« 最期は片道切符の一人旅 | トップページ | 篠笛教室新年会 »

2012年1月18日 (水)

五行歌横浜水曜歌会・狸小路

五行歌横浜水曜歌会

今年初めての歌会。体調も今一で寒いし夜間外出は億劫だが後の狸小路が気になって腰を上げる。

風邪等でお休みの人が多かった。

その中で珍しく篠の歌が出席歌で第二席ライスさんが欠席歌で第一位入選。

出席歌第二席 篠笛こと腰原常雄作

あなたの元気で

明るい笑顔が
みんなの いのちなのよ
百薬に勝る
ナースの一言

欠席歌第一席ライスさんこと米沢節郎作

悪戯っ子の次男坊が

結婚を機に

招来の夢を熱く語る

頼もしさ

何よりのプレゼント

ライスさんおめでとうございました。

次男坊さんの結婚が決まって喜びに浸っている気持ちを素直に詠っている。重ね重ねおめでとうございます。

篠の歌はGセンターの廊下であった顔見知りの看護師さんが声を掛けてくださった話。

「あなたの元気で明るい笑顔はみんなを明るくする。みんながあなたを目標に頑張っているのよ。弱音を捨てて頑張ってね」

余命宣告を二回も受けて元気に生きているのは貴重な話らしい。生きているだけで少しでもお役に立ってる。

先日の患者会で同席した人が余命は長くないと宣告され意気消沈していたが篠の話を聞いて「医者の診たても間違うことがあることが分かった。そのパワーをください」と笑顔になり握手を求められた。

そんながん患者の切ない話を基にしたもの。

生き続けるのも意義があるのかもしれない。

出席者が少なく早く終わった。

狸小路

二次会は辞めようという話だったが今日は新年会だからと山猿さん撫子さんを誘って狸小路で軽く一杯。

そこへ店の社長が顔を出した、社長も同じ病でかなりきつい闘病に耐えた戦友。久しぶり積もる話に花を咲かせた。

|

« 最期は片道切符の一人旅 | トップページ | 篠笛教室新年会 »

コメント

他の会合と重なって、いけなくなっちゃってごめんね。明日、楽しみー!笛忘れそう・・・?

投稿: 藍弥生 | 2012年1月18日 (水) 23時39分

おめでとうございま〜す♪&ご馳走さまでした〜♪
笑顔は病気を撃退してくれるよね。
そのお手本が篠笛さん♪
その笑顔がある限り、百まで軽いね〜(^_-)

投稿: 撫子 | 2012年1月18日 (水) 23時51分

あずみ野便り その18(1月18日)


昨日返して頂いたコメント「・・
山はジーとみていて、何でも知っている・・」が気になり、里山の日誌に大町の蓮華岳を載せました。八坂から松崎の部落に入るころ、雪をかむった北アの山々が見えてきます。叔父さんが大町の中学に通う頃何度も仰ぎ見たのは蓮華岳かと思います。

広津の庭からは大城、高津屋、京ヶ倉、金戸山が見えますよね。池田や松川からは有明山が印象的です。有明山の無骨さは父のようです。叔父さんは蓮華岳のイメージ。オレは大城ですかね?何か平凡ですが。まあ18年間、朝晩何気なく見てきましたから、オレにとってふる里の山は大城ですね。

投稿: 広津のハルキ | 2012年1月19日 (木) 08時07分

新年の歌会で3点のブービースタートでした。これじゃあ先が・・・・。狸小路で御馳走になった焼酎が、あっという間に体中を駆け巡りました。

投稿: 山猿 | 2012年1月19日 (木) 08時30分

歌会ご出席の皆さんの熱意に脱帽、入選おめでとうございました。歳を重ねると他人の優しさが身に沁みます。

午後、能見台吟詠教室。

投稿: 竹 | 2012年1月19日 (木) 08時46分

広津のハルキ君
懐かしい山の写真ありがとう。
次から次忘れようとしていた昔を思い出させてくれるね。
四季折々変わり行く蓮華岳を仰ぎ見ながら過ごした少年時代が懐かしい。
北アルプスの山には悲喜こもごも俺の思い出の宝庫だよ。
大日向からおやきをかじりながら山道をひたすら歩いた。
勉強なんて正直手に付かなかった。
中学といっても上級生は学徒動員、下級生は授業より出征兵士宅の勤労奉仕ばかりだったがね。
大町に向かう途中に文恵兄が親しくしていた方がいて当時貴重だった大学ノートなどを頂いたこともあった。綺麗な方だった。
あの道この道もう一度歩いてみたい。
向山はジジと紙すき材料の楡を採りに何度も行ったことがある。大城は目の前に見ながら登ったことがない。
高津屋はお盆が近付くと仏様に飾る桔梗、オミナエシなどを採りに峰姉達と行ったものだ。
お墓参りをかねて、山を見に行きたくなってきた。

投稿: お篠 | 2012年1月19日 (木) 09時37分

 篠先輩、歌会での第二席をおめでとうございます。ナースの笑顔に元気をもらった経験談に一同納得しました。
 
 実は、私が会社でお付き合いしている年齢が同期の方が、肺の疾患で先月オペしたのですが、組織検査の結果、もっとも悪性という診断が出て、2月から化学療法に入ります。
 
 でも、本人はいたって前向きで、事前に頭を丸めて治療に挑戦すると言っていました。 くよくよしても仕方ないという達観した姿勢に敬服させられました。

投稿: 藍色シアン | 2012年1月19日 (木) 14時18分

藍色シアンさん
いつもお世話になっています。昨晩はありがとうございました。
ガン太郎を同居さてしまうとちょっとしたことに一喜一憂の連続です。
どうせ決まっている命、楽しく笑って過ごしたいですよね。
同僚の方も前向きの生き方のようですからキット闘いに負けることはないと思います。
何でもお役に立つことがありましたら遠慮なくお申し付けください。

投稿: お篠 | 2012年1月19日 (木) 17時51分

水曜歌会第二席おめでとうございます。
良いお歌ですねえ。

きっと素敵なナースさんなのでしょうね。
でも、私も篠笛さんのお元気な姿、笑顔に惹かれて笛もなんとか続けています。

夜の歌会はもう少し、体調がもどってからに。狸小路もなつかしいです。

ライスさん、欠席歌第一席おめでとうございます。ご一家のお幸せが目にみえるようです。

投稿: ルピナス | 2012年1月19日 (木) 21時13分

ルピナスさん
ありがとうございます。
体調を早く元に戻してください。お目にかかれるのをお待ちしております。お大事に

18日付けの朝日新聞にご主人の署名記事が大きく掲載されていましたね。
歌会でもコピーが回覧されました。(この先生がルピナスさんの旦那さんなの?)と知らない方もいたようでした。
患者で写真に写っている方は肺がん闘病の戦友です。

投稿: お篠 | 2012年1月20日 (金) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最期は片道切符の一人旅 | トップページ | 篠笛教室新年会 »