。程度も新品同様。掛け替えのない身内に再会したようで嬉しい。サラッと目を通す。切なかった闘病の時代が蘇る。今あるのが不思議。

明日は篠笛教室。

O先生送別会。

| | コメント (14)

2009年4月25日 (土)

ピンクに変身しない月見草・月見草の貰い手増加・ブタ・インフルエンザー

ピンクに変身しない月見草

今日から大型連休だが、朝から冷たい雨で庭にも出られない。

ベランダに上げた一鉢の月見草の寄せ植え、何故か昨夜咲いた一輪が今朝になっても花を開いたままである。曇っていて月が顔を見せなかった。それに寒さでデイト(受粉)が失敗だったのかもしれない。ピンクの色も薄くてよく観察しないとピンク色が分からなかった。午後になって徐々に鮮やかなピンク色になってきた。

雨の日はミツバチも、蝶々も飛んでこないから安心してこの世を楽しんでいるのかもしれない。隣の蕾がそんな先輩を見て、咲こうか咲くまいか迷っているようだ。ますます神秘的な花である。

月見草の貰い手増加

アチコチから届く月見草便りに心が和む。

月見草のことを色々のルートで聞いた人たちから「そんな神秘的な花を是非に」。と今日だけで3人もの方から申し込みがあった。仲間が増えるのは嬉しい限り。鉢分けしておいてよかった。

まだ沢山ありますよ。

ブタ・インフルエンザー

メキシコとアメリカでブタ・インフルエンザーが人に感染。人から人に感染でメキシコでは68名が死亡したらしい。

| | コメント (11)

2009年4月24日 (金)

陽気の変動に震える植木たち・花桃剪定・枝豆の種蒔き

陽気の変動に震える植木たち

連日10度も気温の急激な変動が続いて植木たちが震えている。冬眠から覚めたイワヒバも成長を躊躇し、折角延びてきたウチョウランも葉色が悪い。孔雀サボテンの蕾も動きを止めてしまった。畑に遊びに来ていた蝶々も姿を見せない。

そんな中で月見草だけは凛として純白の花を咲かせ続けている。

クリーニングに出そうと思っていたカーディガンを引っ張り出して着る有様。兎に角風邪を引かないように気をつけることにした。この間からの鈍痛が目を覚ましてきた。

花桃剪定

春先紅白の桃の花、ご近所の人たちなどににも差し上げて楽しませてくれたが、枝が伸びすぎて他の作物の邪魔になる。通り掛りの人が「そんなに切り込んで大丈夫?」と心配するほど思い切った剪定。

枝豆の種蒔き

去年惠ちゃんや和ちゃんに評判がよかったので、白、黒二袋の枝豆をポットに植え付けてみた。

去年暮れ農協で買ってきて苗を植えたサヤエンドウが食べごろとなってきた。サラダに入れても甘い。とても買ったものは食べられない。

我が家の畑は絶え間なく働いている。

| | コメント (15)

2009年4月23日 (木)

最後の人権相談・帰って来た「負けてたまるか」・草なぎ剛公然わいせつで逮捕

人権相談日。

横浜法務局で一日人権相談。今日で最終日。

相談も退職してから県庁の相談室を含めると20年余になる。さざまな相談を承ってきた。悩みは人様々。

相談事案が端緒となって殺人事件の犯人逮捕まで発展したこともあった。

今日は最終日。それを待っていたかのようなこれまでにないアチコチもめてきた難しい相談。事務所のKさんが2日前から頭を悩まして事前相談があったケース。

相手の立場を無視した係員の心ない対応が招いたもの。ジックリ話を聞いてあげたことで自然に和んできて帰る時は笑顔で感謝の言葉さえ出てきた。

親孝行の見本にしたいような人。この人を怒らせた関係者の無神経さを疑った。

どうなることかと心配していたKさん始め事務所関係の皆さんもホッとしていた様子。

最後の相談らしい相談をキチット締めくくることができてよかった。

狸小路

気疲れを背負ったまま帰ろうか迷っていた時狸小路でよく顔を合わせる社長とバッタリ。そのまま足を伸ばす。

駅から自転車。月見草が一輪寂しく待っていた。

帰って来た「負けてたまるか」

知らない女性からお手紙を戴いた。開封してビックリ「負けてたまるか」を読んでくださった読者の方からの感想文だった。

読んでいくうちに五行歌のお仲間だということが分かった。「負けてたまるか」は2002年の発行。五年も経っているのにご丁寧な感想文を戴き感激一塩。私が本を書いたことがあると聞かれて、図書館で探し求めたらしい。同じ悩みを持っている方には参考になるようだ。

