« 梅の蕾 | トップページ | 梅開花・不思議な出会い »

2012年3月 5日 (月)

天皇陛下様退院・作詞家なかにし礼食道がん

天皇陛下:東大病院から退院

78歳の陛下は、3本の冠動脈のうち2本に狭窄(きょうさく)が見つかり、狭心症と診断され2月17日に入院し、18日に狭窄部を迂回(うかい)するバイパスを作る手術を受けた。術後は心機能回復のためのリハビリに取り組んでいた。

3月4日午前の検査の結果、退院が決定。この日午前から訪れていた皇后さまと共に車に乗り、病院を後にした。

まずはよかった。

作詞家なかにし礼食道がん

作詞家なかにし礼さん(73)が今日「初期より少し進んだ食道がんである」ことを記者会見で告白。

食道がんといえば末さんもそうだった。

|

« 梅の蕾 | トップページ | 梅開花・不思議な出会い »

コメント

天皇陛下のご退院は、手術経過の順調なご経過とご推察し、ご同慶の至りに存じます。
なかにし礼さんのことは、知りませんでした。
有難うございました。明日は気温が上がりそうですね。

大阪の義妹から、手作りの「いかなご」佃煮が届きました。季節物の有難さを実感。

投稿: 竹 | 2012年3月 5日 (月) 19時28分

今日の篠笛教室は、「稗搗節」。 発表会が終わって気合が入りませんでした。

陛下の全快と、なかにし礼さんの早期快復を心から祈念します!

投稿: ライス | 2012年3月 5日 (月) 21時02分

御心配を賜り有難うございました。先ほど帰浜いたしました。姉が、一時は今日か明日かの状態でありましたが、酸素吸入器と点滴等の処置で息を吹き返して、開眼はしませんが何とか小康状態を続けています。4日間ベット脇の椅子で仮眠をとりながら付き添いました。時には、どこかの姫様に教わった耳元で気合を入れる言葉も発してみました。その効果か多少反応を示してくれたような気配がうかがえました。悔いはありません。今回の行きの新幹線では、お茶の大家の先生と話が弾み、帰りは、これまた、最近知り合った2人ずれの美人と同じ車両でバッタリ出会い、男冥利となりました。

投稿: 山猿 | 2012年3月 5日 (月) 21時59分

ただいま〜!
伊勢神宮美術館に展示されている市橋画伯の絵、素晴らしかったですよ♪
生憎の空模様でしたが、伊勢志摩の美味しいものを沢山食べて栄養満点です。
帰りの新幹線の同じ車輛で、心臓が飛び出すくらいビックリする出来事がありました!?(((☆。☆;)))

投稿: 撫子 | 2012年3月 5日 (月) 23時19分

なかにし礼さん、好きだなあ。早く元気になって、まだまだ、いろんな曲作ってほしいな。笛で吹いて、祈願しましょ。

投稿: 藍弥生 | 2012年3月 6日 (火) 00時14分

あずみ野便り その65(3月5日)

松本は朝から雨降りです。天気予報ですと日中は15度近くまで上がるとか言ってました。信州も一雨ごとに春に近づいています。
フサコの下の双子ですが揃って大学卒業です。二人とも就職が決まり、茅野市と豊科にそれぞれアパートを借り、引っ越しもすませました。この春から一人暮らしです。春は始まりの季節ですね。

投稿: 広津のハルキ | 2012年3月 6日 (火) 07時40分

竹さん
陛下の無事退院はよかったですね。無理をなされずに一日も早いご快復を祈念。

ライスさん
発表会という一つの目標がなくなって気が抜けるのは仕方のなおこと。
ライスさんは息子さんの結婚式で篠笛を披露できてよかったですね。

山猿さん
お帰りなさい。ベッド脇での看病大変でした。ご苦労様でした。
キットお姉さんにはその心は通じたと思いますよ。
新幹線の中での素敵な出会い。悪いことできないね。
旅の余禄だね。

撫子さん
新幹線の出会い。先方も驚いたようだよ。
不思議な糸でつながっているんだね。
しっかりお願いしてきたかや。

藍チャン
なかにしさん早く元気になって欲しいね。

ハルキ君
ふさ子も苦労したけど少しは楽になるね。
蕾だった梅が2輪ほど開花春本番を待っている。

投稿: お篠 | 2012年3月 6日 (火) 09時01分

がん患者が 3人にひとりの時代?
本当に多いですね~

撫子さんのビックリ事件 ほんと凄い!!!もしや 山猿さんのコメントと深い関係?

投稿: ふくろう | 2012年3月 6日 (火) 09時14分

ふくろうさん
みんなで渡れば怖くない。ガンと宣告されても驚くことはなくなってきたのかね。
でも死ぬまでは元気でいたいよね
撫子さんのびっくりはまさかのまさかだったようだね。

投稿: お篠 | 2012年3月 6日 (火) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅の蕾 | トップページ | 梅開花・不思議な出会い »