« 戦友のお通や | トップページ | 篠笛教室・老老介護の悲劇 »

2009年12月 6日 (日)

コロシ探偵仲間の叙勲祝い

コロシ探偵仲間の叙勲祝い

殺し専門の探偵だった仲間10名が先日秋の叙勲の栄に浴した。合同祝賀会発起人。

この会で一回に10名は珍しい。一人一人に蘇る事件。亡くなった人、体調不良で出席できない人もいた。それでも、出席者65名。そうそうたるメンバーが揃った。

JBKのコメント・メンバーの山猿さん、STストンさん、かたぶきさんも参加。

みんな元気だが中にはっきり衰えがわかる人もいた。そういう人は口が達者。

年一回この祝賀会か仲間の葬儀くらいしか顔を合わせることがなくなった。セレモニーが終ると、同じような話があちこちで始まった。

座っていると注がれる一方、途中から注ぎ役に徹した。

寒いと思って厚着をしていったのが祟った。自転車で坂道は汗ダクダク。何とか辿り着いた。

|

« 戦友のお通や | トップページ | 篠笛教室・老老介護の悲劇 »

コメント

叙勲祝賀会の発起人の御役目お疲れ様でした。私など若輩者で在りますが、昔一緒に星を追いかけた懐かしい方ばかり、会話をしなくても御顔を遠くから見ているだけで、思い出を語り合えました。いよいよ親父さんは来年に受賞。丈夫でボケずに健康維持に努めて下さい。

投稿: 山猿 | 2009年12月 6日 (日) 19時50分

本日は、祝賀会の発起人代表で、記念品贈呈者の任などをなされ、お忙しく、お疲れになった事と思います。
 お久しぶりに、お会いでき嬉しく、山猿さん、トロンさんら仲間で、昔話にあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 ブログを読み方専門(?)で失礼していますがお許しを!。有難うございました。
 
 

投稿: かたぶき | 2009年12月 6日 (日) 20時38分

 コロシ探偵仲間の叙勲祝賀会お疲れ様でした。 篠笛先輩のファンが多い会につきモテモテで大変だったことと思います。
 肝心の笛は、吹かれなかったのですか? 笛が出ないとなんとなくすっきりしないように思いますが・・・

投稿: ライス | 2009年12月 6日 (日) 22時03分

65名参加の叙勲祝賀会、素晴らしいですね。発起人が良かったのかも?お役目お疲れ様でした。

我が支店の受章者は8名、祝賀会は来る12日、参加者48名の予定です。

投稿: 竹 | 2009年12月 6日 (日) 22時05分

祝賀会にふさわしく お天気にも恵まれ充実した有意義な一日をお疲れ様でした。
虹の会はちょっとさびしく11名です。

投稿: ふくろう | 2009年12月 6日 (日) 22時09分

山猿さん
みんな元気だね。
俺なんぞマダマダだよ。
叙勲はあの世への通行手形だと言われているからね。
先ずは健康だね。
明日は篠笛の大先生の教室。扱かれてくるよ。

かたぶきさん
大勢の中でゆっくり話もできなかったね。でも顔を見ただけで元気でいることが分かった。

ライスさん
知らない顔はなく全員知っている人。
それぞれに色々の思い出が蘇りました。
ほら吹きを聞いてやるのも幹事の大切な仕事?と思いまして・・・。

竹さん
懐かしいメンバーが一杯集まりましたよ。
みんな元気でほら吹きは相変わらずほら吹きでした。(笑い)

ふくろうさん
虹の会も11名は寂しいですね。
探偵団は盛会でした。
昔の侍の勢揃いといったところでした。

投稿: お篠 | 2009年12月 6日 (日) 22時55分

今日はセミナーでした。パパは、レーザーの。わたしは、モチベーションの。あとは、急患。笛、荒城の月の二重奏に挑戦。仲良くしないとできない曲に、あえて挑む我が家です?

投稿: 藍弥生 | 2009年12月 6日 (日) 23時42分

そうそうたるメンバーの祝賀会、お疲れさまでした!殺し仲間、なんてスゴイね。篠笛さんのブログならでは!ですね。来年は篠笛さんの番?楽しみですね♪
今日は、ゆっくり疲れをとって下さいね(^.^)b

投稿: 撫子 | 2009年12月 6日 (日) 23時49分

藍ちゃん
「荒城の月の二重奏」に挑戦開始。えらいえらい。その調子。
二重奏は相手の音色顔色を聞いたり観たりしないと上手く会わないからね。夫婦和合の秘密兵器だね。
今度のシミドウ楽しみになった。

撫子さん
確かに凄いメンバーの集まりだった。年齢で決まるからまだ先の話だ。80歳くらいになると誰でももらえる?。
藍ちゃんのところ「荒城の月の二重奏」始めたらしいよ。撫子さんも始めようかね。
今日は大先生の教室だ。

投稿: お篠 | 2009年12月 7日 (月) 05時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戦友のお通や | トップページ | 篠笛教室・老老介護の悲劇 »