« 庭の仲間・来年の準備に余念がない雪割り草 | トップページ | 五行歌横浜水曜歌会 »

2012年3月20日 (火)

春分の日・花の里帰り

春分の日

国民の祝日。自然をたたえ、生物をいつくしむ日とされる。

春分点を太陽が通過する日。春分が起こる日。お彼岸中日でもある。

一応、一年のうちで「夜と昼の時間が同じ日」と言うことになっているが、実際には昼の方が夜よりも長い。

あちこちへの墓参は無理。千の風になってをたっぷり吹奏。

花の里帰り

花仲間のTさんに去年同じ色が二つあった雪割り草を一鉢差し上げた。

この方こまめに面倒見て株分けをしたり、種を採って増やしているらしい。ちょっと色が変わった色違いを一鉢添えて持って来てくれた。

株分けの要領など教わる。

こうして我が家の棚は知らず知らずのうちに増えていく。そして仲間の絆が広まっていく。

春うらら

四季折々

愛好家との

絆広まる

鉢の交換

|

« 庭の仲間・来年の準備に余念がない雪割り草 | トップページ | 五行歌横浜水曜歌会 »

コメント

春うららの今日は、お墓参りに行ってきました。
日差しが暖かくて、お墓を綺麗にお掃除するには絶好でした。日だまりの中、暫しお話をしてきました(* ̄・ ̄*)

投稿: 撫子 | 2012年3月20日 (火) 16時47分

三日間留守にしたら梅・椿・ボケ・沈丁花など一斉に開花、旅の疲れがあったので、今日は休養日にしました。

夕方、軽く海岸散歩。東京湾はさすがに春めいていました。

投稿: 竹 | 2012年3月20日 (火) 19時10分

私はおはぎを食べ亡き父母を偲びました。
信州はまだ寒いので墓参りは後で。
明日の句会のため頭を絞る・・なかなか出来ないですね~
 三月の晴れを頂き布団干す

投稿: 梅 | 2012年3月20日 (火) 20時15分

爽やかな風・甘い花の香り・生き生きとした若芽など春をいっぱい感じながら、6キロの道のりを歩いて帰りました(^з^)-☆

投稿: ライス | 2012年3月20日 (火) 20時23分

漸く春らしい彼岸の中日になりました。
でも 花粉症がひどくて 憂鬱な時期でもあります。

投稿: ふくろう | 2012年3月20日 (火) 20時51分

輿入れしたイワヒバが、春の来たのを喜ぶように全員生き生きと羽を開きました。天気もいいし役目も果たし、庭での昼食に出たビールの味は何とも言えませんでした。

投稿: 山猿 | 2012年3月20日 (火) 21時13分

ポンドに変えに、デパートに行ったら、おはぎ、桜餅、行列でした。

投稿: 藍弥生 | 2012年3月20日 (火) 21時25分

あずみ野便り その79(3月20日)

お彼岸の中日、最高気温はまだ10度の松本でした。急な仕事が入り予定していた広津への墓参りは、明日カナコと長男次男3人で行ってもらうことになりました。
子供たちは広津を「ばあちゃんの家」という意識しかなく、30年先が心配です。

投稿: 広津のハルキ | 2012年3月20日 (火) 21時37分

撫子さん
お墓のお掃除みんな喜んでいるよ。
笛持って行けばよかったね。
でも色々話ができてよかったね。

竹さん
今の時期3日空けると庭の仲間はビックリするほど変わったしまうよね。

梅ちゃん
おはぎもホドホドにね。
布団干して花粉大丈夫なの?

ライスさん
6キロ歩くのは大変な運動量だね。羨ましいな。

ふくろうさん
花粉には悩まされるね。
鼻水たらして庭作業しているよ。

山猿さん
庭の仲間たちはこれからだね。
ビール余り飲み過ぎないようにね。

藍チャン
家の方もお団子屋は行列だった。

ハルキ君
仕事の忙しいのはいいこと。
カナちゃんお墓参りご苦労様でした。
俺はここで千の風になってを吹奉した。

投稿: お篠 | 2012年3月20日 (火) 23時23分

この2、3日、多摩方面へ向かう車が
なんでこんなに多いのかと思ったら
お墓参りの方も大勢いらしたからでしょうね。
とうとう春一番が吹かないまま春分の日になってしまいました。
私には鼻水とくしゃみがとまらない辛い春です~(涙)

投稿: kikkoro | 2012年3月20日 (火) 23時27分

kikkoro |さん
あなたも花粉症に悩まされている仲間ですか。
雨は嫌だがお天気の日も憂鬱ですよね。

投稿: お篠 | 2012年3月21日 (水) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭の仲間・来年の準備に余念がない雪割り草 | トップページ | 五行歌横浜水曜歌会 »