« ハム子と高島屋・冬の装い | トップページ | 叙勲伝達・五行歌歌会横浜水曜歌会 »

2011年11月16日 (水)

イレッサ訴訟:遺族側、逆転敗訴 東京高裁が責任認めず

イレッサ訴訟:遺族側、逆転敗訴 東京高裁が責任認めず

肺がん治療薬「イレッサ」の副作用による間質性肺炎で死亡した患者3人の遺族が輸入を承認した国と輸入販売元のアストラゼネカ(大阪市)に計7700万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(園尾隆司裁判長)は15日、国とア社の責任を認めて2遺族に計1760万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決(今年3月)を取り消し、遺族側の請求を全面的に退ける逆転敗訴の判決を言い渡した。

園尾裁判長は初版の添付文書(医師向けの説明文書)について「指示・警告上の欠陥はなく、国の責任は論じるまでもない」と述べた。

 大阪地裁ではア社に責任を認める判決

イレッサの副作用死を巡っては、大阪地裁が今年2月、責任をア社に限定する判決(大阪高裁に控訴中)を言い渡し、地裁レベルの判断が分かれていた。

初の高裁判断は厚生労働省の薬事行政に影響を与えるとみられる。

イレッサ

 英国の製薬会社「アストラゼネカ」が開発した肺がん治療薬。厚生労働省は02年7月、承認申請からわずか5カ月余で世界に先駆けて輸入販売を承認した。

副作用の少ない抗がん剤と期待されたが、重い間質性肺炎を発症する患者が多発。厚労省は同年10月15日、ア社に添付文書改訂と緊急安全性情報を出すよう指示した。

現在では副作用死は減少したが、今年9月末までに、843人が死亡したと報告されている。

仲間・最高裁裁判

患者会の仲間では何人かがイレッサ治療を受けていた。

一説に「男性より女性の方が効き目がある」と患者会で男女が争っていたことも目撃している。関係者はみないくなってしまった。

いずれ最高裁で争われる裁判を見守っていきたい。

|

« ハム子と高島屋・冬の装い | トップページ | 叙勲伝達・五行歌歌会横浜水曜歌会 »

コメント

新薬を使うのは本当に難しいですね。
患者は医師を信頼するし、医師も未知の事もあるでしょう。最高裁はどう裁くか?・・・

投稿: 梅 | 2011年11月16日 (水) 21時46分

父は結局、何の抗がん剤も、使えませんでした。それでよかったかな、って、2人で病室でがんのドキュメント見ながら、話したっけ。それぞれ、病態も違うし、いろいろ難しいですね。

投稿: 藍弥生 | 2011年11月16日 (水) 23時55分

ウチの父も抗がん剤は使えませんでした。
良い先生に巡り会えたのが、せめてもの救いでした。
明後日十七回忌を迎えます・・・

投稿: 撫子 | 2011年11月17日 (木) 01時05分

梅ちゃん
ガン太郎の本当の姿は医者も分っていないところがあるんだから難しい問題だね。
最高裁の裁きがどう出るか?それが正解だとは思えないところがあるからね。
あの薬の出現に一喜一憂しながら旅立っていった、患者会の仲間の姿が浮かぶ。

藍チャン
お父さんの場合、抗がん剤使わなくて正解だった思うよ。

撫子さん
草だよね。最期いい医者に巡り合えたことはよかったね。ご冥福を。

投稿: お篠 | 2011年11月17日 (木) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハム子と高島屋・冬の装い | トップページ | 叙勲伝達・五行歌歌会横浜水曜歌会 »