« 「翔べ巨鳥・日本橋百年」出版記念祝賀会 | トップページ | 根分け作業・高校野球観戦 »

2012年3月24日 (土)

「あんもん会」

「あんもん会」

昨日出版記念パーティーに「あんもん会」メンバーと出席した旨を記載したところ、ハルキ君から「あんもん会」って何?と質問があった。

「あんもん」はデカとブンヤさんの名前の頭文字を並べて名付けた貴重な会。

あんもん会についてはこれまでに何度か部分的なことでここでも紹介してきた。

扱った事件を書くことはあまりしてこなかったがこれは風化してはならない事件。

いい機会なのであんもん会について詳しく書いた2011年7月19日付けのJBKに若干加除訂正して添付する。

2011719 ()

あんもん会『馬鹿な指揮官。敵より怖い](孫子の兵法)』

あんもん会は殉職した若いデカとブンヤさんとをつなぐ貴重な記録が秘められている。

父・子デカ

Sさんは優秀な殺し担当のデカ。長男のM君は父親のようなデカになりたいと自ら進んでデカになった。

そのM君が92年7月8日、連続強盗致傷事件で指名手配されていた男をY市内で追跡中、拳銃で撃たれ殉職した。

事案概要

機動捜査隊員M君は拳銃使用連続強盗事件で指名手配中の犯人追跡を命じられた。

『拳銃使用連続強盗事件』だから拳銃携行の許可願いを申し出た。

ところがどう言う訳か防弾チョッキの着用は認められたが、拳銃携行は認められなかった。

拳銃を振りがして逃走する犯人を警棒で追跡したM君。

銃弾は防弾チョッキの隙間からM君の心臓に命中即死という痛ましい殉職事件だった。

M君は新婚ほやほやだった。

父親のS氏は本部の無線で一部始終を傍受していた。

M君を射殺して逃走した犯人はその後も事件を繰り返していた。

親の嘆き

「拳銃使用連続強盗事件犯人の追跡に拳銃携行を申し出たのに防弾チョッキ着用を認めながら拳銃携行を認めなかった指揮官の指揮はおかしい。

将人が拳銃を持っていればあんな死に方はしなかったはずだ。

相撃ちならまだ諦めもつく。少なくても犯人を取り逃がすことはなかったはずだ。

上司の顔色ばかり伺って現場の声を無視した奴に殺されたようなものだ。無念だ。

毎晩夢で『親父のハジキを貸してくれよ」倅にそう言われて悔しくて仕方がない。オヤジはこういう時、まず身を守り市民の安全優先。とハジキを持たせてくれたよね。』

当時既に一課から転勤になっていた俺のところに来られて、涙で訴えるS氏の怒りはもっともだと思った。

その指揮官はよく知っている人。

拳銃使用の連続強盗犯人を追跡するデカに拳銃携行の許可をしない指揮なんて考えられないことだ。

なぜか当時は警察官の拳銃使用に慎重で使用には幾つもの厳しい条件があった。

それにしても考えられない話だと思った。

いのさんとあんもん会

私が一課に在籍したころ扱ったA市の造成地内で発見さrた白骨死体遺棄事件。白骨だったが僅かに残っていた指の皮膚から竹さんのグループが指紋を採取。身元確認の決め手となって事件解決につながった。

当時本部の記者クラブのキャップだったいのさんがひょんなことからネタを掴んでスクープした。

その時のエピソードを彼の著書(警察記者)の第二章「囲碁の功名」で篠のことを実名で扱いスクープネタ入手の経過を詳細に書いている。

当時捜査に携わった山猿さんなどデカがときどき集まって一杯やっている。いのさんが本に書いたことから、彼もメンバーの仲間入りをするようになった。

「あん・もん会」命名の経緯

M君の七回忌の時Y紙のI記者(井上氏)がM君を偲ぶ大きな記事を書いてくれた。法要にも参列してくれた。異例のことだった。そのことがきっかけでその時の集まりの会の名前を作ることになった。

「あん・もん」の「あん」はI記者の名前の頭文字。「もん」はM君のお父さんS(茂人)さんの通称名の頭文字。

事件を風化させない意味を含めてSさんとブンヤさんの名前の頭文字の二つをあわせて作った。

ネットで紹介された、20回忌

あれからちょうど二十年。ヤフーのネットで『殉職警察官・鈴木将人』で検索すると命日の日、機動捜査隊で今年20回忌が行われた旨の記載があった。

感激して機動捜査隊長(現鑑識課長)に電話した。

「事件を風化さてはいけないという思いで命日に部長と将人君のお墓参りをしてきました。あれから20年。隊員であっても事件を知っている人は少ない。しっかり引き継いでいきたい」

そんな話を聞いて感激を新たにした。

『もんちゃん』(Sさん)と再会した時の土産話ができた。

改めてSさんと将人君のご冥福をお祈りする。

2011715 ()

「馬鹿な指揮官

敵より怖い」

昔の人の言うことに

間違いはない

霞ヶ関の人にも教えたい

|

« 「翔べ巨鳥・日本橋百年」出版記念祝賀会 | トップページ | 根分け作業・高校野球観戦 »

コメント

昨日は小生の出版パーティーに遠路かけつけていただきありがとう御座いました。あんもん会の皆様にも感謝申し上げます。人をあげつらうことを生業としてきましたが、今回は日本橋やアーチ橋について、ほんの少しとは薀蓄をまとめることが出来、ホットしています。

投稿: 井上安正 | 2012年3月24日 (土) 17時09分

若い警官が市民のために命を賭して殉職された事は語り継がなければいけませんね。
「あんもん会」は凄く意義があります。
最近は残念ながら、警察の評判も今一です。
社会全体のモラルがヌルヌルしているからでしょう。

投稿: 梅 | 2012年3月24日 (土) 17時22分

「あんもん会」いつまでも 続く事を祈っています。
篠笛さんの暖かい心が伝わって来ます。

投稿: ふくろう | 2012年3月24日 (土) 19時28分

いろんなことが、篠笛さんの人生を濃くしているんですね。

投稿: 藍弥生 | 2012年3月24日 (土) 20時26分

悲しい出来事ですね。
篠さん、竹さん、山猿さん、穏やかに篠笛を吹き、歌を読んでいらっしゃる今のお姿からは想像できない程、私達市民の為に闘っていらしたのですね。改めて感謝&敬礼する思いです。
お仲間のSさんの大切な息子さんMさんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: りん♪ | 2012年3月24日 (土) 20時44分

読み進むに連れ事件の無念さが蘇ってきて、溢れる涙を抑えることが出来ませんでした。
将人君と故Sさんのご冥福を心からお祈り致しますm(_ _)m

投稿: ライス | 2012年3月24日 (土) 20時50分

ハルキさん、よくぞ「あんもん会」をお尋ねくださいました。親父さんが厚く語って下さいました。私もS大先輩とコロシの課で汗を流した仲間でした。若くして殉職されたS先輩の息子さんのM君とも職場を一緒にしたことがありました。すでに千の風になられましたS先輩とM君のお姿を忘れることはできません。非常に残念な事件でした。M君の七回忌法要の計画立案を命ぜられて、一生懸命努めさせて頂きました。毎年1回「あんもん会」を実施していますが、1度、撫子さんをその席にお呼びしました。キツイ目つきの猛者連中も、美人にはことのほか優しい振る舞いをしていました。

投稿: 山猿 | 2012年3月24日 (土) 21時25分

昔の話を出して頂き恐縮です。Sさんと鈴木将人さんのご冥福を心からお祈りします。

午後、能見台吟詠教室。夜、町内役員会。

投稿: 竹 | 2012年3月24日 (土) 21時55分

一度「あんもん会」に飛び入りでお邪魔させて頂き、その時のことは忘れられません。
コロシだとか強行班だとか、なんだかドラマの中だけと思っていた言葉がぽんぽん飛び出して、「ひぇ〜!」と思いましたが、お話とは正反対の皆さんの優しいお人柄に、いつしか和んでいる自分に驚きました。
篠笛さんのお蔭で、普通ならお目にかかれない方達に出逢え、感謝しています(^^♪
恐れ多い「あんもん会」に山猿さんが付き添って頂いて、心強かったです(^^)V

投稿: 撫子 | 2012年3月25日 (日) 00時27分

あずみ野便り その83(3月24日)

あんもん会、詳しく教えて頂きありがとうございました。ネットで検索して「悲劇を繰り返さないために—」の記事も読みました。
今、警察関連の不祥事なニュースを見ても特権意識を持った残念な人は確かにいます。そんな方が上司ですとホント困ります。警察の方は純粋に正義の味方であって欲しいと願っています。叔父さんが「正義の味方」だったことは誇りです。

山猿さん
叔父に仲人をしてもらいましたが、不出来な甥でしたので、正直「横浜の怖い目つきの警察官」がつい最近まで叔父の印象でした。
山猿さん、竹さんたちも「社会正義の実現」を目標に日夜頑張ってこられたんですね。ご苦労さまでした。

投稿: 広津のハルキ | 2012年3月25日 (日) 02時06分

井上さん
昨日は盛会で何よりでした。
紙きりのお姉さんと仲良しになって写真を撮ってきました。

梅ちゃん
警察の評判が今一。命を掛けて守ってきたものが崩れ落ちていくようで残念です。
梅ちゃんに褒めていただくなんて光栄だね。

藍チャン
いい人との出会いに恵まれ今日があるんだと思っています。
この人たちのことを何時までも大事にしていきたいと思います。

りんさん
読んで頂いてありがとう。
親子も喜んでくれていることでしょう。

ライスさん
あの親子さんが存命であれば色々と話し相手になってくれたことと思う。
本当に残念。

山猿さん
わが班は精鋭揃いだったからね。
A市の白骨事件は難しい事件だったよね。
誰もが解決するとは思っていなかったようだもんね。

竹さん
その節はお世話になりましたね。
竹さんには影から何回も助けた戴きましたよね。

撫子さん
今度またあんもん会のときは声を掛けるから是非参加してね。
みんな根は優しいんだよ。

ハルキ君
あんもん会のこと質問してくれてありがとう。お陰であんもん会に関連する想い出を整理することができたよ。
(事件)は筋書きのないドラマ。ここに書けない裏話がまだあるんだよ。
その話はどうしてもブログに書いてはならないことなんで今度あったときハルキ君にソットはなすから楽しみにしておいてよ。
昔の怖い叔父から優しい叔父になって話すからね。

投稿: お篠 | 2012年3月25日 (日) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「翔べ巨鳥・日本橋百年」出版記念祝賀会 | トップページ | 根分け作業・高校野球観戦 »