« 強い季節風に負けないシラユキゲシ | トップページ | M紙のM支局長さん本社へご栄転・ウチョウランの芽吹き・早起きは3文の得 »

2011年4月24日 (日)

里山の日誌・鉢物の植え替え

里山の日誌

信州の甥がブログ『里山の日誌』で安曇野の山桜を紹介してくれた。

あそこは小学校の遠足で行った記憶が蘇った。

安曇野の同窓会も欲をかいてあちこち顔を出そうと計画して全部を回るのは無理のような気がする。

後何回?そう言われると応えようがない。

鉢物の植え替え

天気もよし花粉もあまりない。庭作業には言うことなし。

松など大物の鉢の植え替えに取り組む。鉢が大きくて動かすのに一苦労..。

もう来年は無理かと想う。

|

« 強い季節風に負けないシラユキゲシ | トップページ | M紙のM支局長さん本社へご栄転・ウチョウランの芽吹き・早起きは3文の得 »

コメント

安曇野の山桜は美しくて一度見てみたいですね。本日は、サカタへ行き棕櫚竹の植え替え時期は今がいいと聞き、3鉢と他に7鉢ほど植え替えました。二輪草が御苦労さんと言ってくれているようでした。

投稿: 山猿 | 2011年4月24日 (日) 20時41分

里山の日誌、拝見させて頂いています。素晴らしい山桜の写真、感動しています。楽しみが増えましたね。

午後、町内吟詠教室。

投稿: 竹 | 2011年4月24日 (日) 21時00分

 里山の日誌の桜山は、見事ですね。 自然いっぱいの信州精いっぱい楽しんできてください。

 篠笛家から嫁入りして来たイワヒバ・大文字草の寄せ植えの鉢から、ウチョウランと思しき新芽が5~6本出てきているのに今朝気づきました。
 大事に育てればウチョウランが咲くかも!

投稿: ライス | 2011年4月24日 (日) 21時22分

里山の山桜、綺麗ですね〜♪
たっぷり故郷を満喫して来て下さい。
お土産話を期待してま〜す(^.^)b

投稿: 撫子 | 2011年4月24日 (日) 22時00分

常雄叔父さん
日誌を紹介していただきありがとうございます。実家からの帰り道、広津小学校〜広津ノ宮〜足沼の家〜大峰へと寄り道をしました。
足沼の家の庭に野生のスミレが咲いていて、祖母が「常、待ってるぞ」と言っているような気がしました。

同級会の会場は「八寿恵荘」とのこと、標高が1000mもあるので桜はまだでしたが、天気が続けば27、28日頃には8分咲きくらいにはなると思います。大カエデは八寿恵荘から車で3分くらいですので見てください。今の時期も朝晩の姿は絵になります。日誌に紹介しておきました。

コメント仲間の皆さま
信州安曇野を旅することがありましたら、ぜひお声をかけてください。ガイドブックには載っていない「常雄叔父のルーツ」のスポットを沢山紹介します。土日でしたらオレの車で案内します。

投稿: 広津のハルキ | 2011年4月24日 (日) 23時18分

笛、持っていってね。母さんの歌、練習してるよ。

投稿: 藍弥生 | 2011年4月24日 (日) 23時24分

山猿さん
植え替え大変でしたね。
二輪草可愛い花ですよね。
篠笛教室研修会を安曇野で!!いいね。よろしくお願いいたします。

竹さん
里山は春真っ盛りのようですね。

ライスさん
もしかしたらウチョウランが生き返ったようで嬉しい知らせですね。

撫子さん
行く前からもう帰ったつもりにさせられてしまっている。
あの山中でたっぷり笛を吹いてみたいね。

広津のハルキ君
色々案内ありがとう。
28日仕事が速く終わるよう祈っている。
大嶺から大日向に降りる自動車道があるんだね。

藍ちゃん
笛は持っていく。安曇野の山で思い切り吹いてくるよ。

投稿: お篠 | 2011年4月25日 (月) 08時36分

いまブログで昭和50年の元旦に起きた青木湖バス転落事故のことを書いていたところ。

大変な事故だったけど、残雪の北アルプスといい、雪解け水が流れるワサビ畑といい、素晴らしいところだもの。
心おきなく楽しんできてね。

あと何回なんて言わないで、何回でも同窓会やればいいじゃないの。

投稿: 異風坊 | 2011年4月25日 (月) 11時32分

私は30日に飯田に帰省。
安曇野へは5月2日(月)に、両親と夫と4人で
車でいく予定です。
毎朝テレビであの風景を見ていますから、
もうすっかり行った気になっていますが・・・(笑)
天気がいいといいなあ。

広津のハルキさま、はじめまして。
山里の日誌、写真が素敵ですね~。
というわけで、今回、伊那谷から初めての安曇野探訪です。
常雄叔父さんのスポット、楽しみにしてますね~
(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

投稿: kikkoro | 2011年4月25日 (月) 15時32分

kikkoroさま

安曇野は初めてと言うことなら、まずは定番の名所をまわられた方がいいですね。
■観光地は
・大王ワサビ農場・道祖神・北アルプス・碌山美術館
・ちひろ美術館・国営アルプスあづみの公園…とかですね。
■名物の味は
・灰おやき・信州そば・ニジマス・ワサビ漬け…
■温泉(日帰り可)は
・湯多里山の神・長峰荘・しゃくなげ荘・すずむし荘
・ほりでー湯…
■お土産は
・ほりがね物産センター・ビフ穂高・
三郷サラダ市・あずみ野ガラス工房…
などですね。
---
「常雄叔父のルーツをめぐる旅」は、
かなりマニアックなコースになってしまうので、
車で簡単に行けるところを2、3紹介しておきます。

■花林糖の「蔵久」
叔父の親友、青柳さんが会長をなさっている老舗のかりんとう屋さんです。安曇野の造酒屋を改築して、営業しています。
お屋敷は登録有形文化財で防風林に囲まれた、素晴らしい建物です。映画のロケにちょくちょく使われています。
※里山の日誌、2011年2月10日(木)の建物で、大小の蔵が沢山あります。その場で揚げてくれるアツアツのかりんとうは美味いです。お土産には「源作」と言う太いかりんとうがお勧めです。
叔父の学生時代、かりんとう工場でバイトをしたとか、そんな話しを聞いたことがあります。

■夢農場
叔父が遠足で来た場所は『桜仙峡』かと思いますが、夢農場はその桜仙峡のさらに谷底にあります。車で行けます。ナビがあれば迷うことはありません。
※里山の日誌、2011年4月21日(木)で紹介しましたが、今ちょうど山桜と菜の花のコントラストが素晴らしいです。連休中は込むと思いますが。

■安曇野おやき村
叔父が弁当代わりに毎日学校へ持って行った、「灰おやき」が食べれます。皮が厚く、食べごたえのある昔ながらの灰おやきは、故郷、安曇野の味がつまっています。叔父は同級生の白米弁当とおやきを交換して食べた、と言ってました。

通は「勝家」という灰おやき専門のお店に行きますが、食べ慣れない方にはちょっと抵抗があるかも。
※明日の里山の日誌に書いておきます。

5月2日はオレは仕事ですので、
すみません、ご案内が出来ません。
お父さんお母さんがご一緒なら、
無理のない計画を立ててください。

投稿: 広津のハルキ | 2011年4月25日 (月) 19時23分

kikkoroさん
信州旅行も行き違いのようですね。
普段の分を含めてしっかり親孝行してきてください。

甥のハルキ君が私のブログで詳しく安曇野の案内をしています。参考にしてください。

異風坊さん
信州はいつ行ってもそれなりの風情があるが特に早春は草花や木々に勢いがあってなんともいえない。
あいにく27日は雨らしい。
M紙のMさんが本社に転勤らしい。

広津のハルキ君
いやいや安曇野の詳しいガイドありがとう。
kikkoroさん参考にしてください。

投稿: お篠 | 2011年4月25日 (月) 20時19分

広津のハルキ様

さっそくご丁寧にどうもありがとうございます!
まずは、観光地めぐりから始めますね。
たくさん見所があって、どうしましょう(笑)
“常雄叔父さん”と私の父は(確か)同じ年なんです。
(父の名は梅雄といいます。名前も似てる?( ^ω^ ))
ゆっくりといい旅をしようと思います。

明日の里山の日誌も楽しみにしてますね~。

投稿: kikkoro | 2011年4月25日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 強い季節風に負けないシラユキゲシ | トップページ | M紙のM支局長さん本社へご栄転・ウチョウランの芽吹き・早起きは3文の得 »