« 喜寿誕生会「ひるた」・鎌倉ムギトロの会 | トップページ | バアチャン通院順番取り・転倒後遺症・肺活量は140パーセント・月見草アチコチへ嫁入り »

2009年6月19日 (金)

S病院。腎臓内の石破砕と決定6・17のコメントへのコメント割愛のお詫び・「里山の日誌」に篠の15歳の時の写真

S病院。先日のCT検査結果。

「副腎は問題がなかった。ただ、右腎臓内の石は動き出す前に取り除いておいたほうがいい。痛みだしてからだと大変だ。」

と言うことで、7月に入ってから入院・破砕手術。と決まった。

ガン太郎でなくて一安心。

でもひどく疲れた。自転車置き場の坂でカバンの紐がハンドルに絡まり転倒、あちこち打撲。オデコをフェンスにぶつけで受身をした。右手首が特に酷そう。バアチャンから「「これを機会に自転車止めたらときついお達し。

6,17のコメントへのコメント割愛のお詫び

617日喜寿の祝いのコメントを沢山の方々から戴いた。旅先でお礼のコメントを書こうとしたが慣れないノートパソコンの反乱にあって断念した。ノートPCから転送がどうしてもできずあちこちと弄り回している間におかしくなってしまった。一部どこかに消えてしまったものもあるよう。

ノートPCで一度開いてしまうと同じものを、デスクトップでは見ることが出来ない。それを何とかしようとしたが失敗。(慣れた方なら技術的に復活する方法があるかもしれない。・・・?

記憶を辿ってお名前だけ

てるさん、山猿さん、ふくろうさん、撫子さん、ライスさん、アルキメデスさん、ガッツさん、藍ちゃん、JACKのママさん、かたぶきさん、異風坊さん、なっちゃん、遥彼方さん、梅ちゃん・・・

皆さんお祝い本当に有難うございました。

「里山の日誌」に篠の15歳の時の写真

信州の甥が喜寿の祝いだと言ってブログ「里山の日誌」に、15歳の時姉と写した写真を載せてくれた。

敗戦で兵隊さんになる夢を失い、石川啄木、太宰治、島崎藤村・・・に夢中になっていた。こんな時代もあったのです。

|

« 喜寿誕生会「ひるた」・鎌倉ムギトロの会 | トップページ | バアチャン通院順番取り・転倒後遺症・肺活量は140パーセント・月見草アチコチへ嫁入り »

コメント

 診察結果が厄介者でなかったことは,ひとまず安心。
 それより、駐輪場の坂で転倒した際の怪我は如何だったのですか? 腫れや痛みは後から出ますから大事にして下さい!
 ところで、里山の日誌見ました。15歳の凛々しい少年惚れ惚れします!一緒に写っている姉上様またまた超美人でびっくりです!

投稿: ライス | 2009年6月19日 (金) 20時44分

検査の結果入院治療されるとのこと、がんではなかったとはいうものの、お大事にされてくださいね。それから、転倒のこと、本当にびっくりしました。あちこち打撲だそうですが、明日は痛くなるかもしれませんよ。それにフェンスでおでこを打って、受身でかわしたそうですが、お願いですから、気をつけてくださいね。お大事に・・。

投稿: なっちゃん | 2009年6月19日 (金) 20時47分

お疲れ様でした。
がんでなくても入院は辛いです。
自転車で転倒・・奥様の心配は分かりますね。バスに替えた方が良いようですね~
これからは梅雨・熱中症・・と続きます。
お互い健康に気をつけて乗り切りましょう。

投稿: 梅 | 2009年6月19日 (金) 21時00分

入院生活はつらいですよね。でも悪い所は早めになくしておいた方がいいですからね。打撲は大丈夫ですか?奥様の気持ちすごーくわかります。私もこの頃は危ないのであまり乗らなくなりました。お大事に

投稿: BOOちゃん | 2009年6月19日 (金) 21時08分

19日の「里山の日誌」、信州の甥の方の気配り溢れるコメントを拝読しながら、先日お会いしたご尊顔と、面影いっぱいの60数年前の凛々しい少年?青年?のお顔が重なって、思わずニッコリしました。転倒による怪我が早く良くなりますように、そして7月の手術、頑張って下さい。お祈りしています。

投稿: ミー子のパパ | 2009年6月19日 (金) 21時20分

検査結果での外来で大変疲れたのでしょうね~また 石の破砕手術ですか?上手くいきますように祈っています。
それから コメントへの返事のお詫びなど とんでもございません。お気づかいなきように。
自転車での転倒 くれぐれも お気をつけてお大事にしてください。

投稿: ふくろう | 2009年6月19日 (金) 22時12分

 「自転車の方は大丈夫だった」なんて、からかってやろうと思ったけど、ちょっと心配だ。小生もそうだけど、若いころと違って、反射神経に100分の1秒ぐらいの誤差があるんだろうね。
 そのぐらいで済んだからよかったとしなきゃ。石の方も、石ということで済んだからいいとしなきゃ。運が悪かったんじゃないよ、よかったんだよ。セーフ‼
 それにしても姉さんは、なんとかという女優(顔は出てるけど、思い出さないんだよ。眠れなくなるからやめる)に似た美人だね。
 篠さんも美少年だね。いやはや参ったね。 2人とももてたんだろうね。

投稿: 異風坊 | 2009年6月19日 (金) 23時22分

検査結果を待つこともどっと疲れますよね。
やはり心配がありますから。
手術を7月にされるのですね。
手術までは体力免疫力をつけることが大事ですから、本当にお大事になさってくださいね。

奥様のおっしゃるように、しばらくは自転車はやめられたほうが、良いかも・・・


投稿: ルピナス | 2009年6月19日 (金) 23時22分

大丈夫ですか〜!?きっと、病院でお疲れだったのでしょうね。破砕手術、上手くいくといいね。変なものでなくって一安心!
でも、いくら受け身に自信があっても、気を付けて下さいね〜。心臓が弱いんだから?びっくりさせないでね。
毎日訪問させて頂いてる「里山の日誌」に、アララ〜!美人さんと美少年♪お姉様、お綺麗ですねぇ。篠笛さんの男前は、今に始まったことではないのが、よ〜くわかりました(☆。☆)

投稿: 撫子 | 2009年6月19日 (金) 23時25分

ライスさん
ありがとう。
俺にだって若い時はあったんだってこと分かって欲しいね。
砂山の
砂に腹ばい
初恋の
痛みを遠く
思いいずる日
なんて口ずさんでいた昔。

なっちゃん
ありがとうございます。
まさかの転倒。フェンスで受身と言うと格好いいですが、転んだ先にフェンスがあって助かったんです。
年とともに反射神経が鈍ってきているんだとよく分かりました。気をつけます。

梅ちゃん
免許証は返納してしまったし、自転車まで乗れなくなったらもうおしまいよ。気をつけることにする。

BOOちゃん
ありがとう。すべて年には叶わないよね。

ミー子パパさん
こんな時代があったのかと言われながらシミジミ思い出しています。
ありがとうございます。

ふくろうさん
ありがとう、年は隠せないとシミジミ思った一日でした。

異風坊さん
ヤッパリ知らないところで確実に年取っているんだとシミジミ情けなくなった。若かったころが懐かしいね。
でも仰るとおり石でよかった。
受身を?をとったオデコが今になって痛み出した。反射神経は鈍くなっているが痛むところはオデコ、両手、両膝と全身で受身をしているからこれくらいで済んだよう。自転車は無傷だった。

ルピナスさん
手術といっても破砕ですから、簡単にいけば日帰りで終わるようなものですから、石でよかった!!と思っています。

撫子さん
ありがとう。破砕はこれまでに5回経験があるから心配しないでね。なんと言っても不死身だからね。
月見草が心配そうにいっぱい咲いてくれた。花にも俺の気持ちが分かるんだね。
お休み。

投稿: 篠笛 | 2009年6月19日 (金) 23時50分

よかった石だったら大丈夫!それより自転車転倒の方が心配です。同じマンションの方で自転車から転んで骨折した人を見て、それ以来私は自転車を乗るのをやめました。自分も痛いし、家族も大変だし、、、、。

投稿: JACKのママ | 2009年6月20日 (土) 00時05分

だから、元気なかったんだア.往診に行くかなあ。

投稿: 藍弥生 | 2009年6月20日 (土) 00時32分

JACKのママさん
ありがとうございます。とりあえず石でよかったです。
転倒は年のせいでしょう。気をつけましょう。

藍ちゃん
往診頼もうかな。でもまだ動けるから・・・もう少し経ってからにしよう。

投稿: 篠笛 | 2009年6月20日 (土) 04時33分

皆から羨ましがられるような喜寿のお祝いのすぐ後でお怪我や手術のブログにびっくりしましたけれど、篠笛様のことですからこれ位の事頑張って頂けると信じてます。一日も早いご快復をお祈りしております。

里山の日誌のお姉さまとご一緒の素敵なお写真見せていただきました。又いつかの美しい山などに囲まれたご実家の写真など、パソコン操作も苦手な私ですけれど、篠笛様はじめ皆様のお陰で楽しいひとときを過ごさせて頂いておりますことを、いつも感謝しております。

投稿: おこわ草 | 2009年6月20日 (土) 05時20分

おこわ草さん
ホント幸せ冥利。長生きしたお蔭。
篠笛練習して皆さんに追いつきましょう。

投稿: 篠笛 | 2009年6月20日 (土) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 喜寿誕生会「ひるた」・鎌倉ムギトロの会 | トップページ | バアチャン通院順番取り・転倒後遺症・肺活量は140パーセント・月見草アチコチへ嫁入り »