時間を作って一度食事会を持つことになった。

草なぎ剛公然わいせつで逮捕

SMAPのメンバー草なぎ剛が飲んだ勢いで都内を全裸で走って警視庁に公然わいせつで現行犯逮捕された。

| | コメント (9)

2009年4月22日 (水)

月見草開花・ウグイスの訪問・惠ちゃんレタス・大相撲尿抜き打ち検査・千葉市長逮捕

月見草開花

午後5時50分。我が家の月見草がようやく咲いてくれた。前の年と全く変わらない清楚な純白。

色々の想いがあるのだろう。花が大きいから微かな風にも揺らぎながら語りかけてくる

月見草がすっかり有名になって仲間も増えた。こちらからはこの間の月見草の会のことをはじめ、増えた仲間の嫁ぎ先、千の風になった戦友のこと・・・など一年間の出来事を話してやった。

次の花が3輪も咲く準備が整っている。こらから忙しくなりそうだ。鉢を窓の直ぐ傍に置いてあるからPCで疲れたかなと思うときはいつでも会える。

ウグイスの訪問

朝早くからウグイスが家の近くに挨拶に来た。でも留まっていた時間は数分。縄張りを主張するとどこかに行ってしまった。ゴミだし日でカラスやヒヨドリが集まってきてそれを嫌ったらしい。

惠ちゃんレタス

新人研修で頑張っている、惠ちゃんが振り替え休日でチョット顔を出した。家のレタスがおいしくて毎日弁当のおかずにも入れていっているらしい。レタスもソロソロ終わりに近いがたっぷり採ってやる。就職して少し逞しくなったようだ。

大相撲抜き打ち検査

大麻所持の大相撲元若麒麟に懲役10ヶ月・執行猶予3年の判決。

相撲協会は今日横綱を含む力士全員の尿の抜き打ち検査実施。

千葉市長逮捕

千葉市長収賄容疑で逮捕。現金100万円授受。

| | コメント (14)

2009年4月21日 (火)

山野草寄せ植え・人権相談・和歌山カレー毒物事件死刑判決

山野草寄せ植え

雨という天気予報に反して日差しはないものの風も弱く庭作業に支障はない。

軽石に深山オダマキ、ツクシカラマツソウ、ミセバヤ、大文字草、桔梗、ウチョウランなどの山野草の寄せ植え作成に挑戦。

電気ドリルで穴を開けた軽石の穴にケト土を塗ってから根土を入れ、出来上がりを想像して適当に配置をつけて植え付けていく。植え付けが終わってから表面をまたケト土を塗って最後に山コケを貼り付けて終わり。

落ち着かせるには辛抱と根気が必要。全部が根付くことはないかもしれない。成功したかどうかは少なくても一年後。

鉢と違って軽石だと以後何年間も植え替えをしなくてもよい。それぞれの花が思い思いの季節に花を咲かせる。自然の感じで眺められるには数年。一鉢完成させるのに半日。気の長い話。

見られることを期待しての作業。

好きなことをしているときは腹部の鈍痛も襲ってこないから不思議。

夕方雨で作業中止。

人権相談

一休みして昼ねをしていると面倒な人権相談。事柄の性質上具体的な事実関係を書くわけにはいかない。

明後日法務局での一日人権相談の時、対応することとなった最後の相談日。

和歌山カレー毒物混入殺人事件・林真須美に死刑判決・最高裁

98年7月和歌山県であったカレー毒入り殺人事件被告林真須美に最高裁判所は、状況証拠を採用して死刑判決。(確定)

| | コメント (11)

2009年4月20日 (月)

篠笛教室・右脇腹鈍痛・二輪草・梅花カラマツソウ・雪割草がTV出演

篠笛教室

「幻の笛」「荒城の月」

「幻の笛」はK先生が作曲した篠笛にピッタリの名曲。昔一度習ったことがある曲だが、なかなか難しい曲。

森の中でタップリ吹ければ素晴らしいだろうなと思う。

微妙な指遣いは日常的になってきた手の痺れから難しくなってきた。

右脇腹鈍痛

昨日からの右脇腹辺の鈍痛がぶり返してきて篠笛どころではない。

授業中席を外したりしているうちに大分治まってきた。今日の教室に備えて昨晩飲んだ花粉症の薬の副作用かもしれない。篠笛発表会のときと症状は似ている。帰ってグッスリ昼寝で鈍痛は消えた。

副作用でなければ石の可能性も棄てきれない。

バアチャンは石専門のS病院と増富温泉へ行くように勧め回数が多くなってきた。

二輪草

信州の姉の所から嫁いで来た二輪草が咲きだした。雑木林の木漏れ日を受けて咲く多年草。この花は葉の表面から花芽をスクッと伸ばして2センチほどの白い可憐な花を咲かせる。少し遅れて(2~3日)花茎の根元にポツンと蕾を覗かせて二つ目の花を咲かせるが先輩より2センチくらい低いところで花を開く。後からのものが先輩を出し抜くことは絶対にない。どの花を見てもこの法則は変わらない。人間には真似ができない。

「二輪草」は歌手川中美幸のヒットソングにもなっている。

梅花カラマツソウ

二輪草と並べておいてある梅花カラマツソウも隣に負けじと可愛い花を一斉に咲かせ始めた。

雪割草がTV出演

昨晩NHK放送の「天地人」に雪割草が出演した。武田から人質として上杉家に嫁いだ姫に、家老が雪の中で咲く雪割草を見せて、雪中で逞しく生きて花を咲かせ、春を告げる雪割草を喩えに慰めるシーンがあった。

我が家の雪割草も今年はいたって元気がいい。来年が楽しみ。勝負はこれから夏場の手入れ次第。

| | コメント (11)

2009年4月19日 (日)

雅子皇太子妃横浜へ・ウグイスの目覚まし・月見草の移動・惠ちゃんBFからTEL

ウグイスの目覚まし

PC

のやり過ぎと、朝刊を見てから腹部の鈍痛をマッサージをしているうちに、ウトウトと眠ってしまった。

窓の直ぐ近くのモッコクの木にウグイスが来て鳴いていた。

贅沢で素敵な目覚まし。調子が悪いなんていっていられない。飛び起きた。

残念なことに長くはいてくれない。起こす役目を終えるとどこかにいってしまった。周りに林がなくなった上に、近所でも大きな木がある家が少なくなってしまった。ウグイスの訪問はめっきり少なくなってしまった。不思議に鈍痛は治まってしまった。

月見草の移動

月見草の蕾が大きくふくらみを増してきた。真夜中のピンクに変身するところを見ようと、2Fベランダに移動させた。ここだと一人でしか見ることが出来ないが、可憐な花を見ながら千の風になった戦友たちとジックリ話ができる。

花が見られるのは後2~3日か。また夜更かしが続く。

惠ちゃんBFからTEL

昨日、BF

が入校以来はじめての外出が許可されたといってTELがきた。元気そうで寮生活も快調にやっているらしい。5月の連休は外泊が許可になるからそのとき挨拶に来たいと言っていた。心なしか言うこともはきはきしてきた感じ。

夕方勤めを終わった惠ちゃんとも会えたらしい。5月連休が楽しみ。

雅子皇太子妃横浜へ

昨日、雅子皇太子妃が皇太子とともに公務として横浜森公園の「みどりの愛護」へご出席。1年3ヶ月ぶり公務。お元気になられてよかった。

| | コメント (15)

2009年4月18日 (土)

盆栽教室・イワヒバ付きウチョウラン好調

盆栽教室

昨日より大分暖かくなった。庭に出て草取りなどしながら草花と「月見草の会」のことなどお話会。庭作業をしてるのを見て植木好きの人が覗きに来る。次から次と相談に来る人が増える。元気がなくなった鉢を持ってきた人の鉢を見てビックリ、根がはみ出している。買ってから一度も植え替えというものをしたことがないそうだ。完全根詰まり。

植木がかわいそう。

月見草などを欲しそうな素振りを見せたが止めにした。代わりにブロッコリーとレタスを採ってあげる。

イワヒバ付きウチョウラン好調

戴いてきても鉢植えのままだと2年目を迎える物が少ないウチョウラン、イワヒバの根っこ付きだと何とか少しは生き残ることが分かった。去年は先生から戴いてきたウチョウランを全部、イワヒバの根っこに植えつけてみた。どうやらそこが居心地がよいらしく何本も元気な芽が出てきた。交配してまだ3年目一度も花を咲かせたことのないものが半分。5月になると花を咲かせる。どんな花か楽しみ。

バアチャン、クリニック

自転車でバアチャンのクリニックの順番取り。二番だった。一番か二番でないとご機嫌が悪い。異常はなかったらしい。

| | コメント (11)

2009年4月17日 (金)

月見草の鉢増やす・喜びを五行歌で・イチロー 3086安打に本記録更新

月見草の鉢増やす

昨日月見草の会に参加してくださった中に、月見草の花を見たことがないと言う人が何人もおられた。今度なにかの機会に月見草をお嫁に貰っていただこうと鉢を増やした。

外に出ると寒い。セーターを一枚余計に着て30鉢ばかり植え替え。

心優しい方のところに可憐な一夜の物語をお届けするのを夢見て楽しい作業。

月見草は意外に気難しい花で根を弄ると身を枯らせて抗議する。幾鉢付くか楽しみ。

ご希望の方は早目に申し込んでください。

喜びを五行歌で

昨日の月見草の会が終わってから多くの方から、素敵な会だった。楽しかった。と、コメント、メール、電話を頂いて喜びを新たにした。

ブログ、JACKのママの「西田ちづ子ファミリー広場」藍ちゃんの「藍弥生の世界」でも詳しく載せていただいた。楽しかった状況を報告書に纏めようとしたが、お二方のブログと皆さんのコメントで充分。

自分で作った好きな五行歌で締めくくらせていただく。

素敵な出会い

人の情け

生きる喜び

みんな病の

プレゼント

皆さん本当に有難うございました。長生きしたくなりました。

イチロー 3086安打

イチロー 3086安打。針もとの記録を抜いて日本記録更新。

JBK友の会コメント5000突破と競争しているみたい。

| | コメント (12)

2009年4月16日 (木)

月見草の会

月見草の会

コメント数5000突破を記念してワシントンホテルで開催した「月見草の会」は幹事役の皆さんの尽力で出席者28名。欠席者なし。

篠笛の坂本先生、ソプラノの西田先生演奏。篠笛を楽しみま専科の皆さんの合奏。と、みんながビックリするような盛会だった。会場を終始埋めた笑い、涙、感動は得がたい宝物。生きている幸せを満喫した。

ちゃんもたまたま休みで参加して手伝ってくれた。

「あなたは幸せ者ですね。どうしたらこんなに素晴らしい方々が楽しく集まるの?」と言う声を何人もの方から聞かれた。

楽しくて疲れるのを忘れていたが惠ちゃんと別れて帰宅した途端バタンキュウ。

詳しい報告は明日以降にしますからご了承ください。

皆さんお一人お一人の温かい心に触れることができて、もう少し長生きしていたくなりました。

皆さん本日は本当に有難うございました。

| | コメント (17)

2009年4月15日 (水)

バアチャンの買い物のお供・五行歌横浜歌会・狸小路で反省会

バアチャンの買い物のお供

今日が代休の惠ちゃん運転でバアチャンの買い物のお供。

恵みちゃん新規社員研修期間中の苦労話を聞きながら,回転すし昼食。惠ちゃんも新人研修で苦労しているらしい。若い時の苦労は人生の肥やし。

五行歌横浜歌会

何時もの顔ぶれにライスさんが見学に見えられた。ライスさん初めてにしては的を射たコメント。

今日もJBK友の会コメント衆が活躍。遥彼方さん、撫子さんと藍ちゃんが入選した。

遥彼方さん作

親のことを歌にする

見せると

くすぐったそうに喜ぶ

そんな今を

詠めることを大事にしたい

撫子さん作

ちっとも変われない

自分に

とても腹が立つ

こころのチャック

こじ開ける

藍ちゃん作

聞いてあげる

やさしさと

聞かない

思いやり

悩むところ

篠の提出歌。闘病中、東慶寺で出会った人のことを詠ったつもりだった。そのときの気持ちをピッタリと分かってコメントしてくださった方がおられたことが救いだった。

うなずいて

話を聞き取り

頬を濡らせたあなたの涙

生きる希望と勇気の

芽生え

狸小路で反省会

終わってからライスさん撫子さんと3人で狸小路で反省会。いつまでも続けていたい雰囲気の楽しい会話。コメントにコメントはみんなが期待しているらしい。しっかりしなくてはと気を引き締めた。

チョットご機嫌で一日を締めくくれる幸せ。今日もチョウ充実した楽しい一日だった。

明日は月見草の会。

| | コメント (10)

2009年4月14日 (火)

月見草の嫁入り・自称インテリーヤクザ・親分衆と会食

月見草の嫁入り

先日株分けした月見草が根付いた様子。前から約束していた犬の散歩の奥さんなどにさしあげた。

月見草も早いものは花芽を膨らませてきた。可憐な花との再会も間近い。楽しみ。

自称インテリーヤクザ・親分衆と会食

現役時代県警のキャップだったK社、A社、M社の方々がこの春3人も横浜のトップとなって帰ってこられた。Eちゃんの発案で初顔合わせ。場所は馴染みの「千草」。地元のMさんNさんSさんも加わって賑やかに思い出話に花を咲かせた。

現役でも話ができないお偉いさんになられたのに退職して20年も経っている年寄りが相手をしてもらって幸せいっぱい。みんな変わらない、懐かしい話がヒョコっと顔を出して楽しいい時間はあっと言う間に過ぎていった。

千の風になった仲間の話も出た。彼らがいればモット盛り上がったことと思う。

「いい人との集まりはいいね。こんな集まりは滅多にないよ。kさんは幸せだね。」女将さんが真面目な顔で言ってくれた。

ブログ「JBK友の会」の毎日更新には、信じられないと驚いた様子。月見草の会に事件がなければEちゃんMさんも顔を出してくれることになった。

みんなが年寄りに気を遣ってくれて、迷惑を掛けてしまった。

アルコールはほとんど口にしなかったが楽しい席だった。もっと輪を大きくした再会を約束して解散。

外に出ると大雨タクシーで帰る。明日は五行歌横浜歌会。

| | コメント (7)

2009年4月13日 (月)

篠笛教室・「滝廉太郎」の居住跡

篠笛教室

「荒城の月の二重奏」「幻の笛」

新しい方が一人入ってきた。篠笛暦はかなり長いらしい。二重奏は聴いているとなんとも言えないがいざ自分で吹くだんになると大変。

半蔵門日本画展示会鑑賞

半蔵門のいきいきプラザで日本画展示会鑑賞。市橋画伯の元で日本画を励んでいる、藍ちゃん夫婦、撫子さんBOOちゃんたちの作品が展示されていると言うことで、篠笛教室の後観に行く。

Nちゃん行きつけの料理店で和食をご馳走になった。美味しかった。

こんなチャンスがなければ日本画の展示会なんて見る機会に恵まれない。

複雑な電車の乗り換えはNちゃんに任せた。両父母の面倒見たせいだろう、道路の段差や階段の上り下りのところなど細かい注意をしてくれた。

半蔵門の駅からそんなに遠くはない。立派な画廊で、画伯の絵も何点か展示されていた。こうしたところに展示されると言うことは大変なこと。

る・ぴあのでお茶。「滝廉太郎」の居住跡

る・ぴあのでお茶。Sシェフが忙しいところを駆けつけてくれて、しばらく雑談。ここはJACKのママの演奏会をやった時聴きに行ったことがある。いつか篠笛の会が出来たらいいなと思い、聞いてみると意外に前向きのようだった。いつか「月見草の会」をやる夢が生まれた。

駅との中間辺に「滝廉太郎」の居住跡の石碑があると教えてもらった。帰り探してみると駅近くの四つ角に立派な石碑があった。

「荒城の月」「箱根八里」などここで作られたと書かれていた。

Nちゃんは歯医者さんと言うことで横浜で一人お粥。

色々勉強になった。

| | コメント (12)

2009年4月12日 (日)

イワヒバ嫁ぐ・植え替え

イワヒバの送り出し

かねてから約束してあったイワヒバをライスさんが奥さんと一緒に引き取りに来られた。イワヒバと大文字草の石付き寄せ植えに万年青などお供の鉢を幾鉢か添えてめでたく嫁入りの儀式は終わった。

食卓用にブロッコリーとレタスを添えた。

以前嫁入りした石付イワヒバ、見事に枯れて石だけが帰ってきた。大事にし過ぎたせいだと言っていたが 、どうやったらこうなるのか不思議。

植え替え

桃の花が終わりに近ついたので植え替え。

アチコチから貰い手のかかっているピンクの深山オダマキが桃の鉢など意外なところに芽を出している。直根で意外に深い。

ムベの花が満開。月見草、山紫陽花の蕾が動き出した。連休ころが楽しみ。

明日は篠笛教室だが、昨日森で吹いただけ練習全く手が付いていない。

| | コメント (6)

2009年4月11日 (土)

危険業務従事者叙勲・森で篠笛練習

危険業務従事者叙勲

危険性の高い仕事に、携わり社会に貢献した人に贈られる危険業務従事者叙勲

が内閣府から発表され県内から195名が選ばれた。その中に一緒に仕事をしたことのある14名の方がおられた。真面目・仕事一筋に勤められた方々。

おめでとうございます。心からお祝い申し上げます。特に親しい方にはお祝いの電話をした。お祝いを言うより先に健康のことを聞かれてしまった。

森で篠笛練習

森で篠笛練習。お天気に誘われ、ウグイスを追って近くの森に出かけてみた。

手術直後声が出なくなって人に会うのを嫌ってこの森が散歩コースだった。当時は森も広くタラの芽が沢山採れた。えびね、二輪草、すみれ、山ウド、蕗、なんでもあった。野ウサギもいた。今は開発が進んで森と言うより林になってしまった。

それでも新緑の中色々の小鳥たちに混じってウグイスも迎えてくれた。

切り株に腰を下ろしてお彼岸にお墓参りにいけなかったことを詫びながら、「サクラ」「荒城の月」「千の風になって」など吹いた。カラスが縄張り荒らしが来たと思ったのか直ぐ近くまで来て鳴いていた。5分もすると篠笛の勢いに負けたのか飛び去って行った。

腰を下ろした切り株の近くに、珍しい草を発見、意外に根が浅いので半分戴いてきた。雑草かもしれないが花が楽しみ。

もやもやしていたものが綺麗さっぱり吹っ飛んでいった。

「行ったきり帰ってこないからどうかしたのかと思った。」帰って来るとバアチャンに叱られた。

畑の春菊とブロッコリーのオヒタシに森で採ってきた山椒の葉を入れてみた。

なんとも平和な一日。

| | コメント (8)

2009年4月10日 (金)

天皇陛下結婚50年・野菜の苗床造り・布団干し

天皇陛下結婚50年

天皇陛下・美智子皇后と結婚50年。「夢のようだった」陛下の一言に万感の思いが篭っている。皇室も難問が一杯あって大変。これからは公務を減らして余生を自分の人生として楽しんでもらいたい。同じ病を持つ戦友としても長生きしていただきたい。

夏野菜の苗床造り

キュウリ、ナス、トマト、モロッコインゲンなどの苗床造り。毎年5月の連休には夏野菜の苗を買ってきて植え付ける習慣になっている。連作を嫌う物は場所を変えても置き肥を少し多めにやることにしている。石灰も撒くので早めの準備が必要。間違って去年と同じところに植えてしまうと文句は言わないがみんなチンチクリンのものしか育たない。黙って反撃するから人間よりも仕返しは怖い。

きゅうり、モロッコインゲンは支柱も立ててみた。通り掛りの人が何が始まったのか興味津々覗き込んでいく。

お袋のやることを見よう見まねで学んだことが役に立っている。

桃は今日の風で散ってしまった。

布団干し

午前中布団を干してみたが風が出てきて早めに取り入れる。今日もよく働いた。

| | コメント (9)

2009年4月 9日 (木)

篠笛個人レッスン開始・庭作業・手違い

篠笛個人レッスン開始。

今日から個人レッスンをお願いすることとした。場所も近く自転車で行けるのがなにより。

30分単位だが、意外と時間は長い。年齢と幾つもの故障を抱える者としては、最初からこれにすればよかった。

自分で吹きたい曲を選定して教わることもできそう。

惠ちゃんとの約束もあるので、結婚式で吹けるおめでたい曲をマスターしたいとお願いした。

今日はとりあえず前から自分のもにしたいと思っていた「青葉の笛」を教わった。前に教室で教わった曲だがすっかり忘却の彼方へ送り込んでしまっている。ボケは本物。

庭作業

急に暖かくなって畑の作物の成長が早い。知っている人が通ると呼び止めてあげることにした。

狭い畑で幾種類もの蝶々が縄張り争いをしている。

手違い

会のことで連絡ミスがあって関係者の方に不愉快な思いをさせてしまった。申し訳ありませんでした。

いよいよボケが本物になってきた。

| | コメント (10)

2009年4月 8日 (水)

市役所人権相談・月見草の会幹事会

市役所人権相談

午後一時から4時まで。市所市民相談室。

今日で市役所の相談は最終。最終にしては混み入った相談が続いて休む暇なし。トイレにも行く時間もなかった。

こんなことを?と思うことでも相談に来る人にとっては一大事。説得するのに時間が掛かった。時間内に何とか終わることができた。

月見草の会幹事会

塩爺、ナンコーさんと待ち合わせて西口狸小路・何時もの赤提灯で豚足つつきながら、軽い打ち合わせ。驚いたことにナンコウーさんは初めてだという。

最もナンコーさんは飲まないから無理もない。

自転車で夜桜見物しながらいい気分で帰宅。

| | コメント (9)

2009年4月 7日 (火)

夜桜見物・回転すし・桜に想う

夜桜見物・回転すし

「サクラも満開のようだね」バアチャンの謎めいたつぶやきに誘われ夜桜見物。と言っても家を出てGセンターを中心に一回りすれば桜はいくらでも咲いている。特に希望が丘小学校の校庭の桜は見事に満開だった。

行きつけの回転すしで夕食。アサリの味噌汁が美味しかった。

桜に想う

パッと咲いて

パッと散る

サクラ

愛されているのは

その見事さだ

散り行く花を

楽しむ人はいても

悲しむ人は

意外に少ない

翌年も必ず

忘れずに

咲くからだ

「もう、来年は無理・・・

あの木の下で

散りゆく桜を

見送りながら

篠笛が聞きたい」

花びらとともに

宙に舞う

ホスピス病棟の戦友の

溜息と

ツブヤキ

夕闇迫る

空を

カラスが

一羽

飛んでいた

| | コメント (11)

2009年4月 6日 (月)

篠笛教室(入門コース開幕)・昼寝

篠笛教室。K先生。

「荒城の月・二重奏」ポイントを丁寧に教えてもらう。

今日は入門コースの開幕式。「今回の入門者が多いのは篠笛さんの影響が大きいらしい。笛を聞いて習いたいと決心するまで導くのは凄い。」とお褒め戴いた。

「篠笛を楽しみま専科」の梅ちゃん、Yさん、ライスさん、など仲間がドンドン増えていくのは嬉しい。

なみだ を

心から

心へ

橋渡す

一本の竹

昼寝タップリ

有志で会食の後行きつけのところでマッサージ、Kちゃんはいなかったが違うkちゃんが揉み解してくれた。

自転車でGセンター付近の満開の桜に千の風になった戦友の面影を追いながら家に辿り着く。疲れが出て2時間タップリ昼寝。

水を欲しがっている棚の仲間に水をやる。

| | コメント (13)

2009年4月 5日 (日)

雪割り草の植え替え・北朝鮮ミサイル(人工衛星?)発射

北朝鮮ミサイル(人工衛星?)発射。

北朝鮮は今日予告通りミサイルを発射。

北朝鮮は「人工衛星打ち上げに成功した」報道している。いずれにしても嫌な奴に嫌なものを持たせてしまっった。.

庭作業雪割り草の植え替え

庭に出てウグイスの訪問を待ったが今日は来なかった。代わりに町内会の役員が立ち寄る。桃の花とブロッコリーをあげる。

雪割り草が元気よく新芽を伸ばし始めた。「NHKの雪割り草の育て方」では植え替えは新芽が伸びきってからと書いてある。しかし、行き付けの山野草の店長は

「花が終わった今が植え替えには最適」という。店長の言うことを採用することとしてみた。

| | コメント (10)

2009年4月 4日 (土)

ウグイスの訪問・北朝鮮ミサイル発射騒動・イチロー胃潰瘍?

庭作業

ウグイスの訪問

自転車で散歩。運転試験場脇の8分咲きの桜の花の中からウグイスの幼い鳴き声が聞こえていた。

水をやっても葉を丸めて元気がない根詰まりしていると思われる鉢を見てしまうと放っては置けなくなってしまう。午後からそんな鉢の植え替え。

直ぐ近くまでウグイスが様子を見に来てくれた。

北朝鮮ミサイル発射騒動

北朝鮮は宇宙衛星打ち上げと称して長距離ミサイルを発射予告。日本では自衛隊の配備など大騒ぎ。今日の打ち上げはなかった。

国民が疲弊しきっていると言うのに・・・。

腹痛

一休みすると気になる腹痛は治まった。花粉症の薬でも副作用でそんなことがあるそうだ。これまでの経験から痛みは「石」のような気がする。

イチロー胃潰瘍?

WBCでサヨナラヒットを打って健在振りを見せたイチローが胃潰瘍で登録を抹消された。

| | コメント (8)

2009年4月 3日 (金)

篠笛を楽しみま専科・Wクリニック・プロ野球開幕

「篠笛を楽しみま専科」

先生は都合で欠席。

新しく朝日カルチャーの篠笛入門コースに入ることを決めた人もいて、出席者は少なくなった。それでも何時ものメンバー7名が集まった。先日のQOL研究会での合奏について語り合う。

「音だし」「さくら」「荒城の月」を各人順番に吹く。一音一音はしっかり出るようになっているが「一行一息」は苦しそう。次回は腹式呼吸をマスターすることになった。

山猿さんは近く行われるお母さんの法事に「さくら」「荒城の月」を吹奏すると張り切っていた。

有志で会食

Wクリニック

先日来右わき腹に異常な痛みが襲ってくるようになった。痛みの具合では石のような気がする。今朝また下腹部に鈍痛あり、笛の帰り行きつけのクリニックへ。生憎先生不在。

プロ野球開幕

今日から両リーグとも開幕。

| | コメント (9)

2009年4月 2日 (木)

農協朝市・和ちゃんと鎌倉散策・ムギトロ

農協朝市

久しぶり和ちゃんも交えて農協朝市。

植え替え用の土をたっぷり仕入れる。

FLで昼食。

和ちゃんと鎌倉散策・ムギトロ

和ちゃんが大仏様を見たことがないと言うので、花見を兼ねて鎌倉散策。大仏様、長谷観音を中心に散策。大仏様は観光客が多く落ち着かない。長谷観音は落ち着いていて桜を始め、色々の山野草が咲いていてコケも手入れができていたし展望台から観る相模湾には和ちゃんも感激していた。

和ちゃんも惠ちゃんたちにお土産を忘れないのは関心。

またゆっくり行こうということになった。

疲れて夕方ムギトロの店。惠ちゃんは何度か行ったことがあるが和ちゃんは始めて。女将さんも特別の料理で歓待してくれた。

でも、和ちゃんの目が厳しくてアルコールは一滴も許されなかった。

店にいた常連のお客さんが「孫と赤提灯に来れるなんて幸せだね。だが、鬼刑事も孫にはかなわないね」と笑っていた。

横浜でお茶をして解散。

惠ちゃんから初仕事関連の相談電話。BFからははがきが来ていた。

男二人いろいろ話ながら歩いて楽しい一日。

高校野球清峰高校が初優勝。

| | コメント (10)

2009年4月 1日 (水)

Gセンター診察日・半世紀前の探偵仲間懇親会

Gセンター診察日(異常なし)

相談室のWさんのところに紅白の桃・菜の花を届ける。

今日は採血があって8時に出て行く。もう行列は長く廊下にあふれ出していた。

50番目くらい。

採血まで1時間余、検査結果が出るまで1時間余。

M先生数値を見ながら「落ち着いていて順調だね。お孫さんたちも新しいスタート切ったし、安心だね」

終わったのは11時。

半世紀前の探偵仲間懇親会。

昭和28年当時のデカ部屋の集まり。東海道沿線・T市の行きつけの料理屋。

千の風になった方、奥さんの調子が悪いと言う方もいたが9人が参加。年配者が5人。

仲間のこと、病気、孫の自慢話で話は同じ道を行き来するのみ。

ウーロン茶で腹はボコボコ。

| | コメント (9)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »