« シミドウ篠笛教室 | トップページ | クリニック・従兄弟会 »

2011年1月21日 (金)

散歩仲間再発

散歩仲間再発

散歩・ジム仲間のOさん、5年前に食道がんの大手術。余命まで宣告されていた。

「先輩が目標です。頑張るしか道はないですよね」「病は気から」と彼は散歩にジムにと計画を建てて、積極的な運動で体力・免疫力アップに努めていた。

今年、手術して5年。

がん患者の全治・快癒の目途は一般的に手術して5年目と言われている。その5年目の精密診察結果、食道などに再発と認められる症状が発見された。

再発箇所が複数という状況などから、放射線治療を受けることになったらしい。

篠と一緒に肺がんの手術を受けた仲間が4年11ヶ月目に再発ことを思い出してしまった。

彼の話を聞いてここに搭載しようかどうか迷った。

徒に不安を煽るわけではない。現実の厳しさを知ることも闘病には欠かせない。チョットした情報でへこたれるようではしぶといガン太郎には勝てない。

スポーツマンで「負けてたまるか」の気力が充実していて笑顔を絶やさない彼のこと、キットこの難関を突破できる。

散歩でジムで再発・闘病を笑い話でできるものと確信する。

ガン太郎を馬鹿にしてはいけないが怖れることはない。本当の闘いはこれからだ。

一日も早い快癒を祈念して止まない。

|

« シミドウ篠笛教室 | トップページ | クリニック・従兄弟会 »

コメント

一度がんになると再発の恐怖から逃れられませんね~。5年経過するとホットしたくなりますが、がんは許してくれないのですね。
免疫力アップを頑張ってきたのに・・気持ちが思いやられます・・。

投稿: 梅 | 2011年1月21日 (金) 19時02分

お仲間の「負けてたまるか」の気力、気迫の充実を、心からお祈りします。どうか頑張って下さい。

U署の武道始め式に出席。

投稿: 竹 | 2011年1月21日 (金) 19時53分

術後9年経過するも、今までに放射線治療にホルモン注射にと、再発防止治療実施中。人間の体は「最期まで生きるように」と努力を重ねるべく作られているとか、こうなったら老いを愉しみ、病と共に歩み、愛をもって生きると、何かに書いてあった。

投稿: 山猿 | 2011年1月21日 (金) 20時15分

「負けてたまるか」での難関突破を心からお祈りしています!
コメント衆のエールを伝えてあげて下さいね(^^)V

投稿: 撫子 | 2011年1月21日 (金) 21時00分

 ガンとの闘いは、敵が見えないだけに厳しいものがあるように感じます。
 O氏には是非とも「負けてたまるか!」の精神で窮地を切り抜けていただきたいものです。 早期治癒を心から祈念いたします。

投稿: ライス | 2011年1月21日 (金) 22時50分

このところ、重態の猫ちゃん、がんのウサギさん、脳梗塞のワンちゃん、と具合の悪い子が多いのです。心配は半分こしようね、飼い主さんが、しょんぼりしていると、動物達は、どうしたのかなって逆に心配するから、出来るだけ身近な人はふつうにいつもどおりにね、って。みんな、みんな、げんきになあれ♪

投稿: 藍弥生 | 2011年1月22日 (土) 00時27分

同病者としては、是非とも頑張ってもらわないといけない。負けるもんかという気力が大切。負けるな‼Oさん。

投稿: 異風坊 | 2011年1月22日 (土) 00時47分


梅ちゃん
そうよね。一度取り付かれると何年たっても再発・転移の不安から逃れることは難しいね。
篠なんか二種類の同居人を抱えているから、一生の付き合いだね。

竹さん
篠の周りには何かしらの病と闘っている人が多い。
参ったと思っている人はヒトリもいない。みんな受け止める物はそのまま受け止め前向きに生きています。

山猿さん
山猿さんはいつも前向きで明るいからガン太郎が遠慮してしまうんだね。
「愛」を持って生きようぜ。

撫子さん
同居人もしぶといよね。油断させて突然やってくる。
負けてたまるかと気力で立ち向かうしかないよね。

つくののお猿さん
仕事なら仕方ありませんよ。
笛を忘れないで下さればまた機会がやってきます。
純ちゃんのように藍ちゃんたちを練習台という手もありますよね。
授業、教えるって大変ですね。

ライスさん
体力気力をしっかり鍛えている彼のこと、「負けてたまるか」の気力で乗り切ってくれると思う

藍ちゃん
病人が周りの人に気を遣うのは動物の世界でも同じなんだね。
早く来い来い春よ。みんな元気にナーれ。

異風坊さん
これを書くとき同じ病を抱えている人のことが気ななった。でも同居人のしぶとさを知っておくのも必要情報と割り切った。
寒い日が続いている風邪は大敵留意しよう。

投稿: お篠 | 2011年1月22日 (土) 10時28分

こちらのお邪魔するたび、みなさんのパワーをいただけます。
ご自分も病を持ちながら、他の方のことを親身に考え応援してくださっています。

人にはわかるまい、と弱みを見せたくないと一人で抱えている人が結構います。このブログや患者会のことをもっと知っていただきたいです。

投稿: ルピナス | 2011年1月22日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シミドウ篠笛教室 | トップページ | クリニック・従兄弟会 »