« バアチャンの姻戚の家族葬にお供・余震か? | トップページ | 第63回終戦記念日・靖国神社参拝 »

2009年8月14日 (金)

半世紀前の仲間から美味しい桃・明日は終戦記念日・靖国神社へ

半世紀前の仲間から美味しい桃

昔コップ焼酎を分け合って飲んだ仲間から美味しい桃を送ってもらった。大きいので一個をバアチャンと半分ずつ戴く。

道場の畳に流した悔し涙。睫毛が凍るような厳寒の中の吉田首相の警護。彼との思い出は青春そのもの。事情があって途中で田舎に帰ってしまった彼。

彼も病と闘いながら桃や柿を造って時期になると必ず送ってくれる。

恵ちゃんの家にもお裾分け。

明日は終戦記念日・靖国神社へ

毎年12時靖国神社の行けば戦死した兄たちや、靖国神社に行けば亡くなった子供たちと会えると信じて送り出した父母とも合えるような気がする。

境内の茶店で靖国さんと会うのも楽しみ。

|

« バアチャンの姻戚の家族葬にお供・余震か? | トップページ | 第63回終戦記念日・靖国神社参拝 »

コメント

親戚のおじさん数人が戦死している。明日は「終戦記念日」。何かに書いてあったが、本当の終戦は、9月2日の降伏文書調印だと。いずれにしても、多くの犠牲者があって今の幸せがあることを、
私たちは忘れてはならない。

投稿: 山猿 | 2009年8月14日 (金) 21時17分

 昭和19年7月10日我が父は、南の島で戦病死!
 どのような思いで出征し、どのような死に方をしたのか知る由も無く残された写真だけが自分に語り掛けております。
 戦争は、世を変え人を変え人生を変えてしまう!
 明日の終戦記念日は、平和を誓う日でもあります。永遠の平和を祈念して止みません!

投稿: ライス | 2009年8月14日 (金) 22時11分

少年通信兵として戦争に行った父。生前、その頃の話はあまりしたがりませんでした。私達にはわからない、辛い思い出が沢山あったに違いありません。年に一回、戦友と会うのを楽しみにしていました。辛い時代を生きてこられた方々の上に、今の私たちの幸せがあるのだと思います。徒や疎かに生きてはいけない、と終戦の日を迎えるたびに思いを新たにしています。

投稿: 撫子 | 2009年8月14日 (金) 22時51分

山猿さん
そう。あそこに眠る人々の犠牲があってこそ本日があることを忘れている人が多すぎる。靖国神社にいくと千の風になった多くの人々と再会できるような気がする。

ライスさん
靖国神社参拝は亡き母との約束。
戦争のない平和を願うなら、理屈抜きで靖国神社に眠る人々の無念を想うことだと思う。親不孝の限りを尽くしてきた人生。お詫びを兼ねて続けていきたいと思っている。
12時の時報とともに黙祷を神社境内ですることを習わしにしている。

撫子さん
年々参拝に来られる年寄りの姿が少なくなっていく。
赤紙一枚でお国のため。靖国神社で会おう。を合言葉に命を投げ出していった人々の無念を分かち合った人たちが少なくなっていくと言うこと。
毎年参拝して思う。
年に一回だがキット多くの人々が待っていてくれるような気がする。

投稿: 篠笛 | 2009年8月14日 (金) 23時28分

義父は、認知症と胃がんで入院しているとき、夜、2人になると、「宏子さん、敵が来た。ベットの下にもぐろう」と、看護婦さんの見回りのとき、いつも二人でもぐりました。で、「もう1度来るぞ」って。引き返してくるのを知っていて、「ほら、言うとおりだろう」と得意げでした。「山本五十六と友達だった」というのが自慢で、うそなんだけど、みんな許して聞いていて「スゴーイ」というと、トラック島の話をして、背中の爆弾の破片の傷跡を見せてくれました。その話、100回くらいきいたかも?大きな防空壕も、はいれない人に、譲ってあげたら、そっちが全滅。終戦の船も、乗り切れなくて、譲ってあげたら、そっちが沈没。強運の持ち主かも?です。

投稿: 藍弥生 | 2009年8月14日 (金) 23時30分

 地球ができて47億年だという。これを1年だとすると、恐竜が生きた時代は15日ぐらいだそうだ。それで人間の歴史はというと、まだ数時間程度らしい。
 この新参者の人間が、人間を大量に殺戮する野蛮な行為が、戦争だ。
 篠さんの兄さんをはじめ、多くの優秀な人々の命を奪った。15日は思想信条を超えて、平和への誓いを新たにしなければいけないね。
 明日は、涼しいといいね。気をつけて行ってらっしゃい。

投稿: 異風坊 | 2009年8月15日 (土) 00時01分

藍ちゃん
藍ちゃんにしては一ヵ月分くらいの長文のコメント。ありがとう。
山本五十六の知り合いだったという義父さんの話。本当に知り合いだったかもよ。
しかし強運の持ち主だったね。篠みたい。

異風坊さん
どこかの国の顔色伺って参拝にもいけない奴なんかに国は任されないよね。
真摯の気持ちで参拝してくる。

投稿: 篠笛 | 2009年8月15日 (土) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バアチャンの姻戚の家族葬にお供・余震か? | トップページ | 第63回終戦記念日・靖国神社参拝 »