« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

インフルエンザー予防注射・二昔前別れた仲間たちとの昼食会

インフルエンザー予防注射

3日前、和ちゃんが39度近い熱を出したと連絡があった。

急遽行きつけのクリニックにお願いしてバアチャンと二人揃ってインフルエンザー予防注射をしてもらった。

新型はまだ順番が回ってこないらしい。

二昔前別れた仲間たちとの昼食会

退職して20年。あっと言う間に過ぎてしまった。

先日横浜駅の人混みの中で「お久しぶりです」と妙齢のご婦人に声を掛けられた。

咄嗟に名乗られても誰か分からなかった。混雑を気にしながら立ち話で二昔も前に一緒に仕事をした方と分かった。

「みんな懐かしい。一度会って昔話がしたい」そんな会話で分かれた。

その「一度会って、昔話の会」がAさんのお骨入りで実現した。

お馴染みワシントンホテルに、参加者10名。

捜査の裏方で大変お世話になった方たちばかり。お国自慢の民謡、自慢の持ち歌、大先生の詩吟と篠笛も何曲かご披露。

近況報告や懐かしい話が弾み時間はあっと言う間に過ぎた。再会を誓ってお開き。

三遊亭円楽師匠千の風に享年76歳。

テレビの人気版組笑点の司会をやっていた三遊亭円楽さんが29日「肺がん」で死去。ビックリ。享年76歳。

ご冥福を祈る。

| | コメント (14)

2009年10月30日 (金)

訃報(同期生)・布団干し・好物の差し入れ

訃報(同期生)

今朝早く仲間の会の幹事から電話。

K氏が亡くなったと言う知らせ。

昭和2610月信州から一緒に出てきた仲間。

呑み仲間でもあり、白・黒取ったり取られたりする碁敵でもあった。

今月9日同期生会で呑んだ時は、太りすぎを心配していたが元気だった。

ご冥福をお祈りするのみ。

「お互いそういう年になってきたのよ。・・・・」電話を取り次いだバアチャンの一言は、人事ではないと言う戒めか。

布団干し

風もなくいい天気で布団干し。バアチャンのも手伝ってやる。

好物の差し入れ

午後長女が、茹でたてのピーナツ、白菜の漬物を持ってきてくれた。

掘り立てのピーナツを買いそびれた話を孫たちに話したのを聞いたのだろう。どっちも好物。

| | コメント (13)

2009年10月29日 (木)

スポーツセンター・プロ野球ドラフト・転覆漁船4日ぶり救出

スポーツセンター

寒さがやってきて手のしびれも一緒に付いて来た。マッサージに行くよりもとスポーツセンターへ。

ジャグジー20分、水中歩行30分、サウナ20分。

相談3

プロ野球ドラフト

この夏甲子園を沸かせた青森・花巻東高校の菊池投手は 西武ライオンズが抽選で交渉権を獲得。

巨人は長野外野手。

横浜は横浜高校の筒香選手

転覆漁船4日ぶり救出

24日から八丈島沖で行方不明になっていたキンメ鯛漁船(8人乗り)が転覆した常態で発見され、船内の僅かな居住空間で生存していた3人が救助された。

3人は入院したが元気で命に別状ないと言う。

水も食料もなく転覆の恐怖との闘いに耐えらたのは3人だったからだ。と言う。

まさに奇跡の生還。

船長は救命ボート内で発見されたが死亡。残る4人は捜索中。

| | コメント (7)

2009年10月28日 (水)

「俺の花だよ月見草」歌手野村克也

「俺の花だよ月見草」歌手野村克也

野村監督と月見草の組み合わせが面白く、JBKに書き込んだ。

ブログを読んだKさんから、「歌手野村克也」が「俺の花だよ月見草」と言う歌をCDにしていることを教えてもらった。

ネットで検索して聞くことが出来た。

「俺の花だよ 月見草」で検索すると歌を聞くことが出来ます。

俺の花だよ月見草 歌手 野村克也

作詞 山口洋子 作曲 四方阿章人

一で輝く人生よりも

次で実のなる道がいい

言葉三分で 夢七分

月を仰いで咲く

俺の花だよ

俺の花だよ月見草

やると決めたら 引く気はないぜ

分かる奴だけ追いてこい

負けて泣かぬが 情で泣く

男心に 咲く花は

俺の花だよ

俺の花だよ 月見草

誰に言われた訳でもないが

好きで選んだ裏通り

昔かたぎの捕手育ち

影でひっそり咲く花は

俺の花だよ

俺の花だよ 月見草

| | コメント (10)

2009年10月27日 (火)

台風一過・植木の手入れ・布団干し・スポーツセンター・布団干し

台風一過・植木の手入れ

眩いばかりのいい天気。

すっかり冬化粧した富士山も姿を見せて、庭作業には最高。

残っていた万年青、大文字草などの植え替え。

近く嫁入りが決まったいるイワヒバの石つきに、ピンクと、白の大文字草を植え付けてみた。向こうに行って嫌われず大事にしてもらえるようせめてもの親心。

台風で落とされたカリンの実の香りが庭一杯に広がって癒してくれた。

カリンの木は千の風になった探偵仲間が事件解決祈念に贈ってくれた物。我が家にきて30年毎年春は可憐な花、秋は香り高い実と楽しませてくれている。

恵ちゃんはBFとディズニーランドに行くから車をETCカード付きで貸してくれと、チャッカリしているところは誰に似たのだろう。

スポーツセンター

時間も余ってスポーツセンターへ。

ジャグジー20分、水中歩行30分、サウナ20分。いい運動になった。

O氏に会う。彼もほぼ同じコースをこなしていたようだ。

布団干し

朝からの好天気。布団干し。今晩はよく眠れそう。

| | コメント (8)

2009年10月26日 (月)

篠笛教室・恵ちゃん・和ちゃんとデイト・臨時国会開会・酒井法子初公判

篠笛教室

K先生の日。台風20号の影響もあって、冷たい雨の中出掛けて行く。

余りの寒さに箪笥の中からベストを出した。

「竹の唄」「里の歌」

里の歌は前に習ったはずなのにすっかり忘却の彼方。吹いていても途中何度かまごまご。

発表会に竹の唄をソロでやることに決めた。現在教わっているのは二重奏のもの。

ソロ用の譜面を書き込んでもらった。後は暗譜あるのみ。

「これが最後だから・・・」と言うと。「いつもその調子でやることが肝心。」と厳しいお言葉。

恵ちゃん・和ちゃんとデイト

今日は珍しく恵ちゃんと和ちゃんの二人とも午後から時間ができたと言うことで教室が終った後、二人の希望で高島屋8Fのフランス料理で昼食。

和ちゃんのお気に入りの物を買おうとしたが28日からポイントアップと言うことで後日にした。

臨時国会開会

鳩山総理始めて国会で首相所信表明演説。

自分自身の政治資金規正法疑惑が検察庁の調べの渦中にあるが・・・大丈夫だろうか?と言う声も聞かれる。

野党自民党の追及が見もの。

酒井法子初公判

覚せい剤で起訴されている酒井法子の初公判。起訴事実をおおむね認めた模様。

| | コメント (9)

2009年10月25日 (日)

月見草を愛した野村監督に拍手

月見草を愛した野村老将に拍手

寄せ集めチームで低迷を続けた楽天をまとめCSまで駒を進めながら退職を勧告された老将の最後の闘いは終わった。

昨日からマスコミは老将の生き様を大きく取り上げている。

「王や長嶋がヒマワリなら、俺はヒッソリと咲く月見草」

「セ」の陰で低迷する「パ」をたとえた名ボヤキ。

監督が月見草を知っていたことは意外。あの監督が月見草を愛していたと分かって親しみは倍増した。

昨日に続くがもう一度書き留めておきたくなった。

試合後のボヤキは人気で名物になっていた。

監督最後の試合に負けたが、相手チームの選手も交えた負けチームの監督の胴上げは、心温まるものとして球史に残るだろう。

「もう一年やって、優勝したかった」

と言う最後のボヤキは本心だったろう。

なぜか、デカ最期の数時間を残して犯人検挙・事件解決の記者会見で涙した昔が重なった。

素人考えで次は「横浜へ」と期待したが横浜の監督は決まった。

静かに休養をとってもう一度名ボヤキを聞かせてもらいたい。

兎に角ご苦労様でした。

感動を呼んだ

月見草を愛した

ボヤキの老将

相手チームも交えた

別れの胴上げ

参議院補選

盛り上がりのない参議院補選。知り合いが出ているので雨の上がったところを見計らって自転車で投票へ。知り合いが3人も立会人をしていた。

| | コメント (13)

2009年10月24日 (土)

炬燵造り・大文字草株分け・プロ野球パリーグCSシリーズ・日本ハム優勝

炬燵造り

朝晩めっきり冷え込んできた。寒いね。と動きが鈍くなってきたバアチャンを見て炬燵造りの手伝い。

冬の長い信州では囲炉裏と炬燵が一家団欒の場であった。

炬燵に入ると落ち着いて居眠りも最適。

足が痛むバアチャンは座椅子に座ったまま炬燵に入れるように羽毛布団を繋ぎ合わせて大きくして使っている。生活の知恵である。

大文字草株分け

種を蒔いて増やした大文字草。

親木はピンクと白の2種類だったが交配でピンクでも薄い色の物と、艶やかな物とができた。

ブログを見て欲しいという人にやるため株分けをしてみた。

作業を覗きに来た人にも差し上げた。花が咲いているときでないとやると言っても持って行かない人もいる。

冷え切った庭作業に孫たちからのプレゼントのジャージが役に立っている。それでも、冷え込んで長い作業はできない。

折角やる気になったのに冷たい雨で作業中止。

プロ野球パリーグCSシリーズ・日本ハム優勝

日本ハム対楽天。日本ハムが勝って日本シリーズ進出を決めた。

楽天退団が決まっている野村監督を、双方の選手が一緒になって胴上げしたのは感動的だった。

| | コメント (14)

2009年10月23日 (金)

鳩に警戒された新品ジャージ・植木相談5件・三悠会役員会

鳩に警戒された新品ジャージ

昨日恵ちゃんが「チョット遅くなったけど、敬老のプレゼントしなかったから」と冬物のジャージを持ってきてくれた。

さっそく今朝から着て松の剪定など植木の手入れを始めた。

私がいてもいつも棚の受皿に溜まった水を飲みに来る鳩が近くの電線の上まで来ているのに降りてこない。

どうやらジャージが気になって警戒している様子。

日が差してきてジャージを脱いで作業をしていると手が届くようはところまで来て遊んでいった。

自然の中で生き抜く鳩の用心深さは流石。

植木相談5件

ムベが色付き始めて目立つようになって「これはアケビですか?

と尋ねる人が多い。作業を中止して一枝切って差し上げる。

大きく育ったブロッコリーの育て方など野菜造りの相談が多かった。

三悠会役員会

夕方から伊勢佐木町Tで三悠会役員会。ひらめ、太刀魚の焼き物の味は格別。

会社役員の健康問題。

帰り拾ったタクシーの運転手さん「今日はこれでノルマが達成できそう」と大喜び。

| | コメント (11)

2009年10月22日 (木)

篠笛個人レッスン・西川郵政社長辞任・南田洋子千の風に

篠笛個人レッスン

昨夜の疲れが出たのだろう昼食後ニュースを見たまま寝込んでしまった。

バアチャンから「今日は笛の教室お休みするの?」と起こされるまで気が付かなかった。

慌てて自転車に飛び乗って危うくセーフ。

顔色が悪い。と直ぐ練習に入らず世間話をしてから練習。

竹の唄、夕焼け小焼け、赤トンボ、ふるさと。

自転車の往復は疲れてスポーツセンターはお休み。

西川郵政社長辞任

政権交代の煽り?

郵政西川社長辞任。次期社長は斉藤元大蔵事務次官が内定。早くもおかしいの声が上がっている。

西川社長辞任会見で言いたいことが山ほどあるだろうが言葉は少なかった。

何気なく喋っていたが、鉛筆を持つ手が大きく震えていた。

南田洋子千の風に

女優の南田洋子兼ねてから認知所を患っていたが、長門祐之に看取られて千の風になった。

| | コメント (12)

2009年10月21日 (水)

五行歌横浜水曜歌会・コメント衆活躍

五行歌横浜水曜歌会・撫子さん第一席,篠第三席、ルピナスさん第四席とJBKコメント衆大活躍

横浜歌会が二つに分かれ、横浜水曜歌会となった。前回欠席で歌会も少し変わった感じ。

JBKコメント衆が活躍した。

第一席 撫子さん

七色の声を使い分け

セールス撃退

「お嬢さん、お母さんは?

と言わせて

シメシメ、っと。

第三席 篠笛

いかに死ぬべきか を

いかに生きるべきか に

変えた

人の情けと

固い絆

第四席 ルピナスさん

山の神さんが

どでん どでん と

座って均してったように

平らな尾根が

続くよ

2次会は山猿さん、ライスさん、Oさんと狸小路の赤提灯へ。歌会の続きのようで盛り上がった。

11月行われる展示会用の作品を持参することになっていて慌てて書いてみたがなかなか思うようにいかない。

これぞと思うものを額に収めようとすると縦横が違っていてまた書き直し。何とか間に合わせることができた。参加することに意義がある。

| | コメント (9)

2009年10月20日 (火)

和っちゃんとデイト・ピザ昼食

和っちゃんとデイト

バアチャンの誕生会に来られなかった和っちゃんが今日は学校が休みで暇らしい。

畑の一部を僅かでも空き地にしておくのは勿体ない。

和っちゃんの運転で農協に行ってレタス、白菜の苗を買ってきて植え付け。

ついでに植木用の土や鶏糞、牛糞なども買ってきて畑に鋤きこんだ。

重い荷物運びは全部和ちゃんがやってくれ助かった。

ピザ昼食・携帯電話の思わぬ利用法

和ちゃんの希望でピザのFRへ。注文は任せると、和ちゃんはテーブルに着くなり携帯をガチャガチャしてから注文をしてくれた。

携帯で注文すると品物によっては25パーセントから50パーセント割引の物があると聴いてただ驚くばかり。

支払いの時は後ろからチャッカリカードを出してポイントを稼いでいた。

携帯も使いようによってはかなり得をすることを勉強した。

バアチャンは思いがけず続けての誕生会に大喜び。

| | コメント (13)

2009年10月19日 (月)

篠笛教室・フカヒレラーメン昼食会・バアチャン誕生会

篠笛教室

今日は遅刻常習者の「ニャ」さんが時間前に顔を見せた。

「お天気が変わるぞ」とみんなが大騒ぎ。

それでも本人が「雪が降るかも・・・」と全く悪びれないのが「ニャ」さんのいいところ。

先週に引き続いて「里の歌」「竹の唄」を各人が先生と二重奏。

皆練習をしてきたようで音色がそれを教えてくれる。

笛は正直。付け焼刃的な練習はそれだけの音色しか出してくれない。

今日の午後からの先生の川崎教室にナンコーさんが、体験見学に行くらしい。

また仲間が増えた。

フカヒレ・ラーメン昼食会

教室の後、兼ねてから約束してあった「フカヒレラーメン」昼食会。日毎パックで仕上ている美女二人とともにする。

今朝庭で採った「ムベ」と柿を土産代り。

二人とも美味しいと素直に喜んでくれた。

毎日のようにコメントを通じて話しているようなものだが、顔を合わせるとまた話は弾む。

楽しい昼食会だった。次回焼き鳥を約束。

バアチャン誕生会

昨日、「バアチャンの誕生日は、みんなそれぞれ都合が悪いから」と、和ちゃんがお赤飯とケーキ、バアチャンへのプレゼントを持ってきてくれた。

バアチャンは大喜び。

家だけで、こじんまりと一日早目に行った。

バアチャンのたっての希望で行きつけの回転すし。

「好きな物を好きなだけ食べられるから・・・」と言うのが回転寿司を選ぶ理由のようだ。

裕福でない生活をしてきたから我が家ではお寿司と言えば最高のご馳走。

なにより、元気で迎えられたことへ感謝。

後何回できるか?

| | コメント (17)

2009年10月18日 (日)

デスクトップから蘇った千の風の声

デスクトップから蘇った千の風の声

パソコンの動きが遅くなった。今朝「デスクトップに「空き容量が少なくなりました。古い物は消去してください」と警告マークが点灯した。

JBKへのコメントが増えそのまま残しておいたのが原因と分かった。受信トレイを消していくと眠っていた懐かしい人の言葉が飛び出てきた。

中でも、3年前ブログで「ナースの一言」の意味の大きさに触れた記事に寄せられた戦友「こころちゃん」のコメントは印象的。

原文をそのまま搭載する。

「私も5年半お世話になったがGセンターの看護師さんは優秀でやさしい。医師と患者の板挟みになって、ご苦労も多いでしょう。

入院すると自分の娘と同じ年の若い看護師さんの相談相手になることもしばしばあった。先日病棟に用があって行った時のこと、顔見知りの看護師さんがニコニコして

「元気そうだね。今度の治療はいつ?」と尋ねられた。

「もうここでは治療できないの。でも違う方法で頑張るから」

と話すと全てを察した看護師さんは

「そ~か~でもKさんなら奇跡を起こしてくれるような気がする。その顔なら大丈夫!頑張って」

と励まされた。
「奇跡の患者」?!カッコいい!そうだこれからは「奇跡の患者」を目指そーっと。」

自分のことより人のことを優先して考える芯から優しい、強い人だった。

だが、病には勝てず、こころちゃんは「奇跡の患者」半ばにして半年後別の病院のホスピスで千の風になられた。

想い越せば「千の風になって」がこんなに有名になる前に千の風になってのCDを贈ってくれたのもこころちゃんだった。

今朝のパソコンの警告は、たまには想い出しておくれと言うこころちゃんからのメッセージだったのかもしれない。

再会の日は遠くはない。

このコメントは消去できなかった。

| | コメント (12)

2009年10月17日 (土)

枝降し継続・楽天・野村監督涙の連勝

枝降し継続

朝早く起きて一昨日やり残した枝降しの引き続き。大分方付いたがまだ気に入らない。

高いところは危険だからと背の高い木は手が届くくらいの高さに鋸を入れた。

その後の始末をしなかったのが祟って比較的大きいムクゲ、柘植の2本が切り口からコガネムシでも入ったらしく枯れてしまった。

柘植はこの家の新築祈念に仲間からいただいたもの。切ない。

でも、根元に可愛い子供を残してくれた。

この子が大きくなるまで見届けることはないだろうが、庭でも密かに世代交代が行われている。

枝降しのゴミは枝を含めてゴミ袋12個分。ゴミ集積場は家が出したゴミで満杯。

楽天・野村監督涙の連勝

プロ野球パ・リーグCS戦野村監督率いる楽天がCSで見事な連勝第二ステージに駒を進めた。

万年最下位に甘んじていた楽天を2位、CS戦出場を果たしながら解雇を申し渡された野村監督。試合前あの人らしからぬ涙のミーティングで臨んで、初戦を圧勝、2戦目も見事な勝利。

優勝しても留任はないと明言されているらしい。年齢と、高額の給料が問題だとかマスコミはうるさい。

これで優勝でもしたら球団はどうするだろう。

いずれにせよ現実社会の厳しさ。

野次馬としては是が非でも第二ステージでも勝って、リーグ優勝、そして日本一になってもらいたい。

男の意地を見たい。

| | コメント (9)

2009年10月16日 (金)

居酒屋「T」閉店

居酒屋「T」閉店

長い間お世話になった居酒屋「T」が来週にも閉店すると言うニュースを聞き、探偵仲間に連絡をとって急遽集合。参加者12名。

急の話で酒も飲まれないのに元トップのKさんも参加してくださった。インテリヤクザさん代表で律儀なFさんが顔を出してくれた。女将さんも「急な話なのにこんなに来ていただいて感激と、喜んでいた。

考えるとこの店がカウンターだけの小さな店の時代からのお付き合い。

盆暮れも休まない。夕方5時から翌朝明け方まで、年中無休が売り物で店も大きくして結構繁盛していたが・・・。

捜査本部の夜食など無理を聞いてもらった。昔話などに花が咲いた。

今月末で閉店して、直ぐ近くに小さく新しい店を開店するらしい。

終わりに山猿さんが浜千鳥、夕焼け小焼け二曲。篠も荒城の月、千の風になってを吹いてお開き。

| | コメント (13)

2009年10月15日 (木)

ムクゲ、百日紅枝降し・スポーツセンター

ムクゲ、百日紅枝降し

花が終わって落ち葉が多くなったムクゲ、百日紅の今年延びた枝を元から切り落とす。

「そんなに思い切って剪定して大丈夫ですか?」通り掛りの人が心配してくれる。

これで明日からの道路掃除が少し楽になる。

後は葉っぱが柔らかい桃だがもう少し先になる。枝降しが必要な木が後5本残った。

スポーツセンター

昨日はスポーツセンターでの水中歩行の効果のせいか、熟睡できた。

枝降しで掻いた汗を流しにスポーツセンターへ。

水中歩行30分。ジャグジー20分。サウナ20分。

| | コメント (8)

2009年10月14日 (水)

スポーツセンター・写真撮影

スポーツセンター

久しぶりスポーツセンターへ。水中歩行30分。ジャグジー20分。サウナ20分。

昨日までの農作業の疲れを一掃。

O探偵に会う。元気者の彼も泳ぎを止めて水中歩行に専念しているようだった。

写真撮影

見事に見咲いた大文字草,ノコン菊。色付き始めた「ムベ」などをデジカメに収めてみた。

「ムベ」は何故か今年は例年より一回り実が小さい。

それでも道ゆく人の足を止めている。

| | コメント (10)

2009年10月13日 (火)

サヤエンドウの植え付け

サヤエンドウの植え付け

先日ポット植えしたサヤエンドウの苗が伸び過ぎてしまった。

サヤエンドウは連作を嫌う。

狭い畑で植えるところはナスのところしかない。

ナスはまだ実を少しつけている。

バアチャンは「秋茄子は今が美味しい時期なのに」と反対するが思い切って半分だけ抜いてしまう。選手交代。

サヤエンドウは来春花と実が楽しみ。

チンゲン菜の間引き。

植木相談2件。病相談1件。

| | コメント (11)

2009年10月12日 (月)

篠笛教室・逞しくなったけんちゃん

篠笛教室

「竹の唄」「里の歌」2曲

ライスさんが近所の人から篠笛練習を「うるさい」と注意されたと聞いて人事ではないと思った。

なんだか練習するにも気が引ける。練習不足は直ぐばれてしまう。でも親切に指導してくださった。

一人でフカヒレラーメン昼食。

けんちゃん来訪。

昨夜けんちゃんが一人で、交番勤務3当直した報告を兼ねて遊びに来た。

二人勤務で相棒は古参の部長さんで色々親切に教えてくれるらしい。

一番参ったのは変死体を2件扱って、その家族とどう接したらいいか?と言うことだったらしい。

日に日に逞しくなっていくのが目に見えろ。

11月5日のシミド篠笛教室昼食会に、会費はジイチャン持ちと聞いて恵ちゃんと二人で特別参加するらしい。

藍ちゃんよろしくね。

| | コメント (11)

2009年10月11日 (日)

布団干し・金木犀の訪問・ハマ風投稿滑り込みセーフ・自転車修理

布団干し

「今日は布団干しに最高だって、テレビでやってたよ」

それとないバアチャンのつぶやきは「ヤレ」と言うこと。

道路掃除、回覧板回しのあと二人分の布団干し、結構重労働だ

でも今晩は気持ちよさそうだ。

金木犀の香り

布団干しで全部開放した窓から金木犀の香りの訪問。

金木犀はどこの家でも一本植えているようで風向きが変わるごとになんともいえない香りが漂ってくる。

ハマ風投・稿滑り込みセーフ

昨夜ライスさんのコメントでハマ風投稿締め切りを知った。慌てて思いつくまま3首を送信。何とか滑り込みセーフ。

期日は毎回決まったいるのだから・・・と言われれば何も返す言葉はない。

そんなに負担なら辞めてしまえばいい。・・・でもやめられないところが五行歌の魅力なのかもしれない。

歌だけでなく集まってくる方々の温かい人柄が醸し出す雰囲気が素敵でそこに惹かれているのかもしれない。

終ってからの狸小路も楽しみの一つ。

春野さんの優しい励ましのお言葉を戴いて、もう少し踏ん張ってみようと新たな決意。

町内会運動会

運動会の開会を知れせる花火が揚がって、隣組の役員さんがあわただしく駆けて行く。

自転車修理

電動機付自転車のバッテリーの鍵が掛からなくなった。一駅先の自転車やさんに持っていって直してもらう。買って2年半最近新車ができてバッテリーの容量も多いから買い替えを勧められた。試乗してみると軽い。でも、99、000円は痛い。もう少し我慢することにした。使っているとアチコチガタがくるのは仕方がない。

| | コメント (12)

2009年10月10日 (土)

危険業務従事者叙勲・いとこ会

危険業務従事者叙勲

危険性の高い業務に従事して社会貢献した人をたたえる危険業務従事者叙勲が、内閣府から発表された。県内からは229人。中に一緒に仕事をした人が18人いた。

それぞれの顔に事件や色々のの思い出が蘇る。

電話で話しをするのも20年振りという人も、二昔も前の思い出話を昨日のように懐かしくしてくれた。

いとこ会

この近辺に居住している従兄弟会を桜木町のホテルで開催。

今日は幹事役。従兄弟と言っても大勢いるがこの近辺にいるものだけで始めて今回が3回目。5人が参加。

一番年長者。半世紀前の話からネタは尽きない。

みんな場所が気に入って来年もここで開催が決まった。

話の種に篠笛で「荒城の月」「千の風になって」を吹いてお開き。

| | コメント (14)

2009年10月 9日 (金)

同期生会・オバマ大統領にノーベル平和賞

同期生会

57年前、(昭和26年)田舎からトランク一つ持って神奈川県の土を踏んだ。そのときの仲間の会。270名いた仲間も段々いなくなって、今日の参加者は44名。この一年の物故者6名。

杖を付いている人が何人かいた。

名前と顔がマッチしない人も何人かいた。

去年はすっかり忘れて後から会費を送った苦い経験があるから幹事から今年は忘れないようにとわざわざ電話があった。

隣に座ったK氏前立腺がんの再発で放射線にしようか、ホルモン注射にしようか迷っているようだ。

俺なら放射線は選ばないが、地域医療相談室で聞いてみるようアドバイス。W看護師の電話番号を教える。

「今日はいい席に座った」と喜んでいた。

オバマ大統領にノーベル平和賞

| | コメント (10)

2009年10月 8日 (木)

台風18号被害

台風被害

台風18号は日本列島を縦断する形で自然の力の物凄さを示してくれた。

高台にある我が家でも少し被害があった。「これお宅のじゃありませんか」と隣の奥さんが「雨樋」の一部を持ってきてくれた。

二階の屋根の雨樋が外れて隣まで吹き飛ばされたようだ。早速屋根に上がって修理。

そのほかは事前準備がよかったのか植木棚の被害も最小限。

シュウメイ菊が強い風に煽られかなりの花が首下から折れてしまった。背丈が高いからどうしても標的にされてしまったようだ。

畑のブロッコリーは風に煽られて倒れたが支柱を立てて補強してやってもとの姿に戻った。

雨は上がったが電車が止まっているところがあるとかで今日の篠笛個人レッスンは中止だと先生からメール。

| | コメント (13)

2009年10月 7日 (水)

Gセンター診察日・待合室相談・週刊朝日発行の「がんで困った時に開く本」・台風対策

Gセンター診察日

雨降りなのに異常な混雑。

クリニックと双方で午前中かかった。

血糖値が高い。今後毎月血糖値検査。骨の密度検査来月。

風邪薬調合。

段々厳しくなってきた感じ。

待合室相談

それより待合室隣ベンチにいた家族の会話が気になった。ホスピス入所をこそこそと相談していた。

嫌な時いやなことを耳にしてしまった。

週刊朝日発行の「がんで困った時に開く本」に「篠笛を楽しみま専科」

診察の帰りW看護師のところに顔を出すと相談室宛に、週刊朝日発行の「がんで困った時に開く本」(10月15日発売)が送られてきていてもらってきた。

患者会の「篠笛を楽しみま専科」の写真が172ページ「患者会に参加してみたい」で紹介されている。

搭載されている写真は篠笛を楽しみま専科で篠が話しをしているシーン。前に朝日新聞に登載されたもので先日搭載了解の電話があった。

「がんで困った時に開く本」と言うタイトルの通り、がん初心者の今更聞けない悩みや疑問に丁寧に応えている。

がん患者・家族は一冊あれば参考になる。

是非一度読まれることをお勧めしたい本。ちなみに一冊838円。

読まれて新たな不安、疑問の生じた方は「JBK友の会」に問いかけて下さい。一緒に悩み・考えましょう。

台風対策

台風18号。どうやら今回はやってくるらしい。

病院から帰って合羽を着て大葉の万年青、キンズ、松、月見草など大事な物20鉢ばかり、玄関や軒下に移動。後はキリがない運を天に任せる。

| | コメント (9)

2009年10月 6日 (火)

大型台風到来か?・誤嚥物の残留

大型台風到来か?

これまでくるくるといって来なかった台風が今度は本気で上陸するらしい。

それも超大型とか、困った。

畑のなす、ブロッコリー、白菜、オクラなどは背丈が伸びているから防護しようがない。せめて今なっているものを採って負担を軽くしてやるくらい。

盆栽棚は特に大事な物だけでも動かすしか方法がない。

何時ものように逸れてくれることを祈るのみ。

自然の力には逆らえない。

誤嚥物の残留。

昨晩誤嚥したものの一部が喉の奥の方にほんの僅かだが残留しているようで不愉快極まりない。

何も残ってはいないのかもしれない。

時の経過を待つだけ。

明日はGセンター診察日

| | コメント (7)

2009年10月 5日 (月)

篠笛教室・オデンの季節

篠笛教室

昨日一日の休養で体調は元に戻った。

バアチャンは引き止めるが篠笛教室に行く気になった。

喉をやられたようで、かすれている声が更にかすれ電話を下さった方が余計に心配してくれる。

「竹の唄」「里の歌」をミッチリ教えていただく。

先生はブログを見ていて「顔色よくないが大丈夫なのか」と心配してくださった。

真直ぐ帰って昼寝。

オデンの季節

今晩は寒くなってきたからと「オデン」

もうそんな陽気になってしまった。

調子に乗って食べ過ぎ、珍しく誤燕。

| | コメント (13)

2009年10月 4日 (日)

雷雨負け・中川昭一元財務・金融相死亡。

雷雨負け

昨日鎌倉駅から「秋月賦」会場海蔵寺に向かう途中雷雨に見舞われた。

傘はさしたものの激しい雨は容赦はしない。肩から半身、足元まで濡れたまま外で長時間待たされた。年寄りにはそれが祟ったらしい。

今朝起きて何とか朝食は食べたものの喉がいがらっぽく、なんとなくだるい。熱はないが庭にも出ずに風邪薬を飲んでベッド。

昼食にバアチャンがお粥を作ってくれた。体の芯から温まって噴出した汗でサッパリした。でも汗を拭ってそのままベッド。

風邪薬が効いてくれて丸々10時間昼寝。

どうやら体調は回復した。

中川昭一元財務・金融相死亡。

中川昭一元財務・金融相が自宅ベッドで死亡しているのを奥さんが発見。

国際会議の後の酔っ払い記者会見が祟ってこの間の選挙で敗北。再起を図っていたという

| | コメント (11)

2009年10月 3日 (土)

琴と篠笛の演奏会「秋月賦」・バアチャン通院順番取り・狸小路・オリンピック、リオデジャネイロ・日本落選

バアチャン通院順番取り

バアチャンの通院の日は順番取りが当たり前になってしまった。今朝は電動自転車のモーターが不具合。仕方なく徒歩。でも1番だった。

琴と篠笛の演奏会「秋月賦」

場所 鎌倉・海蔵寺本道

主催 伝統文化を育てる会・伝承企画貫

出演者 横笛・朗読 鯉沼廣行 

琴・三絃 富元清英

横笛 金子 由美子

曲目 蘭 風聞 黒髪 名人伝 乱曲 ぬばたまの 千鳥の曲

部牛追い歌 まほろば

山猿さん、ふくろうさんと鎌倉駅で待ち合わせ。

軽い昼食の後雷雨に迎えられ海蔵寺へ。

雨の中駅から徒歩25分は年寄りには辛い。

12時30分会場。時間が早く雨の中待たされる。

演奏が始まると二人とも篠笛の真髄に触れしきりに感激。

後半の二曲は野外演奏になっていた。

不思議に野外演奏が始まる時期を見計らったように雨が上がった。

鯉沼先生と金子先生が邸内の池と築山をバックに南部牛追い歌、まほろばの二重奏。

アンコールの呼びかけはなかったが先生が最後「竹の唄」をサービスで吹いてくださった。

よかった。

境内に響き渡る篠笛の音に心洗われた。

演奏中カラスが上空に来て「カーカー」と伴奏を入れみなの笑いをとっていた。

狸小路

横浜駅西口狸小路で軽く乾杯。

楽しい有意義な一日fだった。

オリンピック、リオデジャネイロ・日本落選

2016年夏季五輪はリオデジャネイロ (南米初)に決定。東京は落選。

| | コメント (9)

2009年10月 2日 (金)

二つの篠笛教室

清動篠笛教室

昨日午後藍ちゃんのところが休診日。藍ちゃん夫婦、純ちゃん、ナンコーさんの4人。撫子さん、画伯は欠席.。

練習曲は桜・荒城の月・ふるさと・江戸子守唄・夕焼け小焼け。

ナンコーさんは2回目なのに、さくら、荒城の月を完全暗譜してきて吹いてくれた。

0、 と7メリは苦労するものの見事さに皆感嘆。

ナンコーさん差し入れのケーキがまた美味しかった。

和やかな雰囲気に癒された。

西口行きつけの店でマッサージ40分。かなり凝っているらしい。

「篠笛を楽しみま専科」

今日午前中鶴ヶ峰ケアブラザーで「篠笛を楽しみま専科」。

職員が先日の敬老の集いの篠笛演奏を「皆さんが喜んでいた」と褒めてくれた。

なっちゃん夫婦、山猿さん、春野さん、ふくろうさん。

ここでは、さくら、荒城の月、江戸子守唄の後それぞれ持ち歌を披露。みんな練習の成果を音色で聞かせてくれた。

最後、何か・・と言われ「竹の唄」を披露した。

チョット風邪気味か?思いっ切り昼寝しようと思ったのに、話し好きの知り合いが尋ねてきて一方的に一時間余り拝聴。また疲れが復活。

| | コメント (15)

2009年10月 1日 (木)

「ハマ風」に山猿さん、篠笛入選・撫子さんのエッセイ「お盆の思い出・シミドウ篠笛教室」

「ハマ風」に山猿さん、篠笛入選

ハマ風NO28号2009=10が送られてきた。

あけてビックリ山猿さんと篠笛の歌が選ばれていた。

松本希雲 選

金川孝己 作

親の背中は

大きかった

合わせ鏡で

わが背中

そっと見る

山猿さんおめでとう。またこれで一杯やれるね。

岡本まさ子 選

腰原常雄 作

迎え火焚いて

戦友と通った

赤提灯

訪ねてみたが

盆休み

寂しくなった時、何かあったとき、千の風になった戦友とよく通った西口の狸小路の赤提灯へ足を運ぶ。今でも歌会の後山猿さんたちを誘っている。

戦友と愚痴をこぼしあったことを何年経っても忘れずにいることへのご褒美かも知れない。

撫子さんのエッセイ「お盆の思い出」

岡田幸子 作

迎え火焚いて

亡父母を待つ

胡瓜の馬に茄子の牛

行きは はよ来い

帰りは ゆっくり

撫子さんの「お盆の思い出」はお盆を迎える準備を通じて亡き父母を偲ぶ。なかなか泣かせるエッセイ。ナスとキュウリで馬と牛を供えるのは馬で早く来て牛でゆっくりお帰りなさい。と言う意味だと教えられた。泣かせてくれるね。.

シミドウ篠笛教室

今日はいいお天気で庭や畑の仲間が呼んでいるが、午後シミドウ篠笛教室。

落し物騒動や手の痺れ騒ぎに巻き込まれて練習不足。詳細は帰ってからのお楽しみ。

| | コメント (14)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »