« 姉の告別式 | トップページ | K病院でCT検査結果「陰はガンではない」 »

2011年1月10日 (月)

成人の日・家族に恵まれた兄・最期の日を選んだ姉

成人の日

今日は成人の日いい天気でよかった。

早朝散歩(便秘解消に)

疲れてはいるが便秘が始まってその解消になればと早朝散歩。くっきり浮かんだ富士山に拝礼。それもサッパリ効果がなさそう。

便秘は3日間の葬式旅行の疲れ・不規則な食事、気疲れ、同居人の小規模反乱・・・などが原因と思われる。昼寝どころではなくなった。

バアチャンが「これ飲んでみなよ」と「センナ」をオブラートに包んで飲ませてくれた。薬は12時間経たないと効いてこないらしい。

家族に恵まれた兄

亡くなった兄は四人の子供八人の孫十人の曾孫に恵まれていた。

最近は寝たきりの生活が多くなって入退院を繰り返していた。

去年の暮れ「みんなに会いに行きたい」と呟いた。

呟きを聞きつけ、その我儘を受けて長男のお嫁さんと孫がその願いを叶えてくれた。

オムツを交換しながら生まれた広津の実家、松本の二人の妹たち・・・など。、妹の中には今度一緒に旅に出た松本の姉も含まれている。

若しかするとそのとき「逝く時は一緒に」と話し合ったのかもしれない。

実家は高台で階段があって、車が玄関に横付けできない。孫が背負って実家の座敷に運んでくれたらしい。

「あの時もう先が長くないと覚悟を決めていたのだと思います。駄目かもしれないと言うお父さん願いを聞いてあげてよかった。遠慮しながらも無理を言ってくださって嬉しかった。」

「おかえしに、みんなが楽しくお正月を迎えられらるように4日まで頑張ってくれたと思います」

淡々と話す嫁さんに頭が下がった。

兄も納得して逝ったと思う。

お嫁さんありがとう。

最期の日を選んだ姉

姉の死は誰もが信じられない突然だった。

3日の午後ビールを飲んだが調子が悪いと言いながら医者に行きたがらない。救急車を呼んで病院へ搬送。心筋梗塞で手術は成功したかに見え入院手続きをしている間に容態急変だったらしい。帰りは霊柩車になってしまった。

姉は南松本駅の近くで長男一人を女手一つで育て長男夫婦と住み、孫が二人曾孫が一人。人が羨む家庭。

チョット体調を崩したが曾孫ができてから元気になり笑顔を取り戻していた。暮れ近く訊ねた時も元気でこの分だと次回は大正琴と篠笛の合奏が出来るかもしれないと思っていた。

直ぐ隣町に一人暮らしの直ぐ上の姉が住んでいる。

そこで、毎年お正月の2日に家族全員でお正月会をしてその後二泊していくのが習わしだった。

お正月会は今年も行われた。でも、「今日は遠慮する・・・」と出席しなかった。

悲しみを堪えて上の姉は「あの子は私に迷惑をかけまいと最期の気遣いをしたに違いない」。とまた涙。

でも色々のことを考えると亡くなった姉の判断は正しかったと思う。

納棺されても今にも語りかけてくるような安らかな素敵な顔をしていた。

大事にしていた曾孫が「ババババ・・・」と呼びかけみんなの涙を誘っていた。

内心寂しがりやの弟のことを気遣って二人の孫にJBK友の会のコメントを書き込むようしてくれた。

新しいコメント、「蝉のタケ」「ムライノマイ」は孫のペンネーム。

どんな人生を歩んでも最期の幕引きは大変なことだと改めて教えられた。

主治医が「そろそろ準備を・・・」と言ったのを現実のこととして考え直している。

正月早々する話ではないかも知れないが記憶にあるうちにと書き留めた。

明日去年緊急入院したK病院でCT検査。それが終って、新しく出直しだ。

今年も色々ありそうな予感。

|

« 姉の告別式 | トップページ | K病院でCT検査結果「陰はガンではない」 »

コメント

「逝く時は一緒」悲しいけれど仲の良い兄妹でしたね・・。共に家族に恵まれ、お姉さんはビールを美味しそうに飲んでおられたとか・・悔いのない人生だったでしょう。
信州は寒かった事でしょう。心身を休めて下さい。

投稿: 梅 | 2011年1月10日 (月) 18時37分

便秘は、「アロエ」をコップ1杯擦って飲むといいですよ。介護中の我家のジイサンには1発で効果が出ます。

投稿: 山猿 | 2011年1月10日 (月) 18時40分

読ませていただきながら 込み上げてくるものがありポロポロと・・・
優しいご家族に守られ きっと幸せな人生だったのでしょうね。

環境が変わると 体調が狂いますよね~
お大事にして下さい。

投稿: ふくろう | 2011年1月10日 (月) 19時07分

凍り付いた信州の山道を無事帰宅され、安堵いたしました。運転しなくてもさぞかし疲れたことと思います。早く寝て疲れを取って下さい。

投稿: 塩爺 | 2011年1月10日 (月) 19時11分

いつも一緒に居る訳でもないのに、兄弟に旅立たれた寂しさは、言葉では・・・?血の繋がりというものなのでしょうか。
どうかゆっくりとお疲れを癒し、元気になられて下さい。

投稿: 竹 | 2011年1月10日 (月) 20時01分

お兄様とお姉様、美しい篠笛の音に
送られて、静かに旅立たれた事と
思います・・・。

お優しいご家族の皆さんに囲まれて
羨ましいくらいお幸せな晩年を過ごされた
お二人のご冥福を、改めてお祈りさせて
いただきます。

どうかゆっくりと休養なさって、お疲れを
癒してください。
くれぐれも、お身体お大事になさって
くださいませ。

投稿: dolce | 2011年1月10日 (月) 20時54分

私は、実は、おばあちゃん子だったんだけど・・・その江戸っ子で97歳で亡くなったおばあちゃんがね、せんなをいつも鍋で煎じて飲んでいたよ。一緒だね。

投稿: 藍弥生 | 2011年1月10日 (月) 21時12分

 篠笛一族の方々全員の絆の固さを強く感じます。
 皆さん一人ひとりが篠笛家の一員としての役割をしっかり果たされており、全員が主役という気がします。

 兄上様も姉上様も悔いのない素晴らしい最期ではなかったかと思います。
 改めてお二方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

投稿: ライス | 2011年1月10日 (月) 21時43分

今日の記事はいつにもまして、胸打たれました。

お互いを思いやる心が切ないくらいに伝わります。
一番大切なことなんですよね。

お体くれぐれもお大切に。
明日も寒そうです。暖かくしておでかけください。

投稿: ルピナス | 2011年1月10日 (月) 22時53分


梅ちゃん
二人とも幕の締め方は羨ましい。こんなフウに逝きたい。そう思わせた。
入院手術気をつけてね。お大事に。

山猿さん
便秘がこんなに大変だとは思わなかった。ご心配お掛けしました。バアチャン処方のセンナが効いた。

ふくろうさん
永遠の別れ、と思うと寂しさが込み上げてきます。
でも、また再会できると思うことにしました。向こうの方には話し相手が一杯いますから、逝く人達の心配は要らない。

塩爺さん
中央高速も茅野を過ぎたあたりから山の北側に残雪が目立ち路肩が凍っているのが見えてきた。
諏訪・塩尻あたりの下り斜線は要注意。路線バスはタイヤチエンを着装していた。
無事換えれたのも神のご加護と感謝している。

竹さん
ありがとうございます。
奥さん具合はいかがですかお大事にね。

Dolceさん
ありえないと思っていることが現実のことして身に降りかかってきてまだ心の中に事実として認めていない部分があるようです。

藍ちゃん
藍ちゃんの優しさはお婆ちゃん子にあったんだね。
「センナ」効き目があったよ。

ライスさん
人と人との繋がり特に家族って大切だよね。普段は別々で時にほころびがあっても、いざという時力を合わせることが出る絆が大切ということでしょうかね。

ルピナスさん
家族の大切さを感じた3日間でした。
寒いですね風邪を引かないように。

投稿: お篠 | 2011年1月10日 (月) 23時26分

本当にお疲れさまでした。
心身ともの疲れ、ゆっくりと留守番の植木達や笛が癒してくれることと思います。
明日もお出かけ、寒いからちゃんと防寒してね。
は〜やく元気にな〜れ(^_-)

投稿: 撫子 | 2011年1月10日 (月) 23時41分

昨日の夜の電話は本当にビックリしました。
アヤコ叔母にこの「JBK友の会」のブログの仕組みやら、叔父さんのコメント仲間の話しをして盛り上がっていた、まさにその時の着信音でした。
電話を切った後「この時間帯にツネが電話をくれた事はないのに、不思議な事があるものだ」と、アヤコ叔母が驚いていました。
叔父さんからの神がかり的ジャストタイミングの電話に、「広津のババが天国から私を慰めてくれたんだ」と、またアヤコ叔母は涙ぐんでいました。「虫の知らせ」とはこんな事を言うんでしょうか。
アヤコ叔母、常雄叔父、残された二人の姉弟の絆を目の当たりにした瞬間でした。

オレもふさ子と二人兄妹ですので、叔父さん姉弟のような、遠く離れていてもお互い思いやれる「兄妹」でいたいと思っています。
同じ日の叔父叔母の死は、「兄妹」というものを考えさせてくれました。

投稿: 広津のハルキ | 2011年1月11日 (火) 02時24分

撫子さん
心配掛けたけど今日のCT検査で残っていた陰が小さくなっていて「ガンではない」と言う診断を貰ってきた。もう少し長生きできそう。よろしくね。

ハルキ君
昨日はビックリしたよ。
まさかあや姉のところにお前がいるとは思わなかった。想いは同じで驚きと言うより不思議だね。
でもお前があや叔母のことを心配して訪ねてくれて嬉しかった。
こちらは遠方で電話することくらいしかできない。これからもよろしくお願いしますね。

投稿: お篠 | 2011年1月11日 (火) 12時39分

 仲のいい兄姉だから、余計、ショックで悲しいんだろうけど、お二人ともいい人生だったと思われる。
 一度は、行かなきゃいけないんだから、仕方がないね。ここは、気を取り直して、頑張って‼
 便秘は、あれだけのことがあったのだから、当然だよね。ヤクルト400を2本ぐらい飲めば治るよ。元気出して‼

投稿: 異風坊 | 2011年1月11日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 姉の告別式 | トップページ | K病院でCT検査結果「陰はガンではない」 »