« 「篠笛を楽しみま専科」「清動」教室のI画伯のお誕生日会・新型インフルエンザー東京・川崎で感染者確認・裁判官制度今日からスタート | トップページ | 警親会(OB会)から表彰・韓国の盧武鉉(ノムヒョン)前大統領自殺 »

2009年5月22日 (金)

中央大学教授刺殺事件元教え子逮捕・新型インフルエンザー拡大中

中央大学教授刺殺事件元教え子逮捕

事件発生から4ヶ月余忘れ掛けていたこの事件。

被害者の爪から採取した付着物のDNA鑑定。地道な聞き込みで浮上した容疑者と一致、逮捕に繋がった。

凶器を予め用意するなっど計画的な犯行と殺害容疑は認めているらしいが動機については黙秘しているらしい。

野次馬の関心事は「動機」に集中。自供によってはこの事件の見方が大きく変わる。

拡大している新型インフルエンザー感染者の8割が10代の若い人らしい。

|

« 「篠笛を楽しみま専科」「清動」教室のI画伯のお誕生日会・新型インフルエンザー東京・川崎で感染者確認・裁判官制度今日からスタート | トップページ | 警親会(OB会)から表彰・韓国の盧武鉉(ノムヒョン)前大統領自殺 »

コメント

母校がこんなニュースで有名になるのは悲しいです。
師弟関係は難しいですね。言いたいことをシッカリ伝えられない若者が多くなってきて、上に立つ者が恨みをかう事件が増えています。秋田の方でも女性同士で事件を起こしていますね。篠笛さんのような上司なら部下も安心して汗を流すでしょう。

投稿: 梅 | 2009年5月22日 (金) 19時36分

明日の祝いを喜ぶように月見草が咲いています。そして明日は快晴です。

投稿: 山猿 | 2009年5月22日 (金) 20時55分

 中央大学の事件は、犯行の残虐性から見て怨恨に違いはないと思っていましたが、時間が掛かり過ぎてるように思います。
 篠笛さんが捜査一課長だったらきっと国民の記憶が新しいうちに解決されてたと思います。

ガッツさんからの伝言
  ガッツさんのお宅に嫁入りした月見草が昨夜咲いたそうです。
  奥様が偉く感激されてたようで、篠笛さんにお礼の伝言を頼まれました。
  次の花も間もなく咲く様子です。

投稿: ライス | 2009年5月22日 (金) 21時56分

月見草、咲いたよ。さっきまで、白かったけど、今、ピンクになったよ。笛やる時間にする?

投稿: 藍弥生 | 2009年5月22日 (金) 22時27分

ヤマアジサイが、小さな花を咲かせ始めました〜♪可愛いですね♪一昨日、昨日と一輪ずつ咲いてくれた月姫は、小休止のようです。
インフルエンザは若い人ばかりなのね〜。気をつけなくっちゃ!?(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2009年5月22日 (金) 22時33分

梅ちゃん
梅ちゃんの母校だったの?
何があったのか分からないが、先生も大変だね。心の対話がなくなってしまったのかね。何かあったら相談に載るよ?(冗談)

山猿さん
月見草が続いて咲いてくれてよかった。
明日よろしくお願いいたします。

ライスさん
中央大学の事件もなんだか後味の悪い物になりそうだね。少し遅れても揚がればいいさ。
ガッツさんのところのお嫁さんも開花してよかった。

撫子さん
山紫陽花は今咲いている粟粒見たいの周りに線香花火のように別の花が飛び出してきてそれが7色に変身していく。月見草と違った技を持っているからゆっくり観察してね。

藍ちゃん
月見草が咲いてくれてよかったよ。ピンクに変身するのが少し早いような気がするが・・・まあいいか。水忘れないようにして育てていくと、次々咲くからご近所に迷惑にならないように篠笛を聞かせてあげてね。

投稿: 篠笛 | 2009年5月22日 (金) 22時51分

昨日マスク買ったので少し安心。危機一髪。
今日は、目黒駅でもマスクの人が増えました。不気味ですね。

投稿: JACKのママ | 2009年5月23日 (土) 00時09分

 篠さんの「自供次第ではこの事件の見方が大きく変わる」という件が、さすが一課長。 もう30数年前のことだったかな。県警の発表者は篠さん。わが社の記者は小生が信頼するT記者。泥棒が捕まり、余罪は数百件に上るという。泥棒が本職の「悪いやつ」だった。
 発表が終わってT記者は、篠さんのところに、補足取材に行った。これがよかった。この男は、アメリカ人と日本の女性との混血で、施設で育った。戦後10数年たっても偏見は強く、就職できず泥棒をして戦後を生きてきたという。
 この原稿は社会面の3段になった(「戦後は終わらず」ということでは、もう少し扱いが良くてもよかったと思う)。この頃は学生だったのかな、恵ちゃんのお母さんが、この記事が一番良かったとほめていたらしい。その話を篠さんから聞いて、私もうれしかった。「見方を変えてば」というフレーズで、記憶がよみがえった。
 あれから30数年、歳月は流水の如し。

投稿: 異風坊 | 2009年5月23日 (土) 00時15分

 時間はかかり過ぎたのかもしれませんが、犯人がきちんと捕まってよかったです。動機については「今は話したくない」と供述しているそうですが、一体どんな出来事があったのでしょう…。
 何かがあったにしろ、やっていいことと悪いことがあるいはずなのに。

 インフルエンザ対策用のマスクが実家から送られてきまた。
 

投稿: 苑子 | 2009年5月23日 (土) 01時18分

JACKのママさん
マスク入手できてよかったね。整体できちんとなったし、インフルエンザーなんか吹き飛ばしましょう。

異風坊さん
昔を思い出せてくれたね。
事件は筋書きのないドラマ。Tさんが書いた記事は今、鮮明に蘇った。
親に棄てられた肌の色が違う幼い子、想像を絶する苛め・迫害。生きるための手段。この子だけを責められない。戦争が生んだ悲劇。だと一言で片付けられない。・・・。記事を読んで、少年にあちこちから励ましの手紙が届いた。

動機は情状酌量にはなっても免責にはならない。事件の裏側に隠された事実。「大泥棒」と言うだけの他社の記事に比べ事件の背景に迫ったTさんの記事は反響を呼んだ。インテリーヤクザの出番がそこにある。
いつまでも心に残る記事だった。

苑子ちゃん
親はありがたいね。親孝行でお返ししなくっちゃね。
教授殺し、なにがあったのかね。動機は気になるけど、余り興味本位で覗きたくない事件のようだね。
そんなことより月曜日しっかり平常心でね。

投稿: 篠笛 | 2009年5月23日 (土) 06時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「篠笛を楽しみま専科」「清動」教室のI画伯のお誕生日会・新型インフルエンザー東京・川崎で感染者確認・裁判官制度今日からスタート | トップページ | 警親会(OB会)から表彰・韓国の盧武鉉(ノムヒョン)前大統領自殺 »