« 緊急入院日誌/ | トップページ | 第一回目の外来診察・梨本勝(65歳)肺がんで死亡 »

2010年8月23日 (月)

緊急入院日誌・山猿ブログ・お見舞いメール・「負けてたまるか」との再会・「みんなの希望の星・今死なれては困る」

緊急入院日誌

入院中いろいろの方から励ましを戴いた。お礼も申し上げていない。有難うございました。

山猿ブログ

山猿さんが私が入院以来一日も欠かさず毎日手書きの「山猿ブログ」に詳しく書き残してくれた。

篠が知らないことまで色々書き残して励ましてくれた。

面会に来られる人も整理してくれた。お蔭で大変助かった。

励ましの言葉を書いて持ってきてくれた色紙を見て、看護師さんが「素敵な字、私も一枚書いてもらいたいわ」と言っていたが実現しなかった。

奥さん手造りの梅干、煮豆は食欲を誘ってくれた。

本当に有難うございました。

大勢の方にお見舞いに来ていただいた。病室の人が「あなた何者ですか?」と驚いていた。

でも、それをブログに書くと整理が難しくなる。というアドバイスを頂き。JBKで特定の方以外、お名前を書いてお礼を申しあがられなかった。

S先生や篠笛を楽しみま専科の方々、五行歌の美女三人の先生方、I画伯等シミドウ教室の方々、デカの仲間たちなど皆さん本当に有難うございました。改めて御礼申し上げます。

お見舞いメール

撫子さんは連日のように携帯に励ましメールをくれた。病室では携帯は禁止。

マナーモードにしてパジャマのポケットに忍ばせて着信信号を待った。

藍ちゃんは毎日病院宛にEメールで「お見舞いメール」や手紙をくれた。

Eメールは専用の封筒に入れて配達してくれる。配達してくれる病院の事務員と顔見知りになって廊下で会っても挨拶するようになった。

Eメール見舞いは病院でも始めてらしく、病院中の評判になった。

ハム子はメールを、皆さんから頂いたはがきなどもまじえて一冊のファイルを作ってくれた。

ない気ない一言に随分励まされた。

「負けてたまるか」との再会

藍ちゃんが「この本で大勢の人が生きる希望と勇気を持った。純ちゃんが見つけてくれた。

自分でよく読んで立ち直れ」と送ってくれた。

改めて読み直してみた。

「肺ガン切らねば後3年」と当時としては珍しいきつい宣告を受け手術台に上って後遺症で声を失って絶望の淵を歩いたころを思い出した。

なるほどと思うようなことが随所に書かれていて、作者は誰だろうかと思ったほど。

遺書代わりに第3冊目を纏めてみようと改めて思った。

ベッド脇に置いてあったのを看護師さんが本の表紙の「肺がん刑事の長生き闘病記」「元神奈川県捜査一課長」の文字を見て「本当なの?」と驚いていた。

是非読んでみたいと当直の時借りに来る人もいた。

この本はO先生にサイイン入りで差し上げるつもり。

「みんなの希望の星・今死なれては困る」

A紙のSさんが山猿さんと見舞いに来てくださった。

彼も大病して地獄から生還した奇跡の人。現職時代からの長い付き合い。

「実は9月からA紙の「アサヒコム」で闘病に関することを書くことになっている。篠さんには実名で出てもらうことになっている。

「故」では様にならない。

病に苦しんでいる人の希望の星なんだし是非生きていてもらわなければ困るよ。」

となんとも厳しいがありがたい励まし。

「ヨーシ」と言う気にさせられてしまった。

新聞に載るのは9月になってかららしい。どんな記事か今ら楽しみ。

|

« 緊急入院日誌/ | トップページ | 第一回目の外来診察・梨本勝(65歳)肺がんで死亡 »

コメント

 入院中にこれほどの見舞いや待遇を受けた人のことを、聞いたことがありません。
 篠笛さんの人柄の良さの現れと敬服しております。
 第3巻は、人間ドラマ満載のドキュメンタリーになるものと内容の一部が若干見えてきたような気がします。

投稿: ライス | 2010年8月23日 (月) 11時23分

来月からのA紙の記事が楽しみです。篠さんの周りには、いつもほのぼのした雰囲気がただよってますね。山猿さんやハム子さんの心づかいなど、心が温まる感じです。

猛暑のため、眼科検診延期。この暑さ、いつまで続くやら。

投稿: 竹 | 2010年8月23日 (月) 17時02分

病室では禁止の携帯。篠笛さんが持ち歩いているのを発見!
こっそり!?禁断のラブレターを送っちゃいました〜♪
山猿さんのブログ、3冊目の執筆に大助かりだね。皆にこんなに慕われている人は何者ゾ!?
有名になっちゃう訳だよね^ー^)人(^ー^

投稿: 撫子 | 2010年8月23日 (月) 17時51分

現職当時から、浅学非才なこんな男をお導き下さり、恩返しの欠片もできません。

投稿: 山猿 | 2010年8月23日 (月) 18時27分

生きていること、それを伝えることで多くの人が希望を持つ。羨ましくて、素晴らしいことだと思います。
体も頭も、休む暇が無くなるのではと心配ですが・・・

投稿: アルキメデス | 2010年8月23日 (月) 19時08分

毎日ブログを読ませていただいています。山猿さんのやさしさ、それから食べていないのにおいしさがつたわってくるような山猿さんの奥様の家庭の味、たくさんの方の気持ちが伝わってきます。ブログを読ませていただいて感謝です。第三冊目のご執筆、本になって読ませていただくのを楽しみにしています。藍さんから、私も何年か前、「負けてたまるか」のご本を、薦められてお借りして読ませていただいています。夕方になると風邪が秋の気配を含んでいますね。季節の変わり目は猛暑のときと同じく決してご無理をなさらないようにと願います。私も大きな絵を昨日
無事に搬入できました。このあと審査があって、会場に展示してもらえるかはまだわかりません。入落の結果も大切な
ことですが、とにかく無事に絵を提出できたことが今の私はうれしいです。絵を描いている間は、自分の心が、自分でも信じられないくらいピュアになります。
山猿さんから一度お手紙をいただいたことがあります。とっても美し文字で、書かれている紙も素敵で、ですから病院の方が欲しいとおっしゃったお気持ちがよーーくわかります

投稿: 佃野のおさる | 2010年8月23日 (月) 20時25分

佃野のおさる さん
作品の完成おめでとうございます。
審査結果が待ち遠いしいですね。

先日はお見舞い頂き有難うございました。お蔭様で元気を取り戻しつつあります。
まだ暑さが続きます熱中症に気をつけて下さい。

投稿: お篠 | 2010年8月23日 (月) 21時03分

歳を重ねるたびに忙しくなるね?
歳を重ねるごとに、友達が増えてくるね?
歳を重ねながら、恋人も増やしているね?
私も、負けてたまるかで行かなくちゃあ。

投稿: 藍弥生 | 2010年8月23日 (月) 21時05分

義父・義兄の入院で篠笛さんのお見舞いに行かれなくて済みませんでした。と~くの秋田からブログを拝見して頑張っている様子が分かり看護・看病の励みになりました。
まだまだ暑い日々です。お元気で。

投稿: 梅 | 2010年8月23日 (月) 22時53分

 本当に篠さんの仲間は、温かくいい人ばかりで感心します。他人のことに思いを致す人が、なんと多いことか。
 JBK友の会ブログは、猛暑の中での、冷えたビールのような感じがします。いい気持ちも持続するしね。
         ◇
 篠さんが紹介してくれている、闘病記は、A紙のネット上で書かせてもらいます。
 ヤフーやグーグルでもなんでもいいですが、アサヒ・コムと入力すると、ニュースやライフなどが出てきて、ライフをクリックすると、医療・健康が出てきて、さらにクリックすると、ブログの画面が出てきます。その中の一つです。全国、世界に配信されるネット情報です。
 近日中にA社の担当者と具体的に詰めてきますので、篠さんはじめ皆々様にはよろしくお願いします。
 

投稿: 異風坊 | 2010年8月24日 (火) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201183/36314533

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急入院日誌・山猿ブログ・お見舞いメール・「負けてたまるか」との再会・「みんなの希望の星・今死なれては困る」:

« 緊急入院日誌/ | トップページ | 第一回目の外来診察・梨本勝(65歳)肺がんで死亡 »