« 秋風・垣根の消毒 | トップページ | 敬老の日・横浜水曜歌会出席歌送信 »

2011年9月18日 (日)

お節介・ブログコメント

お節介・ブログコメント

『死ぬもんか食道がんと闘う』の管理人Sさん抗がん剤の治療中で、落ち着くまでしばらくソットしておいてくれと電話があった。

ブログが更新されないのが気になる。お節介は生まれつき。同じ思いの方もおられると思い篠の近況をコメントに書き込みをした。

「どうかね?順調に行ってるかい。

この間電話ありがとう。

14日がんセンターで一本8万1、920円の注射を打った。

『マーカーに異常は認められないが、気がつかないときにやってくる肺炎に気をつけることが長生きに繫がる』

と、余命宣告をした主治医に脅かされてきた。

この医師の診立てだと、末期の前立腺がんで、とっくにおさらばしていなくてはならない。どうもそれが気に入らないようだ。

注射のあと、かなり酷い手の痺れがやってきて今も続いている。でも、長い間闘っている末さんのことを思って我慢している。

このごろ歯がガタガタしてきて歯医者に通いだした。

問診で聞かれるまま病歴を並べ立て「余命・賞味期限はとっくに切れているからそんなに長持ちしなくていい。と言うと医師が驚いていた。

診察台に載せられてから鳴り出す機器の音に全身をこわばらせながらしばらく通わなくてはならないようだ。

いつお迎えが来てもいいや。と言いながら、まだ長生きしたいのだ。

暑い暑いといっても秋風がやってきて朝晩は少し凌ぎやすくなってきた。

庭では安曇野から嫁いで来たホトトギスが咲き,コオロギが秋を告げている。

ホトトギスはおふくろが好きだった花だ。NHKのおひさまにも登場している。今度末さんのところにも一株輿入れさせようかね。

焦らずじっくり治めていこうぜ。

佐山での全快祝いをみんなが楽しみにしているぜ。」

|

« 秋風・垣根の消毒 | トップページ | 敬老の日・横浜水曜歌会出席歌送信 »

コメント

そっと見守って待っていようね〜。
皆が待っていること、絶対伝わっているよ。
こちらの様子だけでも知らせてくれる篠笛さんの気持ち、伝わるよ(^-^)

投稿: 撫子 | 2011年9月18日 (日) 17時26分

今日は、敬老の日に因んで今月96歳になった義母にプレゼントを届けに行って来ました。 ますます元気な様子に安堵しました。
又、お彼岸も近いのでお墓参りをして、ご先祖様に感謝の意を表して来ました。

投稿: ライス | 2011年9月18日 (日) 17時46分

篠さんのSさんに寄せる温かい思い、胸が詰まります。Sさんにお会いしたことはありませんが、どこでお会いしても直ぐ分かるような気がしてます。繰り返し拝見してるブログのお写真で。Sさんのご回復を心からお祈りします。

午後、町内吟詠教室。

投稿: 竹 | 2011年9月18日 (日) 19時14分

病と闘うのは大変です。体験者でないと本当に苦しみは分らないですね。篠笛さんのメッセージは伝わったと思います。戦友ですから・・。私も学生時代の盲腸から指の手術まで5回メスを入れました。もう御免?と思いつつ・・。

投稿: 梅 | 2011年9月18日 (日) 20時01分

Sさんを案ずる親父さんのお気持ちは十分に伝わっていますよ。Sさんは現在強い気持ちで病と闘っていると思います。きっと元気になられてブログに登場されます。

投稿: 山猿 | 2011年9月18日 (日) 20時32分

仲間を代表しての Sさんへのメッセージは
篠笛さんの思いが詰まっていて 応援している私達も 嬉しく思います。

投稿: ふくろう | 2011年9月18日 (日) 20時47分

シェ佐山係り、やりまーす。明日香のライブ、笛仲間も来て、練習しなくっちゃ!ってわかれました。

投稿: 藍弥生 | 2011年9月18日 (日) 23時57分

ご無沙汰してました。久しぶりにコメント書きます。

昨日アヤコ叔母に電話をして、双葉SAで大金の入った財布を落としたこと、それを拾い、届けてくれた方がいたことを話しました。
「私なら届けないかも」と、しばらく聞けなかった大きな笑い声を聞くことが出来ました。電話してホントに良かったです。

今日は仕事で出掛けた車山高原で、車椅子のお婆ちゃんを家族中で支えている姿を見かけました。このことは、里山の日誌に書きました。

老いや病気で苦しんでいる方を、支えてあげられるのは、家族であり友人なんだと、つくづく思います。
そう考えると「家族」を持たない叔母を、今支えてあげられるのは、オレや叔父さん、ハム子さん含めた親族なんだと思っています。

そしてアヤコ叔母にも、叔父さんのように「まだ、長生きしたい」って思ってもらえる「何か」が必要だとも感じています。

一緒に悲しんであげることは大事ですが、生きる張り合いを持たせることも大切なことだと思います。

しかし、病気を知らずにここまで生きて来たオレには、何を書いても叔父さんのような説得力がありませんね。

投稿: 広津のハルキ | 2011年9月19日 (月) 04時17分


撫子さん
ソットしておいてと言っているのにお節介な書き込みをしなくてはいられない愚かさ。
篠の誕生会に調子の悪い中を来てくれた。掛け替えのない戦友だから大事にしなくてはね。
佐山での食事会が楽しみ。

ライスさん
義母さんお元気で何よりだね。
いい婿を持って幸せだといっているよ。

竹さん
大事な戦友なんでね。
元気になって欲しい。ただ祈るだけ。しか何もできないもどかしさ。

梅ちゃん
闘いの相手はしぶといからね。
ブログの笑顔のままのいい奴なんだよ。
何もしてやれないもどかしさが募るだけ。

山猿さん
酒は飲めなくていい。みんなで佐山まで一緒に祝いたいもの。

ふくろうさん
何も手助けができないもどかしさ。
居てもたっても居られない思いが書かせたもの。

藍チャン
その時は頼りにしているからねよろしく頼むよ。
昨日昼寝の真っ最中で文化放送聴き逃してしまった。ごめんね。

広津のハルキ君
ホントウにお久しぶりだね。
君の『里山の日誌』は欠かさず見ている。
だんだん味が出てきたよ。コメント欄が欲しいね。
綾姉のところに電話をしてくれてありがとう。君や英たちの優しさに助けられているといつも感謝しているよ。

年を取ってくると『生きたい』という思いより「如何に人に迷惑を掛けずに、店仕舞いをするか』を考えるようになってくる。

オフクロが好きだった桔梗が終わってホトトギスの花が庭のあちこちで咲き始め『焦らなくていいよゆっくりしておいで』と微笑み掛けている。

そろそろ靖国神社の引継ぎも考えてよね。

投稿: お篠 | 2011年9月19日 (月) 07時52分

色々な苦しみや哀しみを持ちながら、みなさん必死で生きてらっしゃいます。

どうすることもできない私は信心心もないくせに、特に震災以来朝晩心の中で祈ります。
でもやはり平常心ではいられない出来事に出会います。

病を抱える方も、家族であっても、友であっても、辛いです。

篠笛さん、いつまでも、私達の憧れの方でいらしてください。
明後日、合宿よろしくお願いいたします。
兄弟子さまたちも、落ちこぼれ弟子をよろしくお願いいたします。

投稿: ルピナス | 2011年9月19日 (月) 09時32分

ルピナスさん
悲喜こもごも色々の峠を越えて行くのが人生。だと言う人も居ますね。
皆さんの優しさに支えられ、ご迷惑にならないように一日一日を大切にしていきたいという思いでおります。

何もできないのにお節介がやきたくなってしまう。年寄りの悪いところですね。

合宿楽しみにしております。台風がチョッと心配ですね。

投稿: お篠 | 2011年9月19日 (月) 10時00分

見ず知らずの私がSさんの病状が気になりますが、よきことを念じています。篠笛の練習がそのまま音にでるのですよね。あせります。笛の音にさえ聞こえない。あせります。じたばたしながら練習します

投稿: つくののおサル | 2011年9月19日 (月) 11時10分

つくののおサルさん
戦友のこと心配してくださってありがとうございます。
今度是非佐山あたりで紹介できればと思っております。
会って頂ければ一発で人柄が分るいい奴です。

合宿楽しみですね。

投稿: お篠 | 2011年9月19日 (月) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋風・垣根の消毒 | トップページ | 敬老の日・横浜水曜歌会出席歌送信 »