« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

ハマ風40号から

ハマ風40号から

ハマ風40号にコメント衆が幾人も入選している。入選者の方々おめでとうございました。

松本希雲選 なっちゃんこと緒方真子作

昭和30年代からの

ラーメン屋も地デジ化

油まみれの店内で

薄型TVだけが

キラリと21世紀6

岡本まさ子選 山猿さんこと金川孝己作

電話で通じなくなった

古里の姉に

気遣いを一杯手紙にする

封筒が丸太りして

八十円を超えた

岡本まさ子選 撫子こと岡田幸子作

夕焼けは

切なさだけを

連れてくる

西の空を染めるから

遥か彼岸に沈むから

私の好きな8首839号から)

牧野千賀子・華音選(二人の選) ルピナスこと岡本まさ子作

肩をつかまれ

ゆさぶられるような

香りだ

人の“気”を狂わす

新緑の周波

風のかけら

松本希雲選 篠笛こと腰原常雄作

何かをしたわけではない

しなかった訳でもない

気がつくと

居場所がなくなっていた

さて どうしよう

| | コメント (9)

2011年9月29日 (木)

安曇野墓参り。見舞い・トンボ帰り

安曇野墓参り。見舞い・トンボ帰り

朝食を食べて直ぐ出発。実家に立ち寄ってお線香など墓参りの準備をしてそのまま真っすぐお墓参り。花を取り代え、篠笛3曲吹奉。

実家に寄って89歳の義姉が造ってくれたおやきをご馳走になる。一緒に畑に行って野菜類を頂く。話しもソコソコ直ぐ出発。

行きつけのぶどう園

今年の作柄はあまりよくないらしいが行きつけのぶどう園で少し買い物。

姉見舞い

『通り道だし、また来るといっても大変だかちょっとでも顔を見て行こうよ』と言うハム子の進言に従い病院へ。

姉は驚いたが嬉しさを涙が語っていた。昨日より元気、別れの握手をしたがなかなか離さなかった。

チョッとだけでも寄ってよかった。

甲府のぶどう園

ハム子行きつけの甲府のぶどう園に立ち寄る。

ここのご主人面白い人で話しこんだが長くなるので後日。

疲れた。

強行軍で疲れは最高。

たくさんのコメントを頂いていますが今晩は休ませてください。

| | コメント (14)

2011年9月28日 (水)

松本の姉見舞う

松本の姉見舞う

一人住まいの姉が緊急検査入院した。

今年一月兄と姉に同時に先立たれ八人兄弟で残ったのは松本の姉唯一人。

ハム子に運転を頼み急遽安曇野へ行くことになった。

行けると気に行っておかなければこっちだってどうなるか分らない。

泊まるところは松本郊外の山の中で無線が届かない。Ipadoを持っていくが使えないと思う。

明日は少し足を延ばして田舎のお墓参りをして帰る予定。

お天気もよさそう。

安曇野の山中で末さんのところにも届くように千の風になってを思いきり吹いてくるつもり。行ってきます。

| | コメント (15)

2011年9月27日 (火)

末さんを偲ぶ

末さんを偲ぶ

末さんってどんな人。なぜデカとブンヤさんが親しいの?そんな質問があった。

末さんを偲ぶ意味もこめて質問に答える。

悲しい知らせ

『9月21日午前10時台風が荒れ狂う中奥さんと子供さんに見守られ眠るように旅立ってしまった。』

Tさんから電話で、奥さんから手紙で末さんの突然の死を告げる知らせを受け取った。

先日山猿さんと見舞った時は『退院祝いは佐山で』と元気だったのに。信じられなかった。信じたくなかった。

お便りを頂いて奥さんと電話で話すことができた。『荒れ狂う台風をよそに静かな眠るような旅立ちだった』と言うことがせめてもの救いだった。

今日末さんのブログ『死ぬもんか・食道がんと闘う』で奥さんから皆さんへの感謝と末さんの最期の状況が伝えられる記事が載った。本当に逝ってしまったのだ。

奥さん

ご愁傷様です。

ご丁寧なお言葉痛み入ります。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

本気で逝ってしまわれた末さんを悼み・偲ぶ。

末さんのプロフィル(死ぬもんか・食道がんと闘う)から

プロフィル

末吉正憲(すえよし・まさのり)

1946
9月、佐賀県生まれ。早稲田大学卒業後、朝日新聞社入社。青森支局を振り出しに新聞記者生活スタート。山形、宇都宮、新潟支局、東京本社デスクなどデスク在任104カ月。新潟支局長を経て、地域報道部部長代理、部長などを歴任。この間約7年。飲酒は毎晩、タバコは1日6070本を吸っていた。ベルマーク教育助成財団に出向、事務局長に就任して間もない200810月に食道がんが見つかった。手術は成功したが、肺塞栓症や縫合不全による縦隔炎を引き起こした。覚悟した家族は、葬式を考え始めた。しかし、懸命な治療の結果、九死に一生を得た。がんとの闘いは続く

9月21日死去享年65歳

食道がん手術・肺に転移

『肺に何箇所か転移して放射線と抗がん剤の治療を受けることになった。

誰にも言ってない。面会はすべてお断り。腰さんとTさんにだけは知っておいてもらいたい。ブログ『死ぬもんか・食道がんと闘う』は夏休みといことにする』

本人から突然の電話だった。

面会

抗がん剤治療2クール目が終わった時、調子もいいということで8月30日、山猿さんと見舞った。

高額な個室のベッドで自分のカメラでわれわれの写真を撮ってくれた。「かみさんががん保険に加入していてくれたお陰でこんな高い部屋に安心していられる。内助の効だね」

「医者は3クール目を考えているようだ。副作用もなかったしこの通り元気だから続けてやってもらおうと思っている」

「腰さん気をつけてな。腰さんの弔辞は俺がやって締めくくるから、心配ししないでもう少し長生きしなよ」など冗談を言いながら手持ちのカメラで俺たちを撮ってくれた。

時々する喉の奥に引っかかるような深い咳が気になった。が思っていたより元気だった。

思ったより重症

面会から帰って数日後

「実は抗がん剤治療の後の検査結果思っていたよりガンの方の勢いが強く早いようだ。3クール目の治療に入る。この際治療に専念する。しばらくソットしておいてもらいたい。」

深刻な電話があった。

声を聞いたのはこれが最期となってしまった。

あんないい人が、まだ65歳。

付き合いの始まり

末さんが本部のキャップになったころ俺は丸カンの代理だった。

当時A社とは現幹部がかかわった不祥事を巡って戦争状態だった。「A社の記者とは口をきくな、名刺交換もするな。」そんなお触れが秘かに流れていた時期だった。

当時肺がん手術で声を失い余命宣告をされ、『声が出ないんでは職場復帰は無理』と職場から退職勧告を受けていた俺は職場への反発もあった。

『どこに行っても名刺を受け取ってもらえない。お茶も出してもらえない』末さんからそんな話を聞きながら

「事件を書くのはブンヤさんの仕事。書かれて困るようなことをする方がおかしい。唯ことさら大げさに取り扱ってくれるなと言うことじゃないかな」

『ニュースになるのはそれだけ立場を認めていると言うことなんだがね』などと、なんとなく話が会って話し相手になった。

そんなことから付き合いが始まった。

新潟支局で教養

末さんが新潟支局長になってから『取材される方からみたマスコミ』とか言うことで若い人に話しをしてくれと依頼があって新潟に行って2時間くらい何か話をした。

終ってから末さんの行きつけの店に案内され地酒を冷でしこたまご馳走になった。酒には自信があったが二日酔いではなく三日酔いの経験を始めて味わった。

本社に戻られてからも同じような依頼があって二日間築地に行った。

シェ佐山での食事会

今年6月仲間が俺の誕生会をシェ佐山でやってくださった時も体調が優れない中を顔を出してくれた。

食欲はあったし弁舌もさわやかだった。

これが最期の食事会になってしまった。

ここの料理を気に入ってくれて『退院祝いは佐山で』と言っていた。

いい人から順

冗談に言っていた『いい人から順』を立証してしまわれた。

もっと色々話し合いたかった。新潟から佐渡への旅行も案内してくれることになっていた。何より俺の弔辞をやってくれることになっていたのに残念だ。

色々書けば切りがない。混乱しているのだろう、考えもまとまらない。

心をこめて千の風になってを吹奉しご冥福をお祈りしする。

| | コメント (9)

2011年9月26日 (月)

『月見草の会』(JBK友の会コメント会)10月30日(日曜日)の予定・石川議員らに有罪=「裏献金」受領を認定―元秘書3人の共謀成立・陸山会事件判決

Sさん千の風に。

心からご冥福をお祈りいたします。

詳細は明日。

『月見草の会』(JBK友の会コメント会)10月30日(日曜日)の予定

コメント15000件突破を記念して久しぶりコメント会を10月30日(日曜日)に開催したいと準備に入りました。 

会場の都合もありコメントを頂いている方を優先することにしてはと言うご意見も参考にしたいと思います。

                                                    

石川議員らに有罪=「裏献金」受領を認定―元秘書3人の共謀成立・陸山会事件判決

 小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、虚偽記載罪に問われた元秘書3人の判決が26日、東京地裁であり、登石郁朗裁判長は衆院議員石川知裕被告(38)に禁錮2年、執行猶予3年(求刑禁錮2年)、元公設第1秘書大久保隆規被告(50)に禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮36月)、元私設秘書池田光智被告(34)に禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)をそれぞれ言い渡した。元秘書側はいずれも全面無罪を主張していた。
 判決は、中堅ゼネコン水谷建設からの1億円の裏献金の授受を認め、虚偽記載の動機になったと認定した。小沢元代表の政治責任が改めて問われそうだ。

| | コメント (13)

2011年9月25日 (日)

撫子さん五行歌本誌全国大会で第一席入選

撫子さん五行歌本誌全国大会で第一席入選

新潟で開催された五行歌本誌全国大会で撫子さんが見事第一席入選した。

撫子作・五行歌本誌全国大会で第一席入選歌

固く縒ったはずの     
紙縒が       
雨の一雫で
ほどけていく
こんなものか、と。

「注」紙縒~こより 

撫子さんおめでとう。

作者コメントをJBK友の会コメントでお願いいたします。

他にお伝えしたいことがあるが明日にしましょう。

| | コメント (14)

2011年9月24日 (土)

コメント数1万5000件突破・鉢の植え替え・杉浦直樹さん千の風に

コメント数1万5000件突破

篠笛一泊合宿の帰り山猿さんの車に乗せていただいた。何かの話のときコメントのことに及んだ。

帰ってから気になって久しぶりにJBK友の会の管理室を覗いて驚いた。いつも間にか1万5千件を超えているではないか。

コメント数    1万5075件

アクセス総数  30万8,871件

一日平均    179,99件

くだらない『JBK友の会』が更新を続けていられるのは優しくコメント送り続けてくださっている方々のお陰である。

ちりも積もれば山となる。一日平均180人の方が覗いてくださっている。大変な財産だ。

緊急入院などがあってここしばらくコメント会を実施してない。この際心ある方に参加していただいてお礼を申し上げる機会を持ちたいと考えるにいたった。

鉢の植え替え

台風15号で吹き飛ばされた鉢物を、篠笛合宿でそのままになっていた。

適当の鉢を見繕って植え替え14鉢。根は余り切り込まない方がよさそう。

杉浦直樹さん千の風に

TVの番人のバーちゃん情報。俳優の杉浦直樹さんが死去。肺せんガン享年79歳。

「じいちゃんと同じとしだね。」最後に付け加えた一言が心に響いていつまでも消えない。

| | コメント (15)

2011年9月23日 (金)

篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿実施結果・小田原漁港で炭火焼

篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿実施結果

篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿。台風も過ぎ去り雨も上がっていい天気になった。

ライスさんの紹介とあってサービスは満点。幹事はベテラン山猿さん。

篠笛持ち歌披露会、宴会、カラオケと楽しい時間はあっという間に過ぎた。

持ち歌制は各人が自分で好きな歌を選んで自分の責任で練習すると言うシステム。この趣旨が徹底してきてのだろう皆さん真剣に演奏してみなを驚かせていた。

来年は今年演奏した歌以外の歌を持ち歌にして発表することを一方的に提案して了承された。

カラオケノできない篠は審査委員長。みんな芸達者で順位を決めるのに苦労した。カラオケの器械が歌い終わると一方的に点数を表示する。それも参考にした。91点と90点以上は唯一人ライスさんだった。

総合的判断で優勝は市橋画伯に決まった。

S先生の特別3曲演奏で締めくくった。

小田原漁港で炭火焼

帰りの山猿さんの車に乗せてもらった。小田原玉に立ち寄ってホタテなど取り立て新鮮魚介類の炭火焼。美味しかった。

連休初日とあって行列ができていて30分待たされた。

道路も混んでいて結構時間がかかった。

美味しかった、楽しかったが疲れた。

台風で壊れた鉢も気になるが今日は勘弁してもらって寝ることにした。

山猿さんライスさんありがとう。

皆さんご苦労様でした。来年も元気で全員参加を。篠以外は大丈夫だろう。

| | コメント (10)

2011年9月22日 (木)

篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿・台風被害

篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿

台風で実施が危ぶまれていた篠笛を楽しみま専科箱根一泊合宿。

台風も過ぎ去り雨も上がっていい天気になった。

ライスさんの紹介で箱根小湧園で幹事は山猿さん。

朝山猿さんが車で迎えに来てくれる。贅沢だ。

篠笛持ち歌発表・カラオケ・宴会など楽しい状況はまた後のお楽しみ。出発進行行ってきます。

台風被害

家には被害らしいものは見当たらない。

他の蜂は飛ばされて鉢が5鉢割れた。

庭の木に掛けておいた「ゴミ取り」がどこかに飛ばされてしまった道路沿いをアチコチ探し回ったがない。

大きな台風の割合には被害は僅少。

畑のナスや枝豆は全部横倒し。快復は難しそう。合宿から帰っての仕事だ。

| | コメント (5)

2011年9月21日 (水)

台風上陸・中止になった五行歌横浜水曜歌会

台風上陸

台風15号は勢力を強め本土を縦断する気らしい。18時現在強い風が雨戸を吹き付けている。締め切った雨戸に横殴りの雨がたたきつけられてTVの音声も聞けない。こんな状態が一晩続くとやり切れない。

今更ながら自然の力の物凄さを思い知らされた。

庭の仲間たちが心配だが一歩も出ることも適わない。停電になる前にJBKを発信。

五行歌横浜水曜歌会

前回第一席だったため司会を心配して役員の方が拡声器も用意してくださったそうだが、、台風のため紙上歌会となった。

初めての試みらしい。

歌会後の2次回狸小路にいけないのも残念。

明日の篠笛箱根一泊合宿は実施できそうだ。

| | コメント (10)

2011年9月20日 (火)

歯医者・台風

歯医者

先週に続いて歯医者さんへ。

左上の穴をつめてもらう。

つめる前穴に空気を強く吹きつけたとき神経に触れたらしく思わず口を動かしてしまった。『動かさないで』とこっちがびっくりするほどおきな声を出して注意された。

でも意外と簡単に治療は終わった。

台風

あちこちで大きな被害を発生させているノロノロ台風。

来ると言う予報で雨の合間を縫って心配になる植木などを安全地帯に移動させた。

22日予定の篠笛合宿と台風と重なるのではないかと幹事さんの山猿さんを始めみんなが気をもんでいる。

一部重なるような状況だが、なんだか大丈夫のような気がする。

台風だけはどうにもならない。

明日の五行歌水曜歌会の方が心配だ。

| | コメント (8)

2011年9月19日 (月)

敬老の日・横浜水曜歌会出席歌送信

敬老の日

今日は敬老の日。

先日町内会主催の敬老の集いを開催した後で何もない。と思っていたところにハム子が俺の好物を色々持って『忘れてなんかいないよ』と来てくれた。

気持ちが嬉しい。

庭ではオフクロガ好きだった安曇野育ちのホトトギスがイワヒバの間から優しく顔を出している。

ホトトギスの花言葉『永遠にあなたのもの』は意味深。

NHKのおひさまに取り上げられている。

横浜水曜歌会出席歌送信

21日開催の五行歌横浜水曜歌会の出席歌を締め切りぎりぎりで送信。

翌日は篠笛を楽しみま専科・箱根一泊合宿だが参加することにした。

台風が心配。

| | コメント (12)

2011年9月18日 (日)

お節介・ブログコメント

お節介・ブログコメント

『死ぬもんか食道がんと闘う』の管理人Sさん抗がん剤の治療中で、落ち着くまでしばらくソットしておいてくれと電話があった。

ブログが更新されないのが気になる。お節介は生まれつき。同じ思いの方もおられると思い篠の近況をコメントに書き込みをした。

「どうかね?順調に行ってるかい。

この間電話ありがとう。

14日がんセンターで一本8万1、920円の注射を打った。

『マーカーに異常は認められないが、気がつかないときにやってくる肺炎に気をつけることが長生きに繫がる』

と、余命宣告をした主治医に脅かされてきた。

この医師の診立てだと、末期の前立腺がんで、とっくにおさらばしていなくてはならない。どうもそれが気に入らないようだ。

注射のあと、かなり酷い手の痺れがやってきて今も続いている。でも、長い間闘っている末さんのことを思って我慢している。

このごろ歯がガタガタしてきて歯医者に通いだした。

問診で聞かれるまま病歴を並べ立て「余命・賞味期限はとっくに切れているからそんなに長持ちしなくていい。と言うと医師が驚いていた。

診察台に載せられてから鳴り出す機器の音に全身をこわばらせながらしばらく通わなくてはならないようだ。

いつお迎えが来てもいいや。と言いながら、まだ長生きしたいのだ。

暑い暑いといっても秋風がやってきて朝晩は少し凌ぎやすくなってきた。

庭では安曇野から嫁いで来たホトトギスが咲き,コオロギが秋を告げている。

ホトトギスはおふくろが好きだった花だ。NHKのおひさまにも登場している。今度末さんのところにも一株輿入れさせようかね。

焦らずじっくり治めていこうぜ。

佐山での全快祝いをみんなが楽しみにしているぜ。」

| | コメント (13)

2011年9月17日 (土)

秋風・垣根の消毒

秋風

暑い暑いといっても9月も半ばを過ぎると朝晩の風は流石に涼しい。

散歩道脇で見るススキの穂も膨らんできた。

またノロノロ台風がやってきるらしい。青空が見えていても時々ざーと降って来るにわか雨。

落ち着いて庭作業はできない。

垣根の消毒

垣根の葉が伸びて柔らかい新芽に虫がついてきた。

ブロッコリーやオクラなど野菜類の葉にも穴が空いているのが目立つようになってきた。

葉を食べないブロッコリーも今なら大丈夫、早目に薄めのスミチオンで消毒を実施。これで薮蚊も少しはおとなしくなるだろう。

手の痺れは少し和らいだが・・・・。

| | コメント (8)

2011年9月16日 (金)

Ipadのストライキ・庭の芝刈り

Ipadのストライキ

ipadがJBKを開いてしばらくすると自然に消えてしまう。何回やっても同じ繰り返し。

根気よくあちこち弄り回しているうちに元に戻った。

原因が分らないだけに不安は残ったがとりあえず様子を見ることとした。

庭の芝刈り

この間買ったばかりと思っていたが、芝の間の雑草の伸びが速い。

夕方涼しくなってから薮蚊に追いかけられながら思い切って芝刈り。

近所の人がなにか派話し掛けていくが機械の音で何も聞こえない会釈だけで済ませる。

| | コメント (8)

2011年9月15日 (木)

注射ショック・南蛮キセル満開

注射ショック

昨日打った注射のショックか打った方の右手の痺れが今日になっても残った。

そのことを口実に暑いこともあってベッドの世話になって昼寝。つまらない国会中継を見る羽目になった。

これまでこんなことはなかっただけに少し気になるが、たいしたことではなさそう。

夕方は痛みもしびれも薄らいでいった。夕方自転車で少し散歩。

南蛮キセル満開

山猿さんのところから嫁いで来た南蛮キセルが幾つも咲き出した。

花好きの近所の人が『なんと言う花?』と興味津々眺めていた。

| | コメント (8)

2011年9月14日 (水)

Gセンター診察日・注射一本8万1920円

Gセンター診察日

Gセンター診察日で今日は診察前に採血。

出掛けに電話があって出足が遅くなってしまった。自転車で駆けつけ他が採血室の待合室椅子は満杯。いつも待合室の行列に圧倒される。

採血は9時を回っていた。採血結果がでるのは1時間30分はかかる。Ipadをもって行ったが2時間以上待つのは相当の我慢が必要。

Oさんが話しかけてきてくれて少し四方山話ををして助かった。

『検査結果に異常は認められない。ただ、肺炎に十分気をつけること。普通の人と違って気がつきにくいから、これからは風邪を引かないように気をつけること』

「お陰さまで平均寿命にたどり着きましたよ」

「そりゃあよかった。平均年齢をこれからは少しでも伸ばすように・・・・。お医者さんだって病気になるんだからね・・・・』

どうもYさんのことを言っているようだった。

『余命平均寿命まで』といったことをすっかり忘れていた。

注射一本8万1、920円

一本8万1、920円の注射を打ってもらい薬をもらう。

右腕にしたのがいけなかった。時々しびれるような痛みが走る。

家に帰ったのは11時50分。

次回は12月7日の予約。

新しい病院

O先生はおられず、W局長、S室長とYさんのことなど立ち話。

「後2年後には病院も新しくなって医療機器も新しくなるから頑張ってください」と結ばれた。

外に出ると、相変わらず暑く自転車で坂道は結構きつかった。

注射の量が多いせいかぐったり。午後昼寝に専念中を窓下で煩くなく蝉に

起こされた。

庭のホトトギスの花が優しく語りかけてくれた。

| | コメント (8)

2011年9月13日 (火)

歯医者・Sさんから電話

歯医者

藍チャンの『藍弥生の世界』で葉の手入れの大切さを教えられた。

奥歯が時々しみる感じがして歯医者に。

診察台に載ってから歯科医者特有の機械の回転音に身をこわばらさせる。

最近の器械はよくなって音も静かで痛みは感じない。

診察結果何本かが大分磨耗していることが分った。

とりあえず特に酷いものの穴を埋めてもらう処置をしてもらった。

歯石も取ってもらうつもりだったが急がないものは後回しということだった。

元気で長生きするには、当分は歯医者通いが続くことになりそうだ。

Sさんから電話

「今一生懸命ガン太郎と闘っている。しばらくこの闘いに専念したい。元気になって必ず電話するからソットしておいて欲しい。皆さんにもよろしく。」

と、昨日突然Sさんからそんな電話があった。

病室にパソコンの持込が禁止になっているそうでブログの更新もコメントも書けない状況のようだ。

『死ぬもんか・・・』のブログ更新を即したコメントへの回答だったと思う。

元気で闘っていることに変わりはなさそう。よかった。

兎に角元気ですから皆さんも静かに見守ってやってください。

これを文章にするのをためらう気持ちもあったが心配してくださっている皆さんにお知らせることはと思い書きました。

元気な知らせがあり次第また報告します。

明日はGセンター診察日

相談2件

| | コメント (9)

2011年9月12日 (月)

ブロッコリー・サニーレタス植え付け

ブロッコリー・サニーレタス植え付け

ハム子がブロッコリーとサニーレタスの苗を作って持ってきてくれた。

まだチョッと小さいが狭い畑の連作を避けて植え付け。

でも今日もまだ暑かった。

たっぷり昼寝して昨日の疲れも取れた感じ。

『篠笛心にしみましたよ』と昨日の敬老の集いに行った近所の方が声を掛けてくださった。

| | コメント (9)

2011年9月11日 (日)

区内敬老の集い・篠笛演奏・鉢呂吉雄経済産業相辞任

区内敬老の集い・篠笛演奏

希望が丘中学校体育館で開催された区内の敬老の集いで篠笛演奏。

篠笛で竹の唄を吹きながら壇上に上がった。

37年間のガンとの付き合いを若干おしゃべりしてから『青葉の笛』千の風になって」を吹いた。

体育館はクーラーなし。参加300人を超し、熱気で参ってしまった。

年寄りが出る幕ではなかった。

恵ちゃん和ちゃんの二人が応援に来てくれた。

そのほか散歩仲間のKさんも来てくださった。

回転すし夕食

和ちゃんの希望で回転すし夕食。

今日は待つ時間が長く結構疲れた。

鉢呂吉雄経済産業相辞任

鉢呂吉雄経済産業相は『死の町』など失言の責任をとって辞表を提出し受理された。

総理の任命責任も問われることになりそう。

| | コメント (9)

2011年9月10日 (土)

明日は篠笛演奏

明日は篠笛演奏

明日午後1時ころから希望が丘中学校講堂で区内の敬老の集い、

そこで篠笛演奏を依頼されている。

午後1時開始で8番目だから1時30分ころから2時の間になると思う。

『青葉の笛』『千の風になって』を吹く事になっている。

恵ちゃんと和ちゃんがカメラマンを兼ねて応援に来てくれることになっている。

昼寝に専念で練習らしい練習はしていないが参加することに意義あり。

度胸で乗り切るつもり。

| | コメント (10)

2011年9月 9日 (金)

なでしこジャパンオリンピック代表に決定・眼科受診・シミドウ日程変更

なでしこジャパンオリンピック代表に決定

昨日北朝鮮と引き分けした後、3位だった中国が豪州に敗れたためなでしこジャパンがオリンピック代表に決定した。

何はともあれよかったということ。

眼科受診

目薬がなくなってきた。自転車で行きつけの眼科へ。眼圧も正常。

帰りは全部登り坂道汗ダクダク。

シミドウ教室の開催日変更

10月6日が予定だったシミドウ教室の日程が10月13日に変更になった。

相談2件

| | コメント (12)

2011年9月 8日 (木)

篠笛個人レッスン・OさんとY先生を見舞う・ななでしこジャパン引き分け

篠笛個人レッスン

二俣川で篠笛個人レッスン

9月11日区内の敬老の集いで演奏する竹の唄、青葉の笛、千の風になってを中心に教えていただく。

アンコールがあったときは荒城の月がいいとご指導。

暗譜したつもりが時々どこかへ消えてしまってドキマギ。

撫子さんと二重奏をする時間ががなかった。

OさんとY先生を見舞う。

レッスンの後Gセンターに入院中のY先生近く退院するということでOさんと待ち合わせて見舞う。

比較的元気に振舞っていたが全快しての退院ではないところが厳しい。

ななでしこジャパン引き分け

なでしこジャパン北朝鮮と1対1の引き分け。

勝負は厳しい。延長戦で同点にされて引き分け。負けなくてよかった。

| | コメント (11)

2011年9月 7日 (水)

バーちゃんCT検査

バーちゃんCT検査

バーちゃん先週腎臓・胆嚢に浮かんだ影の正体確認のためS病院でCT検査。

結果は、「石があることはあるが、今すぐ悪さをするものではない。経過を診ていきましょう。半年後また診ましょう」

と言うことだった。

かなり落ち込んでいたバーちゃんも「水をがぶがぶ飲んで流しだすわよ」とホッとしたようだ。

病院は異常とも言える混雑で時間がかかったがそんなことはなんでもないこと。

まずはよかった。

ビールで乾杯。

明日は篠笛個人レッスンの日。

| | コメント (10)

2011年9月 6日 (火)

「南蛮煙管」の嫁入り

「南蛮煙管」の嫁入り

山猿さんが珍しい「南蛮煙管(なんばん・きせる)」を持ってきてくれた。

「南蛮煙管」は葉緑体をもたないため自活できず、薄(すすき)などの根に寄生する。

花の形が、南蛮人(昔のポルトガル人や スペイン人)の用いたパイプのキセル  形に似ているところからこの名になった。  なんともユニークな形だ。・別名  「煙管草(きせるそう)

昔家の棚にもあったがいつの間にか消えてしまってそのままになっていた。

山猿さんありがとう。

| | コメント (8)

2011年9月 5日 (月)

つくののお猿さんこと市橋画伯が秋の院展に入選

つくののお猿さんこと市橋画伯が秋の院展に入選

つくののお猿さんこと市橋画伯が秋の院展に入選した旨撫子さんからメール通知があった。

市橋先生おめでとうございました。

展示会場などのこともあるので、撫子さんのメールをそのまま添付してお知らせに替えます。

お父さん
こんばんは~
市橋さんが秋の院展に入選しました
すごいよね!偉いよね!
《雨 あがる》  ニシローランドゴリラの魅力がたっぷりです。
詳細は以下の通りです。
院展は全国を巡回して12月に横浜そごう美術館に戻ってきますので、こちらでも観ることができます。
幸子
院展の詳しい日時等は下記の通りです。

再興第96回 院展
9月7日[水]~19日[月・祝]
日本橋三越本店 本館7階(第1・第2会場)
新館7階ギャラリー(第3会場)

入場料:一般800円/大学・高校生600円(中学生以下無料税込)
午前10時~午後6時30分【午後7時閉場】
最終日は午後5時まで【午後5時30分閉場】
諸般の事情により営業日・営業時間を変更する場合がございます。
主催:公益財団法人 日本美術院
後援:台東区教育委員会
尚、三越伊勢丹カードをお持ちの方は、当日受付にて提示して頂ければ
2名まで無料で入場頂けます。

市橋さんのPC不具合のため、岡田が代わりにご連絡させて頂きました。
皆さまからのメールへの返信等、遅れます事をご容赦下さいますよう
お願い申し上げます。
以上

| | コメント (9)

2011年9月 4日 (日)

夜明けの救急車・千の風になって/コンサート・藍チャンの放送

夜明けの救急車

夜が白みかけたころ救急車のサイレンがだんだん近付いてく来た。

通り過ぎて行くかと思っているとチョッと先でぴたりと止まった。10分くらいしてまたサイレンが鳴り出して遠ざかって行った。

どこだろう、誰だろうとそっちの方の知り合いの顔を浮かべてみる。気になって眠れない。すっかり目が覚めてしまった。

千の風になってのコンサート

篠笛で『千の風になって』を吹くようになって久しい。

この歌が有名になる前「こころちゃん」がこのCDが発売された時送ってくれた。

歌詞が気に入ってこころちゃんが亡くなってこの歌はメッセージだと思って吹くようになった。

最近では持ち歌にして何かのときは必ず吹くようになった。

そんなことを知っているK社のFさんが今日相模大野で開催される『秋川雅史』のコンサートの招待券を何枚か送ってくださった。

行きそうな方に声を掛けたところ売れ行きがよくて一度行かないと言った人まで行きたいと言い出して、気がつくと自分の分はなくなっていた。

もともと相模大野は年寄りには遠いと思っていたので悔いはない。

その分じっくり篠笛で繰り返し吹いた。

Fさんありがとうございました。

藍チャンの放送

いつも聞こう聞こうと思っていて昼ねで聞き逃していた文化放送の藍チャンの放送を今日はしっかり聞くことができた。

歯の手入れが大切だと言うことが分った。

| | コメント (7)

2011年9月 3日 (土)

台風の余波

台風の余波

気をやかせた台風の直撃は免れたものの強い風が吹き続けなすなど畑の作物がかわいそう。

庭に出ても強い突風とにわか雨に襲われ長くいることはできない。

クジャクサボテンなど幾つかの鉢が飛ばされたが大きな被害はなさそう。

倒れたものは風が止むまでそのままにしておくことにした。

あちこちで大きな被害があったらしいが、お見舞い申し上げる。

台風のお陰でゆっくり昼寝を楽しむことができた。

| | コメント (9)

2011年9月 2日 (金)

盗人・盗賊改め役探偵団年次総会

盗人・盗賊改め役探偵団年次総会

夜昼・日曜・祭日の区別なく盗人を追いかけた盗賊改め役仲間の年次総会。

ミナトミライの第二の人生で少し籍を置いたことのあるIホテル。すっかり変わってしまって道に迷ってしまうほど。

台風接近で出席するかどうかを検討していたが出席することにした。会員数400、出席者96名。現Kトップも昔席を置いたという縁で特別参加。

『厳しく仕込まれたお陰で本日を迎えられた」と神妙な挨拶。には恐れ入った。

塩爺さん、ライスさんナンコーさんなど懐かしいメンバーとの再会・昔話は楽しいの一言。盛会だった。

Kトップとは西口の狸小路に行く約束をした。それほど気さくで飾らないところがいい。

でもなんだか疲れたし台風が来るかもしれないと理由をつけて、タクシーの世話になってしまった。

野田内閣発足。

| | コメント (10)

2011年9月 1日 (木)

ノロノロ・迷走台風・なでしこジャパンタイに3対0で第一戦を勝つ

ノロノロ・迷走台風

予報を信じて早目に2日の篠笛を楽しみま専科教室の中止を決めたが、来るぞ来るぞと言いながらなかなかやってこない台風。

このまま反れていってくれればそれに越したことはない。

明日の夕方は盗人探偵のOB会。

植木の避難

台風12号がくるくるとの予報に棚の植木で大事なものを少し安全と思えるところに避難した。

とても全部はできない、やられたらやられた時のこと、その時考えよう。どうも静かだ予報を信じて早目に篠笛を楽しみま専科教室の中止を決めたが・・・・・。

女子サッカー・なでしこジャパンタイに3対0で第一戦を勝ち取った。

| | コメント (8)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »