« 浅間フウロウ | トップページ | 野菜造り »

2012年4月29日 (日)

千曲川

千曲川

庭に咲いた安曇野育ちの「浅間フウロ」の花を見ているうちこの花と出会った「犀川」が思い浮かぶ。

犀川と千曲川が合流して信濃川になって日本海にそそがれていく。

篠は犀川の畔で生まれ育った。

下流に発電所ができるまでは「カジカ」や鮭の稚魚なども手探りで取れた。

「カジカ」は流れの速い清流の大きな岩の下を根城にしている。

カジカは頭が大きくグロテスクだが戦時中は貴重なタンパク源だった。

沢山捕れたとき病弱だった母の実家のおじさんのところに届けるとびっくりするような小遣いを貰った。

カジカが生息している岩には一匹捕っても次から次新しいカジカが住み着く。

「カジカ岩」は魚捕りの財産だった。そんな岩をいくつも知っていた。

暇と年甲斐もない感傷が笛を持たせた。

この間S先生から「千曲川」の譜面をいただいた。

安曇野に帰った気分になって「千曲川」を吹いた。

「この曲を吹いていると腰少年の姿が浮かんだ」と言ってくださったS先生の優しさが蘇った。

今年はまだバーチャンの検査が長引いて、春の同級会もキャンセルし安曇野墓参に行っていない。

できることなら安曇野でトンビ相手に、空に向かってじっくり吹いてみたい。

この曲をみんなに披露するのが楽しみ。

千曲川

歌手 五木ひろし

作詞  山口洋子

作曲 猪俣公章

水の流れに 花びらを

そうっと浮かべて 泣いた人

勿忘草に 帰らぬ恋を

想い出させる 信濃の旅よ

|

« 浅間フウロウ | トップページ | 野菜造り »

コメント

「千曲川」素敵な曲ですね。 腰少年の演奏楽しみです。

投稿: ライス | 2012年4月29日 (日) 17時43分

長男は、サッカー推薦で長野の上田の高校だったので、千曲川のほとりでいつもサッカーボールをけっていました。サッカー部の県外理事だったので、よく日帰りで応援に行ったっけ。別所温泉をやっている友達もいて、サッカーパパのBF作ってくれたのも愚息です。長野は、我が家にとってもう一つの故郷です。「おなごせんせい、いるかやー」って電話がきます。

投稿: 藍弥生 | 2012年4月29日 (日) 19時29分

中学まで佐久にいたので、夏は千曲川でよく泳ぎました。小諸の藤村塾?の跡に行くと草笛を吹いていたオジサンがいました。今は新幹線も小諸に停まらず寂れているようです。

投稿: 梅 | 2012年4月29日 (日) 19時44分

「千曲川」は好きな歌です。ブログを見ながら家内も一緒に歌いましたよ。名曲です。

午後、町内吟詠教室。初めて冷房を使いました。

投稿: 竹 | 2012年4月29日 (日) 20時16分

月見草の蕾が1つ見つかり、明日の夜には咲いてくれそうです。イワヒバに同居中の立浪草が開花しています。本日は、サカタのタネ店に、キュウリと唐辛子の苗を求めに行きましたが、混雑ぶりに驚きました。

投稿: 山猿 | 2012年4月29日 (日) 20時47分

千曲川、行ってみたいな〜。
故郷の思い出は、いつでも誰でも甘酸っぱいですね(´-`).。oO

投稿: 撫子 | 2012年4月29日 (日) 23時53分

あずみ野便り その120(4月29日)

犀川に発電所が出来るまでは、広津では年約4トンの鮭の水揚げがあったそうです。叔父さんの時代でしょうか。
オレの少年時代はプールがなく夏休みは泳ぎに行ったり、釣りに出掛けたり犀川は一番の遊び場でした。大人になってからは投網などをしたり、オレにとっても犀川は思い出の多い場所です。最近はフライフィッシングファンが県内外から大勢押し寄せています。

投稿: 広津のハルキ | 2012年4月30日 (月) 00時07分

梅ちゃん
梅ちゃんこの花知っていましたか。
どこにでも咲いている、可憐な可愛い花ですよね。

撫子さん
浅間フウロはまだ輿入れしておりませんね。いつか持っていきますね。

竹さん
草花は何年たっても変わることなく昔の姿そのまま咲いてくれます。
その花を愛した人々を思い出させてくれます。

山猿さん
黄色いエビネは珍しいね。大事にしてやってね。

藍ちゃん
五行歌藍ちゃんに褒められて(ほめているんだよね)ポーとなっている。

ハルキ君
広津のばばはああした花が大好きだった。
花の形状はゲンノショウコと似ているよね。とにかく田舎やばばを思い出させる可愛い花だよ。

投稿: お篠 | 2012年4月30日 (月) 06時41分

ある日突然パソコンの 「お気に入り」が 消えていました。
色々挑戦していますが 元に戻らず・・・

安曇野の春 行ってみたいですね~

投稿: ふくろう | 2012年4月30日 (月) 11時56分

ふくろうさん
ある日突然ではなく、触ってはいけないところに触ってしまったのではないかね。
きついけど、全ての原因はあなたよ。
勝手に弄り回さずにご主人に治してもらったほうがよさそうでね。
実は私も今和ちゃんのSOSを出したところ。

投稿: お篠 | 2012年4月30日 (月) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201183/45067216

この記事へのトラックバック一覧です: 千曲川:

« 浅間フウロウ | トップページ | 野菜造り »