« 鶴ヶ峰ケアプラザー・篠笛演奏 | トップページ | 「がんその先へ」 »

2010年11月 9日 (火)

月下美人開花・農協朝市

月下美人開花

「わー綺麗だよー」昨晩10時ころ突然バーちゃんの大声にビックリ。

何事かと二階から降りてみると玄関前に取り入れた月下美人が見事な花を咲かせていた。鉢の回りに甘い香りも一杯に漂っていた。

「写真・・・写真」といつになくバアチャンが興奮している。

カメラと携帯にも収めた。

今朝起きるともう昨夜の艶やかな姿はなくだらりと萎んでしまっていた。

綺麗な花の命は短い。人生勉強をさせられた感じ。

萎んだ花柄を切り取ってお礼肥に油粕をタップリやって外に出した。

農協朝市

ハム子のお誘いで農協朝市へ。

新鮮野菜が安いとバアチャンは大喜び。買うものはないといいながら結構買い込んでいた。

初めての挑戦だが、ソラマメの苗を6本購入してみた。これで我が家の畑に空き地はなくなった。

サニーレタスの苗をハム子のところにも分けてあげる。

明日はGセンター診察日

|

« 鶴ヶ峰ケアプラザー・篠笛演奏 | トップページ | 「がんその先へ」 »

コメント

二度も咲いてくれた月下美人。篠笛さんの愛情の賜物ですね♪
美人はやっぱり薄命なのね〜。気をつけなくっちゃ!?(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2010年11月 9日 (火) 19時36分

月下美人・・どんな花でしょう?
篠笛夫人が声をあげる程だから素晴らしいのでしょう・・。
明日から一段と寒くなるらしいですね~
春に肺炎になった姉は未だ用心して薬を飲んでいるようです。インフルエンザも流行りだしたとか・・いよいよ、冬ですね~

投稿: 梅 | 2010年11月 9日 (火) 19時37分

月下美人が2度咲くなんて、花に優しい篠さんアッパレです。本家は今年は咲きませんでした
霜に弱いから、気をつけて下さい。

投稿: 塩爺 | 2010年11月 9日 (火) 20時04分

花の命は短い。その点、昔と違って今は人間は長生き。本日は、94歳の爺さんの紙パンツと尿取りパットの纏め買い出し。夕飯に爺さんと一杯やるのにと、トロのいいところを無理して買いこむ。これでいいのだと自負。

投稿: 山猿 | 2010年11月 9日 (火) 20時12分

昔、知人から頂いた「月下美人」の花が咲いた日に、夜中まで起きて眺めていたことを思い出しています。残念ながら2年ほどで枯れてしまったようです。手入れが悪かったんでしょうね。

クラス会の最終打合せに、横浜駅近くのK本店へ。

投稿: 竹 | 2010年11月 9日 (火) 20時57分

マイナスイオンを多く出すので 有名になった「サンスベリア」の花が 咲きました。
何十年に一度しか咲かないとあります。
やはり とても不思議な 良い香りがします。何か良いことがありますように・・・

投稿: ふくろう | 2010年11月 9日 (火) 21時16分

 美人薄命・・・ わが家の奥方は、篠笛さんの影響もあって、今日肺炎のワクチンを打ってきました。 元気元気でどうやら長生きの予感 !

投稿: ライス | 2010年11月 9日 (火) 22時28分

塩爺さん
月下美人によほど好かれたらしい。一度目が終った時タップリお礼肥をやったのを気に入ってくれたのかもしれない。
塩爺さんのお蔭です。ありがとう。

山猿さん
親孝行できる親がいる幸せに感謝してください。
親子でトロを肴に一杯やるなんて羨ましいよ。

撫子さん
よほど気に入られたらしい。この調子でみんなにもてて嬉しい悲鳴。
そうよ。この花を見ている限り「美人薄命」はウソではないよね。
気をつけてね。

梅ちゃん
月下美人の木その物は平べったいみすぼらしい感じ。
でもこの見事な花は筆舌では表現できない。鮮やか、見事、素敵、唯、美しい・・・の一言。

竹さん
月下美人は花が終わった後は芯から疲れた。という状態になります。
花は全く同じでしかも花の命が2~3日と長い孔雀サボテンの方が育てやすいかもしれませんね。

ふくろうさん
「サンスベリア」の花ってはじめて聞く花です。
セイゼイ長生きしてください。

ライスさん
肺炎ワクチン、ライスさんはやらないの?夫婦で仲良く長生きしなくっちゃね。

投稿: お篠 | 2010年11月 9日 (火) 23時15分

十文字草が、2つ、咲きました.ピンクです。

投稿: 藍弥生 | 2010年11月10日 (水) 00時08分

藍ちゃん
十文字でなく「大文字草」だよ。
ピンクの花も可愛いでしょう。大事にしてやってね。

投稿: お篠 | 2010年11月10日 (水) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴ヶ峰ケアプラザー・篠笛演奏 | トップページ | 「がんその先へ」 »