« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

畑の仲間

畑の作物

キャベツ

畑の隅に植えておいた3本のキャベツのうち一本だけの成長がほかのものに比べると培近い。サッカーボール位になった。

八百屋に出回るものも安くなってきた。

霜など寒さに耐えた野菜は一味も二味も違う。思い切って収穫。

キャベツの千切に若干の塩を振りかけて食べるのが好物。

ブロッコリー

ブロッコリーは野鳥に突っつかれて見るも無残な姿。ネットを掛けるのが遅過ぎた。でもこれから春先が楽しみ。

ホウレンソー

ホウレンソーは元肥が効いているらしく緑の色が濃く美味しそう。

田舎から送ってくる宅急便の中に必ず入っているホウレンソウはまた味が違う。厳しい寒さの中を耐え抜いているせいだろう、甘みがあっておいしい。こっちだはこの味は出せない。

怠い

寒さに負けて散歩もスポーツセンターもさぼり勝ち、運動不足のせいだろう、体が重く・怠い。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

難しい相談

相談

早朝から難しい相談。

元・人権擁護委員の肩書をどこからか聞きつけての相談。

男と女一緒になるときは勝手気まま。

夫婦になって別れる際はなかなか相手のあること、親権・財産が絡むと更に難しい。

一方のいうことだけを聞くわけにはいかない。双方の話を平等に聴き取らなければならない。どうしても言葉数の多い方、声の大きい方に耳を傾けやすくなってしまう。

間違っても、どっちがいい、悪いなどとは口に出さない。

結論は二人に任せる。言うにしても≪私なら…≫くらいが無難。できることなら関わりたくない。

警察や県に家庭相談の窓口があることを教えてやった。

その点草花の世界はいい。

咲きたいときに咲き、散りたいとき散っていく。色・香りも変わることはない。

雪割草が風に揺らいで笑っている。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

若者とデイト

和チャン,ガールフレンド,ハム子たちに誘われ横浜東口ソゴーで昼食をご馳走になる。
若い人たちの後をついて歩くのは大変。
途中で椅子を見つけて休憩。
疲れたわ、

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

お通夜

お通や

一時音楽隊員だったKさんのお通夜(享年80歳)

昔ちょっと一緒だったが。お付き合いは少なかった。

区内なのでハム子に送迎を頼む。寒いので助かった。

知っている顔が少なくなった。

ハム子を待たせてあったので精進落としはちょっと箸をつけただけで

失礼した。

「先を越されてしまった。お互い頑張ろうぜ」仲間が寂しく声を掛けてくれた。

仲間のお通夜は正直に寂しい。

謹んでご冥福をお祈りする。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

花のささやき

この東京ドーム世界ラン展で買って来た春ランの仲間の花が満開。
玄関先がなんとも言えない高貴な香りで埋められている。日が落ちえると花弁を閉じるのだろうか匂いもなくなる。花も夜は休むらしい。
二階ベランダでは雪割草のピンクと白、ぶるーの花が慎ましく咲いている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

雪割草

早咲きの雪割草が綺麗に咲いてくれた。
鮮やかなピンクでなんとも言えない優雅さ。いくら見ても飽きない。
昼は日光に充分当て、夜は家の中に取り入れて話し合いてになってもらっている。
ピンクより少し遅れているがブルーもちかじか咲きそうで楽しみ。
花との語らいが何より。
花たちをパソコンで紹介できないのが残念。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

狸小路

狸小路
山猿さんと久しぶり狸小路豚足や。
ここは半世紀に及ぶお付き合い。行き始めたころは高島屋はなかった。広場は相鉄の砂利置場だった。
店長は頑固で気があった。
そんな話をしながら昔話に花を咲かせた。
山猿さんの奥さんからお土産を頂いた。もうしわけない。
名前は知らないが顔を知っている客が何人かいた。
リキュウリュ酒いっぱいだけだがいい気持ちになった。
山猿さんお付き合いして下さってありがとう。
仲間のh氏がなくなったらしい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

パソコンの調子チャンの助っ人

パソコンの調子がおかしい。
和チャンが様子を見に来てくれた。
二時間もあちこち見てくれて、ようやくメールを送信できるようになった。
何故パソコンの調子がおかしくなったか、原因がわからないらしい。iPad
でこの文章を送信してみた。
年寄りが色々いじり回すのがいけないことが分かった。
また明日挑戦。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

個人レッスン

篠笛教室

二俣川篠笛個人レッスンの日。

先日の東京ドームの世界らん展の状況をipadで報告。

月の砂漠、青葉の笛、赤とんぼなどの復習。

自転車で行ったがそんなに寒さを感じなかった。

途中出会った町内の人に「自転車大丈夫?気を付けてね」と注意された。危なっかしく思うらしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

鉢の移動・瞑想の世界

日中日が差して暖かくなってきた。棚下の雪割り草の花芽が膨らんできた。もう待ちきれずに二十鉢ほど二階ベランダの窓下に移動させた。

先に移動させたものは可愛い花をわずかな風にも揺らせながら微笑みかけてくる。今年はピンクの色が鮮やかでまぶしい。

この花を好きだったあの人は今頃どこえお旅しているのだろうか。

花が咲けばきっと見に来るよと言っていたが。

花はさまざまな瞑想の世界に導いてくれる。一日中見ていても飽きない。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

OB囲碁大会

OB囲碁大会

みんながよく来たねと歓迎してくれた、

三段の部で二勝二敗で2位。

賞品をもらって雪も積もりそうなので早めに切り上げ。

西口狸小路も気なったが雪が気になり時間も早いし寄らずに帰る。

昔の仲間に誘われたが次回ということで断ったのは正解だった。

タクシーを降りても階段付近は雪が積もっていて滑りやすく這うようにした無事帰宅。

来年の参加は無理かもしれない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

叔父と甥の往復書簡

叔父と甥の往復書簡

故郷安曇野のハルキ君がブログ「里山の日誌」を立ち上げ故郷の四季折々の様子を紹介してくれていた。

安曇野から横浜に居を移して半世紀、年に一度のお墓参りが精いっぱいの年寄りにはかけがえのない癒しとなった。

暇に任せ折に触れてコメントを書き込んできた。

このたびオジとオイの往復書簡として一冊の本にまとめてくれることになった。冥途への格好の土産。

完成は5月ころとなるらしいがそれまでは何としても頑張らなくっちゃね。

完成祝賀会をハルキ君にも来てもらって横浜で大勢の皆さんに来ていただいて盛大に開催予定。

篠の三刷目も体調を見ながら少しずつ進んでいる。

年のせいだとは言いたくないが長時間PCに向かっているのは無理。でもどうしても仕上げたい。

こうしてやるぞやるぞと言って自分自身にムチ打っているのよ。負けてたまるか。

ハルキ君頑張ってね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

世界らん展

世界らん展

東京ドームで開催されている世界らん展へ。

寒いし遠いから今年はTV報道で我慢しようと思っていた。

毎年一緒に行っている恵ちