« 瀬谷市民の森で篠笛練習・憲法記念日 | トップページ | 子供の日・「象の背中」後遺症・ »

2009年5月 4日 (月)

植木友達・新しい仲間の嫁入り・「象の背中」

植木友達

「庭の整理をしています。お暇だったら覗きに来てみませんか?」聞き慣れない人から突然の電話。

この間植木を見に来た方からだった。

隣町、月見草は先日あげてあるので、とりあえず畑からレタス、さやえんどうを採って自転車で行ってみた。

この家はお金が余っているのだろう、園芸店では高くて手が出ないようなものが庭のアチコチにゴロゴロしている。でも、買った来て植えっ放しで手入らしいものはしていないようだ。

本職の植木職人が「お宅の庭は手が付けられない」と言って何もせずに帰ってしまったと話してくれたがそのとうり。

珍しい物をあれもこれもとビニール袋の中に無造作に入れてくれる。自転車だからそんなに持てはしない。

帰って全部植え替えた。16種類もあった。また仲間が増えてしまった。兎に角、花時が楽しみ。

「象の背中」

昨夜TVで観た「象の背中」肺がん。転移もあり末期で余命半年と宣告されたサラリーマンの最期。できすぎている感じ。死はあんなものではない。

と思いつつ、見応えはあった。

告知を誰と共有するか、兄弟の最期の会話、夫婦の手紙のやり取り、病気を知って冷たくなっていく職場の上司・・・色々考えさせられた。

一旦死を受容し、全ての治療を拒否してホスピスに入所する。

それでも兄に「死が怖い。死にたくない」と兄に訴える。

「像は最期が近付いたことを知ると自分から群れを離れていく」と言うところから題名がつけられようだ。が、主人公はそれを知っていて、そうしたいと願うが家族とは縁を切ることができない。

人に迷惑を掛けずに、静かに幕をひくことの難しさを教えていた。

改めて、一夜限りで散っていく月見草が羨ましくなった。その月見草今晩8輪も咲いて風に揺らいでいる。

|

« 瀬谷市民の森で篠笛練習・憲法記念日 | トップページ | 子供の日・「象の背中」後遺症・ »

コメント

 篠笛家に嫁入りして来た16種類の草花さん、幸運というか恵まれた環境に輿入れしてきてほんとに喜んでいることと思います。花の咲く時期が楽しみですね。

 像の背中といいますが、確かに犬も猫も死ぬ時は、飼い主の目の届かないところまで去って静かに息を引き取ります。
 人間には、そんなことは出来ません。
 何しろ「JBK」が一番です。

投稿: ライス | 2009年5月 4日 (月) 20時15分

我が家に嫁いで6日目となる月見草姫との間に、5子が誕生し昨夜までに3人が美しく成人しました。今日は一休み。月見草の侍女のヤマアジサイが紫に色付いてきました。花壇の作り直しや、物置の移動作業でぎっくり腰になり、今夜は早寝に入ります。

投稿: 山猿 | 2009年5月 4日 (月) 21時12分

すっかりご無沙汰しております。
一ヶ月半ぶりに実家の長崎から帰ってきて
やっと生活のリズムが戻ってきました。

早速、ご親切なコメントをありがとうございました。

病院の狭い空間で生活していた父は、退院
するとまず庭に出て新緑に変わった柿の
木や、キーウィの元気な緑の葉に目を細めて
いました~☆入院中、お気に入りの植木を一つも枯らすことなく
水遣りができてホッ!っとしました。

篠笛さんのお宅にも、新しいお仲間が増えて
お花が咲くのが楽しみですね。

投稿: dolce | 2009年5月 4日 (月) 22時03分

「象の背中」真似が出来るものならば あのように最後を迎えたい?とか あんな きれいごとではないでしょう?とか 考えさせられることが多々ありました。
一夜で終わる月見草も 開花までの長い時間苦難?を乗り越えて 有終の美を飾るのでしょうかね~

投稿: ふくろう | 2009年5月 4日 (月) 22時13分

自宅近くの友人夫婦と昼食会。中華料理を食べながら、私の入院中の幻覚、幻聴体験や臨死体験を話した。「よくも頑張ったね」というのが夫婦の感想だった。食事の後は、おいしいコーヒーを飲んで、あっという間に3時間もたっていた。
 笑いながらの体験放談会、これも元気だからできること。篠さんをはじめ皆さんの励ましがあってのことと、しみじみと思いながら、春風を受けて帰宅。いい一日でした。
 

投稿: 異風坊 | 2009年5月 4日 (月) 22時18分

来週公開の、『余命一ヶ月の花嫁』を観に行こうかな。
こういった映画はしみじみと考えさせられるね。
はってぃーさんもあと2日で学校に戻ってしまうよ。。
寂しいけど、また頑張らないとね。

投稿: 恵 | 2009年5月 4日 (月) 23時03分

ホスピスにしろ、自宅にしろ、映画のようにはいかないでしょうね。逝く人も、看取る側も・・・元気が一番ね。

投稿: 撫子 | 2009年5月 4日 (月) 23時08分

ライスさん
JBKって簡単に言うけど、この道も大変のようだね。祈るより仕方がなさそう。
山猿さん
労働も年を考えてしないとね。
でも月見草が立派にお嫁さんの勤めを果たしているようで安心した。
山紫陽花はこれからが7変化、楽しみなんだよ。
腰お大事に。
Dolceさん
お帰りなさい。
お父さん元気になられてよかったですね。
植木たちも全員元気でお留守番ができたようで何よりでした。
私も、植木の手持ちを減らそうと考えているのですが、なかなかそうはいきませんね。
ふくろうさん
どんなことをしても月見草の真似はできませんね。練習してますか?
異風坊さん
苦しい体験談を笑いながらできるようになってよかったね。
でも、油断大敵。入梅、夏場・・・と闘いはまだ終わっていないよ。気を引き締めて大事に行こうぜ。
撫子さん
そうだよね。向こうに逝く者も、看病する者も元気でなくてはね。撫子さんは体験者だから説得力があるよ。
惠ちゃん
連休一緒でよかったね。健ちゃんが学校に戻ったらジイチャンのところに遊びにおいでよ。映画一緒に行ってもいいけど。今映画館はインフルエンザーでヤバイんじゃないかな。

投稿: 篠笛 | 2009年5月 4日 (月) 23時24分

父のように、実習生に、「もっとあっちこっち触ったほうがいいよ」と役にたって、感謝の言葉をみんなや日記に残し、娘の公私ともどもお世話になっている人たちを見届け、I先輩にタバコをやめさせ,肝性脳症で、眠るようにみんなに心配かけずに、千の風になれたらなあ。

投稿: 藍弥生 | 2009年5月 4日 (月) 23時29分

藍ちゃん
藍ちゃんのお父さんは人間ができた立派な神様のような方だったから、立派な最期をまっとうできたんだと思うよ。
なかなか誰でもが真似のできることじゃないね。
藍ちゃんはお父さんの子供だ、心配することはないよ。

投稿: 篠笛 | 2009年5月 4日 (月) 23時44分

私も象の背中みました。本もよみました。たぶん、私はあんなふうな生き方はできないと思います。先日息子夫婦がハイビスカスの種をくれて芽が出てくるのを楽しみにしていたのに。。全然芽がでてこなくてショック

投稿: BOOちゃん | 2009年5月 5日 (火) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201183/29429090

この記事へのトラックバック一覧です: 植木友達・新しい仲間の嫁入り・「象の背中」:

« 瀬谷市民の森で篠笛練習・憲法記念日 | トップページ | 子供の日・「象の背中」後遺症・ »