« 広津常磐木同級会(小学校同級会) | トップページ | 吐き気・コメントの皆さんに »

2011年4月29日 (金)

出席者は12人・ハルキ君の訪問・姉を誘って松茸山荘・

出席者は12人

27日同窓会の出席者は十二名。

主催者も驚いていた。出席者たったの12人。会員の三分の一が故人、欠席理由は本人病弱、連れ合いの看病とのこと。79歳という年齢では当然のことだろう。

女性は2人。

そうした中で遠方からの参加と言うことで乾杯の音頭を指名された。

不参加の主な理由はどうやら開催会場にあったらしい。

大嶺高原山中で、地元のものもあまり知っていないところで交通の便が悪い。

カラオケの機械も調子が悪くまごまごしているう間にトップバッターで手を上げ笛を吹いた。機械が正常になるまでに5曲吹き続けた。

ハルキ君の訪問

宴たけなわの会場に突然ハルキ君夫婦が来てくれた。

プロのカメラマンのハルキくんが集合写真を撮ってくれた。

『場所的に電波の調子もよくないようだから、叔父さんの代わりに俺の『里山の日誌』で紹介しておきますよ』

と早速27日の日誌に集合写真を載せて紹介してくれた。ハルキ君ありがとう。

お墓参り

幹事があちこち知られていないない名所を案内してくれる計画になったいたがキャンセル。ハム子が迎えに来てくれて安曇野の墓参。山道を降りている途中突然の吐き気・・・・。

嫂がおやきを造って待っていてくれたが食欲はなし。

墓前でかあさんの唄、ふるさと、千の風になってなど思い切り吹いたが調子は上がらない。

田んぼ仕事をしていた村人が一緒に聞いてくれようだった。

姉を誘って松茸山荘

今年一月四日突然兄、妹に先立たれて一人で悲しみから抜けきらない姉を誘った。

宿も震災の影響でキャンセルが続き宿泊客はわれわれだけだった。

そのためかサービスは飛び切りで姉は大喜びだった。

夕食後マッサージを呼んでやってもらった。

他に宿泊客がいないので姉が知っている、青葉の笛、ふるさと、江戸子守唄、千の風になって、桜、荒城の月などを吹いた。

青葉の笛は小学校の唱歌で姉は学芸会でこの唄を独唱したと聴いていたので繰り返して吹いた。普段控えめな姉だが笛に合わせて歌い始めた、ふるさとも、荒城の月も一緒に歌ってくれた。

『歌を歌うなんて何年かぶりだよ。』と元気になったようだった。

それが何より嬉しかった。

PCはご機嫌斜め

山間のせいか電波事情がよくないらしくインターネットに接続できない。

PCなんかかまわず姉さんと話をしなよ』と言っているようだった。

|

« 広津常磐木同級会(小学校同級会) | トップページ | 吐き気・コメントの皆さんに »

コメント

色々な場面で笛の演奏が活躍されていて素敵ですね。特に「青葉の笛」では、お姉さまに本当に素敵な時間をプレゼントされましたね。私はまだまだ引っ込み思案になってしまいがちですが、せっかくやっているのだから、お篠さんみたいに機会あるごとに進んで吹けるように頑張ろうと思います。お疲れが出ているようなので、早く回復されますよう祈っています。

投稿: りん | 2011年4月30日 (土) 07時52分

りんりんさん
今度感じたのは笛の持つ不思議なエネルギーです。
難しい曲を上手でなくても心込めて吹くことによった聞いている人の心に伝わることを感じました。
79歳の同窓生が幼いころ歌った荒城の月、ふるさとにはアンコールの声が出てみんなで合唱していました。
りんさんはあんなにお上手なんですからどこでも誰にでも感動を与ええています。
りんりんさんの音色に追いつくよう頑張っています。

投稿: お篠 | 2011年4月30日 (土) 09時17分

お疲れの中、コメントと励まし、恐縮です。でも素直に嬉しかったです。お篠さんの笛に対する姿勢をお手本に頑張ります!

投稿: りん | 2011年4月30日 (土) 10時30分

ハルキクンに会えて、よかったね。

投稿: 藍弥生 | 2011年4月30日 (土) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広津常磐木同級会(小学校同級会) | トップページ | 吐き気・コメントの皆さんに »