« 蘇る面影に戸惑い・芝刈り・高校野球 | トップページ | 静かな町・訃報 »

2011年8月15日 (月)

終戦記念日・靖国神社・横浜高校敗退

終戦記念日・靖国神社

靖国神社に昭和14年9月30日戦死した次兄が祭られている。

オフクロとの約束で毎年靖国神社参拝を慣わしにしてきた。

去年緊急入院してから炎天下長い砂利の参道を歩く体力的に自信が持てなくなった.

人様にご迷惑をおかけしてはいけないと、去年から涼しくなってからにした。

心をこめて『千の風になって』を吹奉。

靖国神社の参拝者の中に本当の意味で参拝する人が少なくなっていくのは寂しい気がする。

それにしても政教分離や歴史認識など理由をつけて、

菅内閣では菅を始め誰一人として参拝をしない。

『国のために。靖国神社で再会を』と尊い命を捧げた慰霊になんと言い訳するのだろうか。よその国の顔を窺ってのことだとするともう日本人の資格を疑わざるを得ない。

超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・古賀誠衆院議員)のメンバーら50人以上の国会議員は参拝した。

高校野球横浜高校逆転敗退

横浜股肱は9回までリードしていたが、投手リレーの失敗で9回に8点を取られてまさかの敗退した。一生懸命やった選手がかわいそう。

|

« 蘇る面影に戸惑い・芝刈り・高校野球 | トップページ | 静かな町・訃報 »

コメント

靖国神社、まだ参拝したことがないの。
涼しくなったら連れてってね〜(^^♪

投稿: 撫子 | 2011年8月15日 (月) 19時03分

そういえば、昨年は15日が日曜日だったので、腰原さんの代わりに、靖国神社に行ったっけ。なかなか日曜には、ならないね・・・

投稿: 藍弥生 | 2011年8月15日 (月) 19時37分

私は御承知のとおり島根県出身者、終戦時3歳半で戦争の声すら聞いた覚えなし。隣県の広島県には親父の妹・弟家族がおり、原爆投下2日前に我が家へ疎開してきて、合計12人の大家族、一部は納屋や牛小屋の近くの座敷で生活をした。その中で弟の嫁さんが納屋の片隅で可愛い娘を出産したと聞く。今月末に、私の姉を見舞いがてら広島へ行き、その娘(従兄妹)と久しぶりに会う予定であります。戦争の被害者は多種多様、二度とあってはなりませぬ。

投稿: 山猿 | 2011年8月15日 (月) 20時38分

 昭和18年に動員されてブイン諸島で戦病死した亡父と33年前に亡くなった亡母の曾孫二人を連れて辻堂海浜公園へ! もうヘトヘトです( ̄Д ̄;; 

投稿: ライス | 2011年8月15日 (月) 21時13分

終戦記念日は毎年厳粛な気持ちにさせられます。テレビに合わせて心から黙祷。
66年前、終戦当日の思い出はいつまで経っても不思議に鮮明です。

投稿: 竹 | 2011年8月15日 (月) 22時33分

終戦の玉音放送が流れてから10年後に生まれたので、戦争体験はありませんが、祖母から戦死したフミエ叔父のことを、物ごころ付かないうちから聞かされていたので、ひと事とは思えません。
今年中には、靖国神社の引き継ぎ、お願いします。

今日は穂高のヒデコ、フミコ、ハルヨシ兄たち、6人で線香を上げに来てくれました。フミエ叔父の遺影写真を見て、父ちゃん(キヨシ叔父)とは、同じ兄弟とは思えないって笑ってました。

聖人のようなフミエ叔父に会いたかったです。

投稿: 広津のハルキ | 2011年8月15日 (月) 22時43分

撫子さん
9月の終わりころになったら行くからそのときは声をかけるよ。
篠笛持って行って吹くのがユメなんだ。
一人じゃ恥ずかしいから仲間になってよね。
他にも行く人がいたら誘ってみようね。

藍チャン
そうか去年夏は俺が緊急入院で三途の川を渡り掛けていた、あの時藍チャンが代参してくれたのか。
改めてありがとう。ありがとう。

山猿さん
それぞれに人生には思いがけないことが秘められているんでね。
生きていることに感謝しければバチが当たるね。

ライスさん
ライスさんのお父さんも靖国神社におられるんだね。
9月末行く時一緒に行こうよ。

竹さん
世の中が正反対になってしまった。
大変な時代に生きてきたもんだね。

広津のハルキ君
靖国神社の引継ぎを済ませないと旅にも出られない。
9月30日が文恵兄の戦死した日だからその日の前あたり都合をつけてよ。
じじもババもみんな待っていると思うよ。
8人兄弟で全員が揃ったことはなかった。文恵兄はババの一番自慢の子供だったんだと思うよ。

投稿: お篠 | 2011年8月16日 (火) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蘇る面影に戸惑い・芝刈り・高校野球 | トップページ | 静かな町・訃報 »