« 松飾り・大掃除の続き | トップページ | 年末最後の買出し・返送されてきた年賀状 »

2010年12月29日 (水)

2010年の嬉しかったこと・楽しかったこと

2010年の嬉しかったこと・楽しかったこと

夏海ちゃんの「夏海の広場」で2010年の嬉しかったこと・楽しかったことは?と

問いかけられて考えてみた。

この一年何もなかったようで色々あった。チョット書き出してみた。

皆さんの優しさで取り戻した健康の大切さを感謝しながら一年を終えそうです。有難うございました。

1 緊急入院3週間

 掛かりつけの医者も生還を危ぶんだ緊急入院は3週間入院の結果一応肺炎だっ    たということになった。が、左肺に7ミリの正体不明の影は残ったままだ。しかし、奇跡の回復力に医者も驚嘆。

2 入院中たくさんのお見舞い・お見舞い電子メール・手紙を戴いた。

 山猿さんがコントロールをしてくれた。それでも、その数の多さに病院関係者、同室者が「あなた何者?」とびっくりしていた。

付き添っていた家族も「沢山の優しい方に囲まれていてオジイチャンは幸せ者ね」と感嘆。

特に連日届くお見舞い電子メールは病院の新記録だったらしい。退院当日届いたものは郵送されてきた。

ハム子は手紙やメールを一冊のファイルにしてくれた。

3 主治医のブラック・ジョーク

 余命告知をした主治医から「葬式の準備をしなくては・・・」とまさかのブラックジョークを言わせるほど、4年前、末期「4-D」後2年・と宣告された前立腺がん腫瘍マーカーが0,008とガン太郎がおとなしくしていること。

4 ラブちゃん

 健康維持には歩くこと。と一日5000歩を目標に早朝散歩を開始。

散歩途中出会った、肝臓がんで獣医に見放されたという雑種犬の「ラブちゃん」と友達になれた。

早朝散歩が続いているのはラブちゃんに会える楽しみもあるから。

別れ際にジーと見つめる可愛い瞳は何物にも代え難い。

5 バアチャンに水着のクリスマスプレゼント

病院通いが仕事で診察券を何枚も持っているバーちゃんが「クリスマスに水着を買って」と元気になったこと。

一昨年救急車で搬送され、「ここ一週間が山場・・・家族は連絡の取れる直ぐこられるところにいてください」と言われたのがウソのよう。

週二回~三回スポーツセンターに通うようになった。

6 孫の恵ちゃんがボーナスで「フカヒレラーメン」を奢ってくれた。

 マダマダ薄給で外食は500円以内で抑えているという恵ちゃん、1、850円のフカヒレラーメンの出費は思い切ったものだと思う。うれし涙なしではいただけなかった。

結局は高いラーメンになったが嬉しかった。

7 「篠笛を楽しみま専科」箱根一泊研修旅行

 古希を過ぎて始めた篠笛が「シミドウ教室」「鶴ヶ峰教室」と2教室の世話人となって素敵な仲間が増えている。

箱根一泊研修旅行に先生をはじめ多くの方が参加して、篠笛、トーク、カラオケと楽しく、有意義だった。・・・・

8 ハム子の差し入れ

 家から10分くらいのところに住んでいるハム子は料理好きでチョコチョコット作ったものをバイクで運んでくれる。

バーちゃんと一緒に手編みのセーターを作ってくれた。

緊急入院したときは毎日シジミの味噌汁など私の好物を運んでくれた。

この一年を振り替えるとき、篠笛、五行歌、JBK友の会コメントを中心に素敵な仲間が増え続け絆を強めつつ広まっている。

「こんなにシアワセでいいのか・」と反動を気にするほど。

どんな奇跡が起ころうとも賞味期限は決まっている。残りをこのままの状態で維持していき、「JBK」で締め括ることが出来れば最高と思っている。

皆さんとの素敵な出会いの切っ掛けを作ってくれたのは嫌われ者のガン太郎である。

素敵な出会い

人の情け

生きる喜び

みんな病の

プレゼント

最近ではこの自作の五行歌を病と闘っている人に負け惜しみでなく言えるようになった。

このほかにもまだ色々あった。ここに書けないこともあった。

それらもひっくるめてこの一年皆さんの優しさに支えられて素敵な一年だった。

「こんなこともあったじゃないの」とか何か思い出された方、皆さんのこと、お友達のこと何でも遠慮なく書き込んでください。

苦労することはなかった

何気なく

過ごした

日々の中にあった

シアワセ

有難うございました。来年もろろしくお願いいたします。

|

« 松飾り・大掃除の続き | トップページ | 年末最後の買出し・返送されてきた年賀状 »

コメント

 家族を愛し・多くの人々との絆を大切にし・花鳥風月をこよなく愛してこられた篠笛さんに大いなる拍手を送ります。
 篠笛家から嫁いできた鉢物一つを見ても細やかな愛情が惜しみなく注がれているのが良く分かります。
 真似の出来ないことですが、来年は少しでも見習いたいと思います。
 

投稿: ライス | 2010年12月29日 (水) 14時13分

この一年、いろいろお世話になりました。篠さんをはじめ、まだお会いしたことの無いコメント仲間の皆様、優しさ・楽しさと激励を頂き有難うございました。

天から与えられた命を大切に、もうしばらくこの世を旅することになると思いますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿: 竹 | 2010年12月29日 (水) 18時57分

篠笛夫人とハム子さんの優しさが伝わってくる1年でした。私は娘がいないので若いときは良く母から「もう一人女の子を産んでおいたら」言われましたが・・。私は来年早々、指のチタンを取るため又入院です。これが最大の悩み。指は手術が難しいようです。あと10年位は使いたいですね~?

投稿: 梅 | 2010年12月29日 (水) 19時45分

Mさんの「歩行がおかしい」と脳梗塞の早期発見をされて、「すぐに医者の診断を受けるように」と助言され、無事にお元気になられましたね。それと、親父さんが、こんなにも大勢の方々に愛されるのは、食べ物の賞味期限は2,3日から1週間程度に比べ、「3年の賞味期限が36年も・・」心・技(義)・体だけではなく、不思議な「魅力」が備わっているに間違いありません。未だに未熟者の山猿は、1年間失礼千万な言動をなしたことを深謝いたしております。来年もお導き下さいますようお願い申し上げます。

投稿: 山猿 | 2010年12月29日 (水) 21時28分

藍ちゃん先生が思うに・・・篠笛さんは、女薬が、かなりいい薬使っていらっしゃるから、元気なんだと、入院しても復活するのでは?と診断します。わたしも、よく効く男薬を、手に入れるだけの実力をつけようと、来年の目標にしたいとおもいました。

投稿: 藍弥生 | 2010年12月30日 (木) 00時20分

篠笛さんの「2010年の嬉しかったこと・楽しかったこと」を読ませていただき、暖かい気持ちになりました。お辛いはずのご入院や厳しい宣告等、決して嬉しい楽しいことばかりではない1年だったと思われますが、でも、篠笛さん流の人生の受け止め方だと、それが感謝や幸せの文字に変換してしまうのですね。出会えた私たちこそ、感謝です。来年もよろしくお願いします。


投稿: なっちゃん | 2010年12月30日 (木) 01時22分

ライスさん
皆さんお優しいお付き合いでシアワセ一杯生きておられます。
今後ともよろしくお願いいたします。
奥さんお大事にね。

梅ちゃん
何度も言うけれど、指の骨折くらいで・・・と医者の処置に疑問を感じるね。
でもチタンをいれっぱしと言うわけにはいかないしね。お大事にね。

山猿さん
そう言えばMさんのことも偶然とは言え「入院13回17回の手術」という経験が役にたったのかもしれませんね。
山猿さんには色々のところで励まされ癒され元気を頂いて感謝しています。
これからも頼りにしています。よろしくお願いいたします。

藍ちゃん
女薬、男薬、そんな薬があるのかな。お医者先生が言うんだから間違いないよね。
今度処方箋書いてくれない。
兎に角優しいいい人に囲まれてシアワセ一杯ですよ。
今後ともよろしくお願いしますね。

なっちゃん
ありがとうございます。
色々のことがありました。
でも、皆さんの優しい励ましで喜び、楽しみに代えて生き延びることができました。
ノーテンキなのが幸いしているのかもしれません。
こうして一年を締め括ることができたことに感謝感謝です。
有難うございました。引き続きよろしくお願いいたします。

投稿: お篠 | 2010年12月30日 (木) 09時12分

 いろいろお世話になりました。また来年もよろしくお願いします。

 それにしても、篠さんは偉い‼
 毎日ブログを書いたり、みんなに気を遣ったり、心配をしたり、まあ、ただもんじゃない。
それだけでも、勲章をやりたいと思う。
 小生がこれだけ褒める人物は、そんなにいないよ。10年も20年も頑張ってほしいもんだ。

投稿: 異風坊 | 2010年12月30日 (木) 10時07分

篠笛さん

いつもありがとうございます。
夏海のひろばにも書いて下さって感謝です♪
来年もたくさん楽しい事、嬉しい事、一緒に
綴れたらいいなぁ~(^-^)笑顔でね♪
来年もよろしくお願いいたします。

投稿: 夏海 | 2010年12月30日 (木) 10時41分

篠笛さんのブログに伺うたびにとても大切な
事を学ばせて頂いています。

奥様やお子様、お孫さんたちとの家族の
絆の大切さ、優しさ、そして常に前向きな
生き方、お花や植木の事、愛情あふれる
ブログの一言一言に励まされ、元気を頂いた
一年間でした。

どうか来年も、人生の大先輩として私たちを
引っ張って行って頂きたいと思っています。

一年間大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えくださいませ。

投稿: dolce | 2010年12月30日 (木) 13時57分

篠笛さん、来年も嬉しいこと、楽しいこといっぱい、いっぱい作ろうね〜♪
篠笛さん一家の大きな愛を来年も見習っていこうと思います。
篠笛さんや藍ちゃんのように元気になれる
よう、男薬なるものをゲットしなくっちゃね(^^)V

投稿: 撫子 | 2010年12月30日 (木) 15時30分

この間はいろいろとありがとうございました。

また来年も楽しい一年にしようね。
身体を大切に長生きしてください。

投稿: 恵 | 2010年12月30日 (木) 15時53分

異風坊さん
年をとって丸くなってきたと言うことなんだよ。
お互いいやな同居人を寝かせて長生きしようぜ。

夏海ちゃん
夏海ちゃんから呼び止められて一年間を振り返ることができたよ。
夏海の広場ももう少し見たいね。
風邪引かないようにね。

Dolceさん
余り褒められるとついその気になってしまいますよ。
年寄りが「今日も生きていた」と言うたわごとを日々更新目標に書き連ねているだけです。
Dolceさんのように写真を使ったりしてみたいですが今が限度。
これからもよろしくお願いいたします。
よい新春をお迎えください。

撫子さん
心配していたよ。電話したりすると催促するみたいだし、今日は忙しい日だからとは思っても何かあったのかと気にしていたのよ。
来年もよろしくね。

投稿: お篠 | 2010年12月30日 (木) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松飾り・大掃除の続き | トップページ | 年末最後の買出し・返送されてきた年賀状 »