« 靖国神社昇殿参拝裏話 | トップページ | 秋を連れてきたコオロギ・風呂釜の掃除 »

2009年8月22日 (土)

ポックリ死の極意・コスモス世話人会欠席

ポックリ死の極意

余り深い付き合いのない人から、ポックリ死について質問あり驚く。

改めて考えてみた。

生と死は一体のもの。生が死につながっていく。人によって生き方がそれぞれ異なるように死に方も違ってくる。

「どうしたらポックリ死ねるか」と余りにも真面目・率直過ぎて、JBKのことなど話をして結論めいたことは控えた。こうしたらこう、と確実な道があるわけではない。

最も確実な安楽死は「自殺」とはどうしても言えなかった。

ポックリ死について先輩が教えてくれた。

親子を含めすべての絆を断ち切り「無心」「孤独」に徹すること。

己自身その境地に辿り着けないで喘ぎ、迷いの中から抜け切れないでいる。

ポックリ死の極意

「無心」「孤独」に徹する

先輩の教え

阻む

欲と未練 

コスモス世話人会欠席

朝夕は過ごしやすくなったが、日中になると身体が重く出かける気にならない。コスモス世話人会欠席。

|

« 靖国神社昇殿参拝裏話 | トップページ | 秋を連れてきたコオロギ・風呂釜の掃除 »

コメント

 ポックリ死7カ条・古脳を鍛える5カ条など過去にいろんな指導を受けました。
 7カ条では、下半身を鍛えるで、5カ条では、五項目のうち幾つ当てはまるかで盛り上がりました。
 生に対する欲と未練は、断ち切れるものではないと思います。

 今日の蒸し暑さは大変厳しいものでした。7カ条に「疲労の管理をする・頑張り過ぎない」とありますが、コスモス世話人会欠席は正解です。

投稿: ライス | 2009年8月22日 (土) 18時40分

例の本によると「延命地蔵」は人気が無く「ポックリ地蔵」に人気が集中しているとの事ごもっともです。この付近の「ポックリ地蔵」をご存じだったら教えてください。

投稿: 塩爺 | 2009年8月22日 (土) 19時54分

孤独になんか徹しない方がいい、と思うんだけど・・・誰でもいずれは死ぬけれど、それまで家族や親しい人と、あったかい絆で結ばれていた方が、もしもの時にも後悔しないんじゃないか、って父や母をみてきて、そう思うの。私もそうしたいな、って。
だからね、私はご迷惑を顧みず、篠笛さん達の後を、トコトコくっ付いていきますので、よろしくね〜。尾行もご指導の甲斐あって
上手になったのよ(^^♪

投稿: 撫子 | 2009年8月22日 (土) 20時47分

正確的に几帳面で固いことばかり言っている
頑固者の人が、ポックリ病にかかっているように思われます。硬いものほどもろく折れるようです。その点ちゃらんぽらんな私は長命出来そうであります。

投稿: 山猿 | 2009年8月22日 (土) 21時26分

ポックリ死の極意?厳しくて私には無理そうですが 出来れば長患いも 遠慮したいですねえ~今を 大切に 悔いのないように過ごせますように・・・と願うのみです。

投稿: ふくろう | 2009年8月22日 (土) 22時27分

ライスさん
年を考え行動範囲を狭めていかなければ持たないよね。
三途の川を渡る力くらいは残しておかねばね。

塩爺さん
ポックリ地蔵この近くでは知らないが信州の戸隠に有名なポックリ地蔵があるそうな。
機会があったら一緒に参拝に行って見ようかね。

撫子さん
そうよ。考えれば考えるほど、難しいし、寂しいことなんだよね。
デモね。それを全く考えずに生きるのと少しでも視野に入れて生きることでは人生が全く違ってくる。
一日一日を、周りの人を大切にするようになる。
今、いい人ばかりに囲まれて優しくされ過ぎてこの方々との別れを考えるとやりきれなくなってくる。
欲と未練が膨らんでがんじがらめになってしまう。
それをどうしようか?そんな贅沢な悩みを抱えて生きている。
生きている限り、欲・未練とは縁が切れない。

山猿さん
「負けてたまるか」の中にO先生の言葉として書いてある。「自由奔放・勝手気ままな人」が長生きすると。
よくよく考えていくと長生きしてもその先にあるのは皆同じ「」なんだよね。

ふくろうさん
あなたはちゃんと親孝行しているから神様が見棄てないよ。安心して今を大切に生きていこうよ。

投稿: 篠笛 | 2009年8月22日 (土) 22時35分

三途の川を目前にして、渡ることをやめてしまいましたが、あの世とやらは、随分といい所らしい。なんとなれば、ただ一人として帰ってきた人はいない。楽しみにしながら(笑)、その日を待ちましょうか。
 それまでは、生を大切に一生懸命生きていきましょう。死と生は常に一緒、絶たれることのない生もまた大変でしょうよ。
 
 充実した生の先には、仏教でいう極楽浄土があるのでしょう。何ものも怖がらないで、ベストを尽くせばいいのではないでしょうか。

投稿: 異風坊 | 2009年8月22日 (土) 22時56分

風のように、そっと、と思いますが、無理無理-、台風だア、といわれています?

投稿: 藍弥生 | 2009年8月22日 (土) 23時33分

ポックリ、というのも周りの人にとっては辛いですね、、、、、、。でもこればかりは選べませんものね。生きるのも逝くのも難しいものですね、、、、、、。自然が一番!

投稿: JACKのママ | 2009年8月23日 (日) 00時31分

月に1回の詩の集まりにいったら・・私より2つ上の一人暮らしの女性が二階から落ちて即死と知らされショック!最近詩集を出したばかりなのに・・

投稿: 梅 | 2009年8月23日 (日) 06時27分

異風坊さん
あなたも段々その気になってきたみたいなこと言うようになったね。
それでいいんだと思うよ。考えたって、努力したってどうしようもないことなんだからさ。生きているうちにやるべきことはちゃんとやっておこう。

藍ちゃん
藍ちゃんは取巻きが多いからそう簡単にはいかないよね。
でも生きたように死ぬんだそうだから、篠笛吹いていれば心配ないよ。

JACKのママさん
人生の締め括りは一大事業ですからね。
何とかJBKでポックリ締め括りたいですね。

梅ちゃん
詩のお仲間の方のご冥福をお祈りいたします。

投稿: 篠笛 | 2009年8月23日 (日) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靖国神社昇殿参拝裏話 | トップページ | 秋を連れてきたコオロギ・風呂釜の掃除 »