« 西田」ちづ子さん朝日新聞朝刊に搭載・Kさん陣中見舞い | トップページ | 障子・唐紙の張替え・原発状況悪化・選抜高校野球・プロ野球 »

2011年3月22日 (火)

安曇野からお米の差し入れ

安曇野からお米の差し入れ

信州の姪(里山の日誌の管理人の妹)から優しさと思いやりの篭った安曇野のお米がどっさり送られてきた。

重くてバーちゃんには持てなかった。

米不足のニュースを聞いて送ってくれたようだ。ありがたい。

計画停電は当分続くらしいが、これでしばらくの停電篭城も心配なくなった。

今日も停電・不気味な余震は時々襲ってくる。罹災地の皆さんのお気持ちを思うとやり切れない。

お日様が顔を見せないから雪割り草も花を全開にしてくれない。

思いがけなお贈り物は、暗く重くなりがちだったところに明るい灯を灯してくれた。

|

« 西田」ちづ子さん朝日新聞朝刊に搭載・Kさん陣中見舞い | トップページ | 障子・唐紙の張替え・原発状況悪化・選抜高校野球・プロ野球 »

コメント

御隣の80歳のおじさんは、宮城県の約1000人の遺体が発見された南三陸町の隣町出身。実家と10日ぶりに連絡が取れたと言って安堵の御顔を見せて下さった。雪割草が開花して、北国に1日も早い明るい春がきてほしいものです。

投稿: 山猿 | 2011年3月22日 (火) 18時20分

花が咲き始めました。
陽が強く当たる場所では、どんどん花の開花が進んでいますね。
見ていると、いま世の中でおきていることをしばし忘れてしまいます。

投稿: アルキメデス | 2011年3月22日 (火) 19時24分

安曇野からの温かい贈り物、篠さんの優しさへの恩返しかも?嬉しいですね。

宮城県の友人と昨晩連絡が取れ無事を確認。水道とガスはまだ駄目らしいです。
テレビを見ながら毎日胸を詰まらすこと数度、涙尽きること無しとか。

「朝日求人」の記事、西田ちづ子さんのオフィシャルサイトで拝見しました。有難うございました。

投稿: 竹 | 2011年3月22日 (火) 19時56分

優しい差し入れで心がポカポカ♪
余震が何度も何度もやってきて不気味だけれど、差し入れのご飯を食べたら勇気がわいてくるねo(^-^)o

投稿: 撫子 | 2011年3月22日 (火) 20時39分

 パソコンのご機嫌が悪くブログが開けず、なかなかコメントを書き込むことが出来ず難儀しています。

 それにしても腰原家の皆さんは、ホントに結束が固く優しくて、助け合いの精神に満ち溢れていて羨ましい限りです!
 

投稿: ライス | 2011年3月22日 (火) 22時07分

 篠さんの普段の心がけが、遠い親戚を近くに引き寄せるんだね。

 それにしても、大地震・大津波は、悲しい出来事だけど、日本人の精神文化の高さが、証明された。助け合う優しい心が息づいている。外国のメディアも賞賛している。暗闇に、ポッと明かりがついている気がする。
 

投稿: 異風坊 | 2011年3月22日 (火) 22時10分

元気の出るお米だと思うよ。この頃、寝巻きというより、外に出てもいいような服で寝てる。

投稿: 藍弥生 | 2011年3月23日 (水) 00時04分

篠笛さん宅に姪御さんから届いたお米のお話は、うれしくなりますね。今、心温まる話題は心に沁みますね。

投稿: なっちゃん | 2011年3月23日 (水) 00時25分

叔父さん
フサコが「お米」送ったんですね。オレが真っ先にしなくてはいけない事を、妹に先をこされてしまいました。
オレもそう言うところが気が利かなくて、兄として、腰原の家を守る者として恥ずかしいです。
「里山の日誌」も続けることが最優先となり、自分のことばかりの毎日で、今日はそのことも自分は小さいなと思いました。自分を大きく見せるつもりはありませんが、自分の日誌を人に見せることはいろいろ難しいです。

投稿: 広津のハルキ | 2011年3月23日 (水) 04時12分


山猿さん
被災地にもこちらにも一日でも早く春が来てほしいものですね。
この間はありがとうございました。

アルキメデスさん
花をはじめ自然の営みには人間は及ばないことを教えられましたね。

竹さん
宮城県の友人ご無事でよかったですね。
西田さんの記事見ていただいてよかったです。

撫子さん
高いところにいるからゆれが強いんだろうね。
早く収束すればいいね

ライスさん
パソコンも怒っているようだね。
そんな状況下でコメント恐れ入ります。

異風坊さん
何も言わなくても黙ってやってくれることが嬉しいですね。

藍ちゃん
ホント、元気が出てきた。
地震が生きていく自信を強めてくれた。
藍ちゃんも忙しいからそうした服装がいいよ。

なっちゃん
本当に嬉しかったですよ。
一粒も、粗末にできません。

広津のハルキ君
あの子もいろいろ大変なのに気を遣ってくれて嬉しかったよ。みんなが羨ましがり褒めてくれた。
お前もフサも広津のババの血お受けついで優しいからね。
清ちゃんとは電話で話したがフサはいなかった。機会があったらお前からも「喜んでいたよ」と伝えておいてよ。
ブログは日記の公開だから難しいところがある。
でもブログのお陰で広津のお墓が地震でも大丈夫だったなどことが分かったり、、お前ともこうして話ができる。
無理のないところで続けていこうよ。
里山の日誌も皆さんが見てくれているからね。
ババが好きだった「イワウチワ」が今満開だ。ババの導きかもね。
これからもよろしく頼むよ。

投稿: お篠 | 2011年3月23日 (水) 05時07分

久しぶりにお邪魔します。

皆さんのコメント読んでほっとしています。
地震以来、自分のブログさえなかなか更新できずいました。

おかげさまで二人の兄の無事がわかって、あまりにほっとしたのか、力が入りません。
昨日3週間ぶりに笛にさわりました。

色々な方からご心配や励ましをいただいて、あらためて感謝の気持ちがいっぱいです。
その中で「転ばないでね」というのが多くて、思わず笑っちゃいました。はい!

今朝も余震が何度もありました。
皆様どうぞお気をつけて。

投稿: ルピナス | 2011年3月23日 (水) 08時47分

ルピナスさん
いろいろ大変なと時にコメントいただいていたのに停電騒ぎでお返しコメントが遅れて申し訳ございません。
笛に触るまでに元気回復のよし安堵しております。
停電のときは練習に最高だとある仲間が言っております。
この騒ぎ早く終わるといいですね。

投稿: お篠 | 2011年3月24日 (木) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 西田」ちづ子さん朝日新聞朝刊に搭載・Kさん陣中見舞い | トップページ | 障子・唐紙の張替え・原発状況悪化・選抜高校野球・プロ野球 »