« 植木仲間・関内シミドウ教室 | トップページ | シャテンキのおかゆ・「足沼」(母の生家) »

2012年6月24日 (日)

生垣剪定

生垣剪定

生垣の柊の枝が通学路に伸びて子供たちを傷つけてはいけない。とハム子が選定に駆けつけてくれた。

朝6時から作業開始。二人だと作業は楽しく速い。道行く人がびっくりするほど切り込んだ。ついでに伸びた枝が壁をなでるようになった楡欅と蝦夷松も途中で切った。

ごみ袋8つ。

ハム子が柔らかいところはシュレッターにかけて堆肥にしたらいいと言い出した。

いい堆肥つくりは手間暇を掛けなくてはできない。これがまた大変な作業。シュレッターは中国製で、使いがってが悪い。その上長い間使っていないから錆びついていてすぐ動かない。

シュレッターにかけたものを堆肥造りの畑の穴に運びコヌカ・油粕と混ぜながら作業を進める。

夕方になっても作業終了とはならなかった。

まだ表側は手つかず。

|

« 植木仲間・関内シミドウ教室 | トップページ | シャテンキのおかゆ・「足沼」(母の生家) »

コメント

すごい!!!朝6時から夕方までの作業ですか?
お疲れさまでした!
ハム子さんがいらして下さって、大助かり♪
でも、一日仕事で大変だったでしょ。
ゆっくり休んで下さいね。呉々も無理しないでね(^^;

投稿: 撫子 | 2012年6月24日 (日) 19時24分

いつもながらハム子さんの手助けが貴重ですね。ゴミ袋8つは、相当のもの。どうか余り無理されないようにして下さいね。

息子家族や妹たちと、横須賀で昼食会。

投稿: 竹 | 2012年6月24日 (日) 21時16分

ハム子さんは、精神面の名医ですね。ハム子さんの指示通りに動かれれば、回復も早いと思います。

投稿: 山猿 | 2012年6月24日 (日) 21時57分

かなりハードな作業と察します。 一気に無理な作業は、あとで利いてくるから気を付けましょう(^з^)-☆

投稿: ライス | 2012年6月24日 (日) 22時01分

あずみ野便り その172(6月25日)

ハム子はスゴいですね。叔父さんもあまり無理しないでください。でもこれだけの作業が出来るまでに回復した証拠ですね。
今日は1日諏訪湖で撮影でした。小学生を集めてヨット教室が開かれていました。信州の梅雨明けはもう少し先ですね。

投稿: 広津のハルキ | 2012年6月24日 (日) 23時41分

「一家に一人、ハム子が欲しいと思った人?」きっと、今、真夜中にも関わらず、たくさんの手が挙がったと思います。藍ちゃんの千里眼です!

投稿: 藍弥生 | 2012年6月25日 (月) 00時06分

中国製には悪戦苦闘ですね~
親子で仲良くやっていますね~

投稿: 梅 | 2012年6月25日 (月) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生垣剪定:

« 植木仲間・関内シミドウ教室 | トップページ | シャテンキのおかゆ・「足沼」(母の生家) »