« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

花の先生たちと懇親会

花の先生たちと懇親会

毎年ウチョウランや雪割り草など難しい山野草を培養して分けてくれるNさんと車で送り迎えをしてくれるKさんと西口で夕食を共にしながら花の培養教室。

ビールを呑みながら育て方のコツを教わる。最後は愛情と言うことで落ち着いた。

頂いてくる時は元気一杯なのに一年経つとほとんどが跡形もなく消えてしまう。一番考えれるのは「環境」かと思う。

かろうじてイワヒバと寄せ植えした物が約60パーセント年を越している。

先生は車庫の上の10畳くらいを植木たち専用に使い。部屋の3方から扇風機を回転させ換気に勤め。

種類ごとに名札を付け籠に納め、大き目の水槽に薄めの肥糧を入れたところに篭ごとつけて葉っぱには水や肥糧がかからないように工夫している。最初からお姫様育ちだ。

「貰ってくださる方がいるから張り合いが出てくるんです。貰っていただくのも人助けだと思ってください」

「私だってこれまでになるまで試行錯誤何年もかかりましたよ。根気・研究心、愛情ですかね」

人のいいNさんは笑いながら話す。

そろそろウチョウランの花に季節。今年もまたまたお伺いすることになった。

| | コメント (7)

2010年5月30日 (日)

いきいき語りと篠笛の会・奇跡の再会・カーテンコール・社民党連立離脱

いきいき語りと篠笛の会

「語り部ボランティア(わ)の会」主催の語り部の会から篠笛出演の依頼があって有志が出演。

日時 5月30日 午後1時30分から

会場 鶴ヶ峰ケアープラザ

出演 「語り部サロン」「篠笛を楽しみま専科」

「篠笛を楽しみま専科」では

山猿さん(はまちとり)撫子さん(アカトンボ)ライスさん(中国地方の子守唄)篠笛(江戸子守唄)それに梅ちゃん、フナちゃんが加わって全員で荒城の月、さくらを合奏。

みんなが知っている曲をという要望に応えたのがよかった。

曲に合わせて皆さんが歌を口ずさんでいい雰囲気だった。

奇跡の再会

控え室で打ち合わせをしていると、「あの節は大変お世話になりました。誰だか分かりますか?」大きな声をあげながら飛び込んできた女性。名前を呼ばれても相手の名前は分からない。

名前を聞いて思い出した。コスモスで一緒だったTさんの奥さんだった。Tさんは再発再発で入退院を繰り返した後、緩和病棟に入所され、亡くなられて3年にもなる。

奥さんは今「語り部の会の世話人代表をされているという。不思議な再会。

Tさんは「ガンには負けない」と病棟から点滴棒を押しながらもコスモスに顔を出し何時も明るく前向きな話でみんなに元気を与えてくれていた。

緩和病棟に入所してから何回かお見舞いに行った。

庭の花を一輪楊枝立てに入れて持っていくと喜んでくれた。

面会の後は必ず、苦しい中を長文のコメントをくれた。今もこのPCに生きている。

亡くなられてからご家族とはお会いする機会はなかった。

篠笛が取り持つ奇跡の再会だった。

カーテンコール

珍しくカーテンコールがあった。

カーテンコールを受けてTさんを想い「千の風になって」を心を込めて吹いた。

これも皆さんが一緒に口ずさんでくださった。Tさんもどこかで聞いていてくれたに違いない。

ハンカチを使っている方もいて感激。

生ビールで乾杯

帰り駅前の行きつけの店で生で乾杯。みんなもいい勉強になったと大喜び。

別の会から篠笛演奏の依頼があった。

社民党連立離脱。

| | コメント (15)

2010年5月29日 (土)

区内OB会総会・異常気象「寒い」

区内OB会総会。

顔を出さないと噂話の中で殺されてしまうような気がして出席。

会員175名、出席者73名。

借り切りの二階は、座敷席とテーブル席に分かられている。テーブル席は3卓、女性席、役員席、もう一つが来賓とシルバー席。去年からシルバー席に案内されるようになった。

来賓は地元のトップ。煩い姑が一杯で気を遣っていた。.

知っている顔と少し話をして早目に引き上げる。

小雨になっていた。送ってくれようとする人がいたが自転車。

異常気象「寒い」

バアチャンは「チョッキでも着たほうがいいよ」と気を遣ってくれるが、冬物は全部クリーニング屋に出してしまった。

人間は着る物で調節できるが庭の植物はそうはいかない。キュウリなんかは実を付けたまま動きもしない。

| | コメント (10)

2010年5月28日 (金)

植木相談5件・福島党首・消費者等担当大臣罷免

植木相談5件

穏やかな天気で庭作業をしていると次から次来客。

老人会の会長は畑の作物が気になるらしい。モロッコインゲンができたら差し上げる約束。

月見草が咲いたという報告が多かった。「孫が不思議がって絵日記に書いている」と言う嬉しいニュースから増やし方など。いまや月見草は近所でも評判になった。

ただ咲くだけでなく夕方純白に咲いて夜明けまでにピンクに変身して終わるという不思議な花の運命が人気の秘密のようだ。

去年偶然種がイワヒバの鉢に飛んで芽を出して、イワヒバの緑の中に顔を出して咲く姿はなんとも言えない。

この間の注射以来チョット狂ってしまった体調も花と話していると元気が戻ってくるから不思議。

今日は花たちに元気を一杯貰った。

福島党首・消費者等担当大臣罷免

政府ガタガタ。沖縄基地問題で政府案に反対し署名しなかった社民党福島党首消費者等担当大臣を鳩山総理は罷免。

社民党との連立はどうなる?

| | コメント (12)

2010年5月27日 (木)

シミド篠笛教室・狸小路・黄色の孔雀サボテン開花

シミド篠笛教室。

昨日の注射以来体調がおかしくなったままだがシミド教室の日、さぼる訳にはいかない。

駅で撫子さん山猿さんと待ち合わせ。

入院中だったナンコーさんも今日退院で、我々がシミドに到着した時退院の挨拶電話が入っていたところ。

元気になってよかった。来月からは練習に参加するらしい。

音出しから始めてさくら、新しく譜面を頂いた「知床旅情」「七つの子」を全員で吹いてみる。

藍ちゃん夫婦9月に北海道で同窓会があるから丁度いいと率先して、知床旅情の練習に取り掛かる。結構歌に聞こえた。

山猿さん、撫子さんも30日に備えて練習した歌を披露。

狸小路

藍ちゃんたちはスイス旅行の準備。

3人で帰りなんとなく狸小路行きに話が纏まった。二階の隅の特等席に陣取って一杯。杏酒が美味しかった。

隣に柔道の有名のI選手の同級生がいて握手。

黄色の孔雀サボテン開花

信州の姉の所から嫁入りして来た黄色の孔雀サボテンが開花。

去年白と黄色は珍しいからと大勢の方から注文を受けて差し芽をして見た。

天候不順のせいか差し芽をして日が浅いせいかみんな花芽のつきが悪い。そんな中で黄色の鉢だけは別格。10センチから15センチの蕾をいくつも付けてくれた。

昨日嵐襲来の予報に驚き家の中に取り込んだ。

昨夜から咲き出して一斉に5輪も見事な大きな花を咲かせてくれた。

花は月下美人と違って3日は楽しめる。白と赤は遅れている。

| | コメント (9)

2010年5月26日 (水)

英司君」の命日・照明灯・Gセンター診察日

英司君」の命日

今日は25年前亡くなられた、浦舟町路上強盗殺人事件の被害者勇気ある大学生「英司君」の命日。

この事件は路上強盗を目撃した大学生が犯人を追跡して捕まえ、浦舟町交番前で刺し殺された痛ましいい事件。

捜査一課長として捜査に従事した。いつまで経っても忘れられない、忘れてはならない事件。

この事件は「路上に散った正義」として東京都の中学校の社会科の教科書にも取り上げられた。

照明灯

神奈川新聞が今日「照明灯」で25年前のこの事件を記事にしてくださった。

記事を見て英司君のお墓参りを思い立ったが、注射の副作用かこれまでにない強い発作に襲われ断念した。

英司君の家に電話。お父さんの後お母さんに代わった。ご両親と話すことができた。

事件以来しばらく続けてお墓参りも、お宅にお尋ねすることが忘れようとしておられることを思い出し、お二人には辛いことではないかと思い止めていた。

お二人ともお元気だが年を取られた。それでも「あなたはどうですか」と私のことを気遣ってくださった。

体調が戻ってきたらお尋ねして篠笛を聞いていただくこと。

お父さんは囲碁の3段だそうで行って教えていただく約束をした。

25年経っても事件を風化してはならないといい記事にしてくださったF記者に敬意と感謝。

世の中みんな他人のことを思いやる心をなくしてしまっている。そんな中で正義のために尊い命をなげうった勇気ある英司君のご冥福を祈りながら千の風になってを吹奉。

Gセンター診察日

相変わらずの混雑。

「見つかったガンは、たちの悪い奴だったが、治療経過は順調。直に78歳になるね」

「いよいよ賞味期限切れですね」

「来年になってもう一度入院して検査して様子をみる。」

「先生お嬢さんの結婚式泣きませんでしたか」

「うん、チョットウルウル。」

「来年はお爺ちゃんですね。」

「そうなればいいね」

「来月は採血だから時間がかかるよ」

注射を打って、先日A社に3面トップで書かれた相談室S室長のところに表敬訪問。

O先生に挨拶。奥さんの篠笛が歌になってきたと喜んでおられた。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

雨上がりの庭

雨上がりの庭

長雨が上がった庭に出ると先ずイワヒバが生き生きとした姿で迎えてくれる。

冬眠から覚め切らないのか、何となく元気がなかったイワヒバ。散々水を掛けてもご機嫌が悪かった。そんなイワヒバが雨に打たれてしゃんと姿勢をただし生まれ変わったよう。

根元に植えつけたウチョウランが身をちじめて居候の辛さを訴えている。

イワヒバの古い下葉を少し整理してやる。

イワヒバの鉢の隅に月見草の種が飛ん根付き夕べ雨の中咲いて待っていたくれたのだろう、ピンクに変身してうなだれイワヒバの緑の上に身を投げかけている。

太宰治に見せてやりたいような、なんともいえない風情。

伸びた雑草も目に付いた物からピンセットで根を残さないように抜いていく。これが結構な仕事。

花が終わったセッコクの植え替え。10年以上も植え替えをしていなかった。根が複雑に絡み合って大変。

相談3件。

| | コメント (9)

2010年5月24日 (月)

ハマ風NO32=2010-6にコメント衆3人入選

ハマ風NO32=2010-6にコメント衆3人入選

ハマ風NO32=2010-6を手にして驚いた。JBK友の会コメント衆が3人も入選している他、JBK友の会関連ニュースが満載。

入選の3首

松本希雲選 桑原耐子(ふくろう)作

百人一首の一枚札を

空覚えで詠う

笑顔の母を

五行歌に

残しておきたい

岡本まさ子(ルピナス)選 山碧木 星(アルキメデス)作

きょうは、ざっと

こんなところです。

筑紫さんを真似ながら

仕事と春をたたんで

一日を終える

岡本まさ子選 鈴木春野(遥彼方)作

38年前

TVのリモコン代わりに

私を使った夫

今 私の一声で

買物に行く

春野さんは「ハマ風」の選者としてご活躍されてこられがご両親の介護のため今回から選者をお辞めになられた。

悔いのない親孝行に励んでください。ご苦労様でした。

篠笛が好きな8首

68ページの「私の好きな8首」欄には篠笛が(31号)から選んだ8首が搭載されている。

篠笛の音色に心奪われて

103ページには,3月7日横浜能楽堂で開催された篠笛発表会の模様を「篠笛の音色に心奪われて」と題して、蓮村祥子さん(dolce )が詳しく伝えてくださっている。

「ガンと共に歩む時代を迎えて」

また同じページに田中きみさんが3月13日ピーコさんの「ガンと共に歩む時代を迎えて」の講演に私もシンポジストとして参加したときの模様を載せてくださっている。

山猿さん相鉄賞受賞ニュース

112ページには過日ここでも紹介した金川孝己さん(山猿)の川柳が相鉄賞を受賞されたニュース搭載。

| | コメント (9)

2010年5月23日 (日)

五行歌朗読会

五行歌朗読会

鎌倉芸術館でハマ風五行歌朗読会。申し込み参加者48名。

見学者の中に新聞を見てきたという方も何人かおられた。

元鑑識の仲間の「逗子のママさん」が忙しいところを来て下さった。

声もこの声だしあまり気が進まないが篠笛演奏を頼まれている関係で断るわけには行かない。

朗読が終って、ハーモニカ、ピアノ、篠笛、の演奏。

篠笛は「青葉の笛」「竹の唄」吹く前に若干のスピーチ。これが案外よかったようだ。新聞を見てきたと言う方が帰り掛けに「篠笛さんの生き方に賛同」と係りの人にわざわざ言い残して行ったらしい。

席が偶然にもコメントの「ころすけ」さんのお母さんの隣だった。

朗読はそれぞれ自分の好きな歌3首を朗読。その他、方言五行歌、リレー五行歌など楽しい一日だった。

二次会はお断りして真直ぐ帰宅。

篠が朗読した歌は最近ブログにも搭載した歌。

ジジ・ババ長生きしてよね と

孫がアルバイトで稼いで

成人式祝いのお返し

涙で受け取った

日帰り温泉招待

眠れないの

それはね

お月様の

話し相手に

選ばれたのよ

3 

このごろよく眠られるようになった

好きな人に

あの世で再会できると

教えてくれて

ありがとう

即興リレー五行歌課題は「恋文」篠はトップバッター。

臆病だったのか

純情だったのか

ただひたすら想うだけ

胸に眠る

恋の文

| | コメント (12)

2010年5月22日 (土)

庭の仲間たち・夏野菜

庭の仲間たち

雨上がりで元気になってきた草花。

朝から外に出っ放し。ズーット咲き誇っていたセッコクやタツナミ草、車輪梅の花が終わりに近ついててきた。

代わりにウチョウランの花芽が大きく膨らんできた。

中にはウチョウランの先生が交配して育てた新種も入っている。

この世で始めて見せる花。どんな花を咲かせるか今から楽しみ。

夏野菜

きゅうりは花を咲かせ始めた。

ナスは動き始めたが少し時間がかかる。

モロッコインゲンは早いものは支柱に絡み始めた。

ミニトマトも花芽をつけてきた。

枝豆が少し元気がない。

植木相談3件

明日12時30分からは鎌倉芸術館で五行歌朗読会。合間で篠笛を2曲「青葉の笛」「竹の唄」を吹くことになっている。入場無料。どなたでも入場可。

生憎雨らしい。

| | コメント (11)

2010年5月21日 (金)

真夏日・イワヒバ付ウチョウラン・水色シランのお嫁入り・小沢氏を再び不起訴処分

真夏日

朝から好天気で真夏日のよう。

出そうか出すまいか迷っていた冬物を全部纏めてクリーニング店に運ぶ。

冬物が纏まるとクリーニング代もバカにならない。

イワヒバ付ウチョウラン

昨日の雨でイワヒバに寄せ植えのうチョウランが活気付いてきた。

何故だか分からないが同じように植えつけたものでも全く芽を出してこないものもある。この原因が分かればウチョウランの大家になれるかもしれない。

花が楽しみ。

水色シランのお嫁入り

朝、新聞を取りに出てみると玄関先に「水色のシラン」の鉢植えが置かれていた。

毎朝犬の散歩で顔を合わせるご婦人に先日山紫陽花の花芽付を二鉢差し上げた。そのとき「お宅には水色のシランがないですね」と念を押された。ピンク系のシランは畑に一杯咲いているが水色は珍しい。

きっとあのご婦人が持ってきてくれに違いない。犬の名前は「ルウ」ちゃん。奥さんの名前も家も分からない朝一番で起きて犬の散歩の時お礼を言うより仕方がない。

月見草が一杯咲いてくれた。

小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部

 民主党の小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は21日、小沢氏を再び嫌疑不十分で不起訴処分とした。

小沢氏は再び不起訴となったものの、検審の再審査で「起訴すべきだ」と議決されれば、東京地裁指定の弁護士に強制起訴される。

検審の再審査に期待しよう。

| | コメント (9)

2010年5月20日 (木)

篠笛個人レッスン・インテリーヤクザさんとの懇親会

篠笛個人レッスン

雨で自転車は乗れない。

始めは、いよいよ迫ってきた五行歌朗読会(23日)に備え「青葉の笛」「竹の唄」を中心に指導していただく。

新しく頂いた譜面で同期のさくら、知床旅情。

撫子さんと、七つの子、ウサギ、故郷、夕焼け小焼け、赤トンボ二重奏。

インテリーヤクザさんとの懇親会

夕方桜木町Wホテルで、朗読歌会の記事搭載にお骨入りいただいた方々と五行歌の先生方を交えた懇親会。

K紙のTさん、M紙のMさん、A紙のTさん皆さん,昔の付き合いを忘れないでお忙しい中を都合付けて来て下さった。ありがたいこと。

退職して22年も経つのに、こんな集まりは珍しいこと例がないと仰ってくださった。ことが印象に残った。大事にしていきたい。

ハマ風からはKさん、Oさん、Aさん。

話題は多岐に渉り時間はあっという間に過ぎた。

篠笛を持っていたので折角だかと、「青葉の笛」「知床旅情、ふるさと、千の風になってなどをご披露。

K紙のTさん篠笛に挑戦の決意を固めた模様。楽しい仲間がまた増えた。

| | コメント (10)

2010年5月19日 (水)

五行歌横浜水曜歌会2席・狸小路で乾杯

五行歌横浜水曜歌会・第2席

おかしな歌を出してしまって気が重いまま出席。

ところが驚くなかれ見事第2席入選。

今日の歌は仲間のお通夜の風景。歌にしてはならない素材のような気がする。

本来重い素材をユーモアーを交えて結んでいると皆さんが評価してくださったようだ。

同点2席にアルキメデスさん、3席に山猿さんと今晩もJBK仲間が活躍。

第2席篠笛作

仲間のお通や 

くたびれた

顔ぶれが集まり

この次は誰だろう・・・

己を抜きに 人定め

同点2席アルキメデスさん作

カーテンに映る影は

風に愛撫された

新緑の歓び

五月劇場は

なかなかのもの

第3席山猿さん作

小さく小さく切って

柔らかく柔らかく煮た

亡母好物の

大根と蒟蒻

母の日、仏壇に供える

狸小路で乾杯

終ってから例によって山猿さんらと狸小路赤提灯で軽く乾杯。

明日は篠笛個人レッスン。その後インテリヤクザさんたちと夕食会。

| | コメント (8)

2010年5月18日 (火)

裏方さんの送別会

裏方さんの送別会

長い間裏方さんとして苦労されてきたFさんが退職。

桜木町Wホテルで仲間有志が集まって送別会。

お世話になった懐かしいデカさんが集まった。

遠く福島からわざわざ参加してくれた人もいて話は盛り上がった。参加者15名。

ライスさんも出席して各人の近況報告の後、「中国地方の子守唄」を篠は要望を受けて「荒城の月」「江戸子守唄」ライスさんと二人で「さくら」を吹いた。

ライスさんの進歩にみんなが驚いていた。

尺八をやっている人がいて次回塩爺の叙勲祝いには尺八と合奏を約束した。楽しい会だった。

| | コメント (7)

2010年5月17日 (月)

小田原漁港へ買出し・植木相談3件

小田原漁港へ買出し

バアチャンがTVで新鮮な獲りたての魚を売っているし、美味しい料理が安く食べられる。と言い出してハム子の運転で小田原港へ。

干物専門店で干物をいっぱい買い込んだ。早速今晩はキンキの干物。これで当分干物が続くようだ。

車のナンバーを見ると、あちこち遠方から買出しに来ているようだ。

植木相談3件

朝、犬の散歩の人に山紫陽花の挿し木で花芽の付いた物を差し上げる。

関連で植え替えなど幾つかの相談。

五行歌横浜歌会出席歌送信

五行歌横浜歌会出席歌送信。送信してからよせばよかった。と、後悔している。

| | コメント (13)

2010年5月16日 (日)

雅会日本画展・ナンコーさん見舞う・信州の山菜

雅会日本画展

藍ちゃん、撫子さんから雅会日本画展の案内状を頂いた。

会場 千代田区一番町いきいきプラザー

出展者 市橋画伯のお弟子さん、藍ちゃん夫婦、撫子さん・・・・。

山猿さんと相談して、講師の市橋画伯と、藍ちゃん夫婦、撫子さんの絵も展示されていると聞けば行かない訳にはいかない。

横浜で待ち合わせて慣れない電車の乗り継ぎ。

時間早く行き過ぎた感じ。展示完了までチョット待つ。

画伯の富士山の絵は素敵だった。

藍ちゃん、院長、撫子さん干支の寅を書いて展示されていた。

みんなの集合写真に山猿さんと二人納まった。

藍ちゃん夫婦にお茶をご馳走になって、東京駅まで一緒。

ナンコーさん見舞う

山猿さんの提案で帰り入院中のナンコーさんを見舞う。

リハビリの効果があって元気を取り戻し27日には退院と決まったそうでよかった。

かえり7Fから1Fの玄関まで送ってくれた。

この際タバコを止めることにしたようだ。

信州の山菜

安曇野の姪からタラの芽、蕗の薹、山ワサビ、うど、コゴミ・・など珍しい山菜を送ってもらった。懐かしい故郷の味を堪能する。

| | コメント (9)

2010年5月15日 (土)

畑の整理・バアチャンの薬取り

畑の整理

去年の暮れから散々楽しませてくれたブロッコリーは流石に疲れた感じ。

虫もつき始めた。思い切って全部引っこ抜いた。後に枝豆を蒔いてみた。

サヤエンドウもお仕舞の様子。これも全部整理。

支柱はそのまま追肥をしてモロッコインゲンを蒔いた。

畑はすっかり新しく入れ替わった。

ついでに伸びすぎた花桃の枝の切り落とし。ゴミ袋閉めて7袋

通りすがりの人が興味深気に覗いていく。

今日はよく働いた。いい汗をかいた。

バアチャンの薬取り

バアチャンの薬が切れてもらってきてくれと言う頼み。聞かないわけには行かない。

自転車も新しくなったことだし承諾。

自民党青木幹夫参議院議員入院

自民党参議院のボス、青木幹夫参議院議員脳梗塞で倒れ入院。政界引退を表明したらしい。75歳。

| | コメント (10)

2010年5月14日 (金)

こころちゃん命日・神奈川新聞湘南版に朗読会の記事登載

こころちゃん命日

今日はこころちゃんの命日。

こころちゃんはJBK友の会のコメント会(月見草の会)を立ち上げてくれた人。

一万件のコメントの中にこころちゃんのコメントも含まれている。

Gセンターの主治医から「これ以上の治療は無理」と看放された。

「後三年といわれ30年以上も生きている奇跡を分けて頂戴」と、奇跡のオンナを目指し漢方医療を受けたりして踏ん張っていた。

ある日何も言わずに「千の風になって」の「CD」を送ってきた。(これが別れの挨拶だったのか)

リビングウイルで無駄な延命処置を拒絶。奇跡と遭遇することなく「いい人から順」を立証するように千の風になった、こころちゃん。

思えばこころちゃんが計画したJBK友の会のコメント会開催日がこころちゃんのお通夜と重なった。

こころちゃんの計画だからとコメント会を実施し、コメント会が終わってから有志でお通やに駆けつけた。

遺言で篠笛を所望され告別式で弔辞の後篠笛を吹奉した。

最近ではこころちゃんの噂話をする人も少なくなった。

電動自転車で自然の森公園に赴き心を込めて「千の風になって」を吹いた。

今夜は雲が厚く月の出は望めそうもない。庭では月見草がこころちゃんを偲ぶように一杯咲いている。

神奈川新聞湘南版に朗読会の記事登載

今朝ルピナスさんから神奈川新聞湘南版に朗読会の記事が登載されたと連絡を頂いた。

T取締役のご配慮によるもの。TさんにおれいのTL.

有難うございました。

| | コメント (9)

2010年5月13日 (木)

JBK友の会コメント数1万件突破

JBK友の会コメント数1万件突破。

昨日コメント数がついに一万件を突破した。今現在の管理室の数値を見ると

記事数  1、334件

コメント数  10,008件

アクセス総数 201,932件

一日平均アクセス数 165,98件

まさに驚くべき数値。皆さんの温かいご声援の賜物以外の何もでもない。

有難うございました。

1万件を一つの区切りとも考えていましたが、眼の方も後10年と保障されましたので、皆さんのお言葉に甘えてもう少し続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

一万件突破祝賀会はこの感激の興奮が冷めない内に実施しようと思います。

その節はまたよろしくお願いいたします。

| | コメント (14)

2010年5月12日 (水)

毎日新聞に五行歌朗読会のことが登載・視野検査・新しくなった電動自転車

毎日新聞に23日の五行歌朗読会のことが登載

今日付けの毎日新聞24面文化版かながわ遊ナビ欄に第7回五行歌朗読会開催が搭載された。

休憩時間に篠笛演奏もあると気を遣って書き込んでくれている。M支局長さんのご好意に感謝。

Mさん有難うございました。

視野検査

視野検査結果「眼圧は落ち着いてきたが視野は左右とも少し悪くなっている。後10年は大丈夫だがこれ以上進行するようだと薬を強くしなければならない」そんなことで余りいい話ではない。

バアチャンに話すと「パソコンのやり過ぎだよ」と一言で切り捨てられてお仕舞。

新しくなった電動自転車

先日注文してあった電動自転車入荷の通知を受けて眼科の帰り寄って受領。

試運転を兼ねて町内を一周。12万円掛けただけ坂道は少しは楽になった。

お古は恵ちゃんゆき。

| | コメント (9)

2010年5月11日 (火)

篠笛の新しい仲間・57年前のデカ仲間

篠笛の新しい仲間

ルピナスさんのお友達で西条市のコメント名「ころすけ」さん。

ルピナスさんの笛の音に魅せられ仲間に入りたいと希望があった。早速伝承企画さんに笛と教科書を送っていただくように手配をした。

いつの日にか西条市へ出張稽古なんてこともあるかもしれない。

楽しみが増えた。

57年前のデカ仲間

昭和29年春朝鮮戦争のあおりで日本中が慌ただしく変化し揺れ動く中。デカに選ばれた。経験、しきたりを尊重するこの世界では異例のことだった。

デカ部屋はまだ畳の部屋だった。ホッチキスもなく新米デカは朝早く出勤して当直デカの布団を挙げて、掃除、お茶汲み、コヨリよりが大事な仕事だった。

まだ課長制度はなく「司法主任」と呼ばれる警部補がデカのトップで別室に難しい顔で座っていた。

畳のデカ部屋の中央には大きな座机があって、近衛騎兵隊上がりといわれる「デカ長」が睨みを利かせて全てを仕切っていた。

その後警察法が改正され令状警部と言う名前の課長がやっていきた。デカ上がりでの警部が少なく経験もなく生意気だけが売り物の警部が階級を振りかざし威張っていた。

そんな当時苦労を共にした仲間が一年一度、T市の料亭Tに集まって昔話をする集い。

千の風になった人、体調不良で出席できない人も居て集まったのは 7人。

相変わらず昔話に花を咲かせる。思い思い喋る合間に割って入るのは困難。

一区切り付いたところで、夕焼け小焼け、故郷、さくら、荒城の月、千の風になって。請われるまま続けて吹いてお仕舞。

| | コメント (14)

2010年5月10日 (月)

生垣の補修・月見草・柔道の谷亮子が民主党から立候補を表明

生垣の補修

上の畑の生垣のモッコクが一本立ち枯れて生垣に穴が開いてしまった。

枯れた木を根元近くで切って別の木を植え直した。20年になるのにどうして枯れたのか分からない。

幹の太さは15センチくらい。硬い木で切り倒すのに汗ダクダク。

半日仕事。

月見草

夕方月見草が4輪作業の出来具合を見届けるように咲いてくれた。

山撫子が異リンピンクの可愛い花を咲かせた。

柔道の谷亮子が民主党から立候補を表明

柔道女子の五輪金メダリストの谷亮子氏(34)は10日、民主党の小沢一郎幹事長とともに記者会見し、夏の参院選比例代表に立候補する意向を正式に表明した

サッカー日本代表メンバー発表

Y銀行支店長挨拶

| | コメント (9)

2010年5月 9日 (日)

母の日・モロッコインゲン芽出し

母の日

母の日、母の日とバアチャンがうるさい。

和ちゃんが知っているY市のお好みやに出向いてバーちゃん、ハム子の合同母の日会。

お好み焼き屋は始めて、和ちゃんは常連らしく手際よく注文し、焼いて分配してくれた。

珍しい味で色々の物を注文して大勢で分け合って食べるのが面白い。

高校生らしいグループが居たり結構混んでいた。店はかなり広いが客が多く順番待ちの行列ができていた。

モロッコインゲン芽だし

先日種蒔きしたモロッコインゲンが芽を出してきた。

鳩やヒヨドリたちに食べられないように網で防護。

朝一番で、ハム子と植木の用土・肥糧などを買出しに行く。

ハム子のところはヒヨドリが頻繁に来るので、枝豆は家で芽出しをしてから移植することにした。

今日も結構忙しい一日だった。

相談2件。

| | コメント (12)

2010年5月 8日 (土)

鑑識裏方さんたちと昼食会・新しい花の仲間の嫁入り

鑑識裏方さんたちと昼食会

現職時代お世話になった鑑識の裏方さんたち(10人)と昼食会。

鑑識は捜査の裏方さん的存在そのまた裏方さんたち。「昔は大きな声で怖くて話も余りできなかった・・・」そんな話を聞かされながら楽しいひと時だった。

年期が入っている竹さん、Kさんの詩吟は聞き応えがあった。

女性軍は懐かしい歌を合唱。

帰る途中クリニックのW先生、と、Uさんに声を掛けられる。

新しい花の仲間の嫁入り

昨日山猿さんから「姫ワタスゲソウ」を頂いた。これまで見たこともない綿の穂が飛んでいるような珍しい花。

大事に育てよう。

垣根の一部にある車輪梅が純白の花を咲かせ道行く人の足を止めている。

| | コメント (9)

2010年5月 7日 (金)

篠笛を楽しみま専科・語りべの会から篠笛演奏依頼・看護の日および看護週間記念講演会参加

篠笛を楽しみま専科

鶴ヶ峰ケアプラザーで「篠笛を楽しみま専科」

欠席者多く参加者8名。

練習中に語りべの会から篠笛演奏の依頼があった。各人発表曲を披露。突然のことだったがそれぞれ持ち味を生かしていた。

語りべの会から篠笛演奏依頼

語りべの会から5月30日開催される、語りべの合間に篠笛を何曲か吹いてくれと言う正式な申し込み。

時間は20分くらいとかそれぞれ一曲ずつソロで吹いてもらうことになった。

篠笛演奏を頼まれるようになったことは喜ばしい限り。

全員でさくら、荒城の月

(船頭小唄)(中国地方の子守唄)(アカトンボ)(青葉の笛)(江戸子守唄)

看護の日および看護週間記念講演会参加

時間が少しあって昨日に引き続いてマッサージ。

午後2時から二俣川サンハートで開催された、看護の日および看護週間記念講演会。講演者3人が皆知っている人なので顔を出してみた。

ガンとの共存の難しいことを改めて知った。

シンポジュームでよせばいいのに質問。

雨が降っていてタクシー。

| | コメント (14)

2010年5月 6日 (木)

ガンから学ぼう・看護の日および看護習慣記念講演会の開催

看護の日および看護習慣記念講演会の開催

明日午後2時から二俣川サンハートで下記により、看護の日および看護習慣記念講演会が開催される。(入場無料)

「ガン」から学ぼう!

看護の日および看護習慣記念講演会の開催

ガン体験者・ガン専門病院が伝えたい 生きるヒント

開催日時 5月7日(金)午後2時から(1時30分開場)

会場 旭区民文化センター・サンハート(二俣川ライフ5階)

出演者 ガン体験者 円道 幸男  細谷 直美

神奈川県立ガンセンター看護局長 渡邉 真理

主催 神奈川県立ガンセンター

共催 財団法人 かながわ健康財団

| | コメント (9)

篠笛個人レッスン・セッコク植え替え・三浦小町

篠笛個人レッスン

連休ボケで練習は余りしてない。

練習不足は直ぐ見破られてしまった。第一,音色に響きがないのが自分でも分かった。

青葉の笛、竹の唄、故郷、夕焼け小焼け、ウサギ、知床旅情、・・・など。

撫子さんが来てから少し二重奏。

手の痺れが音色に影響しているのが分かるようになった。

庭に今咲いている花を写真に写して二人に見てもらう。

どうしても思い出せなかった花の名前は「白・八重のカラマツソウ」だった。

肩こりが酷いようで帰り西友3Fでマッサージ。マッサージ師が肩こりの酷さに驚いていた。

セッコク植え替え

庭の隅に放置の状態で忘れていたセッコク。

匂いセッコクが見事に咲いて呼んでいた。仲間の鉢は何年も植え替えをしていない根詰まりで一部枯れているところがあった。

鉢から取り出してみると根と根が絡み合って水をやっても下まで浸透しない状態。

絡み合っている根をピンセットで丁寧にほぐして一鉢を3鉢にしてやった。

細かい作業で肩が凝った。

三浦小町

セッコクの仲間で「三浦小町」薄いピンクの可愛い花。

三浦市で育った物で美智子皇后様が結婚された時三浦市の有志が献上し、美智子皇后様が大変喜ばれたと言う由緒ある花。

地元の支店長をしていた友人が株分けしたのを持ってきてくれた。

2年ばかりは花を咲かせなかったが場所に慣れたのか可愛い花を咲かせてくれている。

皇居の庭でも同じ花が咲いていると思うと感慨深い。

相談3件

| | コメント (7)

2010年5月 5日 (水)

ライラックの花の香り・リラの花の花言葉・初恋の感激・ムベの剪定・こどもの日

ライラックの花の香り・ムベの剪定

道路掃除をしているとどこからか漂ってくる懐かしい香り。見上げると石垣の上から道路に延び出している「ライラック」の花が満開だった。

ライラックの上に覆いかぶさるような格好でムベのつるが延びていた。

早速ムベのつる切りに掛かった。ムベは花はソロソロ終りだがまだのこっているものもある。つるは5メートルの石垣の上のフェンスを乗り越えて伸びていて切り落とすのに大変。

ゴミ袋に3つ。ライラックの香りに励まされながらいい運動になった。

リラの花の花言葉・初恋の感激・

「ライラック」別名「リラ」

花言葉 初恋の感激、青春の喜び、若き日の思い出

古今東西の作家に愛されてきた花。太宰治は「思い出」の中でライラックの木の下でファーストキスをするシーッを書いている。

こどもの日

5,5―こどもの日

国民の祝日に関する法律によると、

5月5日はこどもの日。 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。となっている。連休の中に埋もれ本来の意義が忘れ去られてしまっている。

近くのお団子やさんで柏餅を売っている。美味しいと評判で遠方からも買いに来る人が多い。朝から行列ができ、家の方まで繋がってムベの剪定の邪魔になるほど。

| | コメント (10)

2010年5月 4日 (火)

信州の味届く・孫達とデイト

信州の味届く

先日田舎のお墓参りに行ったが、同級生の行為で車に待っていただいた関係でお墓参りを済ませて、実家には顔を見せただけでお茶も飲まなかった。

嫂はそれを気にして、タラの芽、山ワサビ、山ウド、フキノトウ、ホウレン草など珍しい山菜を一杯送ってくれた。

オフクロからありがとうという意味だと感謝。

孫達とデイト

連休唯一最大の篠のイベント。

恵ちゃん、BF,和ちゃんたちと高島屋の前で待ち合わせて、楽しいお買い物。三悠会副会長さん主催で行きつけのおすし屋さんで楽しい夕食会。

恵ちゃんは色々パーティー用のドレスなどを買ってもらってご機嫌。

お寿司も美味しかった。バアチャンにお土産一折。

| | コメント (10)

2010年5月 3日 (月)

憲法記念日・パソコン教室へ・強風に体調も狂う?

憲法記念日

5月3日今日は「日本国憲法の施行(194753日)を記念し、国の成長を期する」趣旨の国民の祝日。同日が施行日となったのは、46年(昭和21113日の明治節を公布日とし、半年の準備期間を置いたため。 ...

パソコン教室へ

ノートパソコン・バイオを新調したが使い勝手が複雑?恵ちゃん和ちゃんに見てもらったがインターネットが繋がらない。

ヨドバシカメラのサービスコーナーに赴く。

専門の職員が1時間掛かってようやく接続できるようになった。

原因はモバイルがウインドウ7に対応できなかった。

器械ものの機能が多過ぎるのも善し悪し?

これで、使いこなせば旅行も入院もOK.

強風に体調も狂う?

強い風で畑に植え付けたばかりの苗木たちが萎れている。朝昼晩とタップリ水撒く。

気温の変動が激しいせいか体調もチョットおかしくなった。手のしびれ、発作の回数が増えたような気がする。

| | コメント (7)

2010年5月 2日 (日)

ピンクの鈴蘭開花・筍の差し入れ・スポーツセンター・植木相談3件

ピンクの鈴蘭開花

信州の姉のところから嫁入りしてきた「ピンクの鈴蘭」嫁いで来て何年も花を咲かせなかったがようやく開花した。

一つの鈴の大きさはやや小ぶりだが俯いて咲く薄いピンクの花はなんとも愛らしい。

家によく来る山野草愛好家の人が、早速株分けをしてくれと申し込んできた。

筍の差し入れ

ハム子がご近所から筍を沢山頂いたからと筍料理を作って持ってきてくれた。

旬のものは美味しい。

スポーツセンター

畑作業で疲れた。スポーツセンターのジャグジーで30分、水中歩行30分。連休のせいか空いていた。

植木相談3件

相談と言うより貰い手が主眼のようだった。山紫陽花、月見草を差し上げ帰って頂く。

| | コメント (9)

2010年5月 1日 (土)

バアチャンの買い物お供・薬買い忘れ

バアチャンの買い物お供

大型連休でどこもかしこも混雑らしい。天候にめぐまれてじっとしていられない。

庭作業に精を出していると、バアチャンがハム子の運転で農協へ野菜の買いだしに行くと言う。お供。

農協の野菜売り場は長い行列。待っているうちに人の話を聞いて、あれもこれもと買い足していく、女心?

庭で夏の植物の苗の特売をやっていた。なす、キュウリの接木苗、ミニトマト、枝豆

などを仕入れる。

午後はその植え付け。昨日耕してあって手間が省けた。

狭い畑はもう何も植えるところがなくなった。

薬買い忘れ

先日Gセンターで貰った処方箋、激しい雨で薬屋に行くのを辞めにして忘れていた。

処方箋の期限は今日まで、慌てていき付けの薬局に行ったが休み。自転車を飛ばして隣町の薬局へ。初めてなのに急いでて保険証を持っていかなかった。いろいろ言われたが後日もって行くことで薬を出してもらった。

処方箋に期限があることを知った。

| | コメント (8)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »