« シトシト雨・笛練習 | トップページ | 石付きイワヒバ・篠笛の響きに親しむ・コスモスの余韻 »

2012年4月15日 (日)

患者会コスモス10周年記念日

患者会コスモス10周年記念日

がん患者会コスモス10周年記念パーティー。

三ツ境ライフ・コミュニティーサロン

世話人代表のOさんの挨拶Hさんのの司会。参加者80名。盛会だった。これだけの会に盛り上げたOさん始め役員の方々の尽力に感謝。

亡くなられた戦友を偲び黙祷の際篠笛で「江戸子守唄」を吹奏して会は始まった。

10周年記念誌「コスモス」が全員に配布された。

きつい峠を乗り越えた人、その途中の人それぞれの想いは複雑。

築地の患者会虹の会と神奈川のコスモスの二箇所に席を置いている。

肺がん手術後遺症で声を失い職場から退職勧告され絶望の淵をさ迷った時、どこにも誰にも聞いてもらえない愚痴をこの会で拾ってもらった。そのころ親身になって愚痴を聞いてくださったIさんの息子さん娘さんも特別参加した下さって話をすることができた。

慰め励ましてくださって戦友の姿がないのが寂しい。

千の風になってを吹奏

ほかの曲を考えていたがIさん、MS心ちゃんのことなど思い浮かべ千の風になってにした。その人たちを偲びながら篠笛を吹奏しているうちそこにあの人たちの面影が迫ってきてついほろりとしてきたのには参った。

五行歌のOさん夫妻が左隣。右隣がこころちゃんと親しかったTさん

縁というものは不思議なものとしみじみ思った。

右隣の席のTさん話をしてみるとこころちゃんが婦人の患者会タンポポを立ち上げた時一緒に苦労をされた方だった。

タンポポの発会式の際挨拶したことを思い出し話すと驚いていた。

懐かしい仲間

一回り全部の席を回った。

あの時このとき様々な話を覚えていてくださってのには驚き。コスモスに顔を出さないことをあちこちで責められた。

笛の音に

人に言えない

言っても分かってもらえない

捨て場所のないお荷物を

抱えて逝った友偲ぶ

|

« シトシト雨・笛練習 | トップページ | 石付きイワヒバ・篠笛の響きに親しむ・コスモスの余韻 »

コメント

先立たれた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。篠笛演奏ご苦労様でした。明日から1週間帰省、五行歌とシミドウ教室お休みしますのでお願いいたします。

投稿: 山猿 | 2012年4月15日 (日) 18時14分

コスモス お疲れ様でした。
沢山の懐かしい方々にお会いできて 皆さまも 喜んでおられたでしょうね~

こころちゃんも どこかで聞いていたと思いますよ~きっと。

投稿: ふくろう | 2012年4月15日 (日) 20時52分

コスモスの会10周年ご出席おつかれさまでした。
今日は久しぶりにお目にかかれてうれしかったです。
そして久しぶりに篠笛も聴かせていただきやっぱり、とってもすてきでした。

コスモスの会とのお付き合いも長くなりました。五行歌をはじめてくださって千の風になられたMさんたちを思い出しました。

歌会も篠笛もお休みですみません。
もうしばらくかかりそうです。


投稿: ルピナス | 2012年4月15日 (日) 20時58分

お疲れさまでした!
お空の戦友の方々が、篠笛さんの「千の風のなって」を、きっと喜んで聴いていてくれたことでしょう・・・(´-`).。oO

投稿: 撫子 | 2012年4月15日 (日) 21時10分

こそモス10周年記念パティーお疲れ様でしたm(_ _)m
いつどのようなところでも篠笛さんの存在感は、凄いですね!
出席された方々のますますのご健勝を心から祈念致します。

投稿: ライス | 2012年4月15日 (日) 21時36分

旅立たれた戦友を偲んでの篠笛吹奏、皆さんの心に染みたことと思います。お疲れ様でした。

午後、町内吟詠教室。夜、町内役員会。

投稿: 竹 | 2012年4月15日 (日) 21時51分

すばらしい患者会ですね。
篠笛さんの演奏は、集まった戦友の皆さまの
心に響いただけでなく
きっと遥か天国にも届いたにちがいありません。
お疲れ様でした。

投稿: kikkoro | 2012年4月15日 (日) 22時43分

篠笛さん、10周年記念パーテイーにご参加下さり、あたたかい篠笛の音を響かせてくださり、ありがとうございました。コスモスでの篠笛さんの存在感の大きさを、改めて感じました。ご事情が許しましたら、定例会にもお越し下さいませ。
今日はお目にかかれてうれしかったです。ブロッコリーは、まだ食べていませんが、とてもおいしそうです。ありがとうございました。

投稿: なっちゃん | 2012年4月16日 (月) 00時28分

あずみ野便り その106(4月15日)

コスモス記念パーティーでの演奏ご苦労さまでした。
「きつい峠を乗り越えた人、その途中の人、それぞれの想いは複雑」の言葉が胸に染入りました。もし自分が病気になったらどんな言葉をかけて欲しいだろう?そんなことを今夜は考えてしまいました。

投稿: 広津のハルキ | 2012年4月16日 (月) 02時05分

イギリスのバーミンガムからチェスターに向かった乗り継ぎの駅クルーの先っぽで、2人で笛を吹きました。証拠写真も撮ったからね!

投稿: 藍弥生 | 2012年4月16日 (月) 04時38分

イギリスの駅の先っぽで吹いたよ。証拠写真、19日の14時から、しみどしのぶえQOL研究会で見せるね。

投稿: 藍弥生 | 2012年4月16日 (月) 04時47分

山猿さん
一週間の不在は寂しいね。
気をつけて行ってらっしゃい。
五行歌出席歌今日送信した。

ふくろうさん
こころちゃんがタンポポを立ち上げた時一緒に苦労をしたという婦長さんと隣り合わせたのも心ちゃんの導きだったと思う。
不思議だね。

ルピナスさん
お元気で何より嬉しかったです。
席が隣なんて夢のようです。
色々ありがとうございました。

撫子さん
チョッと疲れた無事終ってホッとしている。

ライスさん
笛は、こういう席にぴったりのような気がする。

竹さん
「いい人から順」ということを改めて思い出させてくれた一日でした。

kikkoroさん
あんなに参加されるとは驚き。篠笛を吹奏することができてよかった。
篠笛はあの世の人との対話ができる大切な手段だと思っている。

なっちゃん
10周年記念盛大でよかったですね。あんなに大勢の会を纏めるのは大変だったですね。なっちゃんはじめみなさんの配慮に感謝感謝です。
帰り際ご主人とお会いして話ができてよかったです。
ブロッコリー取立てでス心を籠めた作品です召し上がってみてください。
これを機会にコスモスになるべく出席するように心がけます。
ありがとうございました。よろしくお願いいたします。

ハルキ君
ガンを同居させている患者の心は複雑。何と言って声をかけるか難しい。
「どうですか」と問いかけて相手にしゃべらせることにしている。
ありきたりの見舞いことばっ逆効果。
許されれば「13回入院17回手術」こうして元気にいられるのは「負けてたまるか」と諦めなかったこと。など。俺の経験を話すことにしている。
大事なことは言葉でお見舞いが澄むと思わないことだと思う。
見舞いの品もたくさんは不要。花もその人がすきだったものを一輪でいいにおいの強いものは避けて方がいい。

藍チャン
篠笛演奏証拠写真見るの楽しみだね。
元気で無事早く帰っておいでよ。
シミドウ教室では外遊は関係なく、しごくから覚悟していてね

投稿: お篠 | 2012年4月16日 (月) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シトシト雨・笛練習 | トップページ | 石付きイワヒバ・篠笛の響きに親しむ・コスモスの余韻 »