« 篠笛個人レッスン・三悠会役員会・高校野球長野日大は大差で敗退 | トップページ | ポックリ死の極意・コスモス世話人会欠席 »

2009年8月21日 (金)

靖国神社昇殿参拝裏話

靖国神社昇殿参拝裏話

母が健在だったころの話である。母の代参で靖国神社参拝に行ったときの感激した裏話。

この話。何度か話をしてきたが今回新しい代参者が誕生した機会に改めて書き残すこととした。

昇殿参拝(奥に上がって祝詞をしてもらう)をすべく社務所で亡兄の名前・母の名前などを記帳・奉納金額を書き入れ提出した。しばらくして受け取った巫女さんが恐る恐る近寄ってきた。

「遠方からの参拝ご苦労様です。奉納は3000円からでいいのです。この金額は多すぎます。余分はお返しします。その代わりまた来てください。英霊の皆さんはご家族の方が参拝に見えられるのをお待ちしているのです。お母様のご健康をご祈念申し上げております。」と低調に金を返してよこした。チョット驚いたが英霊の遺志を尊重した。

奉納受領書とお札を持って、田舎に帰ってその話を母に報告した。

「それは文恵(兄)がお前にありがとう。ご苦労様と言ってくれたんだよ。」と言いながら枕もとの財布の中からヘソクリを出し、返したお金に足して、新聞紙に包んでくれた。

母と子それを結ぶ靖国神社との強い絆。政治も信条もなにものもこの絆を断ち切ることはできない。

母と同じ悲しい想いをこれ以上出してはいけない。代参者が決まっても、生きている限り参拝し英霊に感謝、平和への祈りを続けていきたい。そんな想いを新たにした。

|

« 篠笛個人レッスン・三悠会役員会・高校野球長野日大は大差で敗退 | トップページ | ポックリ死の極意・コスモス世話人会欠席 »

コメント

 戦争に纏わる壮絶な話は、これまで多々伺ってきましたが、靖国神社に関するこの種の話は、初めて伺いました。
 子供は、かけがえのない宝その宝を戦争で失った母上様の無念と悲しみは、いかばかりであったか察するに余りあるものがあります。
 また、母上様の篠笛さんに対する愛の深さも素晴らしいものと思います。
 固い絆で結ばれた腰原家一族の益々の御繁栄を祈念して止みません。

投稿: ライス | 2009年8月21日 (金) 19時29分

母って、きっと、自分が身代わりになりたかったって思うもんね.もし、戦争になったら、タクマは、体育系なので、一番に借り出されると思うと、代わりに、って思うよね。

投稿: 藍弥生 | 2009年8月21日 (金) 19時33分

すばらしいお話ですね。巫女さんも素敵な人ですね。
靖国神社への関心と思いは、広島と知覧へ行ってから
大きく変わりました。
多くの犠牲の上に、私たちの国がこうしていま存在しているのだということを忘れてはなりませんね。
お母さんの温かさが、沁みてきます。。

投稿: アルキメデス | 2009年8月21日 (金) 19時53分

素晴らしいお話ですね。ありがとうございます。篠笛さんの温かさは、お母様の温かさだったんですね。
お目にかかりたかったなぁ〜。うちの母にも、会ってほしかったなぁ〜(^_^)

投稿: 撫子 | 2009年8月21日 (金) 20時24分

とてもいいお話を聞きました。来年は、巫女さんが篠笛さんの軍団を見て、何とおっしゃるか楽しみですね。

投稿: 山猿 | 2009年8月21日 (金) 21時05分

ライスさん
この篠もオフクロには絶対逆らえなかった。
オフクロのことを想うときが一番素直になれるときだ。
一度でいいからみんなに合わせたかったなあ。

藍ちゃん
藍ちゃんの母親らしいところ始めて見せたね。そうだろうな。
家のお袋と話せばキット馬が合ったな。
戦争がないように祈ろうよ。

アルキメデスさん
64年と言う歳月が人の心をすっかり変えてしまったような気がします。
亡兄は父母・恋人を残して志願兵として出征しました。様々な思いを抱いたまま戦死した時22歳でした。
兄の無念両親の悲しみ。こんな思いは二度と繰り返してはならないと言う思いを新たにします。

撫子さん
オフクロもキット撫子さんや皆さんに会いたがっているよ。

山猿さん
来年は若しかしてオフクロが生き返って出迎えてくれるかもね。
いつもそんな思いで参拝している。
最近霊の存在を否定できなくなってきた。

投稿: 篠笛 | 2009年8月21日 (金) 22時38分

なんと心あたたまるお話でしょう。感激しながら読みました。
ますます靖国神社に老両親を連れて行かねば、という気持ちになりました。

投稿: なっちゃん | 2009年8月21日 (金) 22時41分

いろいろな真実・・・大切な話
伝えていかなければならないと
いつも思います。

投稿: 夏海 | 2009年8月21日 (金) 23時18分

ほー!(・。・)心温まる話ですね!靖国、いいですよね!

投稿: てる! | 2009年8月22日 (土) 06時35分

なっちゃん
是非ご両親と一緒に参拝してください。
神社の存在そのものが政争の渦中に巻き込まれてしまっているようですが、こうした心優しい巫女さんたちがおられることは救いでした。

夏海ちゃん
戦争を知らない夏海ちゃんたちには靖国神社よりも付設の「遊就館」に展示されている手紙などを読んで、英霊や家族の生の声に接してもらいたいと思う。

てるさん
てるさんにも是非靖国神社よりも付設の「遊び就館」の展示されている手紙などを読んで、英霊や家族の生の声に接してもらいたいと思います。

投稿: 篠笛 | 2009年8月22日 (土) 08時45分

戦争のことを 詳しく知らない私ですが 篠笛さんのお話に胸が熱くなりました。
まだまだ 知らないことばかりですが 伝え残さなければいけませんね。
昨夜 神戸から帰ったふくろうです。

投稿: ふくろう | 2009年8月22日 (土) 14時28分

ふくろうさん
お帰り。ご苦労様でした。皆さんお元気でしたか。

投稿: 篠笛 | 2009年8月22日 (土) 22時42分

 歴史に if を持ちこむ愚を承知のうえで、あえて禁を犯せば、人類史から日露戦争と大東亜戦争を抹消すれば、いま190以上ある国連加盟国の数は数分の一に減少していたであろう。アジア、中近東、アフリカ、南米、東欧、北欧のなかの多くの国は、いまだに欧米の植民地支配のしたで呻吟していたとの想像は、容易につく。
 それらの人々が人権を奪取し、それらの国々が自決権を行使して、独立を獲得した歴史のなかで、動機づけ、勇気を与えたのは、日本の日露戦争と大東亜戦争だった。その大業に生命をささげた英霊たちが再会を約束したのが靖国神社だった。
 わたしたち日本人はそれを誇りにして、顕彰し、慰霊する。

投稿: 罵愚 | 2009年8月26日 (水) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 篠笛個人レッスン・三悠会役員会・高校野球長野日大は大差で敗退 | トップページ | ポックリ死の極意・コスモス世話人会欠席 »