« Gセンター・末さんへコメント・北朝鮮金正日総書記が死去 | トップページ | 市橋画伯作品展・ミニ望年夕食会・五行歌横浜水曜歌会 »

2011年12月20日 (火)

篠笛個人レッスン・赤飯の差し入れ

篠笛個人レッスン

23日予定していた個人レッスンがY先生を偲ぶ会に出ることになって急遽二俣川のレッスン日を変更していただいた。

2月の発表曲『竹田の子守唄・二重唱』をタップリ扱いて頂く。

23日の「Y先生を偲ぶ会』で吹奉する『千の風になって』『江戸子守唄』もご指導いただく。

覚束ない暗譜で流石の先生も不安になったようだ。

「暗譜しっかり。ゆっくりゆっくり」と繰り返し仰っていた。

終わりころ山猿さんが覗きに来られた。

手の痺れと足腰のふらつきは本物になってきた。ボケも同時進行のようだ。それをうかがわせるようなことがあった。

後は練習をみっちりやって心で吹くより仕方がなさそう。

赤飯の差し入れ

午前中、ハム子から「赤飯を作った。松本に送ったり忙しいから取りにきてくれ」と連絡があった。天気もよし自転車で散歩がてら貰いに行く。

暮れになるとハム子は信州や親しい人のところにケーキ・おやき・赤飯・五目おこわなど手作りのものを送って喜ばれている。

家もそのお裾分けということ。パウンドケーキの端っこなどは味が濃くて俺は好きで一杯貰ってきた。

|

« Gセンター・末さんへコメント・北朝鮮金正日総書記が死去 | トップページ | 市橋画伯作品展・ミニ望年夕食会・五行歌横浜水曜歌会 »

コメント

個人レッスン、お疲れ様でした。ハム子さんの温かい心遣い、なかなか出来ないことと思います。嬉しいですね。

午前中、ゲートボール。午後、歯科と内科の定期健診。近くて適当な混み具合が救いです。

投稿: 竹 | 2011年12月20日 (火) 19時11分

お父様譲りの 心くばりで ハム子さんも優しいですね~
暮れの 手作りの贈り物は さぞかし喜ばれることでしょうね。

投稿: ふくろう | 2011年12月20日 (火) 19時55分

私たちも、竹田の子守唄練習するぞー?
私も、はじっこ、たべたーい。
ハム子様の爪の垢、入れてくださいって、パパが叫んでいます???

投稿: 藍弥生 | 2011年12月20日 (火) 20時06分

自転車に乗れるくらいなら大丈夫かしら?痺れ等心配ですね~
それにしてもハム子さんも料理名人ですね!
夜は冷えますね。お大事に!

投稿: 梅 | 2011年12月20日 (火) 20時14分

ハム子さん                                お赤飯とケーキを頂戴たし、有難うございました。嫁いだ娘が夕方立ち寄り、ご相伴にあずかると言って食べて帰りました。家族全員が美味しく頂きました。         

広津のハルキさん                            聞き上手と励まし上手のカナコ様素晴らしいお方ですね。私も現在、入院中の姉に毎日のように携帯電話で励ましていますが、姉の気持ちを考えずに、気合ばかり(前職の癖が)を入れているように受け止めてられて嫌われています。挙句の果てには女房の「カズコさんに代わって」と言い、長々と話しています。女房はカナコ様には至りませんが、私よりはましなようです。カナコ様とカズコとは、真ん中の1字が違うだけで御縁があるのでしょうか。                                 

投稿: 山猿 | 2011年12月20日 (火) 21時39分

ハム子さんといい、広津のハルキさんと言い、篠笛家の方々は、皆さん優しい方ばかり、篠笛一族の素晴らしい伝統ですね! 実に羨ましい限りです。

23日は、無理をせず譜面台持参の自然体で宜しいかと思いますが如何?

投稿: ライス | 2011年12月20日 (火) 22時10分

叔父さん、また気弱なことを書いてますね。しっかりして下さいね。

山猿さん
叔父の姉(松本のアヤコ叔母)には子供がいません。性格も細やかで、いい叔母なんですが、少し神経質すぎるところがあり、病気になってからは自暴自棄になっています。
自暴はないと思うのですが、自棄(自分で自分を見捨てる)の様子が手に取るようにわかります。
そんな叔母に、なかなか上手く声かけがオレはできません。山猿さんの書かれている「気合いばかり」になっていました。

オレが盗み聞きした、カナコの電話で感心したのは、受話器を置く最後の1分間の会話(言葉)です。

「・・・じゃあね、おばちゃん、ぎゅーってしてあげる。おまけに、チューも。じゃあね、また明日ね。おばちゃんから先、電話切ってね。おやすみ」

明るく自然でお茶目な電話、これには、さすがに参りました。
いくら名文が書けても、心のこもった肉声には勝てません。

投稿: 広津のハルキ | 2011年12月20日 (火) 22時37分

ハム子さんの手料理は絶品ですね♪
アァ〜、ハム子さんのように育ちたかったです・・・
ちゃんと育ててくれたのに、育たなかったのは私ですね、トホホ(^^;
空で嘆いているかな〜?謝るっきゃないです(^^ゞ
それにしても、ハルキさん、カナコさんは素敵な方ですね。
カナコさんの「ぎゅー」と「チュー」何よりも何よりも、松本のお母さんのお薬になりますね♡^ー^)人(^ー^♡

投稿: 撫子 | 2011年12月21日 (水) 01時04分

ハルキさん                                   早速、「ぎゅーとチュー」を女房に教えます。
  

投稿: 山猿 | 2011年12月21日 (水) 07時36分

竹さん
医者に通いながら運動も忘れない。見習わせていただきます。

藍チャン
竹田の子守唄は繰り返しが多いのでボケ老人むきだと言われています。
22日午前中届けますかr待っていてください。
明日香ちゃん元気になってよかったね。

梅ちゃん
自転車に乗ると不思議とシャキッとするんだよね。
三途の川を自転車で渡れないものかね。

山猿さん
お嬢さんのも食べていただいてよかった。
カナコさんを褒めていただいてハルキ君も喜んでいます。

ライスさん
一皮向けば人間手みんな弱いものだからみんなで支えあって生きているのよ。

撫子さん
ちゃんと優しいいい娘に育ったじゃないかよ。
松本の姉はその優しさに触れて涙流して喜んでいるよ。

投稿: お篠 | 2011年12月21日 (水) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Gセンター・末さんへコメント・北朝鮮金正日総書記が死去 | トップページ | 市橋画伯作品展・ミニ望年夕食会・五行歌横浜水曜歌会 »