« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

入院4日目

今日で入院4日目。CT検査の結果、胸水がたまりやすいため常時取り除くための針を埋め込む手術をした。38度を超したため座薬を入れてもらった。そのおかげで熱も下がった。

山猿さんがまた様子を見に来てくれた。ついでにハム子とかっちゃんも来てくれ、また代筆しています。

藍ちゃんが本を送ってくれた。

相変わらず食欲は無し。体重は68キロに落ちた。肺の運動を促進するボールも二つ上がった。

今は頑張るよりしかたない。お見舞いは一切おことわり致します。お世話になります。

負けてたまるか

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

今日で入院3日目

今日で入院3日目。38度近い熱が続いていたが座薬いれて平熱に戻った。便秘も解消した。

血液検査2回、レントゲン検査の結果は芳しいものではなかった。医師が三回も来て説明をしてくれた。MRIをする方向らしい。

それで、この分だと入院はちょっと長いかもという話しだった。

今日はハム子とかっちゃんが見舞いに来てくれ、かっちゃんがパソコンを見てくれ代筆しています。

久しぶりに雨が降って、植木達もたっぷり水を貰って生き返ったことだろう。

明日からまた検査だ。頑張ろう。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

入院後

緊急入院には参った。まさか即入院とは思わなかった。担当のO先生はレントゲン写真と検査データを見て、もう即入院と決めた。入院して胸水を多量に抜いてもらった。色が赤く染まっているのを見て、首をかしげた。抜いた胸水を検査して結果が出るのに一週間かかる。それまでは入院。入院する時の悪い予感が的中した。

ノートパソコンを持ってきたけど、しばらく使わなかったから、言うことを聞かない。コメントも公開しようと思ってもできない。ですので、当分コメントのコメント返しも当分はできない。今日、山猿さんと撫子さんが突然見えて、東戸塚のライブハウスの篠笛演奏が成功だった旨をを話してくれる。夕方、めぐちゃんとハム子が見舞いに来てくれて、めぐちゃんにパソコンを見てもらい代筆してもらった。大助かり。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

緊急入院

緊急入院

K病院で検査結果緊急検査入院と決まった。

悪い予感があたった感じ。

ノートパソコンの調子もみないまま入院なのでしばらくブログもお別れすかもしれません。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

便秘と胸痛・枝豆収穫

便秘と胸痛

,3日便秘気味で気分が優れない。左胸部に強い痛みが走る。初めての経験。便秘がこんなに辛いとは・・・・。

左胸部の痛みは尋常ではない。響いて痰も切れない。

朝一番で行きつけのクリニックへ。レントゲン、心電図など丁寧に診てくださった。

「左肺に少し異常が見られる。専門のK病院で精密検査を受けましょう。と紹介状を書いてくれた。

明日朝一番でK病院に行くことになった。

嫌な予感がする。

枝豆収穫

枝豆は一度収穫してしまうとそれで終わり。

実が大きくなった物を選んで収穫。

モロッコインゲンは追肥を与えるとまた実をならせる。

| | コメント (13)

2010年7月25日 (日)

神奈川新聞「照明灯」に篠笛の記事が・出会い・枝豆・モロッコインゲン評判

神奈川新聞「照明灯」に篠笛の記事が

大きな事件事故がなければ7月27日(火曜日)の神奈川新聞「照明灯」に先日取材を受けた記事を載せてもらうことになった。

どんな内容か楽しみ。

出会い

人生は出会いだといわれる。

篠もガン太郎との出会いで人生が180度変わった。

どんなことであっても、一つの出会いを大切にしたい。

だがなかなか難しい。

枝豆・モロッコインゲン評判

ハム子がおじいちゃんのところの枝豆・モロッコインゲンは美味しい。子供たちももりもり食べている。他のところの物は食べられない。そんなことを言いながら採っていった。

「家じゃまだ一回しか食べていないよ」バアチャンの牽制球が厳しい。

畑が空いてきた明日は自家用のを収穫しよう。

| | コメント (9)

2010年7月24日 (土)

恵ちゃんとデイト・庭の芝刈り・東戸塚駅は改札口は一個

恵ちゃんとデイト

久しぶりお誘いがあった。

本人希望で狸小路の赤提灯。コラーゲンの補給らしい。

先日バーゲンで買い物を済ませた後らしく今日は大物の買い物はなく大助かり。

庭の芝刈り

芝は月一回は刈ってやるのが習わしだった。風邪をこじらせ、このところの猛暑で手が出せないでいた。涼しい内に思い切って腰を上げる。汗ダクダク形だけは刈り取った。やりだせば次から次とやることが出てくる。

汗が流れるようになって作業中止。

東戸塚駅は改札口は一個

藍ちゃんがファックスで知らせてくれた。

| | コメント (9)

2010年7月23日 (金)

ライムハウス・東戸塚で篠笛演奏・ハム子からおやきの差し入れ

ライムハウス・東戸塚で篠笛演奏

先日紹介した「語り部の会」のTさんからの依頼で「篠笛を楽しみま専科」有志で伺うことになった。

日時 7月28日

水曜日午前10時30分から約1時間(10時集合)

場所 戸塚区川上町1352-1ライムハウス東戸塚

参加者「篠笛を楽しみま専科」の有志。現在までに申し込みのあった方、山猿さん、撫子さん、ライスさん、ナンコーさん、篠笛

これまでにも申し込みあった曲

七つの子、浜千鳥、知床旅情、アカトンボ、お江戸日本橋、数え歌、通うりゃんせ、祇園小唄、五木の子守唄、荒城の月、さくら、千の風になって、江戸子守唄、・・・・

室演希望者は名前、演奏曲(2曲か3曲童謡など誰でもが知っている歌)申し込みは今からでも間に合います。

出演者は28日午前10時までに、JR横須賀線

東戸塚駅西口に集合ください。

ハム子からおやきの差し入れ

ハム子が私の好物のナスのアンコのおやきを沢山作って持ってきてくれた。作り立てで早速お昼にご馳走になった。オフクロの味がして美味しかった。お見舞いのつもりもあるらしい。

| | コメント (10)

2010年7月22日 (木)

シミドウ篠笛教室・横浜西口地下街のすし屋で3人で夕食

シミドウ篠笛教室

暑い中皆さん定時出勤。

駅からシミドウまでの10分間歩く気がしない、山猿さん、撫子さんとタクシー。

藍ちゃんがクーラー全開にして待っていてくれて助かった。

ナンコーさんが元気でケーキの差し入れ付きで参加。

モロッコインゲンを少しだがみんなに差し上げられた。

モロッコインゲンも枝豆も評判がいい。(最も不味いとはいえないよね)

音出しの後各人持ち歌を披露してもらった。

練習の成果は音色が教えてくれる。

藍ちゃん夫婦の「千の風になって」の合奏はよかった。

みんな真剣さが音色に出ていて気持ちよかった。

横浜西口地下街の行きつけのすし屋で3人で夕食

横浜西口地下街の行きつけのすし屋で山猿さん、撫子さん3人で夕食。生で乾杯はなんともいえない。

| | コメント (10)

2010年7月21日 (水)

Gセンター診察日・五行歌横浜歌会・狸小路

Gセンター診察日

暑いが仕方がない早目に自転車で出掛ける。待合室相変わらずの混雑。

「風邪をこじらせタンが絡み、3週間ばかり寝たきり。体重が3キロほど減った。」

「風邪の原因は?」

「加齢らしい」

風邪は気をつけなくっちゃね。肺炎になったら命取り。10月また検査をする。お大事に」

M医師との会話はこんなところで何時もと変わらない。

O先生、S相談室長に挨拶。

廊下でO夫妻、Hさんと立ち話。

注射をし、薬を貰って帰ってグッスリ昼寝。

五行歌横浜歌会

Gセンターから帰ってタップリ昼寝をして出かける。

今日はJBKコメント衆が大活躍。撫子さん第一席、山猿さん、アルキメデスさん二人が同点第2席。撫子さん、山猿さん、アルキメデスさんおめでとうございました。

第一席 撫子さん作

焼けつくアスファルトに

根を張る

名もない野の花

涼しい顔して

座禅を組んでいる

第2席(同点) 山猿さん作

膏薬は

患部に貼ってこそ

効く

人気取りの公約は

剥げ落ちる

第2席(同点) アルキメデスさん作

雨降り続けば

地固まるどころか

深層崩壊

積年の重みが

ゆっくり深く動き出す

篠笛の歌には点数が少なかった。洒落が理解されなかったらしい。だが話題性はあってコメントに一番時間がかかった。

七夕の夢を 小さく

したためた短冊

身を切るような

恋に 巡りあいたい

ドウシヨウ・・・・

七夕様にヒソカにい願いした年寄りの最期の夢。皆さん大笑い。

「ドウシヨウ」の解釈もマチマチ。

狸小路

K氏のFさんが五行歌に記事の載った18日の新聞を沢山わざわざ届けてくれた。お土産まで頂いた。狸小路を誘ったが当直ということで残念。

山猿さんとライスさんが合流して狸小路へ。楽しい一杯だった。

ただ一つ気になる話もあった。

明日はシミドウ篠笛教室

| | コメント (11)

2010年7月20日 (火)

バアチャン杖を失くす・野田岩のうなぎで昼食・取材申し込み・五行歌記念歌集をK紙に

バアチャン杖を失くす

バアチャン、昨日長崎屋に買い物に行った時杖をどこかに忘れてきてしまったらしい。あちこち聞いてみたがない。杖を失くすなんてにわかに信じがたいが・・・。

ハム子の運転で高島屋に買いに行く。

野田岩のうなぎで昼食

昼には少し早かったが土用の丑の日に食べなかったから野田岩のうなぎ昼食。

帰るとき見ると20人くらいが表で並んでいた。

取材申し込み

K紙のF氏から取材の申し込みがあって夕方二俣川で会う。

引退して22年取材は珍しい。F氏はインテリーヤクザには珍しい真面目一本。そんな彼が好きでなんの躊躇いもなく応じる気になった。

特別ランで何か書いてくれるらしい。

記事が搭載される時は事前にお知らせしますのでよろしく。

取材といっても生ビールを飲みながら懐かしい昔話から始まって話は尽きない。

五行歌記念歌集をK紙に

18日のK紙文化欄で五行歌五周年のことを写真入で書いてくれたらしい。

明日の晩横浜歌会の席に何部か届けて頂くことになった。ありがたい話

| | コメント (11)

2010年7月19日 (月)

夏本番・スポーツセンターへ・取材申し込み

夏本番

朝道路掃除をしただけで汗ダクダク。とても雑草退治にまでは無理。

庭に出ようとすると、「外に出ないでソット寝ていなよ」バアチャンが繰り返す。それに従う。

スポーツセンターへ

久しぶりスポーツセンターで水中歩行中心に一時間。

食道がん手術のO氏と会う。「二週間入院して退院して3日目。何しろだるくて、疲れて・・・と余り弱気を言わない彼が参っている。

帰り産地直売の桃を買う。

取材申し込み

K紙のF氏から取材の申し込み。

明日二俣川で会うことになった。

| | コメント (9)

2010年7月18日 (日)

和ちゃんと鎌倉散策約束・五行歌会出席歌送信・枝豆初収穫

和ちゃんと鎌倉散策約束

和ちゃんが久しぶり顔を見せた。

どうやらジジの調子が悪いことを聞き、見舞いにきたらしい。今月一杯試験だそうだ。

試験が終ったら鎌倉散策に行くからそれまでに元気になっていてよ。と約束して帰った。

是非一度山猿さん夫妻が乗ったという人力車で鎌倉の裏道を散策してみたい。

五行歌会出席歌送信

先日のがん患者会で「七夕様にヒソカに願った一言」と言って提出歌を紹介すると涙を流していた人もまじえて、全員が腹を抱えて笑っていた。

枝豆初収穫

早い時期に苗を買ってきて植えた枝豆が食べころになってきた。バアチャンはまだ早いというが思い切って収穫。数は少ないが一回分くらいはある。「スーパーの物とは一味違うね」とバアチャンもご機嫌。

タップリ昼寝。

| | コメント (13)

2010年7月17日 (土)

クリニックへ・Yちゃんか愛情差し入れ・町内盆踊り大会・O氏を偲ぶ会

クリニックへ

脈拍が速いのは飲んでいる薬の副作用のせいかもしれないと血糖値を下げる薬の投与を一週間中止した。その結果を診るため受診。

自転車で駆けつけたが4番。

連休前のせいか待合室は直ぐ満員となった。

脈拍の早いのは水分不足。血糖値も上昇。

中止していた薬は脈拍と関係がないことが分かり、再開。

当分庭作業は中止。休養と水分を十二分に補給するよう指示を受ける。畑の雑草が気になるが仕方がない。

充分の昼寝。

Yちゃんか愛情差し入れ

Yちゃんから奥さんの愛情の篭った煮豆と農協直売のトマトの差し入れ。感謝・感謝。

町内盆踊り大会

今日・明日と二日間近くの公園で町内盆踊り大会。

O氏も生きていれば先頭に立って指揮をしただろうに。

O氏を偲ぶ会

町内会主催には異議を申し立てる人がいて、有志が発起人になって行うことになった。発起人の中に名を連ねることになった。

良かれと思っていることでもいろいろ思惑もあって反対の意見があることが分かった。

発起人挨拶の回状の下書き。

気象庁・関東地方・梅雨明け宣言

| | コメント (11)

2010年7月16日 (金)

バアチャンのお供・Yさん検査結果異常なしの電話・大相撲貴乃花親方暴力団幹部と会食

バアチャンのお供

農協朝市・バアチャンのお供。

取り立てトウモロコシ、産地直売の桃など買い込む。

帰り行きつけの日本蕎麦屋でいつもの「信州のからし大根おろしソバ」

Yさん検査結果異常なしの電話

今日検査結果を聞きにいくといっていたので心配していた。「いろいろの検査結果異常なしでした」の電話に思わず拍手。よかった。

大相撲貴乃花親方暴力団幹部と会食

| | コメント (9)

2010年7月15日 (木)

篠笛個人レッスン日・昔のデカ仲間の暑気払い・タクシー運転手さんの心意気

篠笛個人レッスン日

二俣川で篠笛個人レッスンの日。

いろいろあって練習はしていないが参加。

お話30分。レスン30分。

終わりころ撫子さんが来てウサギなど6曲二重奏練習。

時間は少なかったが身が入った練習になった。

「シャキッと息もピッタリだったね」と先生も褒めてくれた。

西口の行き付けのマッサージで40

昔のデカ仲間の暑気払い

参加者35名。集まった中では年の順では2番目。

風邪をこじらせた話はいつの間にか大袈裟に広まっているようだ。「元気そうだね」とみんなに声を掛けられる。

呑まないから座っていると代わる代わる継ぎ手が現れ。今だから話す、といった取って置きの話を幾つも聞かされた。

二次会は断ってKちゃんと帰る。

タクシー運転手さんの心意気

二俣川で個人タクシーに乗ると「いつもありがとうございます。公園の上でしたね」と挨拶。自宅近く、いつもメーターが上がるところ数メートル手前で、止めてくれた。何時も自宅前近くでカチッとワンメーター上がるのが悔しかった。

そんな運転手さんの心遣いに感動。僅かなチップに恐縮していた。

些細なことだが気持ちがいい。

| | コメント (8)

2010年7月14日 (水)

サクセスクラブ(異業種交流会)主催暑気払い・毎日新聞に五行歌5周年歌集の記事掲載

サクセスクラブ(異業種交流会)主催暑気払い

藍ちゃん、撫子さんたちが参加しているサクセスクラブ(異業種交流会)主催で暑気払いを開催するらしい。

そこに篠笛を楽しみま専科も参加してはどうかとお誘いがあって、既に有志の参加申し込みがあった。

詳しい内容は聞いていないがとりあえず日時と場所は

日時  8月12日(木曜日)19から

場所  鶴見区のシェ佐山

特別参加者・

JAKのまま(ソプラノ歌手西田ちづ子さん)

篠の篠笛のお師匠おしのこと坂本真理先生

お二人は1120日津田ホールで競演されることになっている。

(別途ご案内しますので時間を取って置いてください)

もしかしてこの日お二人の競演が聴けるかもしれない。

参加希望者は今なら間に合うかも篠まで

毎日新聞に五行歌5周年の記事掲載

今日の毎日新聞「遊ナビ」に写真入で五行歌5周年歌集の記事が登載

された。

M支局長さんのお計らい。感謝・感謝。

| | コメント (9)

2010年7月13日 (火)

町内会のO氏の霊前で千の風になってを吹奉・町内会主催・偲ぶ会・告別式での篠笛予約・

O氏が千の風にたられた。

発見された時既に末期と言われ苦しい闘病を続けていたO氏が千の風になられた。

享年70歳。

本人の遺志で家族葬にするそう。夏場ということもあって病院から家に帰らず病院近くの斎場に安置されているという。

今日午後から家族と町内の役員がお別れに行くと聞いて駆けつけることにした。

「坊さんも呼ばないが主人は篠笛で千の風になって」がよかった。といっていた。と聞き急遽ハム子に頼んで斎場に駆けつけた。

行ったのが早過ぎ誰もいなかった。部屋を閉め切ってお棺の蓋を開け挨拶した後、

千の風になって、江戸子守唄、荒城の月、ふるさと・・・・などを吹奉。

でも、誰も来る様子がない。10曲ばかり吹いて辞めにしようというところに奥さん、お嬢さん、始め町内の役員衆が顔を見せた。

みんなのお焼香が終った後「篠笛は始めて」という人もいてまた同じ曲を繰り返す。

途中泣き出す人がいたり、アンコールの繰り返しがあって止めるわけにいかなくなってしまった。

「お坊さんのお経より本当に供養になりました。キット喜んでいると思います。素晴らしい供養の場になりました」。と奥さんも喜んでくださった。

町内会主催・偲ぶ会

長年町内会長を率先した方だ。町内会主催の偲ぶ会を提案。みんなが俺もそう思っていたと全員が賛成。

Oさんが企画することで決定した。どうやら言いだしっぺが(偲ぶ会会長・葬儀委員長)をやることになりそう。

でもよかった。

告別式での篠笛予約

同席したSさん「素敵な音色に聞き惚れました。お経よりも篠笛の方がいいですね。私のときも是非お願いします。今予約します。遺言に書いておきます」と、とんでもない葬式での篠笛演奏の予約申し込みがあった。

他の人も「お葬式ってこんな風に楽しくやりたいね。と、みんなが私も、俺もと次から次と申し込みがあった。

そのことで仏様抜きに盛り上がった。当分死ねなくなってしまった。

| | コメント (14)

2010年7月12日 (月)

コスモス・参議院選挙与党過半数割れ

コスモス

久しぶりコスモス定例会へ。藍ちゃんのお友達のNさんが出席するというので顔つなぎをかねて出席。

Nさんも来てよかったと喜んで帰った。同じような病の人が3人同じテーブルで、貴重なアドバイスももっらっていた。

がんを宣告されて日が浅い方が何人か見えていた。

一様に咳、発熱、頭痛・・・・にも再発を考えるという。がん患者が誰でも避けて通れない道。

世話人の方たちから、皆さん「後三年といわれて35年生きている」「前立腺がん4-D余命2年といわれても4年生きている」という話は本人が元気で喋っているだけに希望につながる。

毎回顔を出してくださいよと。発破を掛けられた。

始めてと言うMさん、PCをやっておられるというので「JBK友の会」にお誘いしてみた。若しかしたらコメント衆が一人増えるかもしれない。

落ち込んでいる人に一言ずつ声を掛けて帰る。

O先生、W局長にご挨拶。

参議院選挙与党過半数割れ

民主党大敗。みんなの党大躍進。

| | コメント (14)

2010年7月11日 (日)

参議院議員通常選挙・大相撲名古屋場所・K氏を見舞う

参議院議員通常選挙

雨の降らないうちに自転車で投票。

「何も変わらないよ。ジイチャン一人で大丈夫。任せたよ」と、バアチャンは棄権。

受付などにいる人はほとんど顔見知り。ただ毎年いたO氏の姿がなかった。

投票結果は明日未明までに確定するそう。与党が過半数を占めるかどうかが見所。

大相撲名古屋場所

大相撲名古屋場所,NHKの実況放送なしで始まる。

スタートを切ったものの前途多難。

K氏を見舞う。

昔仲間のK氏が入院したと聞いたが風邪のため見舞いに行くのを控えていた。

タンも治まったので伺った。

脳梗塞だったが処置が早かったことで後遺症もなく安心。直ぐ帰るつもりが次から次と話しかけられて長居をしてしまった。反省。

| | コメント (13)

2010年7月10日 (土)

クリニックへ

クリニックへ

まだタンが抜けきらない。

「喀痰」の検査結果も来ているということで、クリニックへ。

「喀痰検査」は異常なし。

脈拍がまだ早い。ということで血糖値を下げる薬を一時中止して様子を見ることになった。

痰切りの薬を貰ってくる。ゆっくり寝ているのが一番。

体重が2キロ減ったのと血圧が下がったのが関係あるかもしれない。

受け付けの看護師さんが「明日の選挙行くの?誰かに決めてるの?」これという人がいないよね。KさんIBKで立候補すればみんなで入れるんだけどね」

からかわれて「JBKは病人の集まりだからね・・・・」とお茶を濁して帰る。

相談4件

寝ていても電話はかかってくる。

選挙戦も今日で終わり。明日は投票に行く。

| | コメント (10)

2010年7月 9日 (金)

七夕様のお里帰り・モロッコインゲン安曇野へ嫁入り

七夕様のお里帰り

七夕用の竹を配布したところから

「お蔭で願い事をまとめることができました。孫たちの考えもソット知ることができました。」

とお団子の差し入れがあった。

そんな気があって差し上げたわけではないから恐縮してしまう。

モロッコインゲン安曇野へ嫁入り

ハム子が安曇野の姉のところにちょっとしたものを送るがモロッコインゲンも入れてやりたい。と言って来た。

雨の合間を見て一杯採ってやった。

畑のものが色々のところで役にたっていて嬉しい。

それにしてもはっきりしないお天気で憂鬱。

| | コメント (10)

2010年7月 8日 (木)

朝日新聞に五行歌5周年記念歌集の読者プレゼントの記事が登載・「尊厳死の宣言書・リビングウイル」が週間朝日(7,16)

朝日新聞に五行歌5周年記念歌集の読者プレゼントの記事が登載

本日の朝日新聞第二神奈川版に五行歌5周年記念歌集の読者プレゼントが登載された。

反響は大きく用意したプレゼントは直ぐ終わってしまったらしい。

T支局長さん有難うございました。

「尊厳死の宣言書・リビングウイル」が週間朝日(7,16)

一昨日ここでリビングウイルを取り上げてかなりの反響があった。

昨日昔の仲間との食事会に行くため電車に乗って716発行の週間朝日を買って驚いた。

ジャーナリスト・柳原三佳が3ページに渉って「尊厳死の宣言書・リビングウイルの現実」「人間らしい死を選びたい」

と実際取材した人達の談話も入れて描いている。

「尊厳死の宣言書・リビングウイル」も載せている。関心のある方は駅売店などで買って読んでみて下さい。

| | コメント (12)

2010年7月 7日 (水)

昔の仲間と楽しい食事会

昔の仲間と食事会

長く続けた仕事をやめて一番最初Y市の友人のお世話でみなとみらい21地区の中に建設中だったF社に席を置いた。

社長は元国鉄総裁のT氏。社員は色んなところからの描き集めたメンバーで前職を知って明らかに白い目で見る人もいた。

そんな時いろいろ声を掛けてくれたメンバーが4人相鉄沿線に揃った。

みんな出世していてO氏のように普通では口も聞けないような立場になられた方も居る。彼は判断力、決断力、実行力に富んでいて当時としてはかなり難しかった仕事を組んで担当した。大方の予想を裏切ってオープンまでにその仕事をやり遂げた。

そんな昔の苦労を知っている数少ない仲間。

みんなコメントはくれないがJBKは毎日見ていてくれているらしい。腰が最近落ち込んでるようだから一発気合を入れてやろうとことになったらしい。

一緒に仕事をしたといってももう22年も前の畑違いのことである。ありがたい話しだ。

H駅の近くの新鮮なお魚のおいしい小料理屋さん。雨で他に客がなく貸切だった。

それぞれ始めて聞かさるような人生話。

酔っ払う前に篠笛3曲を吹いた。これにはみんなが驚いていた。女将さん篠笛って始めて聞かせてもらいました。と喜んでくれた。

兎に角楽しかった。時々また集まろうということになってお開き。

O氏に家まで送っていただいた。

「病み上がりの癖に・・・・」とバアチャンに叱られた。

| | コメント (11)

2010年7月 6日 (火)

大相撲名古屋場所、NHKは実況放送を中止・床上げ回転すし・果物差し入れ

大相撲名古屋場所。NHKは実況放送を中止

大相撲名古屋場所。NHKは実況放送を中止すると発表した。

相撲ファンの要望に応えて午後6時代でダイジェストとして録画で放送する。

床上げ回転すし

「タンも少なくなってきたしいつまでもグジュグジュベッドにへばりついてたんじゃ元気にならないよ。床上げしようよ」

高島屋に修理に出してあったバアチャンの時計が直ったと連絡が入った。バアチャンはほかに買い物もあるらしい。お目当ては西口の回転寿司だ。孫達とよく行った話を聞くだけで一度もバアーチャンを連れて行ったことがない。ハム子の運転で途中まで和ちゃんを送る。

気に入ったブラウスも買うことができ、「やっぱし横浜の方が美味しいよ」とバアチャンご機嫌。

果物差し入れ

Kさんから美味しい初物の桃が、もう一人のKさんからは採り立てのモロコシのさしいれがあった。

またT氏から大きなメロンが送られてきて病み上がりの栄養補給に助かっている。皆さん有難うございました。

| | コメント (10)

2010年7月 5日 (月)

居座る風邪・リビングウイルの問い合わせ・尊厳死とは・尊厳死の宣言書

居座る風邪

大分楽になったものの僅かにタンがまだ居残っている。

そんなところに重い相談が舞い込んだ。

リビングウイル

リビングウイルの問い合わせ・尊厳死とは・尊厳死の宣言書

「身内の者が医者に見放され、かなり危険な状態になった。病人に、万が一に備えリビング・ウイルを書かせたい。前に聞いたことがあるが、どうしたらよいか?」と言う重い相談。これまでにも同じような相談を受けている。

2008830日付けのJBKで書いたもののコピーをそのままコピーを差し上げた。できることならこんな物が役にたたないことを願っている。

リビング・ウイル・Living ill)とは尊厳死の宣言書・

リビング・ウイル・Living ill)とは尊厳死の宣言書のことです 

JBKとは深い関わり合いがあり、これまでに何回か取り上げておりますが、質問がありましたのでお答えします。

2回も余命宣告をされた私は、バアチャンと一緒に1990年、日本尊厳死協会(03-3818-6563)に入会し、この宣言書を常時携帯しております。今度お会いした時お見せしますね。

一人の人間が死ぬと言うことは、その時期によっては遺産相続などにも影響し、簡単に口を挟めることではない。まして何本ものチューブで繋がれた病人に、本人の意思ならば別だが、第三者が介入してこれを書かせるのは問題。

私の考えではこれは病で倒れ重態になってから作成するものではなく、健康な時に作成しておくものだと考えている。

何も尊厳死協会に入会しなくても、下記の内容の文章に自筆で署名、押印、日付け、を書くだけでいい。そうしておくことでお世話になった医療関係者に迷惑を掛けることを防げる。

一度装着したチューブを外すことは難しい。

植物状態のまま生かされ続ける心配もなくなる。安楽死か殺人かが法廷で問われる時、問題になるのは本人の生前の意思である。

お迎えはいつの日か必ずやって来る。これを機会にこのブログをコピーして自分のリビング・ウイルを造ってみてはいかが。家族などの立会人の署名も連記できればよりベター。

尊厳死とは

傷病により「不治かつ末期」になったとき、自分の意思で死に行く過程を伸ばすだけに過ぎない延命処置をやめてもらいたい、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることです。

尊厳死の宣言書

(リビング・ウイル・Living ill
私は、私の傷病が不治であり、且つ死が迫っている場合に備えて、私の家族、縁者ならびに私の医療に携わっている方々に次の要望を宣言いたします。

この宣言書は私の精神が健全な状態にあるときに書いたものであります。

従って私の精神が健全な状態にある時に私自身が破棄するか、または撤回する旨の文章を作成しない限り有効であります。

1 私の傷病が、現代の医学では不治の状態であり、既に死期が迫っていると診  断された場合は徒に死期を引き延ばすための延命処置は一切お断りいたします。

2 但しこの場合、私の苦痛を和らげる処置は最大限に実施してください。

そのため、たとえば麻薬などの副作用で死ぬ時期が早まったとしても一向にかまいません。

3 私が数ヶ月以上に渉って、いわゆる植物状態に陥った時は、一切の生命維持処置を取りやめてください。

以上、私の宣言による要望に忠実に果たしてくださった方々に深く感謝申し上げるとともに、その方々が私の要望に従った行為一切の責任は私自身にあることを付記いたします。

                   年月日

                   署名

| | コメント (12)

2010年7月 4日 (日)

モロッコインゲン大量収穫

モロッコインゲン大量収穫

おじいちゃんのところのモロッコインゲンは美味しいからと。ハム子が取りに来た。

ついでに一杯収穫してご近所にもお裾分け。

庭に出ているときは気にならならないが。

モロッコインゲンの藪の中に入るとムッとして息苦しい。まだ病み上がり作業は長くは続けられない。

昼寝をタップリ。

大相撲の野球賭博関連処分発表

| | コメント (12)

2010年7月 3日 (土)

クリニックへ・月見草の見舞い・ピンキーの鶴見駅前ライブ風邪が悪化で断念

クリニックへ

風邪薬を飲み始めて一週間。熱はないが「たん」が切れない。

篠笛を吹き始めるとそれを待っていたかのようにタンが押し上げてくる。

ゴミ箱はティッシュで一杯になってしまう。

何となく頭も重い。これが高齢者の歩む道なのかもしれない。

「脈拍」が100を超えている。水分補給が不十分。

これまでより強いタンきりの薬を調合してもらう。

月見草の見舞い

月見草が可愛い花を一杯咲かせて見舞いに来てくれた。

穢れを知らない純白の花を見ていると自然に癒されて行く。

ピンキーの鶴見駅前ライブ風邪が悪化で断念

明日のピンキーの鶴見駅前ライブ。山猿さんと行く約束をしてあったが、たんが切れず大事を採って明日は休養日とした。「負けてたまるかのファンのHさんにも会えるのを楽しみにしていたが。風邪をうつしてもいけない。

| | コメント (10)

2010年7月 2日 (金)

鶴ヶ峰篠笛を楽しみま専科

鶴ヶ峰篠笛を楽しみま専科

お天気のせいもあって休まれる方が多かった。総勢7名。

音出し、さくら、荒城の月、江戸子守唄のあと各自の持ち歌を披露してもらった。

持ち歌というだけあって生き生きとして別人の音色。

今後この調子で進めていくことにした。

全員でお粥昼食。

風邪が治まらず時々タンに襲われ調子は余りよくない。

帰ってからグッスリ昼寝。今度の風邪はしつっこい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

七月・郵便局などへ七夕用の竹配布・O氏の病状深刻

七月

今年もアット言う間に半分が終ってしまった。

郵便局などへ七夕用の竹配布

郵便局を始め町内の子供のいる家に七夕用の竹を届ける。

郵便局では局長以下全員が喜んでくれた。

何軒かの家で嫁いでいた月見草にも会うことができた。見せてくれ人は大事にしている人。

O氏の病状深刻

竹を配っている途中肺がんで入院中だというO氏の奥さんと顔を合わす。

発見された時既に程度4と宣告されたらしい。いろいろ話を聞を聞けば聞くほどかなり深刻。近日中に外泊許可が許されるという話が出ている。最期の身辺整理などをしなさいと言うことかもしれない。この夏を越せるだろうか?

最近TVで肺がんに「イレッサ」が効果があるといっていた。

七夕様に想いを込めて書いて願ってよ。と一本竹を手渡した。

相談事3件

| | コメント (10)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »