« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

「あなたの老後と死」・三悠会役員会・ゴミ出し

NHKの「あなたの老後と死」(再放送)

庭作業を早めに切り上げてTVNHKの再放送「あなたの老後と死」

を見て考えさせられた。

他人事と思っていた老後と死はまさに我が身に差し迫った現実問題だと再認識。

JBK(丈夫で、ぼけずに、コロリンコ)は夢の世界のことと分かった。

梅ちゃんがコメントで考えさせられたというのはこのことだったようだ。

考えてもどうすることもできないことだけに余計に考えてしまう。

死ぬにも金が必要だ。結論的に、家族を含め人は頼りにならない。

果報は寝て待てと言うわけにはいきそうもない。

JBKでしめくくりができれば最高。

一番確実な安楽死?の方法がないではないが・・・・。

さてどうしようかね…・

三悠会役員会

副会長主催のお祝い会を兼ねた暑気払い。伊勢佐木町の行きつけの店。

カサゴの煮つけがおいしかった。

恵ちゃんも参加だったが急に不参加。。

ゴミだし

今日はごみの収集日。庭木の剪定などで溜まったごみ袋16っこ。ごみ収集所まで運ぶのが大変と、朝早くハム子が手伝いに来てくれた。

途中から町内会長の奥さんも手伝ってくれた。年寄りが大事にされている。ありがたいこと。

あちこちから安否を気遣ったTELを頂き感激。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

地井武男さん逝く

地井武男さん

地井武男さん千の風に。(享年70歳。)のニュースに驚いた。

1995・3・8テレビ東京追跡!テレビの主役^「事実は奇なり」(15分間)に出たことがあった。

司会は草野仁さん、コメンテーターは地井さん、ベープスペクター、岡本夏生。だった。

横浜駅西口・県警本部付近・自宅など撮影に幾日もかかった。

一部恵ちゃんも一緒に写っていた。

反響があって再放送もされた。

肺がんあと三年と宣告され手術で声を失って捜査一課長を務めたことに関心を持って色々の質問も受けた。

優しい思いやりのある笑顔で遠慮がちにその時の心境などを聞いてくださった地井さんを想う。

心からご冥福をお祈りしながら「千の風になって」を吹奏。

庭の仲間

キュウリ3本、ナス2個、青シソ若干収穫。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

キュウリ・庭作業・電話

キュウリ

お天気が続いてキュウリが急成長。9本収穫。

味噌をつけて丸かじり。キュウリはこれに限る。田舎を思い出す。

ナスは少し遅れている。

庭作業

ハム子が朝早くからきてくれた。

午前中の作業でごみ袋9袋。昨日の分もあって今度のごみ出した大変だ。

庭も大分綺麗になってきた。

後は背丈の低いものばかり。脚立なしで一人でもできるようになった。

何をするにも健康第一。

江戸の娘からご機嫌伺い

「元気かね」一言の電話でまた元気倍増。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

イタリヤン料理・ザクロの花・庭作業

イタリヤン料理

「たまには外もいいね…」俺の外食が続いたことへの不満かバーチャンのつぶやき。

夕べ、行きつけのイタリヤン料理店でピザ。

ザクロの花

畑の隅っこに植えてあったザクロの花が真っ赤な花をいっぱい咲かせて話しかけている。

何年も花を咲かせているㇽがなぜか実をつけて事がない。

一本だけなのがいけないのかもしれない。

サクランボなどはオス・メス二本揃わないと結実しない。

早急に伴侶を探してやらなければなるまい。

庭作業

裏通りの生け垣の剪定をして表の方をしないと釣り合いが取れない。

陽気も寒くなく暑く無なく庭作業日和。

朝から作業開始。まず消毒をしてから、柘植(3本)、木斛、ツバキ、山茶花の剪定。

近所の人がのぞきに来たので途中で切り上げたそれでもごみ袋5つ。まだまだ先は長い。終わってみると疲れた。

明日あたりハム子が来てくれそうだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

消費税値上げ法案衆議院で可決・岡部さん朝日新聞俳壇入選・シャテンキのお粥

消費税値上げ法案衆議院で可決

与党民主党内でも反対者があった中消費税値上げ法案衆議院で可決。

民主党が分裂するのか、国民無視・不在の争いが続いている。

岡部さん朝日新聞俳壇入選

第二の職場(パシヒィコ)でお世話になった岡部さんが6月25日朝日新聞俳壇に入選された。

岡部さんおめでとうございました。

金子兜太選  岡部豊作

いつの日か山法師のごと朱鷲舞わん

岡部さん五行歌会に参加しませんか。

シャテンキのお粥

きのうのJBKで中華街のシャテンキのお粥を紹介したところ店知らないと言う方が多かった。

近いうちシャテンキお粥ツアーをやりたいと思います。店が狭いので大勢は無理ですが希望者は仲間を募って応募してください。

終わった後中華街散策も楽しみ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

シャテンキのおかゆ・「足沼」(母の生家)

シャテンキのおかゆ

ハム子の運転で横浜に買い物。

昨日の作業のお礼を含めて希望を聞くと、「美味しいおかゆ」

ということで中華街に足を延ばしシャテンキのお粥で昼食。

お粥はこの店が最高。皆さん意外にこの店を知らないようだ。

ハム子は行きつけの店で食材を仕入れていた。

歩いていると甘栗の押し売りに付きまとわれ根負けてしまった。

バーチャンのお土産になった。

「足沼」(母の生家)

ハルキ君が「里山の日誌」と安曇野便りに書きこんだ「足沼」は母の生家。

大糸南線松川駅から池田町を経て大峰山連峰の稜線を登って行った道下にあった。標高1000メートルくらい。中学に通った時の通学路の道下。

大きな家で玄関を入ると広い土間・厩があって馬が二匹くらい飼われていた。

家畜も家族と同じに大事にされていた。一度ハム子の運転で尋ねたことがあった。山奥には珍しい陶芸家が住んでいた。

陶芸家は映画界のN大御所の弟さんで、「ここの土に惚れた」と山奥で陶芸を始めた理由を話してもらった。

ここは母の生家だというとびっくりしていた。

裏道を入りていくとと池があった。犀川で捕って行ったあか魚やドジョウをその池に放してやった。大きな沢カニの巣があった。

近くに(マツタケ山)があった。

できればもう一度訪ねてみたい。

眼下に見える犀川に向かって吹いた篠笛の音がこだまとなって返ってきた。

ハルキ君「里山の日誌」をやめるようなことを言っているが。できれば続けてもらいたいもの。

俺もJBKをやめようと思ったがこうして続けている。

笛の音の

こだまに

載って

犀川の水面に

蘇る面影

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

生垣剪定

生垣剪定

生垣の柊の枝が通学路に伸びて子供たちを傷つけてはいけない。とハム子が選定に駆けつけてくれた。

朝6時から作業開始。二人だと作業は楽しく速い。道行く人がびっくりするほど切り込んだ。ついでに伸びた枝が壁をなでるようになった楡欅と蝦夷松も途中で切った。

ごみ袋8つ。

ハム子が柔らかいところはシュレッターにかけて堆肥にしたらいいと言い出した。

いい堆肥つくりは手間暇を掛けなくてはできない。これがまた大変な作業。シュレッターは中国製で、使いがってが悪い。その上長い間使っていないから錆びついていてすぐ動かない。

シュレッターにかけたものを堆肥造りの畑の穴に運びコヌカ・油粕と混ぜながら作業を進める。

夕方になっても作業終了とはならなかった。

まだ表側は手つかず。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

植木仲間・関内シミドウ教室

植木仲間

ウチョウランの里帰り

棚や庭でのあちこちで咲き始めたウチョウランと話をしていると、近くに住む植木仲間がウチョウランを持って遊びにきてくれた。これで二人目。

去年頂いたイワヒバに寄せ植えしたウチョウランがこんなに綺麗に花を咲かせたと報告に来てくれた。

大事にされていることはイワヒバやウチョウランが教えてくれる。

また新たに大文字草など石付きの寄せ植えを一つ輿入れさせた。

ウチョウランはこれまでに何人かの戦友のところに輿入れしている。

花を手にして(この花は来年も咲くよね…)と感慨深く見つめていた戦友を想う。主なきあとも咲いたであろうか。

万年青植え替え

春蘭の植え替えを済ませて棚を移動させた万年青書きになって思い切って植え替え実施(25鉢)

この花は

来年も咲くよね

儚い想いを

花に託して

逝った人

シミドウ関内教室

関内()で開催された篠笛教室の状況を山猿さんが詳しく手紙で教えてくれた。盛大で楽しかった模様が手に取るようにわかった。

山猿さんありがとう。

特に特別参加で色々盛り上げてくださったガッツさんありがとう。

ナンコーさん改めておめでとう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

雨の日の話し相手

雨の日の話し相手

冷たく降り続く雨も庭の仲間たちにはめぐみ。

可憐に咲いて雨の重みで頭を垂れて、話し相手になってくれる。向こうに行ったときいい土産になる。

春蘭

夕べから降り出した雨がやみそうもなく降り続いていて庭作業はできない。

昨日までに植え替えが済んだ春蘭(45鉢)は植え替えが手遅れで心配しで、見に行った。みんな雨を受けて生き返ったようで安心した。午後は雨も上がっていっそう元気になったようだ。

元気になって一鉢でもいい花を咲かせて欲しい。

万年青

植え替えた春蘭の置き場所確保のため万年青を一段下の棚に移動させた。

移動の際手にした鉢のほとんどが植え替えを待っている感じ。

できれば引き続いて植え替えをやってしまいたいが雨が邪魔をする。

ウチョウラン

あちこちで咲き誇っているウチョウランはイワヒバを押しのけるように話しかけてくる。この花をこよなく愛した人たちを想う。

産地から

心を込めた宅急便

一粒一粒

涙で味わう

サクランボ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

シミドウ教室・巨人軍原監督暴力団員へ1億円

シミドウ教室

今日はシミドウから関内居酒屋()に移して篠笛教室。

店は先日横浜T副市長を偲ぶ会の流れで行ったところ。

出席するつもりだった。体調不良で断念せざるを得なかった。

山猿さん、ガッツさん、藍ちゃんなどから楽しい状況の電話があった。

皆さん欠席で申し訳ありませんでした。年を考え大事を取りました。お許しください。

巨人軍原監督暴力団員へ1億円

今日発売の週刊文春が巨人軍原監督暴力団員へ1億円。という大きな見出しで報じている。

18年前という古い話だが…。昔の話として聞き逃せない。この話裏があるようだ。

「女は怖い」ワイドショウ向きの話題。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

台風の被害・春蘭植え替え

台風の被害

さすが台風雨も風もすごかった。自然の底力を認識させて通り過ぎて行った。でも、5号が後を追っているらしい。

風は残ったが雨は上がって庭作業にはもってこいの陽気。

台風4号の強い風でいくつかの鉢が飛ばされた。

大物は棚下に避難させたから被害は最小で済んだ。

キュウリはせっかく支柱や網に絡み始めたのに風にもまれて見る影もない。でも下の方はなんとか生き延びたようだ。下枝を伸ばしていくより方法はない。

ナスもかなり葉をやられたが支柱の補強が被害をかなり防いだ。

春蘭植え替え

これまで元気がよかった春蘭が元気がない。

庭木の剪定で枝葉を切り過ぎて木陰がなくなり日当たりが良すぎるようになったせいかもしれない。

何より体調不良で面倒が見られなかったのが一番の原因。

庭の仲間が身代わりになってくれたのだ。と思って諦める。

気が付くとホッタラかしておけない。時期的に多少の問題があるが作業開始。

約7割の植え替えを済ませることができた。

残念ながら気が付くのが遅かった。株の状況から、今年の花には会えそうもない。

皆さんの忠告を聞いてぽちぽちやって行こう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

体調不良・台風4号

体調不良

気をつけましょう突然やってくる体調不良。

突然の体調不良から一週間経った。これまで経験したことのなかった体調不良。ようやく平常に近い状態に戻ることができた。

「聞きにくいことだが体調不良ってどんな状態だったの?」

真面目にそんな質問があった。原因も確かな治療方法間確立されていない、高齢者は注意をしなければならない現象らしい。

月曜日朝起きようとすると頭が重く強い眩暈でぐらぐらして起き上がることができない。

無理してトイレには行ったが、トイレからベッドに辿り着くのが精いっぱい。

ベッドに倒れ込むと同時に猛烈な吐き気。

つばだけで何も出てこない。

横になっていると眩暈は収まってきた。

頭を上げると同じ症状が襲ってきてベッドから起き上がれない。

ハム子が駆けつけて異常を察知。行きつけのくりノックへ連行。

ドクターもいつもと違う状態に大勢待っている患者さんがいたが奥の診察室で優先的に診てくれた。

脳梗塞を疑ったがそうではないらしかった。

いくつかのアンプを調合して点滴。

点滴が終わるころ少し落ち着いてきた。

「この状態で歩くのは危険。入院することもない。明日からは往診にします」

ということで火曜日・水曜日は一日に二回往診して点滴をしてくださった。

トイレ以外は眩暈が怖くて頭も上げることができない。その間ハム子がおかゆをやしなってくれた。

点滴を始めてから徐々に眩暈も軽くなった。吐き気もしなくなった。

転倒防止のため歩くときは手すりなど何かに必ず掴まるように心掛けた。

原因は「内耳?」の異常ということだが安静を保つよりほかに治療方法はない。ということだった。

点滴と絶対安静のお蔭でこぅしてパソコンを相手にすることができるようになった。昨日庭作業しても眩暈は一切襲ってこなかった。

コメント・メール・電話など大勢の方からお言葉を頂戴した。

お蔭で庭作業をしても眩暈はやってこなくなった。皆さん本当にありがとうございました。

台風4号

大型で強い台風がこれからやってくるらしい。

庭の仲間たちが心配だが…大物だけを棚下に避難させるだけ。

ネットに絡みだしたきゅうりなど野菜たちも心配だが手の打ちようがない。

おとなしく通り過ぎてくれることを祈るのみ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

庭作業・コメント返し

庭作業

バーチャンはじめ皆さんがまだベッドから離れるな。とお許しを出してくれないが庭の仲間たちを見るともうじっとしていられない。

先日植えつけたモロッコインゲンは成長が早くもう支柱に絡みついてきた。

耕してある畑に収穫時期をズラして蒔いたモロッコインゲンの苗は伸び過ぎるほど伸びてしまっている。

支柱を組み合わせ、直ぐ植え付けができるように穴を掘って準備万端整っていた。

植え付けは中腰姿勢になるのがきつい。ハム子・和ちゃんたちに任せることにしたていた。

今朝ハム子が「明日から雨になりそうだから伸びた苗を植え付けないとね。」と手伝いに来てくれた。

モロッコインゲンと、枝豆の苗を畑に植え付ける。

ナメクジがあちこちにいるらしく苗がかなり被害にあっている。

数が多い枝豆を残しモロッコインゲンの苗は全部植えつけることができた。

コメント返し

JBKを書き始めるとみなさんから優しい励ましのコメントをたくさんいただく。

今回のことがあって大勢の方からブログは好きな時に好きなことを書けばいい。コメント返しは必要ない。書きたいことを勝手に書くブログと違ってコメント返しは正直年寄りには負担。やめた方がいい。

と優しい貴重なアドバイスを頂いた。

ありがたいアドバイスを大切に受け止め、失礼を承知でこの際コメント返しを一切省略することに決めた。よろしくお願いいたします。

心のコメントに

励まされ

老骨に鞭打ち

更新継続

JBK

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

誕生日・父の日・ウチョウラン

誕生日・父の日

誕生日と父の日がダブった。

42歳の時「肺がん・あと三年と宣告されたときこんな日を迎えられるることは夢にも思わなかった。

有志が色々イベントを計画してくださったが、体調不良ですべてキャンセル。

バーチャンがステーキを奮発してくれることになった。

皆さん色々ありがとうございました。

逝く先は決まった

この先生き続けることに

意義があるのか

ちょっと考えさせられる

傘寿の祝い

ウチョウラン

ウチョランがこの日を知っているのか誕生日に合わせるように庭や棚のあちこちで咲き始めた。

イワヒバの勢いに負けて自滅したものもあるが逆に花芽を増やしているものもある。来年も咲くからねと訴えているようだ。

やっぱり手間暇かけたイワヒバとの寄せ植えのものは何とも言えない趣がある。

ハム子がウチョウランの寄せ植えをプレゼントしてくれた。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

ご心配おかけしました。健康回復!

ご心配お掛けしました。

お陰様で徐々に健康回復致しました。

これを機会にブログの毎日更新はしないことにしました。

コメントを頂いた皆様方には大変お世話になりました。

有難うございました。

また別の方法を考えております。皆様も健康にご留意の上、お過ごし下さい。

≫恵代筆しました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

お休み

連日お休みです

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

おやお休み

体調不良のたお休みします

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

三悠会・庭の仲間たち

三悠会役員会

副会長が有志とともに誕生祝いを行きつけのウナギ屋さんで会食会。

病が取り持つご縁でいろいろお世話になってきた。

ガン太郎がいなければ出会いもなかった方たち。

カナダ、中国、北欧などへの旅行も一緒だった。

孫たちも可愛がっていただいている。

この方たちとの出会いは人生の幅を大きく変化させた。

庭の仲間たち

山猿さん宅から輿入れした月見草、ユリが綺麗な花を咲かせ始めた。

ウチョウランも夏バテを感じさせず本格的な開花に向けて蕾を膨らませてきた。初めて対面する花もある。これからは毎日目が離せない。

ナスきゅうりもぽちぽち食卓に載せていいように成長してきた。

虫の活躍も見逃せなくなってきた。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

花のプレゼント

花のプレゼント

ハム子が雨の中ひょっこり訪ねてきて「じいちゃん長生きしてね。ちょっと早いけど誕生日プレゼント」と炊き立てのお赤飯に添えて「ウチョウラン」「ルビーの輝き」などの花をプレゼントしてくれた。

ルビーの輝きは初めて見る可愛い花。

ウチョウランは最も好きで愛している花。なかなか気難しい花で独立した鉢では何年も持たない。一鉢に5本も寄せ植えしてある。

この前園芸店にいっしょに行ったとき買おうか買うまいか迷って結局買わなかったのを見ていたらしい。

誕生日と父の日が重なるので別々に祝ってくれるらしい。

父の日が楽しみ。

恵ちゃんとデイト

恵ちゃんからデイトのお誘いがあって雨が降っていたが出かけた。

お寿司希望で行き付けのお寿司屋さんで会食。チョコット買い物。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

花友達・篠笛を楽しみま専科

花友達

散歩途中にいつも珍しい色々の花を咲かせている家がある。

花を見たいから必ず散歩のコースに入れてある。

今朝はその家の奥さんが水やりをしていた。以前ムべの実が欲しいと言ってきた奥さんだった。

いろいろ話をすることができた。花が話題で尽きることがない。

イワヒバの石付きを一つ差上げる約束をして別れた。

また仲間が増えた。

花が取り持つ縁

趣味の輪が広まって

増えていく仲間の

篠笛を楽しみま専科鶴ヶ峰教室

朝ハム子に送ってもらう。

女性軍全員欠席で男性軍6名。

各人持ち歌が増えてきた。特にライスさんは練習もしっかりやっているようだ。もう、年寄りが出る幕はなくなった。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

パソコン不機嫌・篠笛個人レッスン

パソコン不機嫌

今朝からパソコンが不機嫌で言うことを聞いてくれない。

約二時間間にあるをひっくり返したりして格闘。

どこがどうだったのか分らないがとにかく動く様になった。まだ完全復帰7ではなさそう。

バーチャンんー病気と同じ原因・故障個所が不明なのが気がかり。

篠笛個人レッスン

二俣川で篠笛の個人レッスン。

天気もよし自転車で。

先日の風の大会の話と反省。

風の大会以来笛に触れていなかったことが音色で分かってしまった。

でも、故郷、千曲川、知床旅情、月の砂漠、九段の母、同期の桜、戦友、

など、珍しく何曲も厳しくしごかれた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

パソコン不機嫌・篠笛個人レッスン

パソコン不機嫌

今朝からパソコンが不機嫌で言うことを聞いてくれない。

約二時間間マニュアルをひっくり返したりして格闘。

どこがどうだったのか分らないがとにかく動く様になった。

バーチャンの病気と同じ原因・故障個所が不明なのが気がかり。

篠笛個人レッスン

二俣川で篠笛の個人レッスン。

天気もよし自転車で。

先日の風の大会の話と反省。

風の大会以来笛に触れていなかったことが音色で分かってしまった。

でも、故郷、千曲川、知床旅情、月の砂漠、九段の母、同期の桜、戦友、

など、珍しく何曲も厳しくしごかれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

三笠宮智仁殿下御逝去・ナンテンの花・異常気象

三笠宮智仁殿下御逝去

ヒゲの殿下で親しまれた三笠宮智仁殿下6日午後御逝去。享年66歳。

謹んでご冥福をお祈りします。

ナンテンの花

玄関前に植えてあるナンテンが梅花ウツギに負けまいと一斉に純白の花芽を膨らませ始めた。

ナンテンは「難を転じる」と言われこの家を新築した時友人が持ってきてくれた。

真っ白い小さな花で真っ赤な実をつける。秋になるとこの実を狙って小鳥たちが寄ってくる。

お正月松飾の添え物としても活用している。

異常気象

冷たい雨が降って庭作業もできない。

散歩にもいかれない。それどころか「ホッとフラッシュ」がなかなか去ってくれない。体調が今いちなのはそのせいだろう。

こんなお天気じゃ庭の仲間たちもかわいそう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

花友達・梅花ウツギの挿し木

花友達

イワヒバの寄せ植えをしていると、

時々珍しい花の交換をしあっているOさんがひょっこり顔を見せた。

イワヒバの寄せ植え作業を見るのは初めてらしく熱心に見学していった。

彼が来たのはほかに目的があった。

「道路から見えたこの花が欲しい。」梅花ウツギを挿し木してほしい。ということだった。

梅花ウツギの挿し木

梅花ウツギを欲しいという人はほかにもいる。

挿し木の時期に若干問題があるがとりあえず一鉢挿し木をしてみた。

付くかどうかは結果待ち。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

庭の花々・花の世界・人間の世界・地下鉄サリン事件

庭の花々(クジャクサボテン・ツクシカラマツ草、梅花ウツギ)

庭のクジャクサボテン・ツクシカラマツ草、梅花ウツギがお互い競うように花を咲かせ話しかけてくる。

クジャクサボテン(黄色)

昔南松本の姉のところから輿入れしたクジャクサボテンの(黄色)が見事な花を咲かせてくれた。姉も早く元気になってほしい。

花の命は短くせいぜい3日。平べったい木からは想像もつかない何とも優雅な花。

今年は天候不順で花数が少ないのが寂しい。

でも、続いて白・赤が咲いてくれる。

ツクシカラマツ草

昔長野の義兄のところで大事にしていた鉢の脇芽を一本無理を言って戴いてきたものを増やしてきた。

小さなピンクの線香花火を逆さまにしたような可愛い花。

イワヒバの根に植えてやると葉の間から可愛い花を見せてくれる。

今ウチョウラン・セッコク・大文字草などと一緒にイワヒバと寄せ植え作成を楽しんでいる最中。

梅花ウツギ

畑の隅の梅花ウツギが満開。

この花は昔松本の双葉町の姉のところで咲いているのを見て惚れ込み一枝貰ってきて挿し木をしもの。

姉は一昨年千の風になってしまった。

汚れない純白でいくら見ていても見飽きない。亡くなった姉が訪ねてくれたような気さえする。

花は昔と全く変わることなく話しかけてくる。やっぱり複雑な花びらの組み合わせも律儀なほど狂うところがない。花の世界がいいな。

花の世界・人間の世界

固い絆で結ばれていたと思っても所詮は人人とのつながり。ちょっとした行き違いなんでもない一言の言葉が固いと思っていた絆を、信じられないほどあっけなく壊わしてしまう。人間って気まま、我儘。

一つ一つ目くじらを立てていては生きていけない。

やせ我慢も時には必要。何気なく受け流していくのがコツ。いやな奴との付き合いを継続する必要はないが…。

そんな思いをするやつを付き合いの相手に選んだ己を恥じるしかない。乗り越える手段は「我慢」しかない。

そう思ってあきらめるより仕方がない。

花の世界のまねはできない。

地下鉄サリン事件

地下鉄サリン事件・オーム真理教殺人などで特別手配中の菊池直子容疑者逮捕。相模原に潜伏していたとは驚き。

あれほど世間を騒がせた驚くべき大事件も時の流れ、口にする人も少なくなっている。

内閣改造(第二次野田改造内閣)

参議院で問責決議を受けた閣僚などの大臣を交代させ、民間人を一人採用させたが・・・・?誰がやっても代わり映えはしない。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

農協・日曜売出し・シャクナゲ・ソラマメ

農協・日曜売出し

新聞広告を見たらしくハム子から農協の日曜売出しに誘われ腰を上げた。

欲しいと思っていた全部アルミ製の草削り鍬を買ってきた。

これまでは木製で庭に置きっぱなしにするから木の部分が腐れて何回も買い換えてきた。

これで心配なくなった。さっそく使ってみた。畑のキュウリやナスの間の雑草も腰をかがめないで楽に採れるようになった。

シャクナゲ

畑仕事をしていると、散歩仲間のOさんが車で通りかかって「庭に咲いたというのシャクナゲの花とその実だ」と冗談言いながらメロンまでつけてくださった。

先日Oさんが入院した時見舞ったお返しらしい。

頂いた花で、玄関が華やかになった。

彼もすっかり元気になられてよかった。

ソラマメ

ハム子が苗を持ってきてくれた畑のそら豆が大きくなってきて少し収穫。

ソラマメは花が咲き終わって実をつけた初めは下を向いているが、実が熟して大きくなってくると、上()を向いてくる。ソラマメとはよく言ったものだ。

角度が下を向いた時が収穫の時期だと、ハム子が教えてくれ収穫も手伝ってくれた。

こんばんは初物のそら豆が食べられる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

風の大会

「風の大会」

五行歌福岡と神奈川の合同の「風の大会」12時から、藤沢産業センターで。朝ハム子に車で送ってもらって助かった。

福岡から参加された方もいて総勢118名。

山猿さんか書いた立派な看板にみんな驚いていた。

途中で「元神奈川県警の捜査1課長」と紹介を聞いて福岡の方が「本当か?」と聞きに来た。

お偉いさんの挨拶に続いて、冒頭篠笛演奏。「青葉の笛」「荒城の月」練習不足を度胸でカバーして何とか吹くことができた。病み上がりの年寄りが三曲続けては無理だということが分かった。

吹き終わってから何か一言を許されてちょっとおしゃべり。おしゃべりだけの方がよかった感じ。

大勢集まればいい歌があって勉強になった。

コメント衆の中ではルピナスさんとふくろうさんが高得点だったが入賞には一歩及ばなかった。

こんなに大勢の大会をまとめ実行された役員の方のご苦労は計り知れない。ご苦労様でした。

反省会は参加せずに帰った。疲れた。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

笛の俄練習・ムべが仲介の仲間

笛の俄練習

いよいよ明日は「風の大会」で篠笛演奏。昨日春野さんから確認の電話をいただいた。

練習不足なんて言っていられない。真剣に練習に取り組む。あとはくそ度胸が頼り。練習が煩いのか

「今まで何していたのよ」バーチャンの厳しい一言。お天気までが呆れたのか突然、雷で笑っていた。普段の怠け癖をいまさら悔やんでも手遅れ。

電車で行くつもりだったがこのところ足がふらついたり体調不十分と見たハム子が車で送ってくれることになって大助かり。

ムべが仲介の仲間

朝道路掃除をしていると散歩途中らしい人が恐る恐る話しかけてきた。

「毎年ㇺべの実を見させていただいています。家も垣根に這わせてみたいのです。ムべは挿し木で付きますか?試してみたいので一枝頂いてもいいですか」

株分けしてあったものを一本差上げ、イワヒバも一鉢おまけに付けた。

隣の町内の方で俺の職歴まで知っていたのには驚いた。悪いことはできない。

また植木友達が増えたようだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »