« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

ハマ風入選者

ハマ風入選者

ハマ風37号が送付されてきた。

JBKコメント衆が4人も入選しているので紹介する。

入選者の皆さんおめでとうございました。

 田中きみ選 なっちゃんこと緒方真子作(巻頭3首)

悲しみをやっと

乗り越えた友から

干し柿が届いた

もいで、むいて、干した

友の手の味もした

松本希雲選 藍ちゃんこと藍弥生作

誰にも内緒の

想い出は

まぶたを

シャッターにして

閉じ込める

松本希雲選 dolceこと蓮村詳子作

牙を抜かれた

新婚の息子が

キッチンで

イソイソと皿を拭いている

幸せならば それも好し!

岡本まさ子選 アルキメデスこと山碧木 星作

腐熟しながら

脈を大地に刻む

積み肥

息を潜めながら

命の春へ

山猿さんこと金川孝己の川柳

ハマのプラザでは神奈川新聞に川柳でたびたび入選している山猿こと金川孝己さんの入選作

少子化で雛人形が泣いている

などが紹介されている。

| | コメント (8)

2011年3月30日 (水)

天皇皇后両陛下都内避難所慰問・Gセンター診察日・高校野球

天皇皇后両陛下都内との避難所を慰問

天皇皇后両陛下は今日午後都内の避難所を慰問。避難者一人ひとりに声をお掛けになられた。

Gセンター診察日

注射月一回から3ケ月に一回に変わる。

庭の紅白の桃の花の蕾が膨らんで今にも咲きそうなのを選んで菜の花を添えて持って行き、センター受付嬢に渡して受付カウンターに飾ってもらった。

花粉症なんていっていられない。自転車はまだ寒さが身にしみてくる。

Gセンターも節電のためか廊下の電灯が一つづつ消されていて待合室では暗くて本も読めない。暗い想いに重石をつける。

「この前言ったように、治療効果が上がってマーカーも変異がない。ほかに異常もなさそうだから今日からこれまで月一回していた注射を3ヶ月に一回にする。したがって薬は3か月分出しておく。次回は6月。採血がある」

ということになった。

注射(リュープリン)の量が増えてこれまで腕にしていた注射箇所が「ヘソ下」になった。

一本8万1000円也(一割負担)

気のせいか体全体が熱っぽい感じ。

戦友克ちゃんに会う。克ちゃんも同じようになったらしい。

O先生、W看護局長、S相談室長それぞれに挨拶。

原発、

東京電力社長入院。あまり明るいニュースはない。解決の目途は立たず、不安だけが増していく。「日本」が泣いている。

高校野球

東海大相模ベスト8へ進む。

| | コメント (11)

2011年3月29日 (火)

富士桜のつぼみ・イワヒバの目覚め

富士桜のつぼみ

花桃に次いで、去年山猿さんから頂いた富士桜のつぼみが可愛いピンク色の蕾を膨らませ春の到来を告げている。

これからは花粉症なんていっていられない。一日も目を離せない。

富士桜は花もいいが蕾のときがまた一段と艶やかで可愛い。

イワヒバの目覚め

「イワヒバの元気がない」

撫子さんがそんなことを言っていたが、近所の人が同じようなことを言ってきた。

イワヒバは11月ころから冬眠を始めお彼岸ころまで休眠する不思議な植物。

彼岸過ぎて暖かくなってきたら、鉢ごと(石付きの物はそのまま)バケツなどの容器の中に入れて一昼夜水を張って「水浴」をさせてやるとさっぱり目覚める。きれいな緑で生き返ってくれる。

その際イワヒバに触れないこと。冬眠中は枯れた状態だからちょっと触ってもボロボロ葉が崩れてしまう。

水の中に一昼夜入れても目覚めないのは去年の管理方法に問題があったと諦めるより仕方がない。

その時イワヒバと寄せ植えをしてあるウチョウランや大文字草も芽を出してくるが間違っても触らないこと。が肝心。

原発

原発は相変わらず厳しい状態が続いている。

計画停電

今日も、明日3月30日も停電なし。停電なしはいいが原発が心配。

障子・ふすま張替え完了。

明日はGセンター診察日

| | コメント (8)

2011年3月28日 (月)

花桃・原発

花桃

撫子さんのところの花桃の花芽ガ膨らんできたと聞いて畑の桃を観察すると幾つか花芽が膨らんでいた。

今年はどういうわけか花芽が少ない。

毎年この時期紅白の桃の枝を切って近所や知り合いのところに「春の配達」をしている。今年は枝数が少ないのは、去年の異常気象のせいかもしれない。

でも開花はもう直ぐだ。

高校野球

毎日接戦が続いている。

原発

多量の放射能漏れが発見されるなど状況は好転の兆しを見せない。

付近住民の不安・怒りは察して余りある。

| | コメント (8)

2011年3月27日 (日)

スイセン・山猿さんK紙柳壇入選・原発事故・高校野球

スイセン

畑の隅に一本スッと花茎を伸ばしてスイセンが咲いてくれた。

去年植木を移植した際ついて行ったらしい。

犬のフグリ、ハコベなど雑草の中に一本だけ咲かせているのが、ここにいるぞと存在感を示している。

健気に咲いてくれた花たちとゆっくり話し合いたいが花粉がひどく長時間外にいることができないのは残念。

山猿さんK紙柳壇入選

山猿さんがまたも3月27日K紙柳壇入選した。

山崎蒼平選 金川孝己(山猿さん)作

水に土地 日本買い取る 外の国

山猿さんおめでとうございました。

高校野球

神奈川代表東海大相模高校9対1で関西高校に勝って第2戦に駒を進めた。

原発事故

原発作業中被爆して入院した3人は症状も軽く退院することになった。少しは明るい方向に向かっているのか?

| | コメント (9)

2011年3月26日 (土)

高校野球観戦・サギ草球根植え付け

高校野球観戦

花粉症がひどくて、終日高校野球観戦。熱戦が展開され時を忘れさせてくれた。

これが一番よさそう。

サギ草球根植え付け

山野草店の棚に置かれていたサギ草の球根を一袋買ってしまった。

花粉症で鼻水を流しながらミズゴケで植えつけた。

咲いている姿の美しさに見とれ、以前育てたことがある。

友人から去年一鉢頂いたが緊急入院騒ぎで身代わりにしてしまった。

そんなこともあって、もう一度観たいと思い立ち、気難しい花で来年はどうなるか分からないが挑戦する気になった。

原発はまた海で高濃度の放射能が検出されるなど、あまり明るいニュースがない。

| | コメント (9)

2011年3月25日 (金)

プロ野球・原発事故重大事態か?

プロ野球

開催日などを巡ってもめていたプロ野球はセ・パ同一日開催など選手会の意見を受け入れた形でまとまった。

 プロ野球セ・リーグは24日、東京都内で臨時理事会を開き、公式戦の開幕をパ・リーグと同じ412日に延期し、東京電力、東北電力管内での4月中のナイターを自粛することを決めた。
 延長戦もパ同様、3時間30分を超えて新たなイニングに入らない。デーゲームでも電力を大量に消費する東京ドームでは4月中は試合を行わず、巨人の2カードは他の球場で開催する。26日の12球団オーナー会議で正式決定する。
 セ・リーグは当初の予定通り、今月25日開幕を目指したが、文部科学省から電力事情に配慮するよう要請を受け、4日ずらした29日開幕で、東京ドームは節電策を講じるとしていた。
 しかし、パ・リーグが412日までの延期と4月中のナイター自粛を決めたため、文科省や蓮舫節電啓発担当相らから再考を求められ、日本プロ野球選手会からもセ、パ同時開幕を要求されていた。
 パ・リーグでは、西武ドームで予定していた西武―日本ハムの開幕2連戦が札幌ドームでの3連戦に変更された。 

原発事故重大事態か?

昨日修復中の作業員3人が被爆して入院した。

安全だといわれてきた原子炉の一部が破損している可能性が出てきたらしい。

なんとしてもこのまま治まって欲しいと願うのみ。願うよりほかに手がないのが悲しい。

計画停電、今日は第2グループ午後6時20分から3時間実施の予定。

| | コメント (10)

2011年3月24日 (木)

イレッサ訴訟 国・企業に賠償命令 ・車内点灯なしの電車

イレッサ訴訟 国・企業に賠償命令

肺がん治療薬「イレッサ」を巡る裁判で東京地裁は国・製薬会社に賠償を命じる判決。

2011323 ... 重い副作用が相次いだ肺がんの治療薬「イレッサ」を服用して死亡した患者の遺族たちが 、副作用の情報が十分に伝えられていなかったと訴えた裁判で、東京地方裁判所は、国と 製薬会社に賠償を命じる判決を言い渡した。

販売当初は・・夢の新薬,ガン患者の希望の薬ともてはやされ,「副作用が少なく,手軽に自宅でも職場でも少しの水で服用が出来て,奏功率は従来の抗がん剤と比較すると何倍も高い,この薬を服用した患者の中にはガンが半分にも縮小した者もいる」などの紹介記事で登場。

しかし,発売から僅か2ヶ月後には既に副作用の死亡が多発。医療現場に向けた使用への注意喚起となる緊急安全性情報が出された。

何人かの戦友がこの薬による治療を受け,副作用を知らないで逝った人もいた。残された家族で戦友がイレッサの使用をしていたことを知っている人がいるだろうか?

がんで死ぬなら

あきらめも付く

効くと思った薬が

毒だったとは

死んでも死に切れないよ

車内点灯なしの電車

横浜に所用があって出掛けた。駅構内のなんとなく暗い。

電車も車内は点灯なし。

行きつけのすし屋で昼食。

| | コメント (8)

2011年3月23日 (水)

障子・唐紙の張替え・原発状況悪化・選抜高校野球・プロ野球

障子・唐紙の張替え

障子・唐紙も随分長い事,張替えをしていない。

バーちゃんが足の調子がおかしくなって座ると立ち上がるのに一苦労する

ようになって、人が来ても座敷に上がってもらえなくなった。

何かのときは座敷を使わないわけにはいかない。

障子・唐紙の張替えは昔は自分でやっていたが今はその気になれない。

町内の丁子やさんに頼むことにした。

家が近いから全部取り外して作業場に持っていって出来上がったものを持ってきてもらうことにした。

障子は昨日午前中持って行って今朝出来上がってきた。部屋が明るくなった。

外回りの壁と屋根も塗り替えを頼んだ。結構の出費だが仕方がない。

原発状況悪化

周辺の野菜、牛乳、水道水まで放射能に汚染されてきて、販売、摂取規制がかかってきた。

外国人が海外に逃げ出すのも無t理はない。何とかうまく終結させて、逃げ出した外交人を見返してほしい。

選抜高校野球

こんな時期にと開催についていろいろ議論はあったようだが今日から選抜高校野球が始まった。

被災地からの出場校に勝ってもらいたい。

プロ野球

プロ野球は開催を巡ってパとセが開催日が違い、選手会がセの方針に反対し、もめている。

セは計画停電を実施している中でもナイトゲームをやりたいらしい。

その神経が理解できない。やるなら昼間にすべきだ。ナイターは許せないという人からは

「どうしてもやるというなら、そのとき球場のある地域を「計画停電」をすればいい。誰も見に行かなければいい。TVも見なければいい。スポンサーが下りればいい。」

そんな意見が寄せられている。

それでもやるだろうか?注目したい。この決着どうなうか常識が通用するかどうかが見もの。

| | コメント (9)

2011年3月22日 (火)

安曇野からお米の差し入れ

安曇野からお米の差し入れ

信州の姪(里山の日誌の管理人の妹)から優しさと思いやりの篭った安曇野のお米がどっさり送られてきた。

重くてバーちゃんには持てなかった。

米不足のニュースを聞いて送ってくれたようだ。ありがたい。

計画停電は当分続くらしいが、これでしばらくの停電篭城も心配なくなった。

今日も停電・不気味な余震は時々襲ってくる。罹災地の皆さんのお気持ちを思うとやり切れない。

お日様が顔を見せないから雪割り草も花を全開にしてくれない。

思いがけなお贈り物は、暗く重くなりがちだったところに明るい灯を灯してくれた。

| | コメント (12)

2011年3月21日 (月)

西田」ちづ子さん朝日新聞朝刊に搭載・Kさん陣中見舞い

西田」ちづ子さん朝日新聞朝刊に搭載

3月21日朝日新聞朝刊22面「あの人とこんな話」欄に西田さんの素敵な笑顔の写真入り記事ガ大きく搭載された。

西田さんは藍ちゃんや撫子さんたちの紹介で知り合った方。

ソプラノ歌手でJBKにも「ジャックのまま」さんで何回かコメントをいただいた。(最近はちょっとお休み状態)

コメント会「月見草の会」にも出席していただいた。そのとき何曲か歌っていただいたこともある。

去年は津田ホールでリサイタルを開催。わが師匠坂本先生の篠笛と競演された。

コメント仲間を召集みんなで聞きに行った。

今回は英文の「犬の十戒(犬の飼い主のための十戒)」を西田さんが翻訳され西田さんの恩師大中恩先生(犬のお巡りさん作曲者)が作曲して完成した「犬との誓い」の紹介。

「人も動物もその絆が薄れ、どこか心の通い難い世の中になった。でも歌には理屈も垣根もない。真っすぐ人の心に投げられる。その力を信じたい」

西田さんのコメントが心に伝わってくる。

ブログ「西田ちづ子ファミリー広場」を開設されていたが最近はあまり書き込みがない。その代わりホームページニュウチューブに搭載されている。

西田ちづ子で検索~犬の歌CD~「小さな空」でⅠ分間聞くことができる。

西田さんおめでとうございました。

今朝お電話をするとお忙しい中早速お返事の電話をいただいた。

「犬との誓い」を生で聞くことも夢ではなくなった。コメント会「月見草の会」に来て頂けるのが夢。

Kさん陣中見舞い

雨の中Kちゃんが奥さん手作りの品を持って見舞いに来てくれた。ありが書く涙が出そう。

冷たい雨で温度が上がらないため、夕方は停電がありそう。

| | コメント (9)

2011年3月20日 (日)

罹災10日目2名救出・お焼きと野菜の交換・「鎌倉夏海のひろば」復活

罹災10日目2名救出

宮城県石巻市で罹災10日目ガレキの下から80歳女性と16歳少年の2名が救出された。奇跡の生還。

お焼きと野菜の交換

ハム子から「お焼きを作った」という連絡があった。

自転車でブロッコリー・春菊・レタスなど畑の野菜を持って行って交換。

あの子なりのお見舞いのようだ。

暖かくなって雪割り草の花が増えてきた。この子達もお見舞いに来てくれたのだ。

「鎌倉夏海のひろば」が帰ってきた

しばらく休んでいた夏海ちゃんがブログ「鎌倉夏海のひろば」を復活させた。

是非皆さんのコメントをお待ちしています。

停電なし

| | コメント (9)

2011年3月19日 (土)

クリニック・町内会員訃報

クリニック

飲み薬がなくなってきた。

行きつけのクリニックへ。

連休前でいつもより混んでいた。

町内会員訃報

町内の1歳年上の方が3月10日に亡くなって家族葬で済ませた旨の回覧板が回ってきた。享年78歳。

奥さん付き添いで散歩していたが、最近は姿を見なくなっていた。寒いせいだと思っていた。

お線香をあげに伺う。

盆栽が好きで一抱えもある鉢と奮闘していた。よく話をした方で去年夏ころから体調不良を訴えあちこちで診察を受けたが異状はないといわれていた。

一月になって下痢と吐き気に襲われ胃腸科の診察を受けたところ「すい臓」「肺」にがんが発見された時は手遅れ。ホスピスに申し込んだがなかなか入れなかった。

在宅で診てくれる医師がいて地震を知らずに自宅で旅立った。

ご冥福をお祈りする。

だんだん近くなってきた。

| | コメント (10)

2011年3月18日 (金)

計画停電・福島原発 自衛隊 3号機に向け放水を再開

計画停電

第二グループで午前10時から午後1時まで実施。

もう一度あるかもしれないと言われていたが,今日は一回で終わるらしい。

友人からお見舞い電話

もう30年もあっていなかった友人から「元気だったかや」とお見舞い電話。ありがたい。

明日は朝から計画停電のようだ。

寝過ぎて体調不良? 贅沢。

福島原発 自衛隊 3号機に向け放水を再開

昨日につずいた今日も自衛隊の特殊消防車7台が福島原発3号基に向かって放水。今晩2回目を実施する模様。

昨日の放水で少し放射能の濃度が下がっている様だ。このままどんどん下がってこの作業が無事終了するよう祈るのみ。

自衛隊員の勇気に感動・感謝。

| | コメント (8)

2011年3月17日 (木)

計画停電・自衛隊ヘリコプター・警視庁放水車出動・伯母天寿を全う(百一歳)

計画停電

計画停電実施・第二グループで午後1時から4時まで停電。

ゆっくり昼寝。篠笛練習。

年寄りにはこの時間帯が一番影響がなさそう。

まだまだ節電は厳しくなるらしい。

原発も思うように鎮静化しないしどうなるんだろう?

自衛隊ヘリコプター・警視庁放水車出動

3号基、4号基が異常事態を迎えたらしい。

自衛隊ヘリコプターが上空から4回海水を投下。

風もあって上手くいかない。それでも少しは効果があったようだ?

午後4時ころからは警視庁の高圧放水車で放水。の予定が午後7時まだやっていない。何かがあったのだろうか?

一方外部からの高圧電流を直接引き込む作業も進めているようだ。

もっと早くやれなかったのか。今日やっていることが最後の手段のようだ。

放水は今後も続けるようだがこれが駄目ならもうお仕舞か?

何でもいい成功を祈る。

伯母天寿を全う(百一歳)

信州の伯母が天寿を全う(百一歳)した。

時節柄家族葬にしたと、甥のブログ(里山の日誌)で知らされた。

優しい伯母さんだった。ご冥福をお祈りする。

| | コメント (11)

2011年3月16日 (水)

「計画停電」実施・地震の後片付け

「計画停電」

「計画停電」全く計画的でないね。

昨日午後6時20分、第二グループの停電が始まったが家のTVがニュースを伝えている。今度も逃れたのかとバーちゃんと喜んでいた。

ところが午後7時5分何の前触れもなく突然停電。

覚悟をしていたから驚きもしなかった。

やるならヤルで予告どおりにやって欲しい。

今日も午後三時から七時までの間実施。

改めて電気のありがたさを教えられた。

地震の後片付け

地震で直ぐ裏の家の物置が壊れ一部家の屋敷にも崩れ落ちた。

今日は壊れた物置の取り壊し作業が朝から行われた。

職人さんが石鹸を持って挨拶に来た。

作業用重機の動きが直接伝わってきて災害被害を実感した。

原発はいよいよ大変なことになりつつあるようだ。

誰かが言っているように、自然を甘く見た罰か?

| | コメント (15)

2011年3月15日 (火)

ものもらい・計画停電・「原発」重大事態

岩手県・津波から92時間ぶり75歳女性救出。

津波に襲われたが、流されなかった自宅で救出されるのを待っていた。無事病院に搬送された。

ものもらい

先日来できていたものもらいが腫れ上がってうっとうしい。

散歩を兼ねて自転車で眼科へ。膿を少し押し出してもらってかなり楽になった。

花粉症と重なってばい菌が入ったらしい。

計画停電

計画停電で通勤電車が影響を受け混乱している。

第二グループで昨日は計画停電実施から外れたた。

今日はするらしい?やるかやらないかはっきりしない。やるとすれば午後7時から10時まで。

初めてのことで東電の対応もヨチヨチで不安を煽っている。

スーパーなどに食料類はなく、ガソリン、灯油もなくなってきた。まさに非常事態。

今日も早目に入浴、夕食を済ませベッドへ避難。

「原発」重大事態

「原発」は新たな爆発があったり重大事態に突入してきたようだ。

避難指示の範囲を20キロから30キロに広めた。

世界中の注目を浴びている、原発問題・疲れたとはいえ、海水注入ポンプの燃料切れを見逃したり、危機管理体制に問題はないのか?

これ以上被害が拡大しないことを祈念するしかない。

| | コメント (12)

2011年3月14日 (月)

計画停電

計画停電

第二グループで午前9時20分から午後1時まで、午後6時から10時までの2回。の停電。不貞寝以外手はなさそう。

計画停電は初めてのことで東電も混乱している。結局第一グループ、第二グループとも一回目は実施されなかった。

第二回目(午後6時20分~午後10時)の停電は実施される可能性があるという発表があった。

夕食・入浴を早目に済ませベッドに逃げ込むことにする。

9時20分ギリギリで郵便局に確定申告を出しに行ったが午後一時までは受け付け拒否と言うとだった。

被災地での被害は拡大していくばかり。

原子力発電所の状況は悪化へ向かっているらしい。重大事だ。

| | コメント (9)

計画停電・イワウチワ

計画停電

地震被害人事ではなくなってきた。

東京電力は今日620分から地域を分けて3時間程度の停電を実施する。

PC、TVも影響を受ける。数週間続けるらしい。

藍ちゃんとこ自家発電あるかなあ。

イワウチワ

昨日自転車で散歩途中行きつけの山野草店で可愛い「イワウチワ」の花が目に付いて買ってしまった。見るものこじきでいいと思うとつい家の棚においてみたくなる。

イワウチワ(岩団扇) イワウメ科  花期:春. 本州中国地方以北の山地帯の林内や林縁,岩場などに生える常緑 多年草。花弁は 5 枚で,先がギザギザに裂けている。

安曇野の神社の裏山の雑木林で咲いていたのを思い出しつい手が出てしまった。

オフクロがこの花を好きだった。

| | コメント (5)

2011年3月13日 (日)

地震被害拡大・『笛の旅人』JBKコメントの仲間・花粉症

地震被害拡大・

M9,0

気象庁は今度の地震の規模をM88からM90に訂正した。

90と言うのは日本では始めて、世界で4番目のものだそうだ。

時間の経過とともに地震の被害が拡大している。

余震も時々やってくるし諸行事はみんな延期または中止となった。

原子力発電所の爆発被害がこれ以上拡大しないように祈念。

『笛の旅人』JBKコメントの仲間

昨日の発表会控え室で『篠笛』さんですか。始めまして。『笛の旅人』です。と名乗られた。名刺も頂いた。

そういえば一度『笛の旅人』からJBKのコメントを頂いたことがあった。

PCで検索して見ると横須賀市追浜で『笛の旅人』「篠笛愛好会」を主催している方と分った。

しかも「金子由美子先生にご指導を受けておられることも分った。世の中広いようで狭い。

一度訪問の機会を持ちたいと思う。

花粉症

お天気になって雪割り草も綺麗咲きだしている。

防眼用の眼鏡をしてみても花粉症が気になって庭に長くは留まれない。

TVはどこを回しても地震関連ニュース。痛々しくて見ていられない。

昼寝のし過ぎで藍ちゃんの放送を聞き逃してしまった。藍ちゃんごめん。

| | コメント (11)

2011年3月12日 (土)

地震の被害拡大・篠笛発表会・T紙のOさん取材?

地震の被害拡大

時間の経過とともに拡大していく被害の実態。自然の猛威を見せつけられた。

さらに被害は拡大していくようだ。

TVはどこのチャンネルも地震関連の画面のみ。

罹災地の方々に何とお見舞い申し上げていいのか言葉もない。

復興の時の一時も早いことを祈念。

篠笛発表会。

久良岐能楽堂で午後一時開演。

早目に起きて植木たちと少し対話。

着付けの先生が少し早目に来てくれた。

予定していた和ちゃんは友人宅に行って地震の影響でハム子が送ってくれた。十一時出発。道路は空いていてスイスイだった。

もう大勢の方が練習を始めていた。地震関連で欠席者が増えたようだ。

久良岐で歩くのは始めて、歩くコースを確認するなど練習。

午後一時開演でライスさんはトップ。入門クラス全員で「浜千鳥」を合奏したあと6番目に「南部牛追い唄」落ち着いていてよかった。

篠は14番目『竹の唄・坂本先生と二重奏』後半少し吹きながら歩いて演壇を後にする。三途の川を渡ることをイメージして吹きながら歩く練習だというとみんなが笑っていた。

もう、なるようになれと開き直ったのが成功したようだった。兎に角終ってホッと。

T紙のOさん取材?

昨晩突然Oさんから東京本社に戻ったと言う電話を頂いた。その時、今日の発表会のことを話したところ是非とも行きたいと言うことだった。

大地震の後だし無理だろうと思っていた。ところが来て下さった。先生方にも紹介。

後日改めてお会いすることにった。

丁度ハム子が迎えに来て最寄の駅までお送りする事ができた。

Oさんとは一課長の時のお付き合い。25年も昔の話。無理も聞いて貰ったし無理も聞かせてもらった。そんな積もる昔話をするのが楽しみ。

| | コメント (11)

2011年3月11日 (金)

大きな地震

大きな地震

11日午後2時46分、三陸沖を震源とするマグネチュード88の地震があった。気象庁観測史上最高だそうだ。

津波・火災など各地で大きな被害が出ている。

丁度その時外で植木棚の様子を見ていた。台地が大きく揺れ棚に掴まらないと立っていられない。

家の中ではバーちゃんが炬燵にしがみついていた。壁掛けの額が一つ落ち破損、裏の家の外塀が破損して家の屋敷に崩れ落ちて水道メーターの蓋が割れた。しばらく停電。ローソクや懐中電灯を用意したが、停電は夕方までに復活。

明日はいよいよ篠笛発表会。。強い余震が今も続いている。地震騒ぎで練習もままならない。

| | コメント (10)

篠笛個人レッスン・二郎ちゃん千の風に

篠笛個人レッスン

昨日は、二俣川で篠笛個人レッスンの日。自転車に乗っても寒さは少しは楽になってきた。

発表会に向けて特訓。

12日は篠笛発表会。久良岐能楽堂で午後一時開演。

今年は出場者が少なく午後からとなった。

午後一時開演でライスさんはトップ。入門クラス全員で「浜千鳥」を合奏したあと6番目に「南部牛追い唄」

篠は14番目『竹の唄・坂本先生と二重奏』後半少し吹きながら歩いて演壇を後にする。

『竹の唄』先生と二重奏。これまでやらなかった歩きながらの練習、やればやるほど、心配になってきた。

もうなるようになれと開き直るしか手はなさそう。今日少し気合を入れた練習をするしかかない。

花粉症で眼がしょぼしょぼ。ものもらいも少しはおとなしくなってきた。

散歩途中であったクリニックのドクターが心配してくれた。

実は『竹の唄』は去年の発表会でソロで吹いた曲で先生と二重奏にしただけ。

今年あえて同じ曲にしたのは篠には篠なりのこだわりがあってのこと。練習を聞いていたバーちゃんに『何故と指摘されたが・・・』そのうち詳細について語ることもあるだろう。

着付けの先生に最終確認。和ちゃんが車を運転してくれるらしい。

二郎ちゃん千の風に

萩本欽一(69)とのコンビ「コント55号」で国民的な人気を集めた二郎ちゃんこと坂上二郎(さかがみ・じろう)さんが10日午前9時40分、脳梗塞のため、栃木県内の病院で死去した。

享年76歳。ご冥福をお祈りする。

| | コメント (4)

2011年3月10日 (木)

第41回まちだ写好会写真展のお知らせ

41回まちだ写好会写真展のお知らせ

五行歌の仲間光川十洋こと荒川豊さん(

ハマ風表紙の撮影者)が出品している写真展が下記により開催されます。

日時 315320

 10時^1630

場所 町田市民ホール・第二ギャラリー

    町田市森野2-2-36 042-728-4300

町田駅から徒歩8

荒川さんは『風』を光川十洋名で出品しています。

なお

31512時から少しの間、

319(土曜日)14時から1630分までの間、

荒川さんが会場におられるそうです。

皆さんのご来場をお待ちしております。

今日は篠笛個人レッスン。

| | コメント (9)

2011年3月 9日 (水)

ものもらい

ものもらい

左目のものもらいが腫れてうっとうしい。

この前できたとき最後まで医者に行かなかった。

薬も残っているが、前の根っこが残っていたのだろうか。

このままだと篠笛発表会が心配。

外はまだ寒い。ベッドに寝転ぶと起き上がるのが辛い。

昼寝のし過ぎで調子が狂ってしまったようだ。.

少し笛の練習をしてみたが思うようにいかない。

何をするにも根気がどこかに行ってしまった感じ。

明日は篠笛個人レッスン。

| | コメント (9)

2011年3月 8日 (火)

「JBK友の会』の紹介ブログ

「JBK友の会』の紹介ブログ

異風坊さんが36日、自分のブログ「アピタル死ぬもんか・食道がんと闘う」で、JBK友の会のことを紹介している。本人了解の上転載させていただく。

篠笛は「口は悪いが、気は優しく温かな奴」などと褒め殺しで結んでいるがどうなんでしょうね。

「アピタル死ぬもんか・食道がんと闘う」から抜粋。

「皆さんへ
本文のほか、篠笛さんやライシャワーさんのコメントに「JBK友の会」というのが登場しますが、決して変な会ではありません(大笑い)。

第1部で触れましたが、JBKは、「J(丈夫で)B(ボケず)、K(コロリ)」の略です。
このブログのコメント投稿者の中には、がんと闘っている人や父親や母親を亡くした人がいます。

篠笛さんも、約40年前に肺がんが見つかり、声を失いながら(治療と努力の結果、今は会話が十分できます)、肺がんを克服し、いまは前立腺がんと闘っています。

私の「がんと闘う先達」で、口は悪いが、気は優しく温かな支援者です。」

| | コメント (10)

2011年3月 7日 (月)

雪・前原外務大臣辞任。

朝から降っていた雨がいつしか雪に替わった。

あっという間に一面を銀世界に変えた。

花を咲かせている雪割り草が震えている。

折角頭を覗かせた蕗の薹がかわいそう落ち葉を掛けてやるクライのことしかできない。

一旦は止んだ雪も明日朝に掛けてまだ降るらしい。

前原外務大臣辞任。

前原外務大臣は知り合いの外国人女性から献金を受けたことが発覚し辞任した。

潔しと言うべきか・お前もか?という感じ。

TVで国会中継をやっているが見る気がしない。

| | コメント (8)

2011年3月 6日 (日)

Y氏お通や・蕗の薹

Y氏お通や

Y先輩のお通や茅ヶ崎。

ライスさんが迎えに来てくださって大助かり。

こんな時にしか会えない昔の仲間が大勢見え、控え室を二箇所も設けられるほどだった。

ご冥福をお祈りするのみ。

蕗の薹

安曇野育ちの蕗の薹、畑の隅に植えてあったのを忘れていた。

ブロッコリーを採る時足元に蕗の薹が頭を覗かせていた。

落ち葉を掻き分けてみると直ぐ近くに仲間も隠れるように頭を見せてくれた。

「春だよ植え替えの準備はできたか」と呼びかけているようだ。

去年他の植木を植え替えるとき根を深く切り過ぎてしまって心配していた。

どんなに傷みつけられてもチャンと忘れずに顔を見せてくれる。

元気で芽を出してくれたが嬉しい。

最近色々あって、チョット弱気の虫が出てきたのを承知してハッパを掛けに来てくれたらしい。

| | コメント (11)

2011年3月 5日 (土)

「JBK友の会」打ち切り時期

寝不足・疲労の蓄積

最近何故か寝不足が続き昼間ゴロゴロしている時間が多くなってしまった。

加えて花粉症の襲来。気分晴らしに庭に出た途端眼はショボショボ、鼻水タラタラとても花たちの話し相手をする雰囲気にならない。

この間、突然会った知人から、

『JBKは欠かさず観ている。連日更新も大変だが、コメントにお付き合いする人も大変だね』

その人が漏らした一言。がその日以来頭から離れない。

ゴロゴロしていても考えることはそこに集中していく。

確かになりふり構わず毎日更新を旗印に取り留めのないくだらないことを書き続けてきた。

書くのはいいとしてコメントにお付き合いしてくださっている人の迷惑について余り考えたことがなかった。

『人様にご迷惑をお掛けしないで静かに店仕舞い』。『JBK』の趣旨と違うのではないか。考えれば考えるほど、そんな思いが支配的になってきた。

『JBK友の会』をいつ打ち止めにするか?いつかは考えなければならないこと。

コメント数は13000を超えた。しばらくやっていないコメント会の後がタイミング的に一番いいのかもしれない。

気になっていた「篠笛を楽しみま専科」はそれぞれ世話人を決めた。

今日一日そんなことを考えていた。

これも寝不足のお土産。

| | コメント (15)

2011年3月 4日 (金)

「篠笛を楽しみま専科」鶴ヶ峰教室・棚のはなしあいて

「篠笛を楽しみま専科」鶴ヶ峰教室

今日も風が冷たく真冬に逆戻りしたよう。

「篠笛を楽しみま専科」鶴ヶ峰教室、参加10名。

風邪等体調不良で休まれた方がおられた。早く元気になってください。

それぞれが選んだだけあって持ち歌はいい音色で聞き惚れた。

家で吹くともっといい調子で吹けるんだがここに来ると萎縮してしまうと弁解。

みんな持ち歌は上手に吹けるのに、意外に音出しが苦手の様子。

みんなで楽しく昼食会。『こんな素敵なメンバーと知り合いになって、楽しい時間を過ごせるのも笛のお蔭と笛が取り持つ意外な絆に感激しきり。

棚のはなしあいて

寒いと言いながら3月になって草花の動きが活発になってきた。

寒風に吹かれながらも、雪割り草も3分の1くらいが綺麗に咲いて話しかけてくる。

この花をこよなく好きだった人がいた・・・・。

| | コメント (9)

2011年3月 3日 (木)

眼科・シミドウ教室・昔仲間のお通や

眼科

目薬が切れてしまった。急遽午前中自転車でかけつける。今日は風が昨日より冷たかった。

シミドウ教室

寒い中みんなよく顔を出してくれた。

藍ちゃん一家に救われたウサギちゃんは自宅と言うこと会えなかった。

音出しの後それぞれの持ち歌を披露して貰った。

突然ガッツさん、ライスさんが顔を出されて皆ビックリ。

ガッツさんに篠笛を勧めたが全然その気はなさそう。

藍ちゃんたちがお母さんのお見舞いに行かれるということで少し早目に切り上げた。

昔仲間のお通や

19時から昔仲間のお通や。時間が余ったが一杯やるわけにもいかない。

西口の映画館に入ったがこれほどつまらないのは始めて。寝過ぎてしまった。イビキをかいても回りに人はいないから安心だった。

お通やには仲間の人が何人かおられて昔話。

Kさんは裏方の仕事を陰日なたなく努めておられた。

無駄なこと言わず絶えず笑顔を絶やさない優しい、真面目な方だった。(享年79)ご冥福をお祈りするのみ。

エレベーターの中で妙齢なご婦人から挨拶された。名前を言われたが知らない人。傍にいた方が気をきかせて現役の国会議員の奥さんだと教えてくれた。

精進落としをと案内されたが一階上で階段を上がっていく気がしない。失礼して西口で軽く一人酒でお清め。

明日は鶴ヶ峰教室。明後日はY氏のお通や。忙しいね。

| | コメント (9)

2011年3月 2日 (水)

Gセンター診察日・ガンがあっても自分らしく生きるために

Gセンター診察日

3月だと言うのに肌寒い。小雨が降っていたが自転車にした。

自転車は下り坂はスピードを上げると冷たい風が差し込んでくる。

それでも待合室は満員。

6月は誕生日。平均寿命まで来たね。肺の方も異常なさそうだし、マーカーも落ち着いているから、そろそろ注射も3ヶ月に一本にしようかね。』

余命を平均寿命まで、と言ったことを覚えているようだった。

聞き方によってはどちらとも取れる、意味深長な言葉。そんなことを気にしていられない。

月一本だった注射が近いうちに3ヶ月に一本になるらしい。と言うことでよしとしよう。

一本5万円の注射を打ち、処方箋で2200円の薬を貰って帰る。

O先生、S相談室長に挨拶。

S相談室長からお宅のブログは影響力があるから暇な時載せてくれない。とがん患者向けのセミナーのチラシ(下記)を渡された。多数の皆さんの参加をお待ちしています。

訃報2

昔の仲間が旅立ったと言う知らせ。

ガンがあっても自分らしく生きるために

~ガンの患者会の活用~

日時 23326日(土曜日)1330分~16

場所 ワークピア横浜2階 おしどり・くじゃく

中区山下町24-1(山下公園前、県民ホール隣)

参加費 無料

内容

『医師とのコミュニケーションと患者会の活用』

神奈川県立ガンセンター 医療相談支援室 清水 奈緒美

『患者会と私の体験』

患者会コスモス(がん患者・家族の会)

あけぼの神奈川(乳がん患者会)

港笛会 (喉頭摘出者の会 発声訓練教室)

オストミー協会(人工肛門・人工膀胱保有者の会)

それぞれの会代表者から話があった後直接来場者との対話も用意してあるそう。

連絡先

神奈川県立ガンセンター医療相談支援室 045-391-5761

| | コメント (10)

2011年3月 1日 (火)

棚造り・松沢神奈川知事、都知事選に出馬へ

棚造り準備

色々の書類・JBKのコピーなど棚が一杯になってきた。

「不要な物は捨ててしまえばいいのに・・・』

バーちゃんの忠告を無視してきた報い。

壁に少しスペースがあるのを発見。棚造りを考えた。知り合いの家で見た棚支えの器具を探しているがナカナカ見つからない。

ハム子に頼んであちこちの100円均の店を回って6店目で目当ての物を購入。棚造りは後日。

棚から棚へ移し換えるだけだが少しは身辺整理の足がかりとなりそう。

不要な書類をシュレッターにかけるが直ぐ加熱して停止してしまい、ナカナカ動かない。

いかにして捨てるかが整理の基本だと言うが、ナカナカ思い切りが付かない。

松沢神奈川知事、都知事選に出馬へ…きょう表明

 神奈川県の松沢成文知事(52)は、4月に行われる東京都知事選に出馬する意向を固め、関係者に伝えた。今夕都内で記者会見し、正式表明する見通し。

| | コメント (11)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »