« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

想いのまま(梅)玄関へ移動・バアチャンのお供・「働き盛りのガン」

想いのまま(梅)玄関へ移動

棚の想いのままの蕾が振らんで来て可愛い花びらを覗かせてきた。そのまま外に置くのは勿体ない、玄関内へ移動。

この調子だと来週終わり頃には花を見せてくれそう。

この鉢は現役時代捜査本部事件の解決記念に求めた物。幹の太さは足首より太く、高さは40センチ。昔,通り掛かりの外国人が「ハウマッチ?」と欲しがった鉢。

毎年この時期知り合いの社長さんのところに貸し出ししていたが今年は元気がないので家でジックリ話し相手になってもらうことにした。

蕾で大きいのは豆粒大になってきた。朝夕噴霧器で軽く湿らせてやっている。

雪割り草

雪割り草の花がダンダン増えてきた。

バアチャンのお供

ハム子が篠笛収納の袋を編んでくれることになってY市へ付属小道具の買い物。バアチャンは先日寄った讃岐うどんが気に入ったようで、昼食は讃岐うどんにした。値段が安く、美味しかった。

「働き盛りのガン」

「働き盛りのガン」午後4時何気なくNHKにチャンネルを合わせると「児玉清司会で「働き盛りのガン」を放送していた。つい一時間付き合ってしまった。

「肺がん後三年」と宣告され「声が出なければ職場復帰は無理」と退職勧告の追い討ちを掛けられた昔が蘇った。

一時、見向きもしなかったのに、最近ガンものを見るようになった。この心境の変化には体調の変化が影響しているように思う。

誤魔化しは止めにして、この辺でもう一度真剣に対決すべきかもしれない。

| | コメント (10)

2010年1月30日 (土)

ガンノイローゼ対策・「ガンと上手く付き合うための10の道しるべ」

ガンノイローゼ対策

庭で雪割り草などと話をしていると、時々畑を覗いていく方が恐る恐る相談に来た。

「昨日郵便局で細かい通帳の書き換えを、テキパキやっておられるのを拝見しました。新聞で拝見したお年と病歴の方とは信じられないお姿。失礼とは思いますがつい、お元気の秘訣は?と伺いたくなったしまいました。

親しい友人が昨年がんの手術をした後落ち込んで散歩にも出なくなってしまい心配なんです。何かアドバイスお願いします」

ガンのしぶとさ、再発の不安を全く無視して生きているわけではない。クヨクヨしても仕方がないと,、ひたすら一日一日を大切に楽しく過ごそうと心掛けているだけのこと。

病状、性格、個性、宗教、周囲の環境など皆様々。こうすれば確実に悩みから脱却の道に繋がるかどうかは分からない。特効薬はない。

本人自ら生きようという気にならなければどんな名医の治療も効果は薄い。

合ったこともない、知らない人に余りきついことはいえない。かえって負担になってしまうこともある。

ブログを見ると前にも同じような質問を受け今回で4回目。

その際渡した「ガンと上手く付き合うための10の道しるべ」のコピーを差し上げ、「JBK友の会」を覗いてみるように勧めた。

ガンと上手く付き合うための10の道しるべ」(JBK友の会、2009120 ()

1 自分や周囲を責めるのはやめましょう

2 「がんイコール死」と思い込まないようにしましょう 

3 あなたのがんについての知識を集めて整理してみましょう

4 主治医とは納得できるまで話し合い、信頼関係を築きましょう

5 こころの中にあることを、周囲の親しい人にありのまま話して見ましょう

6 落ち込みが長く続く場合は、早めに専門的なこころのケアを受けましょう

7 あなたを支えてくれる人たちとのつながりを強くしましょう 。(患者会)

8 リラックスする方法を身に付けましょう

9 イヤなことは「イヤ」と断る勇気を持ちましょう

10 自分らしさを大切にがんと向き合いましょう

こうして書いたものを見てみると、簡単なようでなかなか難しい問題である。生を賜って死を免れた人はいない。一日一日を大切に悔いなく、「JBK」を全うされることを祈念。(負けてたまるか)

| | コメント (9)

2010年1月29日 (金)

動き出した庭の仲間たち・郵貯の書き換え・東海道新幹線架線切断不通・朝青龍暴行事件

動き出した庭の仲間たち

ちょっと寒気が緩んで庭の仲間たちが一斉に動き出した。風邪だなんていってはいられない。

「想いのまま(梅)」、ぼけ、雪割り草、桜草、カリンなどが花芽を膨らませてきた。

雪割り草は花の先生のところから戴いて来て花は始めてお目にかかるものが10鉢。どんな顔を見せるか楽しみ。

郵貯の書き換え

キャンペーンで今日までに書き換えると郵貯の金利が0,20パーセントアップするからとバアチャンに言われ朝一番で局に行って手続き。

書き換え必要通帳が何冊もあってそれぞれ印鑑が違ったりして一時間以上かかった。

東海道新幹線架線切断不通

東海道新幹線今日午後横浜市神奈川区内で架線切断により3時間以上不通となった。

朝青龍暴行事件

初場所中あった朝青龍暴行事件・被害者をウソの発表。大きな問題となっている。

| | コメント (12)

2010年1月28日 (木)

風の交差点に山猿さんの作品・明石歩道橋事故元警察署副署長起訴・篠笛個人教室

風の交差点に山猿さんの作品推薦

ハマ風と交流のある福岡の「南の風」の会員が選んだ5首のトップにわが山猿さんの歌が選ばれた。

井上房子選 山猿こと金川孝己作

へコんでちゃ

芽が出ない

賽子を見ろ

どこへ投げられても

必ず目を出すゾ

選者の感想コメント。今親父の死でへこんでいる最中。賽子を投げてみながら、なるほど、とその着眼点に感動。人生前向きに挑戦の日々を送る勇気を頂きました。

この歌で奮起される方があるのでは・・・。

山猿さんおめでとう。

明石歩道橋事故元警察署副署長起訴、検察審査会が議決

兵庫県明石市で死者11人を出した歩道橋事故(01年7月)で、神戸第2検察審査会は27日、神戸地検が不起訴とした県警明石署の榊和晄(さかき・かづあき)元副署長(62)=退職=を業務上過失致死傷罪で起訴すべきだと議決したと公表した。昨年5月の改正検察審査会法施行以降、検審が榊元副署長の起訴を求めるのは2回目。同法に基づき、全国初のケースとして今後、裁判所が指定した弁護士が榊元副署長を強制的に起訴することになる。

検察審査会

選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人の検察審査員が、一般国民を代表して検察官が被疑者(いわゆる容疑者)を裁判にかけなかったこと(不起訴処分)の善し悪しを審査することが主な仕事。

篠笛個人レッスン

気分も回復して個人レッスンに行く気になった。足元はふらつくようで今日は自転車は辞めにしてバス。

発表曲「竹の唄」の後、今日は撫子さんと二重奏の初練習日。「うさぎ」「ふるさと」の二重奏練習。

| | コメント (10)

2010年1月27日 (水)

ハマ風にコメント衆ぞろぞろ入選

ハマ風にコメント衆ぞろぞろ入選

五行歌誌ハマ風NO30号2010・2が送付されてきた。

今回はJBK友の会コメント衆がなんと6人も推薦歌に名を連ねていた。大勢なので選者の声は省略する。

松本希雲選 朱夏こと浅野征子 作

明け方のまどろみのなか

聞こえてくる梵鐘の音

ゆったりとながれる

その間合いのよさが

目ざめへといざなう

岡本まさ子選 ライスこと米沢節郎 作

利かない右手で

懸命に野菜を刻み

夕餉に出された

味噌汁の味

忘れない

岡本まさ子選  蓮村祥子 作

かるーい素材と

横文字ネーミング

ちょっと興味アリ の

あったかインナー

もうババシャツとは呼べないぞ!

岡本まさ子選 藍こと藍弥生 作

小さな

つむじ風が

吹いている

あなたが

気がつかないくらいの

鈴木春野選 篠笛こと 腰原常雄 作

追い抜いていった足音が

アッという間に

遠のいて行く

老いを

置き去りにして

鈴木春野選 撫子こと岡田幸子 作

真っ赤な夕陽を

背負った山が

ドンと来いよ

胸を貸す

入選された方おめでとうございました。JBKで作者のコメントをお待ちしております。

| | コメント (9)

2010年1月26日 (火)

国会予算委員会質疑・体調回復に向かう

国会予算委員会質疑

体調不良も合ってベッドで国会予算委員会質疑を聴いた。

くどいように繰り返される政治と金の問題では聴けば聞くほどあきれて情けなくなる。

政府側に攻められ方の体験不足が見受けられた。

「逮捕の要件」について法務大臣が二度も答弁していた。

関心事は大ボスの再度の事情聴取があるのか?そして逮捕があるのか?

体調回復に向かう

丸3日ベッドで過ごしたお蔭で大分よくなってきた。

相談事2件

| | コメント (12)

2010年1月25日 (月)

沖縄・名護市市長選挙、辺野古移設反対派新人が当選・Wクリニックへ・篠笛教室はお休み

沖縄・名護市市長選挙、辺野古移設反対派新人が当選

沖縄・名護市市長選挙、辺野古移設反対派が現市長を破って当選。沖縄はマスマス混迷。

Wクリニックへ

のどが痛み物を飲み込むのにも痛む。朝一番で順番取り。

月曜日とあって満員。

年寄りの風邪が流行っているらしい。終日ベッドで安静に勤める。

篠笛教室はお休み。

| | コメント (17)

2010年1月24日 (日)

花粉症?

花粉症?

花粉症?昨日家に帰ってから鼻水はたらたら、喉は痛む。兎に角調子が悪い。

体温は36度7分。パソコンの前に座る気力がない。

気温の変動が激しいせいで風邪に付け込まれたようだ。

風呂にも入らずひたすらベッドに身を預けた。喉がかすれて話も出来ない。

終日ゴロゴロ。大分治まってきた。こんな時は寝るに限る。

昼寝のし過ぎ夜が心配。

| | コメント (11)

2010年1月23日 (土)

小沢幹事長の参考人事情聴取・盗賊改め役仲間の叙勲祝い・カラオケボックスで篠笛練習

特捜部今日民主党小沢幹事長の参考人事情聴取

連日世間を騒がせている小沢幹事長の事情聴取が都内のホテルで行われた。あれだけ騒いだ後。どんな展開になるのか。

事情聴取の内容は今晩記者会見で発表することになっている。これからが見もの。

盗賊改め役仲間の叙勲祝い

インターナショナルコンチネンタル・ホテルで昔盗賊改めで汗を流した仲間3人の叙勲祝い。発起人。参加者34名。

元最高責任者のKさんも特別参加。

幹事から篠笛演奏の注文があって丁度ライスさん、ナンコーさんもいたので3人で荒城の月、さくらをを合奏。篠は千の風になってを。みんなが驚いていた。

カラオケボックスで篠笛練習

ライス、ナンコー、山猿の4人でライスさんの案内で関内のカラオケボックスで篠譜練習。

朝青龍優勝

| | コメント (9)

2010年1月22日 (金)

老夫婦が踏み切り事故死・逮捕の要件

老夫婦が踏み切り事故死

名古屋市内の名鉄踏切で近くに住む老夫婦が二人で病院に行った帰り事故死。

踏切内の落とし物を取りに戻った84歳の妻を助けようとした91歳の夫の二人が列車にはねられ事故死した。

夫は列車に向かって「待ってくれ」と叫んだと言う。なんともやりきれない痛ましい事故。

T

逮捕の要件」

国会中継を見ていた、政治に興味を待っている知人から「国会で不当逮捕だ、検察の横暴だなどと騒いでいるやからがいる」

「逮捕ってどういう仕組みかわからない。実際はどうなんだ?」と幾つか素朴な質問があった。ここで刑事訴訟法談義をするつもりはない。質問に応えたことを纏めてみた。

捜査はあくまで、任意捜査が原則だが任意では速やかに真実を明らかに出来ない時に逮捕が許される。

逮捕は、「現行犯逮捕」「緊急逮捕」「通常逮捕(逮捕令状による逮捕)」があって、それぞれ厳しい制約がある。

犯罪を犯せば何でもかんでも逮捕されるものではない。犯罪の事実を証明する証拠が必要。なお、厳しい逮捕の要件が定められている。

逮捕の要件として、「住所不定」「逃亡のおそれ」「証拠隠滅のおそれ」の3条件がある。

任意捜査であっても、「3回の呼び出し」に正当な理由なく応じない場合逮捕状が執行される。場合がある。

国会議員には国会開催中は国会の同意なしには逮捕されない「不逮捕特権」といのがある。

そこで、法務大臣の「指揮権発動」などによって逮捕要求が却下される場合もある。

総理大臣の発言が「検察に対する圧力だ」と追及されているわけだ。

国会開催中は逮捕されないとわかって、Oは呼び出しに応じる気になったのではないかと一部のマスコミは言っている。

まさかのまさかがあれば面白いのだがな。

今日の国会中継を見ていても追求する側に迫力がないのは寂しい。

| | コメント (9)

2010年1月21日 (木)

パソコン・ストライキ・国会中継・政治資金問題

パソコン・ストライキ・

突然パソコンが動かなくなってしまった。

アチコチとキーボードをたたいてみたが反応なし。

普段と変わっていると言えば、アイポットを充電するため接続したままになっていることに気がついた。

昨晩遅くに帰って外出中聞きっぱなしだったアイポットを充電するため接続した。

電源を切ってアイポットも切り離して最初から立ち上げてみると見事成功。この間約一時間。

改めて器械の取り扱いの難しさを教えられた。

国会中継・政治資金問題

NHK生中継。鳩山総理、小沢幹事長問題。

生ぬるい野党自民党野の追求は歯がゆいくて聞くに堪えない。

| | コメント (11)

2010年1月20日 (水)

五行歌・横浜水曜歌会・狸小路赤提灯新年会・日本航空経営破たん

五行歌・横浜水曜歌会

今日も何時ものメンバーの傑作になるほどと感心。

撫子さんが見事第2席入選。

撫子さんの入選歌

枯れたと思った

枝先に

小さな命たちが

ずら~り

待ってる春一番

撫子さんおめでとう。篠の提出歌は

断ち切れぬ

想いの

深さ

呼び覚ます

除夜の鐘  

遠くから聞こえてくる除夜の鐘に蘇る様々な想い。

懐かしさ、甘え、悔い・・・引き出しの中から次々蘇ってくる面影に語り掛ける。

お袋、親父、兄たち、戦友たち、ヒソカな想いのお相手・・・・忘れてはいけないもの、いやいや忘れようとしても忘れらない想い。

思えば生きてきた大事な宝物。そんな気持ちを詠ったつもりだった。点数は今一。

狸小路赤提灯新年会

山猿さんと、ライスさんと何時もの狸小路の赤提灯でささやかで豪華な新年会。色々話題が豊富で楽しいひと時。

日本航空経営破たん、

日本航空経営破たん、企業再生支援機構に日航再建が委ねられることとなった。

| | コメント (8)

2010年1月19日 (火)

回転すし・雪割り草の訪問

回転すし

「たまには外もいいわね」と言うバアチャンの一言で久しぶり近くの回転すし。

我が家の最高の贅沢。毛がにの味噌汁が美味しかった。

雪割り草の訪問

寒さの中毎日咲き続ける雪割り草が不憫で一鉢棚から部屋のパソコン横にへ移動させた。

話し相手になってもらうことにした。

去年花の先生のところからいただいてきた鉢も蕾を膨らませてきた。どんな花を咲かせてくれるのか楽しみ。

観察していると月見草とは違って日が落ちると花を閉じてしまう。寒さから花を守るのかもしれない。

そう言えば匂い春ランなども匂いを発散させるのは日中だけ。日没とともに匂わなくなる。花の世界知らないことがいっぱい。

| | コメント (9)

2010年1月18日 (月)

AC篠笛教室・コスモス(ガン患者会)

AC篠笛教室

今日はK先生。発表会の曲を一人ひとり丁寧に指導していただいた。

発表曲の竹の唄は途中から歩くから完全暗譜が必要条件と念を押された。

若い人は長い曲をいとも簡単に暗譜してくるから羨ましい限り。

年よりは年寄りのペースでジックリやっていくより仕方がなさそうだ。

コスモス(ガン患者会)

久しぶりコスモス定例会に顔を出してみた。

「どうして来なかったの?」と何人もの人から聞かれた。

昨年がんの手術をしたとい方、ガンを宣告されて死を覚悟したと言う方、と同席。

肺がん後三年といわれ35年生き続け、3年前新に前立腺がん発見。末期の4-D

余命2年を宣告されたがこうして生きている。と体験を元にした話に納得「来てよかった」と笑顔で帰られたのが印象的だった。

世話人代表のなっちゃんに「久しぶりだから」とマイクを向けられ調子に乗っておしゃべり。

他のグループで「患者会コスモスが続いているのは何故か」という話題に「世話人代表(なっちゃん)の功績」と結論出したそう。納得。

| | コメント (13)

2010年1月17日 (日)

区内OB新年会・焼酎の効用

区内OB新年会

区内居住のOB会。場所も料理も顔ぶれも同じだがこの一年千の風になられた人が 3人。

毒舌家だが愛嬌のあったF氏がその仲間に入ってしまったことは寂しい。

会員数170名。80歳以上が48名。出席者80名。最高齢者のM氏は91歳。

W支店長も出席みんなにお酌をして回っていた。これも辛い仕事?

焼酎の効用

今日配布された会報に書かれていたチョット耳寄りな話。

焼酎は麦、芋などを蒸留して造るから酒やビールなどのように、糖分が含まれていない。

その上脳梗塞などを引き起こす血管内の血栓を溶かす効果と善玉コレステロールを増やす効果があり、動脈硬化の予防にもなるららしい。

と言っても過ぎたるは及ばざるが如し。休肝日を作ってホドホドに適量を。と言う但し書きも付いていた。

明日はAC篠笛教室K先生

| | コメント (10)

2010年1月16日 (土)

民主党小沢幹事長の秘書ら3人逮捕・恵ちゃんBFのママさんと韓国旅行・けんた君入校挨拶

民主党小沢幹事長の秘書ら3人逮捕

 民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏の秘書だった石川知裕衆院議員ら3人が東京地検特捜部に逮捕された。

それでも小沢は居座るらしい。完全な開き直りにはあきれてものが言えない。

「政治とカネ」の問題の究明、巨悪の根源を明らかにしてもらいたい。

地検特捜部の徹底的な追撃を期待する。

頑張れ特捜。

恵ちゃんBFのママさんと韓国旅行

恵ちゃんがBFのママさんと韓国旅行に行ってきたといって、お土産を持ってきてくれた。

若い者がやることに驚く。

けんた君入校挨拶

けんた君見習い実習を終えて最後の仕上げで来週から再入校ということで挨拶に来た。

ピシッとスーツで身を固め立派。

スポーツセンター

スポーツセンターで両手を中心にジャグジー。O探偵も水中歩行に励んでいた。

布団干し

余りいい天気で布団干し。今晩はよく眠れそう。

相談1件

| | コメント (9)

2010年1月15日 (金)

サヤエンドウ開花・間寛平が前立腺がん

サヤエンドウ開花

季節はずれとも思える、サヤエンドウの花が咲き出した。

風を避けるように畑の生垣に添って秋口,種蒔きの時期を一ヶ月早く間違えてしまった。

大きい物は70センチほどにも延びて見事な棚になった。真っ白い花が寒風に揺れている。

道を通る人が「寒さに大丈夫なんですか?」と心配してくれている。

今更どうしようもない。ミツバチも飛んでこないから実の収穫は多分無理だろう。

花を楽しむだけでもよしとすることに諦めた。

厳しい寒気を乗り越えて、この状態で収穫できれば画期的。今後が楽しみ。

畑の水道は一日凍ったまま。仕方なくジョロで汲み置きの水を一鉢一鉢に水遣り。

間寛平が、前立腺がん

マラソンとヨットでの地球一周企画「アースマラソン」に挑戦中のお笑いタレント・間寛平が、前立腺がんにかかっていることを公式ブログで告白した。

今後はホルモン療法を行いながら、マラソンは継続するそうだ。

頑張れよ。

人生相談1件

| | コメント (12)

2010年1月14日 (木)

篠笛個人レッスン・オヤキの差し入れ

篠笛個人レッスン

発表曲「竹の唄」を中心に教えていただく。

今年初めての個人レッスン。

手の痺れは治まる様子さえ見せない。

自分で音色が悲鳴を上げているのが分かる。

左手の人差し指、中指、薬指の肝心の3指が思うように動かない。これでは難しい指打ちは無理。

大勢の生徒がいる教室では無理と悟らされた。先生は大丈夫と慰めてくれるが・・・・。自分が一番分かっている。

帰りマッサージ。余り上手ではなかった。

オヤキの差し入れ

このところ調子の悪いのが分かるらしくハム子がオヤキを沢山作って持ってきてくれた。囲炉裏の灰の中で焼いた本物ではなく蒸したオヤキだが味は野沢菜をいためたものでオフクロの味そのまま。お袋に合ったような気分になった。

そういえばハム子を昔田舎に連れて行ったとき、囲炉裏傍でオバアチャン(お袋)がオヤキを造るところをジーット見ていたっけ。

オヤキは先生にも持っていって差し上げた。オヤキは食べられたことがないそうだ。

ギックリ腰には冷えが大敵と腰がピッタリ包まるような毛糸のベストを作ってきてくれた。ありがたい。

大相撲・朝青龍敗れる。

| | コメント (11)

2010年1月13日 (水)

小沢関連箇所一斉家宅捜索・手の痺れ・突風被害

小沢関連箇所一斉家宅捜索

小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入に伴う会計処理を巡る問題で、東京地検特捜部は13日午後、政治資金規正法違反(不記載)容疑で陸山会や同党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=の議員会館事務所、ゼネコン大手の鹿島など関係先の家宅捜索を始めた

巨額の金の動きが不透明で、任意の事情聴取に応じない小沢幹事長に、いよいよ特捜部もやる気になったのか?。やった振りをして済ますのか?これから目が離せなくなった。

手の痺れ

寒さの到来とともに手の痺れが本格的になってきた。

篠笛の音色に響きがなくなってきたのが自分でも分かるようになった。ギックリ腰で腹筋に力が入らなかったせいではなかった。チョット憂鬱。

突風被害

突然の突風で鉢が3鉢も吹き飛ばされた。寒さの中新しい鉢に植え替え。

階段工事ようやく終了。

投資信託から勧誘がやってきてシツッコイ。

| | コメント (13)

2010年1月12日 (火)

讃岐うどん

讃岐うどん

バアチャンの買い物のお供でY市へハム子の運転。

旧厚木街道沿いの讃岐うどん屋の看板が目に付き、そこで昼食。美味しかった。

Y市もすっかり変って昔の面影はなくなってしまった。

Y市は結婚した時を含め、半世紀前7年間住んでいた町。

当時は畑ばかりで砂ホコリの町だった。

冷たい雨が降り続いたお蔭でゆっくり昼寝が出来た。

明日は篠笛個人レッスン。

| | コメント (13)

2010年1月11日 (月)

篠笛教室・野鳥の楽園

篠笛教室

AC横浜教室の始業式。

昨日階段工事で植木鉢を動かしたのが祟ったのかギックリ腰気味。

腹に力を入れると腰に響く。8,7などの高い音色が響きがないのは自分で分かっていた。

流石は先生「今日はおかしいね」と指摘された。

今日から3月の発表会の練習に入る。

みんなそれぞれ難しい曲に挑戦している。

出場希望者が多く両日とも80人を超すらしい。

有志で昼食。Yさんは和服で参加。Oさんは首が痛むとのこと。肩がコチコチに張っていた。少しマッサージをしてやった。

野鳥の楽園

開発が進んで家の周りに野山が少なくなった。

庭に遊びに来るヒヨドリ、メジロ、はと、からす・・・など野鳥が多くなった。カラスが来るとメジロなどは逃げていってしまう。

カラスはブロッコリーの葉の味が分かったらしく頻繁にやってくる。案山子も効き目がない。仕方なくブロッコリーのところだけネットを張った。

| | コメント (11)

2010年1月10日 (日)

和ちゃん成人式・「二本の木」

和ちゃん成人式

明日和ちゃんが成人式。「二十歳なるから一緒にお酒が飲めるね。」去年から耳にたこが出来るくらい聞かされていた。何か欲しい物があって今日買いに行くらしい。バアチャンと連名でお祝いをあげた。

貸衣装やさんで着物と袴を借りて記念写真を撮るらしい。友達はみんなもう済ませてしまったらしい。今度都合が付いた時一緒に行くことになった。

3月篠笛発表会のとき運転・カメラマンをしてくれることを約束。

「二本の木」

昨晩NHKで9時から、二本の木を見た。最期は静かな山の中の土に帰り、二人並んで二本の木に変身すること夢見ていたようだ。土に帰って木に変身することは至難の道。と教えてくれた。

あらすじ

がんは、いつ、誰を襲うかわからない。妻(千緒)が小細胞がんに、そして7か月後には夫(爽)が胃がんを宣告された。
 この作品は、NHKのドキュメンタリー・ディレクターだった小沢爽さんが生前残した手記と膨大な日記、息子たち(北太郎、冬平)が夫妻を記録した写真や映像を基に、互いにがんと戦いながらその存在を確かめ合った、命と愛の記録を綴ったドキュメンタリー。
 二人は戦友として励まし合い、互いを慈しみ、息子や孫に愛情を注ぎながら、その生命を噛み締めたのだった。享年、爽71、千緒65。」

お互いガンを支え合いともに生きた夫婦の輝ける命の日々、いたわりの愛・・・。

Iちゃんのお父さんが入った聖路加病院の緩和ケアー病棟が舞台だったこともより身近なものと感じた。

最期24時間睡眠の点滴を承諾した妻、それを看取る夫との会話。本当の別れの辛さ。

病の進行と加齢による体力の低下。幾つか思い当たるところがあった。人事とではない。尊厳死、直角死、JBKを改めて考え直した。

JBKは最高の贅沢。なまじのことではこれを達成することは厳しい道だと悟らされた。

前を向いて歩くより仕方がない。

| | コメント (13)

2010年1月 9日 (土)

雪割り草一輪開花・スポーツセンター

雪割り草一輪開花

雪割り草は例年花を見せるのは寒に入ってからだったが、陽気の変動のせいか、連日の寒さをものともせず一輪開花。

汚れを知らない小さな花がほころび「後から仲間が付いてくるから待っていてね」と挨拶。

なんとも可愛い。

正月早々気になることがあって滅入っていたのを見透かしたように咲いてくれた。

人の心が分かるのかもしれない。

人の心は一瞬にして変るが裏切ることを知らない草花の世界に癒される。

「掛けた情けは水に流せ。受けた恩は心に刻め」

ある先輩のそんな言葉を思い起こすようなことに遭遇。寂しい。

スポーツセンター

久しぶりでスポーツセンターで汗を流す。O探偵も黙々と水中歩行をしていた。

何時ものお決まりのコースで1時間。

| | コメント (13)

2010年1月 8日 (金)

鶴ヶ峰「篠笛を楽しみま専科・外階段修理

鶴ヶ峰「篠笛を楽しみま専科」

今日新しい人が増えた。二人(Oさん、Aさん)。見学者一人(昔の仲間のHさん)。なかなかの盛況。新しい仲間が増えていくのは嬉しい。

音出し、さくら、上を向いて歩こう。

各人お得意の歌を吹いてもらった。駄目ですと言いながらみんな家で練習していることを音色が教えてくれた。

撫子さんは教科書のほとんどを練習していたのには驚き。

次回は2月5日

外階段修理

外階段が何箇所か割れてみっともないので修理を頼んだ。表面のコンクリートが浮き上がって全部剥がしてやりないしてもらった。3日掛かりの大工事。

植木の好きな人らしかったので紅白の桃の挿し木を差し上げる。

よくコメントを書き込んでくれる仲間がここのところ音沙汰ないのが心配で電話した。元気で忙しかったとのことで一安心。

| | コメント (13)

2010年1月 7日 (木)

シミドウ篠笛教室・マッサージ

シミドウ篠笛教室・

今年初練習。今日はI画伯、梅ちゃんが久しぶり参加で何時ものメンバーを加えて総勢7人。盛況。

お正月休みそれぞれ練習してきた成果を聞かせてもらった。

一人ひとりの音出しは緊張してしまうのかやや微妙な音色が出てくる人もいた。でもみんな真剣なのがいい。

暮れに譜面を配布した「上を向いて歩こう」みんな練習してことが分かって嬉しかった。中には完全に暗譜して来た人もいた。「1」と「7」の音に苦労しているよう。

この歌は笛を吹いていると自然に聞いている人たち歌いだすらしい。こっちも、マゴマゴしていられなくなった。

練習を終ってからそれぞれが持ち寄ったお菓子などで新年会。和やかでこの雰囲気がなんとも言えない。

今年は「前を向いて歩けそう」な気がしてきた。

マッサージ

帰り西口の行きつけのところでマッサージ。かなり楽になった。

明日は鶴ヶ峰で「篠笛を楽しみま専科」新しい人が二人、見学が一人。忙しくなってきた。

| | コメント (10)

2010年1月 6日 (水)

ガンに負けない賢い患者になるための心得

ガンに負けない賢い患者になるための心得.(三浦猛書「泌尿器科のがんがわかる本」四海書房)

外は寒いし庭には出られない。暇を持て余して本棚にあった三浦主治医が書いた「泌尿器科のがんがわかる本」を拾い読みした。その中で『賢い患者の心得 10ヵ条』が目に留った。同じようなことは以前何度かここでも取り上げているが、なかなかいいことが書いてある。JBKにも深い係わり合いがあることで先生にも了解をえてあるので紹介するにした。

賢い患者の心得⑩か条(厚生労働省で定めたもの)

1 伝えたいことはメモして準備

2 対話の始まりは挨拶から

3 よい関係つくりはあなたにも責任が

4 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報

5 これからの見通しを聞きましょう

6 その後の変化も伝える努力を

7 大事なことはメモをとって確認

8 納得できないことは何度でも質問を

9 医療にも不確実なことや限界がある

10 治療法を決めるのはあなたです

三浦医師はさらに次のことを加えている。

11 悪い情報でも聞く覚悟をする

12 自分の病状についてどこまで知りたいか、自分の意志を伝える

13 これまで得た情報から、医師に自分なりの考えを伝える

14 ガンは、簡単には治らない。「一生の病気」であることを理解する

15 できるだけ家族と一緒に医師の話を聞く

16 セカンドオピニオンの制度を正しく理解する

そして、病理確定診断の後、次のことを知っておいて欲しいと付け加えている。

17 これからも主治医と良好な信頼関係を保ち続ける努力をする

18 これからも悪い情報を聞く覚悟をする

19 医師に自分の意思を伝え続ける

・今後どう生きたいか

        後どのくらい生きたいか

        最期をどこで過ごしたいか

20 自分のガンが、治りやすいがん、治りにくいがん、共存するガンのどこのタイプかを理解する

21 常に正しい必要な情報を得る努力をする

22 ガンにならない努力をする。(禁煙。栄養過多は禁物。体重を増やさない)

23 健康食品など、新しい未知の治療法に過度の期待をしない。

24 セカンドオピニオン、病院の地域連携室等を活用する。

25 残された時間を有意義に過ごす

26 医療はチーム医療であることを理解する、

三浦主治医が書いた「泌尿器科のがんがわかる本」はGセンター売店でも売っている。好評で間もなく売り切れるらしい。

Gセンター診察日

問診と注射、処方箋のみ。

今年初めての診察日、混雑を予想して早目に自転車を飛ばした。820分病院着。それでも待合室の椅子は80パーセントが埋まっていた。

暮れに千の風になったS戦友の主治医だった。

三浦医師が在宅看護となった戦友を診ていた。亡くなる前夜訪問しておむつ交換までしたと言う話をお通やで聞いた。遺族が感激していた。と伝えた。

O先生、W相談室長のところに挨拶。,

| | コメント (17)

2010年1月 5日 (火)

ボースン

ボースン

「ボースン、おひさしぶりです。Hです。年賀状出したんですが、住居表示が変わったので配達できないと返ってきてしまいましたので、電話しました。」懐かしい声だった。

「ボースン」と呼ばれるのは半世紀ぶり。

H氏は昭和35年、篠が昇任して赴任したK署で一緒に仕事をした仲間。小柄だが温厚で署内の人望を集めていた。柔道が強く背負いが得意で道場では他を寄せ付けなかった。一緒に仕事をしたのは半年間だけだった。でもそれ以来年賀状のやり取りは続いていた。

「ボースン」英語・フランス語で「船では絶対的な権力者甲板長」の意。船乗りの間ではボースンは畏敬の念を持って呼ばれている。

普通探偵長、デカ長と呼ばれていたが、ミナト横浜では昔からデカ部屋を仕切る古参の巡査部長を「ボースン」と呼んでいた。

横浜駅東口近くには「ボースン」と言う居酒屋もある。

篠がデカになった頃はまだデカ部屋は畳の部屋で近衛騎兵隊上がりのデカ長が部屋の中央の欅の座机の前にどっかと座っていた。署内でもデカ長は特別扱いで警察署長も一目置いていた。このデカ長にデカのイロハを扱かれ・叩き込まれた。

「ボースン」と呼ばれ半世紀前が蘇った。

泥棒が逃げ込んだ後を追って山狩りに行き、捕まえてきたマムシを焼いて食べたのもあの頃だった。

NHK関係の取材

西口で高島屋まで待ち合わせ約2時間取材を受けたが、取材対象の話には合わないような風だった。終ってからのフカヒレラーメンは気に入ってもらえたようだ。

| | コメント (16)

2010年1月 4日 (月)

家族新年会

家族新年会

三悠会副会長の世話で伊勢佐木町の行き付けの中華で家族新年会。

去年もここだった。店は2fでエレベーターがなくてバアチャンは難色気味だったが正月休みのところが多くここに決まった。

和ちゃん、恵ちゃんはお年玉が楽しみ。社会人になった恵みちゃんにはやるのはおかしい。と言う意見?があったがとりあえず今年は形だけでもと言うところに落ち着いた。和ちゃんは今晩から友達とスキーと言うことで、別口カンパ。

恵ちゃんからオバアチャンは「お年玉」を貰って気持ちが嬉しいと大喜び。

お年玉の話しをするとここだけの話。今年は去年病気しなかったご褒美の意味でばあちゃんのお年玉を少し値上げした。

正直なバアチャン「去年より多いよ?」と驚いていた。余りいいニュースがなかったが。さやかな我が家の明るいニュース。

サア「前を向いて歩こう」

| | コメント (16)

2010年1月 3日 (日)

箱根駅伝・東洋大総合優勝・認知症の妻殺害80歳夫逮捕

箱根駅伝・東洋大総合優勝

今日もいい天気でタスキに命を掛ける選手たちは悔いのない闘いが出来た。

途中転倒があったり運命のいたずらはあったが、東洋大が昨日の箱根山登りでの貯金を生かして総合優勝。天晴れ。

認知症の妻殺害80歳夫逮捕

和歌山で重度の認知症の妻(73歳)の首を絞めて殺害したとして80歳の夫が自首逮捕された。

正月早々から、色々考えさせられる、やりきれない事件。JBKは難しい。

| | コメント (11)

2010年1月 2日 (土)

箱根駅伝観戦しながら年賀状の整理

箱根駅伝観戦しながら年賀状の整理

雲ひとつない日本晴れ。富士山もクッキリ駅伝日和。

今年もどっさり届けられた年賀状。

どうしても出さなかった方から貰ってしまう。特別やることがある訳ではない。朝から箱根駅伝のテレビを見ながら年賀状・住所録の整理。

年賀状の数は「後三年」と言われ手術・声を失った時は受け取った年賀状の数が激減した。それを思うと感慨一塩。

中に「今年でこの種の物は辞めたいと思う」と言うのが二枚あった。縁切り状だ。

それはそれでいいだろう。さっそく削除した。

同居人(ガンタロウ)も時々存在感を示そうとするが何とか落ち着いている。

今年のスローガン「前を向いて歩こうよ」で同居人は無視して前向きに歩くことにした。

箱根駅伝は去年に引き続いて東洋大がアンカーの驚異的な走りで往路優勝。

| | コメント (10)

2010年1月 1日 (金)

新年ご挨拶

新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願い申し上げます。

今年のスローガン

「前を向いて歩こう」

| | コメント (16)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »