« 和ちゃんの土産・バアチャン篠笛教室に入門 | トップページ | 死別の悲しみとそのケア講演会 »

2010年2月 8日 (月)

AC篠笛教室・和ちゃんのバイト先訪問・コスモス定例会

AC篠笛教室

発表曲の練習。みんなよく練習している。

竹の唄を歩きながら吹く練習。ちょっと体調が充分ではないがそんなことは言っていられない。

暗譜ももう一息。暗譜がしっかりできていないと全体的におかしくなっていく。もう一踏ん張り。

和ちゃんのバイト先

和ちゃんのバイト先ABCマートを覗く。レインシューズが欲しかったがいいのがなくて普段履きを一足新調。和ちゃんすっかり店員さんらしくなって選んでくれた。

コスモス定例会

前回のことと20日の打ち合わせをするということで参加。

同じブースに喉頭がんで声を失ったという80歳台のご夫婦がいた。

声を失った苦しみはよく分かる。奥さんが代弁するが、急所は筆談用の道具を持っていて器用に使っていた。

胃にも転移があるらしいが手術をするかどうか迷っておられるようだった。丁度ブースにそんな悩みの経験者がいて色々体験を語っていた。

喋れなくなってからパソコンを習い始めたということで「JBK友の会」を覗くように話す。

奥さんが優しい方ですっかり甘えている様子。

この前落ち込んでいたSさん見違えるような笑顔で参加していた。「この前ここに来てつきものが落ちた感じです」と別人のような明るい笑顔で話しかけてきた。

出席者から「篠笛でさくらを」と注文があってさくら、と荒城の月を吹いた。

O先生に挨拶。

|

« 和ちゃんの土産・バアチャン篠笛教室に入門 | トップページ | 死別の悲しみとそのケア講演会 »

コメント

いつも出掛けに「余計なことをペラペラしゃべるんじゃあないのよ」と拙妻から忠告を置けていますが、声を失われた方のことを思うと、申し訳ないと反省します。

投稿: 山猿 | 2010年2月 8日 (月) 20時21分

歩きながら篠笛を吹く大変さが伝わってきます。

投稿: アルキメデス | 2010年2月 8日 (月) 20時48分

厳しい一日一日を過ごしておられる方々を、改めて心に刻んでいます。
少しぐらいの不調で落ち込むなんて申し訳なし。「負けてたまるか」の精神を忘れずに。

明日は暖かくなりそうですね。

投稿: 竹 | 2010年2月 8日 (月) 21時49分

ご夫婦で練習はいいですね~。すぐ上達されますね。私も今日、教室に行き、4人での合奏の練習。暗譜が今一つなので緊張!

投稿: 梅 | 2010年2月 8日 (月) 22時07分

山猿さん
手術直後のことを思い出してしまった。
もがき苦しんだときのことを話すと。何度もうなずき話の途中で握手を求められた。
JBKへコメントが届くのが楽しみ。
また、前回落ち込んでいて一言話すのにも涙で話していた人が
「この前お話を伺って、考え方転換して楽になりました。またこうしてお会いできて、笛まで聞かせていただきまた元気をいただきました」
別人かと思う見違えるような笑顔で話しかけてくれた。
今日は顔を出してよかった。

アルキメデスさん
何をするのも大変です。
でもそれを乗り越えた時の喜びを味わえるのは最高です。

竹さん
深刻な状態で悩んでいる人も、先輩の体験談を聴いて、それまで見せなかった笑顔が戻ってくる。
「こんな笑顔久しぶりです。きてよかった」
と喜んでくださる家族の笑顔に救われる。
お互い歩んできた厳しい道。
ここまで生きてきたんだから余り欲をかかないことにして一日一日を楽しく生きている。患者会だから自分の体験をとして語るから説得力がある。相手の心にスーッと入っていくのだと思う。

梅ちゃん
お久しぶりだね。発表会トップバッターだね。
暗譜はお互い大変だよね。でも頑張ろう。

投稿: お篠 | 2010年2月 8日 (月) 23時09分

 今日は、CTの結果が出る日で、女房同伴で病院へ行ってきました。不吉な予感がして、女房が、キリスト教徒でもあるまいに、半分冗談だが、十字を切る。私も、お付き合いで十字を切ってみた。
 診察室に呼ばれてから、担当医と助手が、パソコンを見ている。いつもなら、すぐにカーテンが開かれて呼ばれるのに、二人でぼそぼそ話している。
 「もしや、もしや」と、女房と顔を見合わせて首をかしげているうちに、呼ばれて担当医の前の椅子に座った。一呼吸おいて「CTの結果は異常なしでした」
 「早く言わんか」と言いたかったが、結果オーライというものだろう。
 長男は、冗談ばかり言っている夫婦が何となく緊張していたらしく、「今度こそ転移か」と心配して勤めに出たらしい。
 皆さんが時に経験していることを経験してきました。疲れたな。

投稿: 異風坊 | 2010年2月 8日 (月) 23時34分

篠笛さんのお話で勇気をもらった方は、数えきれないのでは・・・これからも、沢山の元気を下さいね!
今日、「る・ぴあの」の佐藤シェフのお誕生会に行って来ました。師匠の名代で「アメージング・グレース」を吹いてきました♪楽譜を貰いたてで、へたっぴいだったけど、心を込めて吹いてきたよ(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2010年2月 8日 (月) 23時39分

鎌田實さんの「言葉で治療する」朝日新聞社版1200円+税、とっても中身が濃い本で、医師・看護師・獣医師・動物看護師・・・医療関係の人、みんなに読んでもらいたいなあ。

投稿: 藍弥生 | 2010年2月 8日 (月) 23時43分

 和ちゃんも頑張っていますね。 アルバイト先での接待実に頼もしそうで羨ましい限りです。

 コスモスの会、参加の皆さんの逞しい生き様が伝わってまいります。 20日の笛は、心を込めて一生懸命吹こうと思っております。

投稿: ライス | 2010年2月 8日 (月) 23時45分

篠笛さん、今日はコスモスでお目にかかれてうれしかったです。篠笛演奏も心に沁みました。手順が悪くて2月20日のミーテイングがすぐに始められなくて、失礼しました。篠笛さんからパワーをもらって、帰って行かれた方々の笑顔が忘れられません。また参加してくださいね。

投稿: なっちゃん | 2010年2月 8日 (月) 23時49分

今夜は「る・ぴあの」でお目にかかれなくて残念でした。さっちゃんが篠笛さんのぶんまでがんばってたよ。

投稿: JACKのママ | 2010年2月 9日 (火) 01時09分


異風坊さん
よかったね。ドキドキする気持ち痛いほどほどよく分かるよ。
程度の差はあっても俺はああした思いを35年間続けているんだよ。
検査結果を聞くときは何時でも「再発・転移」が心を過ぎる。
デモさ、奥さんが一緒で心強いね。羨ましいよ。大事にしてね。
今度の会食には是非奥さんご一緒でね。

撫子さん
ご苦労様でした。新しい曲に挑戦とは流石わが弟子。
今度聞かせてね。真直ぐ・・・・た。
同じことを健常者が言うと棘があったりして受け付けない。患者には患者しか分からない微妙なところがあるんだよね。
長生きしている意義がそこにあるような気がする。
暗譜もしなくっちゃね。

ライスさん
患者会の雰囲気は他所とは違っている。経験者が自分の体験として喋るから説得力がある。

藍ちゃん
活躍しているね。
藍ちゃんのブログ見たり話を聞いていると自然に元気が湧いてくるよ。
風邪引かないように頑張ってね。太りすぎも要注意。

なっちゃん
お世話になりました。何人かの方が来た時と帰るときでは別人のような笑顔で出て行ってよかったと思いました。

JACのママさん
お会いできなくて残念でした。
コスモスに私を訪ねてくださる方がおられるらしいとの情報で,やむなく「ルピアノ」は不義理をしてしまいました。
愛弟子が頑張ってくれたようで安心しました。

投稿: お篠 | 2010年2月 9日 (火) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和ちゃんの土産・バアチャン篠笛教室に入門 | トップページ | 死別の悲しみとそのケア講演会 »