« 恵ちゃんとデイト | トップページ | 啄木に笑われたJBK・スポーツセンター »

2012年1月23日 (月)

感謝の気持ち・電車の若夫婦

感謝の気持ち

昨日ここで孫の恵ちゃんとのデイトを紹介した。

早速恵ちゃんから「アリガトウ」のコメントが送られてきた。それを見た甥の「里山の日誌」の管理人のハルキ君から「俺はジジ・ババに可愛がられ小遣いやお年玉を沢山貰ったが素直にアリガトウと言っていなかった。感謝の気持ちを言葉にすることは大切なことだと教えられた。

と反省・感激コメントが寄せられた。

電車の若夫婦

アリガトウ・コメントが寄せられ先日電車内の若夫婦を思い出した。

先日横浜からの帰り道の電車内でのこと、座っていると若夫婦が乗ってきた。奥さんはお腹が大きかった。そんなに混んではいなかったが空いている席はなかった。私が席を譲ると固辞しながらも座った。

直ぐ横で漫画本を見ていた若者に変化はなかった。

私が二俣川で降りる時夫婦が揃って立ち上がって深々と会釈し、電車が出てからも窓越しに手を振ってくれた。

なんだかいい気分になった。

安産であるように祈念。きっと素敵な子供が生まれるだろう。

感謝の気持ち

アリガトウの

一言が

温かい和となって

広まる絆

|

« 恵ちゃんとデイト | トップページ | 啄木に笑われたJBK・スポーツセンター »

コメント

ありがとうを、いっぱい言えた人には、いいこともたくさんあるかもね?
それにしても、腰原さんが席を譲ったのに、周りが知らんぷりなんて、ねえ・・・。今度は違う人がさっと譲ってくれたらよかったのにね。

投稿: 藍弥生 | 2012年1月23日 (月) 17時21分

ここのところ、日々の出来事に関連しての五行歌が、何とも言えませんですね。素晴らしい限りです。

投稿: 山猿 | 2012年1月23日 (月) 18時12分

バスの乗ると、シルバーシートにふんぞり返っている若者がいたり・・「若者達は俺達も疲れている」等毒づいています。
「ありがとう」を中々言えないシャイな若者もいるが・・。

投稿: 梅 | 2012年1月23日 (月) 19時20分

極寒の日々に 心温まるお話を拝見し「ありがとう」と 素直に言いたいです。

久しぶりに ブログを拝見 やっぱりホッとしますね~ 

投稿: ふくろう | 2012年1月23日 (月) 19時21分

他人の幸せを願うと、自分も良い気持ちになれますね。篠さんが席を譲られた若夫婦は、きっと「アリガトウの心」を世の中に広めてくれることと思います。

午前中、能見台の県立循環器呼吸器病センターへ。胸部CT検査の結果、変化なしとのこと。次回受診は、半年後。

投稿: 竹 | 2012年1月23日 (月) 20時00分

広津のハルキさんのコメントは、重厚で説得力があり、教わることが沢山あります。
小生は、3歳の時父が戦死し、祖父母のもとで育てられたため、いろいろ大事にされていながら、有難うの一言を言った記憶はありません。 今の今まで「当たり前」と思ってました。
「爺ちゃん婆ちゃん有難う!」

投稿: ライス | 2012年1月23日 (月) 21時30分

水の結晶は、汚い日本語では崩れてしまって
「ありがとう」の言葉には綺麗に作るんだって♪
「ありがとうございます」は更なる綺麗な
結晶をつくるから、身体の中の水が反応して
血液や体液が綺麗な身体になるって♪
「愛」と「感謝」は素晴らしい結晶になるらしい。
それも日本語の言霊だけに反応するらしい。
不思議な水の実験だけど、信じちゃう♪
お腹の赤ちゃんに変わって「お母さんと私を
大切にして下さってありがとうございます」
おんぎゃ(感謝)(^◇^)

投稿: 夏海 | 2012年1月23日 (月) 22時25分

中高の学生時代、電車やバスでお年を召した方や妊婦さんに席を譲る、重いものを持っている方には「お持ちしましょうか?」と訊ねる・・・厳しく厳しく先生方から躾けられました。
箸が転んでも可笑しい年頃で、ついつい黄色い声を出し、翌日の朝礼でよく注意を受けました。
本屋さんに寄り道をするのも、親から先生に許可が必要だったの。
鬱陶しかったけれど、その頃の学校、恩師、両親に感謝ですね(*^_^*)

「ありがとう」はこの世の中で一番美しい
言葉だと、思っています・・・

投稿: 撫子 | 2012年1月24日 (火) 01時36分

あずみ野便り その22(1月22日)

小学生の頃、月曜の1時間目が「道徳」の時間でした。ナイチンゲールなど偉人の活動を話し合いましたが、理屈では何となくわかっても、授業が終わるとそれきりでした。
叔父さんの時代は「修身」と呼ばれていましたよね。身を修める・・って、スゴい授業ですよね。感謝したり思いやることは、簡単そうで難しいことです。

ライスさん、はじめまして。広津のハルキです。コメントを読んでいただきありがとうございます。社交辞令でなくこころからの「ありがとう」です、これは(笑)
ライスさんと同じようにオレも祖父母には大切にしてもらいました。物心付く頃から大きくなるまで、夜は二人の布団の真ん中で甘えっぱなしでしたから。

それで昨日から考えていたんですが、
決して「ありがとう」と、思っていない訳ではない。それを今まで貯めていたんじゃないかと。
今なら二人に心から「ありがとうございました」って、言えますもんね。

投稿: 広津のハルキ | 2012年1月24日 (火) 01時57分

藍チャン
俺ってまだ見かけより心は若いからね。若い時鍛えた貯金がまだ残っているみたい。
シミドウ一家からアリガトウの手紙可愛いの沢山貰ったよ。
外孫は可愛いね。嬉しいね。

山猿さん
一日一句出来事のまとめを兼ねて続けてみようと思って始めてみたのよ。何時まで続くかね。お世辞でも褒められると励みになるね。コメントを五行歌で書き込むのもいいじゃないんのよ。

梅ちゃん
困った現象だね。どうしてしまったんだろうかね。社会・教育の問題ともいえないね。
一番は低俗なTVの影響かね。

ふくろうさん
当たり前のことが当たり前にできなくなってしまってきたね。

竹さん
循環器異常なしでよかったね。
吟詠の効果ですね。

ライスさん
ハルキ君も苦労人だから言うことに一味あります。
戦死されたお父上も心残りだったでしょう。でも立派に成長されて安堵していることでしょう。
笛で語りかけてやってね。

夏海ちゃん
言葉って大切だよね。難しいよね。
心で話せば必ず心に通じると信じているんだがね。
お腹の赤ちゃんに会ってみたいね。

撫子さん
厳しく育ててくれたのはよかったが垣根が厳重過ぎたんじゃないかな。
異性をよく見て、付き合う方法も教えておいて貰いたかったね。
監視の目は厳しいけどさ、今からでも遅くないけどね。

ハルキ君
学校はまず朝礼から始まった。何かのときは国旗掲揚・教育勅語奉読から始まった。
教育勅語は暗誦させられた。
今の社会がおかしくなったのは戦争に負け占領政策でそれまでの教育システムを完璧に破壊されたことだ。
自由・自由と何でも、やりたい方題したい方題勝手気まま自分さえよければ人はどうなってもいい。感謝の気持ちを忘れ。アリガトウも忘れてしまった。そんな悲しい精神を叩き込まれた。その中で悪いところだけが残って長生きしている。
確かにハルキ君に対するジジ・ババの可愛がり方は異常とも見えたね。
俺は中学途中で長距離通学をやめ家を出たこともあって、少年・青年時代のハルキ君と話した記憶がまったくない。
ハルキ君の出生が俺の人生を変えたんだ。と言うのはハルキ君が生まれてくるまでは俺が「順養子」にさせられるところだった。
高校卒業して大学進学を断念させられて広津村役場のアルバイトとしてあの坂道を通った。
役場の前の駐在所さんが篠ノ井の副検事の叔父さんを知っていた。昼休み顔を会わせた駐在さんから「警察官を採用している。警視庁や神奈川に行けば夜間大学にもいけるぞ。」と誘われ迷わずその気になってしまった。
受験場の面接官三人とも話を聞くとみな叔父の知り合いだった。身元調査が厳しかったが叔父のお陰で一発で合格。神奈川県巡査の道が始まった。
ババは切ながった。ハルキ君のお父さんが東京代々木に住んでいた姉さんのところまで送ってくれた。姉の家からは一人でトランク一つ下げて淵野辺の警察学校に入校した。新しい人生の出発。


投稿: お篠 | 2012年1月24日 (火) 12時11分

追伸
兄が亡くなり10年も内孫が出来なかったから、オレの誕生を祖父母は喜んだことでしょうね。オレも可愛かったですし(笑)
あんなに皆に甘やかされて育ち、オレにも困った時代がありました。今は山のように愛情をそそいで育ててもらったこと、心から感謝しています。

しかし、叔父さんもオレが産まれて良かったですよね。あの村で埋もれてしまいましたからね。広津で腰原家を継いでたら大きく人生変わってましたね。叔父さんなら村長を5期くらい努めたんじゃないですかねえ。

投稿: 広津のハルキ | 2012年1月24日 (火) 16時16分

ハルキ君
そうよ、ハルキ君の出生は俺の人生の大きな分岐点だったね。
あのまま残ってどんな人生だったろうか。多分碌な者にはなれなかったね。
こっちに出てきて正解だった。
ハルキ君に感謝しけりゃね。
人生は何があるか分からない。だから面白いのかもしれない。
さっきの話の件俺は一切権利放棄するから安心してよ。

投稿: お篠 | 2012年1月24日 (火) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恵ちゃんとデイト | トップページ | 啄木に笑われたJBK・スポーツセンター »