« 半世紀前の仲間から美味しい桃・明日は終戦記念日・靖国神社へ | トップページ | 月下美人開花・和ちゃんのサマーキャンプへカンパ »

2009年8月15日 (土)

第63回終戦記念日・靖国神社参拝

第63回終戦記念日・靖国神社参拝

亡母との約束で毎年一回靖国神社参拝を欠かしたことがない。靖国さんが8月15日に参拝すると聞いてからこの日にするようになって久しい。

次兄は昭和14年9月28日北支で戦死した。(享年22歳)

父母は靖国神社に行けば英霊に再会できる信じることで悲しみを堪えた。高齢になって長旅が出来なくなって、医者にも止められた。私が母の代参するということで納得した。

今年は首相の参拝はない。閣僚の参拝は野田聖子唯一人。小泉元首相は朝早い時間に参拝を済ませたようだ。

参列者の中に年寄りは少なくなった。

12時前に境内に入ったが行列の進み方が遅く参拝する前に12時になった。境内に設置された拡声器が政府主催の全国戦没者追悼式の模様を流していた。12時の時報とともに1分間の黙祷。せみの鳴き声が一段と大きくなった。上空をヘリコプターが旋回しているのが煩かった。殊勝にもみんなの健康と平和を祈念。

行列の流れに従って参拝が済んだのは20分を回ってしまった。

急いでいつも行く屋台に行ったが靖国さんの姿はなかった。一人で缶ビールに家から採っていったミニトマト、せんべいを肴にして献杯して帰途付く。暑かったが湿度が少なかったから助かった。

タクシーを利用したが結構疲れた。でも母との約束を今年も果たせることができた。

|

« 半世紀前の仲間から美味しい桃・明日は終戦記念日・靖国神社へ | トップページ | 月下美人開花・和ちゃんのサマーキャンプへカンパ »

コメント

暑い中、お疲れさまでした。お母様とのお約束を果たされて、お母様もさぞ喜んでいらっしゃると思います。
毎年8月を迎えると、平和を願わずにはいられません。
昨年戴いた大きくなった月見草と、その種を蒔いて育った小さな小さな月見草が一輪ずつ、親子のように咲きました(^_^)

投稿: 撫子 | 2009年8月15日 (土) 20時43分

 酷暑の中靖国参拝お疲れ様でした。
 今は亡き母上様との約束とはいえ、毎年欠かさぬ参拝は流石です!
 きっとご先祖様も会いに来られていたことと思います。
 皆の健康と平和を祈念していただき有難うございました。

投稿: ライス | 2009年8月15日 (土) 21時04分

暑い中ご苦労様でした。
靖国さんはどうしたのでしょう?
夫の祖母も二人の息子を学徒出陣で亡くしました。義父は自分の庭に大きな碑を建て平和を祈っていました・・。この平和を大切にしたいですね。

投稿: 梅 | 2009年8月15日 (土) 21時28分

tvの追悼式に合わせて、黙とういたしました。御一人であったのなら、私も参拝同行すればよかったと反省しています。お疲れ様でした。

投稿: 山猿 | 2009年8月15日 (土) 21時31分

来年の8月15日は、付き人募集でいかないと、ね。ドクターストップだね.暑いし・・・。22歳からの人生が、突然消えちゃうなんてね.お兄ちゃん、篠笛さんに、かわいい?お弟子がいっぱいいること、喜んでくれただろうにね。

投稿: 藍弥生 | 2009年8月15日 (土) 22時32分

撫子さん
帰り撫子さんのところ覗いてみようと思ったが疲れてしまって真直ぐ帰った。
月見草2世が順調に育っているようで嬉しいね。

ライスさん
皆さんの健康と平和を祈念するのが精一杯。
オフクロは分かってくれたと思う。

梅ちゃん
戦争は無慈悲。平和を大切にしたいですね。

山猿さん
あそこまでお付き合いはしてもらわなくていいですよ。
これは俺とオフクロとの約束だからね。

藍ちゃん
兄に素敵な恋人がいて村葬のとききていた。篠が通った中学校への途中にその恋人の家があって何度か待っていてノートやお菓子などを貰ったことがある。F子さんといって優しい人だった。
兄が戦死したことで遺族年金がもらえるようになった。「兵隊さんになって、兄さんの敵をとる」と殊勝なことを言って、貧乏だったが村で唯一人旧制の中学に入れてもらえた。戦争が俺の人生を大きく変えた。
その意味でも参拝を止めるわけにはいかないんだよ。

投稿: 篠笛 | 2009年8月15日 (土) 23時34分

戦争や平和や家族愛やいろいろなことを考えさせられる篠笛さんのブログです。私は一度も参拝どころか靖国神社がどこにあるのかも知らないのですが、いつか老両親を連れて参拝するのが夢です。篠笛さんのまっすぐなお母さまを思う気持ちが、毅然と参拝するお気持ちにつながっているんだなあ、とつくづく思いました。

投稿: なっちゃん | 2009年8月15日 (土) 23時44分

 篠さん御苦労さんでした。今日は映画「硫黄島からの手紙」をテレビで見ながら、篠さんのことや亡くなった兄さんのこと、ご両親のことを考えていた(栗林中将が長野出身ということで余計に思い出された)
 硫黄島は太平洋戦争の中でも、大変な戦場だったけど、戦場はどこも同じでしょう。人間同士が殺しあうなんて、いたたまれないね。
 
 戦没者に祈りをささげながら、これからも平和を切に願わざるを得ません。

投稿: 異風坊 | 2009年8月16日 (日) 00時18分

叔父さんご苦労様でした。来年、一度都合のいい時期に靖国神社へ連れて行ってもらいたいと思いました。いずれ、やがてオレが叔父さんやババの代参をしなくてはいけない気がしてます。少なくともオレの代までは、参拝を続けた方がいいんでしょうね。コメントに「遺族年金」のことが書かれていましたが、祖母が貰うそれでオレも勉強させてもらいましたから。15日の里山の日誌に文恵叔父のことを書きました。

投稿: 広津のハルキ | 2009年8月16日 (日) 03時18分

なっちゃん
お袋との約束を果たせてホッとしました。
平和を願うなら一度は参拝すべきだと思う。英霊や家族などの生の声を保管・展示してある、神社横手の「遊就館」もぜひ足を伸ばすことをお勧めします。

異風坊さん
暑かったけど参拝してオフクロとの約束が果たせたことでホッとした。
俺も硫黄島からの手紙見た。見ているところに珍しく恵ちゃん和ちゃんが遊びに来て中断したが戦争について改めて考えさせられた。
中学の同級生の中に栗林中尉の親戚だという友人がいたのを思い出した。
どんなことがあっても戦争は避けたいね。

ハルキ君
靖国参拝代参申し継ぎ。是非そうしてもらいたい。
ババもこのブログ見て喜んでいるよ。
ハルキ君の「里山の日誌」の文恵兄の写真、今朝この写真を見た人から「同じ兄弟かい?」と冷やかされたが。優しい親想いの孝行息子だった。
靖国神社の案内はいつでもいいよ。連絡待っているよ。

投稿: 篠笛 | 2009年8月16日 (日) 11時07分

里山の日誌隠れファンのひとりです♪
ハルキさんが、参拝を引き継ぐというのを見て、
これが代々に続いて行く思いなのだなぁと、
リアルに感じました!
日本人って素晴らしい!

投稿: 夏海 | 2009年8月16日 (日) 15時29分

夏海ちゃん
靖国神社参拝の後継者が出てきて大きな問題が一つ解決。
後は盆栽の処理。

投稿: 篠笛 | 2009年8月16日 (日) 16時05分

篠笛さんの思いは天に届きますよ!お母さまもお兄様もそして、戦争で「千の風」になられた方々、喜んでいらっしいますよ。

投稿: JACKのママ | 2009年8月17日 (月) 01時51分

JACKのママさん
靖国神社に参拝すると不思議と心が洗われるような気になります。
参拝はいわば一年間の心の掃除にもなっています。

投稿: 篠笛 | 2009年8月17日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半世紀前の仲間から美味しい桃・明日は終戦記念日・靖国神社へ | トップページ | 月下美人開花・和ちゃんのサマーキャンプへカンパ »