« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

和ちゃんと鎌倉人力車・ハマ風38号に藍チャンの紹介記事・風のかけら選者訂正

和ちゃんと鎌倉人力車・

和ちゃんと去年鎌倉を散策した時人力車に乗る約束をした。就活や試験でなかなか実現できなかった。

『早くしないとオジイチャンいなくなっちゃうぞ』とハム子にせかされて今日の運びとなった。

一口で言うとお互いの「想い出造り』と言うところ。

台風一過散策日和。コース行く先は車夫さん任せ。

一時間15000円裏道周りの穴場めぐり。結構楽しかった。

終わっていきつけの『ムギトロの店』でビールで乾杯。楽しい一日だった。

ハマ風38号に藍チャンの紹介記事

ハマ風38号102ページハマのプラザに藍チャンの紹介記事が載っている。

紹介者は誰あろう篠笛である。いまさら藍ちゃんの紹介でもないが、編集者の意図はちょっと違っていたらしい。

ルピナスさんに発破を掛けられ、文字数に制限があって言い尽くせない部分もあるが、是非ご覧になってください。

風のかけら選者訂正

昨日のJBKでハマ風38号風のかけらで篠笛の歌を選んでくださったのは希雲さんでなく岡本まさ子さんでした。お詫びして訂正いたします。岡本さん改めてありがとうございました。

| | コメント (9)

2011年5月30日 (月)

ハマ風38号入選コメント衆

ハマ風38号入選コメント衆

ハマ風38号が送られてきた。JBKコメント衆山猿さん、ふくろうさん、ライスさんの三名入選。

皆さんおめでとうございました。

風のかけらで篠笛も選んでいただいた。

松本希雲選 金川孝己(山猿)作

男は外で

七人の敵と・・・・

玄関を入れば

味方のはずまでが

内の敵

岡本まさ子選 桑原耐子(ふくろう)作

これほど連日

目にすることが

あっただろうか?

「耐」という

文字を

田中きみ選 米沢節郎(ライス)作

子供も孫も

私の欠点を

そっくり受け継いでいる

どうにかならんか

DNA

風のかけら

岡本まさ子選 腰原常雄(篠笛)作(岡本さんありがとうございました。励みになります)

サヨナラの一言に

思いを込めるようになって

何かが変わって

重くなった

別れの言葉

| | コメント (11)

2011年5月29日 (日)

「ソルベット(ユリ科の仲間)」開花

「ソルベット(ユリ科の仲間)」開花

山猿さん家から嫁いだ「ソルベット(ユリ科の仲間)が可愛い花を咲かせてくれた。

ユリの花と形は同じで花の淵だけがピンク色で珍しい花。台風を避けて玄関に入れた。

蕾はまだたくさん付いているからこれから楽しみ。

梅雨の雨

台風2号は関東に来るころは熱帯低気圧に変わるらしい。

風が強ければ折角伸びてきたモロッコインゲンが心配。

梅雨入りの予報通りジメジメとした雨。イワヒバだけが嬉しそうに葉を一杯広げている.。

明日はお天気になってほしい。

| | コメント (12)

2011年5月28日 (土)

関東も梅雨入り宣言・区内OB総会・マッサージ

関東も梅雨入り宣言

気象庁は昨日、関東も梅雨入り宣言。平年より12日早いそうだ。台風2号のおまけ付らしい。

畑の作物が心配だ。

気温の変化が気に入らないのか月見草が花の咲くのを躊躇っている。

区内OB総会

区内居住のOBの年一度の総会。雨で自転車は駄目。歩き。

会員は180名。参加者65名。参加最高齢者92歳。

地元のトップが挨拶。高齢者を狙った引ったくりと振り込めサギが多いそうだ。

マッサージ

長居をしても酒を注がれるだけソットねけだして行き付けのマッサージ。首から肩に掛けて異常に凝っているとのことだった。

| | コメント (10)

2011年5月27日 (金)

ウグイスの合唱・Oさんから風邪に注意の警報

ウグイスの合唱

今朝早くから複数のウグイスが家の近くにやってきて鳴き声を競い合っていた。贅沢な目覚まし時計。

身を隠す大きな木がない民家近くにきてくれるのは、早朝の天敵のカラスが活動する前を狙っているのかもしれない。

もう寝てはいられない。外に出てみるとピンクに変身した月見草が迎えてくれた。

Oさんから風邪に注意の警報

「たちの悪い風邪がはやってっます。注意しましょう」とOさんが朝、元気で遠くの方から声を掛けてくれた。ちょっと顔が見えないと心配していた。

散歩仲間で食道がん手術のOさん再発して放射線治療を受けた。残ったものを内視鏡で切除する予定だった。ところが当日風邪を引いて体調を崩し治療中止。治療は6月に延期になったらしい。

「風邪は気をつけましょう」と、溢れるばかりの明るい元気な声を残して散歩を続けていた。

| | コメント (9)

2011年5月26日 (木)

勇気ある大学生英ちゃん命日・篠笛個人レッスン・姉検査結果好転

勇気ある大学生英ちゃん命日

昭和60年5月26日、横浜市南区で大学生が路上強盗犯人を捕まえ連行した交番で刺殺された。

たまたま交番のお巡りさんが不在だったことなどから、大きな社会問題となった。扱った事件でもっとも、忘れられない忘れてはならない事件だった。

ご両親は健在で毎年年賀状を頂いている。

心を籠めて「千の風になって」を吹奉。

篠笛個人レッスン

五行歌朗読会の篠笛演奏の報告・反省会。

青葉の笛、江戸子守唄(編曲)などを教えていただく。

次回は撫子さんと「荒城の月の二重唱」を練習開始。少し長いから大変。

姉検査結果好転の兆し

昨日検査結果を聞きに行った姉から電話があった。

「良い知らせだから直ぐ電話をしたよ。数値がこの前より好転して先生も喜んでくれた。薬も、横浜のアドバイスも効いてきた。」

声も弾んで別人のよう。

| | コメント (12)

2011年5月25日 (水)

庭作業生垣の剪定・枝豆地植え・ウチョウラン+

庭作業

好天気で絶好の庭作業日より。

生垣の剪定

畑北側の生垣の剪定。剪定はさみを新しくしたので切れ味は最高。ごみ袋4個分。後は次回にして終わり。

枝豆地植え

枝豆の植え付け。先日植えた枝豆は15センチほどに延びてきた。収穫をずらすためにブロッコリーの後など畑の空いているところに直植えをしてみた。

ウチョウラン

ウチョウランの花芽が伸びてきた。早いものは花芽に僅か色が着いてきた。開花まで一週間くらいか?

東京ドームで買ってきた球根は始めて見る花。毎日が楽しみ。

| | コメント (10)

2011年5月24日 (火)

冬に逆戻り・五行歌朗読会のスナップ写真・O氏告別式

冬に逆戻り

寒さが逆戻りして庭の草花がかわいそう。

頭をのぞかせ始めた枝豆の芽の成長が止まってしまった。

ようやく咲き出した黄色の孔雀サボテン。冷たい雨を受けてうなだれてしまった。中にはつぼみそのものが落ちてしまったものも見受けられる。

クリーニングに出そうと想っていたセーターを取り出して着てもまだ寒い。

午後は晴れ間も戻ってきたが肌寒い。部屋の中でPC相手。

五行歌朗読会のスナップ写真

五行歌朗読会のスナップ写真をdolce さんのブログ「dolceの日誌」に載せていただいた。嫁に行った花たちも紹介していただいた。

ありがとうございました。

O氏告別式

O氏」の告別式だが昨晩の通夜に行って疲れ、家で千の風になってを吹奉して勘弁してもらった。

何人かの方から行ってきたと電話を頂いた。

大勢の人に愛された。

よく飲むのに付き合ってもらった。飲めば「夕焼け空・・・」で始まる歌が得意だった。ご冥福をお祈りする。

| | コメント (11)

2011年5月23日 (月)

コロシのデカ仲間Oさん千の風に・クリニックでも新聞記事が話題

コロシのデカ仲間Oさん千の風に

コロシのデカ仲間Oさん千の風になられた。享年75歳。

ライスさんから教えていただいた。

今晩お通や生憎の雨。ハム子に送り迎えをしてもらう。

長い事闘病を続けておられた。長男が跡を継いでおられる。

ガッツさんなど懐かしい顔が見えていた。

ここでも「新聞見ました」ともっぱら仏様よりも新聞記事が話題。

クリニックでも新聞記事が話題

今朝神奈川新聞を買いに行った帰り行きつけのクリニックの待合室がすいていた。早速診察を申し込む。

受付のナース「あちこちの新聞に載ってチョウ有名人ですね」。と挨拶代わりの言葉に苦笑。医師も同じようなことを言っていた。

| | コメント (5)

ハマ風五行歌朗読歌会が神奈川新聞に

ハマ風五行歌朗読歌会が神奈川新聞に

昨日藤塚報道部長さんがわざわざ取材に来てくださって今日の21面に篠が朗読しているところの写真入で大きな記事にしてくださった。

記事全文(除く写真)を紹介します。

藤塚さんありがとうございました。

あちこちから「新聞に写真が出ているよ。元気でよかった」と電話を頂いた。

被災地に思い寄せ、「ハマ風の会」が五行歌の朗読会/鎌倉

 「桜 さけよ/桜さけ/さくら さけよ/あの地に/さくら さけ」―。暮らしの中で感じた思いを自由に5行で表現する五行歌の朗読歌会が22日、鎌倉市大船の鎌倉芸術館集会室で開かれた。東日本大震災の被災地に思いを寄せた作品も数々読み上げられた。

 主催の愛好者団体「ハマ風の会」(松本希雲代表)に加わる県内各地の歌会参加者約50人が、それぞれ思いを込めて自作の3首を朗読した。冒頭の五行歌を披露した副代表の岡本まさ子さんは、宮城県石巻市で兄が被災、4日目に無事が確認されたという。

 代表の松本さんも、大震災を詠んだ。「地球には/大きな災害でも/宇宙では些細(ささい)なことか/今宵(こよい)は星の輝きすら/心の慰めにはならない」

 ほかにも多くの作品で、無常観や復興への願いなどが詠み込まれた。加えて、五行歌で取り上げる日常の営みの大切さが一層浮かび上がった。

 東北地方をはじめとする方言五行歌など趣向を凝らした朗読歌会は、会員による篠笛(しのぶえ)やハーモニカ、オカリナ演奏、ピアノ伴奏による合奏などで和やかに盛り上がった。

 「ハマ風の会」の問い合わせは岡本さん電話090(5991)4273。

| | コメント (11)

2011年5月22日 (日)

行歌朗読歌会・長門裕之死去

五行歌朗読歌会。午後130分開会。

朗読、方言五行歌、リレー五行歌など盛会だった。

休憩時間にピアノ、オカリナ、ハーモニカー、篠笛などの演奏。

篠笛軍団では4人が参加して喝采を受けた。

神奈川新聞の藤塚報道部長さんがお忙しい中を来て下さった。

五行歌朗読歌会篠笛演奏

挨拶   篠笛

荒城の月・合奏   全員(桑原・金川、腰原、岡田)

浜千鳥        金川

赤とんぼ       岡田

サクラ二重唱    岡田。腰原

アザミの歌      腰原

青葉の笛       腰原

ふくろうさんオカリナで2曲

蓮村さんピアノ演奏赤とんぼ、ふるさとなどをでみんなで合唱。

反省会

帰りは雨になった。大船駅ルミネ7Fで有志で反省会。疲れた。

長門裕之さん死去

俳優長門裕之さん合併症で死去。享年77歳。

去年解離性大動脈瘤の大手術を受けて予後が心配されていた。

| | コメント (11)

2011年5月21日 (土)

七夕のおじいちゃん・明日五行歌朗読歌会

七夕のおじいちゃん

玄関先に置かれたサギ草の寄せ植えを下さった方を探して

心当たりをたずねて回った。

Kさんだと分ったがその家の外孫(小学校4年生)が出てきて「おバーちゃん七夕のおじいちゃんだよ」

と取り次いでくれた。

毎年七夕の時期畑で切った竹を届けている。それを覚えていてくれた。

オムツを当てているころから懐いて「タカタカ」や「肩車」を顔を見るたびやってやった。そんなことも覚えているようだった。

両親が共働きで朝夕おばあちゃんのところで食事をしているらしい。

おじいちゃんは長期療養中。

今年もまた七夕様の時期竹を届ける約束。

五行歌朗読歌会

明日221330分から大船の鎌倉芸術館で五行歌朗読歌会。

休憩時間に篠笛、オカリナ、ピアノなどの演奏が予定されている。

篠笛組みは撫子さん、山猿さん、ふくろうさん、篠。

ふくろうさんはオカリナ演奏もする。

みんな張り切っています。演奏曲は当日のお楽しみ。

入場無料です皆さん聞きにきてください。お待ちしております。

| | コメント (7)

2011年5月20日 (金)

戦友Oさん元気・サギ草の嫁入り

戦友Oさん元気

散歩仲間で食道がん再発を放射線で焼いたOさん

「お年寄りが掃除をしている。元気だななー。と想って近付いてみると先輩だった。その元気のパワーにあやかりたい」

と今朝も二本の杖をつきながらも元気で遠くから呼びかけてきた。

一ヶ月前放射線治療で苦しんだとは思えない元気。

元気の元は「チャランポラン。とNHK.と負けてたまるか」だという。

元気を続けてもらいたい。

サギ草の嫁入り。

玄関先にサギ草の寄せ植えの鉢が置かれていた。

サギ草は芽が2センチくらい伸びたものが20本くらい植えてある。

どなたが下さったのか分らなかった。花好きな方をたずねて回って送り主にたどり着いた。Kさんだった。

優雅にサギが舞うように咲くサギ草の花を見るのが楽しみ。

月見草がないということで代わりに一鉢届けた。

草花がつなぐ優しい絆大事にしていきたい。

| | コメント (10)

2011年5月19日 (木)

シミドウ篠笛教室・児玉清さん死去

シミドウ篠笛教室

前回から院長先生が司会。

ライスさん、純ちゃん、撫子さん、ナンコーさん。山猿さんは欠席。夏海ちゃんが見学にこられ院長の指導で音だしをやっていた。

撫子さんと五行歌朗読会で吹く「さくらの二重奏」や「青葉の笛」「あざみのうた」などを特訓。

終わってからのお茶会はお茶菓子も話題も豊富で楽しい反省会となった。

西口地下街で夕食会

夏海ちゃん、撫子さんを誘って西口地下街のおすし屋さんで早目の夕食。山猿さん欠席、ライスさんは会社に戻って両手に花というところ。

児玉清さん死去

享年77歳。

517日、俳優の児玉清さんが胃がんで亡くなられた。バーちゃんは大のファンでアタックなど好きでよく二人で見ていた。最近やせてきたので心配していたとバーちゃんは嘆く。

| | コメント (9)

2011年5月18日 (水)

五行歌横浜水曜歌会

五行歌横浜水曜歌会

嬉しかったのは初参加の姉の歌が欠席歌の第一席になったほか、篠が出席歌第二席同点で撫子さんも第二席、ライスさんが第三席と今日はJBK関係者の上位入選が目立った。

姉は夫に先立たれ子供もなく一人住まい。今年正月妹と兄にもに先を越されてから体調を崩した。診察結果思いもしなかった病と診断され落ち込んでしまった。

お見舞いに月見草とウチョウランを持っていった。

気晴らしに五行歌を勧めその気になった。松本の姉から歌が送られてきて、今日から仲間に入れていただいた。

月見草は日が落ちて咲き、夜中にピンクに変身して一晩で散っていく不思議な花だ。と言ってあったため花が咲いたとき一晩寝ないで変身するのを観察したらしい。

今日始めて欠席歌で参加させていただいた。

早速第一席入選。五行歌を薦めてよかった。

欠席歌第一席早矢仕あや子作

 一夜限りの命

 一年間耐えて咲く 

 花に学べと

 横浜生まれの

 月見草

篠は姉との電話のやり取りをそのまま詠んだもの。

第二席篠笛作

気かい

お陰さまで

たった  一言

絆 強める

心の電話

同点第二席撫子さん作

背負ったものが

大きければ

大きいほど

何気ない顔を

装ってみる

第三席ライスさん作

母の日に

義母に贈る

笛の音に

合わせて歌う

赤トンボ

撫子さんライスさんおめでとうございました。

狸小路

二次会は山猿さん、ライスさん、撫子さん、ふくろうさんを誘って久しぶり狸小路。

いつもの二階が満席で階下でモツ煮を肴に軽く乾杯。

| | コメント (10)

2011年5月17日 (火)

こころちゃん復活・青じそ移植

こころちゃん復活

13日こころちゃんの命日のことを記事にしたところ意外なところでこころちゃんが復活していることが分った。

不思議なことに藍ちゃんのHPでココロちゃんが藍チャンのHP「メリアルさんのコラム」に藍チャン(獣医師清水宏子―藍弥生)の話し相手として登場していることが分った。

藍チャンは偶然だと言っているが何か不思議。

千の風になっては月見草とともに活きている。

青じそ移植

畑のあちこちで青シソの苗を発見。

ハム子が欲しいと言われていたのを思い出してポットに移植した。

家でもサヤエンドウの跡に植えつけるつもり。

| | コメント (11)

2011年5月16日 (月)

安曇野から山菜・花桃剪定・月見草便り

安曇野から山菜

安曇野の姪から山わさび、こごみ、蕗の薹、せり,いわたけなど山菜がどっさり届いた。

今年は残雪が多くて採取に苦労したらしい。

でも信州の香り満載の山菜は嬉しい。

花桃剪定

春の配達として楽しませてくれた花桃の枝が伸びて日当たりを遮り畑の作物に影響してきた。

遊びに来る小鳥たちにはかわいそうだが、思い切って剪定。

長いのは一年で3メートルも伸びているものもあって後始末が大変。

月見草便り

あちこちから月見草が咲いたと嬉しい便りを頂く。

先日松本の姉のところに持って行ったのも咲いてくれたらしい。

夜中にピンクに変身すると話してあったので姉は寝ないで一晩観察し、不思議な花に感動したらしい。一人住まいの姉にいい話し相手になっているらしい。

明日は霜警報が出たので家の中に取り入れて大事にしているらしい。

| | コメント (8)

2011年5月15日 (日)

ブロッコリーの跡継ぎ・サニーレタス・沖縄から送られてきた新聞記事・五行歌提出

ブロッコリーの跡継ぎ

去年暮れから食卓をにぎわしてくれたブロッコリー。そろそろ終わり。

園芸店で夏のブロッコリーの苗を買ってきた。モロッコインゲンの脇に植えつけてみた。

少しでも畑のあいているところを利用してみる。

夏物は初めての挑戦。これからが楽しみ。

サニーレタス

ハム子がサニーレタスの苗を持ってきてくれた。狭い畑をやりくりして植えつける。

沖縄から送られてきた新聞記事

沖縄に勤務するOさんから先日の東京新聞の記事が送られてきた。

Oさんは二昔も前に現役時代仕事を通じてお世話になったインテリーヤクザさん(ヤクザなんて縁もゆかりもない優しい人)

覚えていてくださったことに感激。

沖縄に遊びにいらっしゃいと言われるがなかなか腰が上げられない。

五行歌提出

五行歌横浜水曜歌会出席歌と松本の姉の欠席歌を送信。

| | コメント (6)

2011年5月14日 (土)

こころちゃん命日・散歩仲間CT・内視鏡検査

こころちゃん命日

月見草の会(JBK友の会コメント会)を立ち上げてくれたこころちゃんの命日。

あれから3年。最近ではこころちゃんの話をする人はいなくなった。

医師が驚くほど数値が上がっても「奇跡の女」になるんだと頑張っていたこころちゃん。

月見草が咲く時期が命日と言うのも妙な因縁を感じる。

「千の風になって」の歌が有名になる前、何も添え書きをつけずに「千の風になって」のCDを送ってくれた。これは彼女の切ない遺言だったような気がしてならない。

今晩は月見草いつもより沢山の花を咲かせてくれそう。

思い切り「千の風になって」を吹奉してご冥福を祈る。

散歩仲間CT・内視鏡検査

散歩仲間のOさん食道がん手術後再発して先日放射線治療が終わった。

CT・内視鏡検査の結果、範囲が広く焼ききれない部分が残ってしまった。それを内視鏡でとることになったらしい。

昨日の朝も元気よくやってきたOさん。「今日はGセンターでCT検査、内視鏡検査。この間放射線で焼ききれず少し残ったらしい。

今日の検査結果を経て残ったポリープを内視鏡でとることになった。]

転倒防止のため、二本の杖をついている。話をしているうちも笑顔を絶やさずにこやか「いい先輩に恵まれているから力強いですよ」と重大な病気を抱えているとは思えない明るい笑顔が素敵だった。

彼はきっとこの笑顔でガンとの闘いに打ち克つと想った。そう祈念。

| | コメント (9)

2011年5月13日 (金)

庭作業・花好きの郵便配達の人・新しい友達

庭作業

朝早くからウグイスに起こされた。

雨が上がって庭作業日より。

なす、オクラ、サトイモ、枝豆、ミニトマト、など買ってきてあった苗を畑に植え付け。

うどん粉病に弱いキュウリは今年はやめにした。

畑に空いているところがなくなってしまった。

花好きの郵便配達の人

今日配達にこられた人は花好きで色々相談してくる。

去年あげたイワヒバが元気よく育っている。そんな話を聞くとつい嬉しくなって他の人にあげるため株分けして合った月見草を一鉢あげた。

新しい友達

散歩途中で友達になったワンちゃんが去年暮れ亡くなった。

今度可愛い跡継ぎが来たと聞いていた。

散歩係の同居人さんが、今日は少し外に慣れさせるため出てきたと庭掃除をしているところまでつれてきて挨拶させてくれた。

まだ生後4ヶ月でもっぱら家の中で訓練中らしい。

頭をなでてやると、何か気に入られ俺の手を可愛い両手で押さえしきりになめて離さない。前のワンちゃんは臆病で直ぐ吠え付き、なかなかなじまなかったが今度はよさそう。これからが楽しみ。

相談3

| | コメント (11)

2011年5月12日 (木)

篠笛個人レッスン・足柄茶から放射能・月見草嫁ぐ

篠笛個人レッスン

二俣川サンハート。

激しい雨との予報で自転車は止めにしてタクシーにした。

五行歌朗読会で吹く「青葉の笛」「アザミの歌」撫子さんと二重奏のの「さくら」を中心に教えていただく。

まったく練習なしで臨んだことは音色が白状していた。

でも先生は心がこもっている。と褒めてくれた。お世辞と分っていても悪い気はしない。

「アザミの歌」には少年時代の切ない想いが詰まっている歌。改めて昔を偲びながらしんみりと吹いてみた。

「青葉の笛」は先日松本の姉が小学校のころを思い出したと、笛に合わせて歌を口ずさんだことを思い出して吹いてみた。

チマキの差し入れ

ハム子がチマキをたくさん造って持ってきてくれた。

足柄茶から放射能

足柄茶から基準値以上の放射能が検出されたと県は出荷自粛を申し入れた。(朝日新聞)

お茶は好物朝昼晩と飲んでいる。

新茶の摘み取り時期だけに生産者はショックだろう。

月見草嫁ぐ

撫子さんが月見草の姿が消えてしまったと言うことで今晩2輪咲く月見草の鉢を持って行って手渡す。大事にしてもらいたいもの。

| | コメント (9)

2011年5月11日 (水)

戦友の回復・ハマ風掲示板

戦友の回復

「適切なアドバイスのお陰で元気になって生還しできたよ」とKちゃんから嬉しい電話。

Kちゃんは碁敵であり飲み仲間。

去年夏風邪をこじらせた。と言って喉をゼイゼイさせていた。その次会ったときも同じような状態で「ポリープだ」と言っていた。元気がなかった。

「医者を代えてしっかり診て貰え」とセカンドピニオンを勧めた。

結果は最悪喉頭がんだった。

がん細胞が微妙なところにあって手術は不能。放射線治療になった。

「ガンは完全に焼けたようだが、いやあ、きつかったなあ」弱音をはかない、彼の一言が治療のすべてを物語っている。

でも無事回復・生還してよかった。不謹慎な言い方だが、ガン太郎を同居させる戦友が仲間入りして話題も増えた。

再発しないよう祈念。

ハマ風掲示板

昨日の東京新聞の記事のコピーを管理人さんがハマ風掲示板に載せてくださった。

また、ハマ風わいわい掲示板にも温かいコメントを頂いた。

ありがとうございました。

「この記事あなたでしょう。東京新聞は取っていないと思ったからもって来たよ。」

散歩仲間が雨の中わざわざ持ってきてくださった。

ありがたいことだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

東京新聞に篠の生き様が登載

東京新聞に篠の生き様が登載

先日搭載予定日を先走って書いてしまったところビンラディン射殺のニュースで延期となってしまった。

改めて今日篠の長い闘病を現役時代お世話になった尾崎編集委員さんが、こちら『編集委員室』にまとめて搭載してくださった。

今日の搭載は知らなかった。JBKのコメントでロックシャトウさんが教えてくださった。あわてて自転車で買いに行ってきた。内容は褒められ過ぎて恥ずかしいようなところもあるが、尾崎さんの了解を得て原文のまま搭載させてもらうことにした。

510日東京新聞朝刊9面『こちら編集委員室』

『生かされる命』

神奈川県警担当時代に忘れられない捜査一課長がいた。腰原常雄さん(78歳)。検診で左肺にがんが見つかったのは四十二歳の窃盗担当の警部の時だった。医師に「手術しなければ三年」と告知された。左肺の摘出手術を受けたが、声帯の神経を痛めて声を失った。
 絶望の中で見舞いに来た親友の警部の「声が出ないんじゃ、刑事に戻れないな」との‘退職勧告’が追い打ちをかけた。二年間のはり治療。必死の努力で味のあるしわがれ声を取り戻して警視に昇進、捜査一課長、刑事総務課長など務め、数々の難事件解決した。
 三十年以上がんと戦いは再発への恐怖の歴史だった。「人は幸せなときは人生を考えない」との死を前提にした熟慮の末に行き着いたのは「人はみんなに生かされている」との人の‘絆’だった。今は会を作ってがん患者、家族の心を支えている。
 アイドルグループ「キャンディーズ」の田中好子さんが亡くなった。十九年間の乳がんの闘病生活の末の死。死を前にした肉声には「被災された皆様のことを思うと、心が破裂するように痛みます」と、他者の悲しみを感じる心があった。
 東日本大震災の被災地には、大切な人々の日常的な死がある。それでも人々は悲しみの中から立ち上がる。ある日突然、生きる命から生かされる命に変わった人がいる。それでも人は崇高な意志を持続できることを知った。(尾崎 行雄)

尾崎さんありがとうございました。

そして先日早起きをして新聞を買いに行ってくださった方々ご迷惑をおかけいたしました。お許しください。

| | コメント (15)

2011年5月 9日 (月)

眼科診察・雪割り草枯葉処理・相談3件

眼科診察

目薬がなくなって自転車で眼科へ。

連休明けのせいか、異常な混みよう。

アイポットを聞いているのにうるさく話しかけてくる人がいて参った。

眼圧左右とも13、白内障も緑内障も落ち着いている由。

帰りマッサージ。

雪割り草枯葉処理

雪割り草の新芽が伸びてきて、古い葉が邪魔になってきた。そのままにしておくと腐ってかび発生の原因ともなる。

肥料をやりながら古葉を取ってきれいにしてやる。

相談4件

植木(3)病(1)

| | コメント (8)

2011年5月 8日 (日)

月見草異聞・石楠花・母の日

月見草異聞

月見草が咲き出したので鉢を二階ベランダの窓の近くに移動させた。

昨晩も一輪咲いてくれた。

今朝見ると朝日を受けても純白そのままでピンクに変身していない。

これまでこんなことはなかった何かがあったのか?不思議。

何かを訴えているのか?前兆か?

石楠花

今年14日急逝した姉一家から数年前送ってもらった石楠花を大きな株に育てようと庭に下ろした。

ところが一昨年庭作業中に誤って木の中心を折ってしまった。どうなるか心配だったが支柱を添えてそのままにしておいた。

残された脇芽が成長して蕾をつけた。

今朝見るとピンクの素敵な花を咲かせてくれた。

亡くなった姉の身代わりかもしれない。大事にしていきたい。

松本の姉にそのことを話すと「不思議だね。きっとあの子が蘇ったのよ」と驚いていた。

写真で写し姉に送った。

ウグイスが花を見に来たのか、直ぐ近くまで来て挨拶していった。

母の日

ハム子がバーちゃんに何かプレゼントを持ってきてくれた。「幾つになっても嬉しいね」とバーちゃんご機嫌。

パーティーは和ちゃんの都合の付く別の日にやることになった。

| | コメント (15)

2011年5月 7日 (土)

月見草開花・鞘インゲン収穫・「浜岡原発」運転停止要請

月見草開花

昨晩待望の月見草が2輪咲いてくれた。

早速一鉢を二階ベランダに移し積もる話をする。

今晩も咲いてくれそう。

鞘インゲン収穫

鞘インゲンの実が大きくふくらんで目立ってきた。

サヤエンドウの木は伸びて枝が微妙に絡み合っていて葉と同色の実を探すのに一苦労。

天気予報で雨のマーク。降り出す前に作業開始。かなりの収穫でいつも何かと頂くご近所に採り立てだと配達。喜ばれた。

「浜岡原発」運転停止要請

 菅直人首相が定期検査中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)3号機だけでなく、4、5号機の運転を停止するよう要請した。原発か、安全か、エネルギーをどうするのか、今後の議論が注目される。

| | コメント (11)

2011年5月 6日 (金)

篠笛を楽しみま専科鶴ヶ峰教室・姉をハマ風会員・Gセンターへ

篠笛を楽しみま専科鶴ヶ峰教室

ハム子に送ってもらう。

今日も山猿さんが司会。二回目とあってすっかり堂に入ってきた。

新しい仲間が一人増えた。Fさんの知り合いでOBYさん。

自己紹介でガンの戦友だと知らされた。はじめてなのに「六」の音がきれいに吹けたのにはみんながびっくり。前途有望。

久しぶり。みんな元気で練習不足と言いながら持ち歌を上手に吹いていた。

撫子さんと五行歌朗読会で奏でる「さくら」の二重奏」を始めて吹いてみた。何とかなりそう。

終わっていつもの店で昼食。定番のシラスご飯。

姉をハマ風会員

先日突然の病に意気消沈している姉に五行歌を勧めた。姉もその気なったので篠笛の会に来たAさんに入会を申し込んだ。

落ち込んでいた姉が五行かをやってみようと言う気持ちになったことは嬉しい驚き。

早速はがきで歌が送られてきた。

Gセンターへ

姉のことで地域医療相談室S室長に相談。色々アドバイスを頂いた。

O先生のところにも挨拶。

| | コメント (13)

2011年5月 5日 (木)

O氏復活・畑仕事・食中毒

O氏復活

散歩仲間のO氏。食道がん手術後4年目で再発。放射線治療を受けていた。

ここしばらく姿が見えなかった。

今朝二本の杖を付きながら元気にやってきて話しかけてくれた。

放射線治療後体重も減少し、一ヶ月は副作用で苦しんだらしい。

最近は毎朝一時間の散歩を心掛けて体重も少しずつ増えてきたらしい。

とにかく明るさがいい。元気の理由を、、

NHKでやったます。NHKNはにこやかHははつらつKはきびきび。泣いて過ごすより笑顔で楽しくをもっとうに心掛けている。『負けてたまるか』の精神を失わないこと。と言う。

黄色い花が大好きと言う彼にちょうど畑に咲いていた黄色のアイリスの花を切ってあげた。ブロッコリーも柔らかそうなところを一緒にお供させる。

病気になっても気持ちの持ちようで過ごし方は違ってくるものだとしみじみ想った。

負けてたまるか。

畑仕事

お勤めを終えたブロッコリーの方つけをしてモロッコインゲン、枝豆の第二次種まき。

食中毒

ユッケ食中毒でまた死者が出て4人になった。

ガンでなくてもあの世への道はあるんだ・・・・と。

| | コメント (10)

2011年5月 4日 (水)

草花一斉に開花・食中毒・庭仕事

草花一斉に開花

旅行に次いで体調不良で庭に出られなかった。その間に花たちは休みなく成長を続けていた。

セコック(プリンセス美智子・三浦小町)、シラユキゲシ、リラ(ライラック)の花、つくしカラマツ草、梅花カラマツ草、トキソウ,立浪草、浅間フウロ、姫ウツギ、モッコウバラ、アイリス(黄色)棚の仲間が一斉に可愛い花を咲かせて話し掛けてくる。

一つ一つに色々の想いが詰まっている。

リラの花はなんとも言えない芳香で存在を示している。

セコック(プリンセス美智子・三浦小町)は三崎の署長をしてことがあるK氏が在職中管内の方から「美智子皇后様に献上したものの兄弟株を頂いたものを株分けしてもらったもので、セコックにしては珍しいピンクの花でなんとも言えない気品を備えている。

皇居でも同じ花が咲いていると想うと感慨無量。話すことが一杯ある。

月見草,チゴユリ、孔雀サボテンは少し遅れているがもう直ぐだよと蕾を膨らませている。昼寝なんかしていられなくなった。

食中毒

生牛肉のユッケを食べて食中毒(0157)で3名が死亡、その他大勢(66名)が治療を受けている。

他所のことかと想っていたが県内・旭区内にも関連の焼肉店があってそこでも中毒患者が出ているらしい。

TVでは焼肉酒店『えびす』と看板も放映されている。チエン店で他にもあるらしい。地元だ。気をつけよう。

庭仕事

天候に恵まれ絶好の庭作業日和。モロッコインゲン、枝豆の芽出しの遅れているところを補強。やることは山積。バアチャンにやり過ぎを注意された。

| | コメント (8)

2011年5月 3日 (火)

お詫び・ビンラディン容疑者・殺害

お詫び

本日のT新聞に篠のことが搭載予定などと先走ってしまいました。

今朝同新聞を見ましたがどこにも見当たりません。

どうやらビンラディン容疑者・殺害のニュースの影響か(推測)と思われます。

謹んでお詫び申し上げます。

ビンラディン容疑者・殺害

米当局はアルカイダの指導者で2001年の同時多発テロの首謀者とされるウサマ・ビンラディン容疑者を、米国主導(CIA)の作戦により1日にパキスタンで殺害したと発表。米当局者は、同容疑者はパキスタン北部の街アボタバードで殺害され、米国側が遺体を確保したと語っていた。
パキスタンで米国部隊に殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の遺体はアフガニスタンに運ばれ、その後、海に葬られたと報じた。

| | コメント (9)

2011年5月 2日 (月)

中日・東京新聞コラムに篠の生き様が搭載予定・戦友の見舞い

中日・東京新聞コラムに篠の生き様が搭載予定

現役時代お世話になった中日・東京新聞のOさんが同紙の編集委員になられた。

大きな事件事故がなければ明日、5月3日朝刊コラム欄に『生かされる命』と言うタイトルで篠の生き様が搭載される予定らしい。

購読されていない方は是非当日だけでも買って読んでみてください。

戦友の見舞い

昼寝をしていると突然Kちゃんが見舞いに来てくれた。

「ブログを読むと今にも逝きそうな感じだから発破を掛けに来た」と大文字草・ひとりしずかなどを持ってきてくれた。

ありがたいことだ。

急に元気が出てきて彼が帰った後も3時間庭作業を続けた。

Kちゃんありがとうございました。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

5月・サヤエンドウ収穫

5月(メーデー)

5月になってしまった。

メーデーと言うのに強風雨。

主治医に賞味期限と宣告された平均寿命(79歳)まで後幾日も残っていない。

嫌なこと、都合の悪いことは無視したり忘れることにしているが、何かの時にフト思い出すことがある。

時間の過ぎていくのが早すぎる。

ホットフラッシュの連発などを切っ掛けに、マイナス思考で考えると旅の疲れがなかなか抜けないのさえ悪い方へ先回りをして考えてしまう。

国会中継を覗きながら昼寝に専念。

サヤエンドウ収穫

雨の合間を見て、畑に出てみると大きくなったサヤエンドウの実が揺れている。雨の降る前に急いで収穫。バーちゃんは『買えば高いよ』と大喜び。

雨風を心配で支柱を補強してやる。

| | コメント (9)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »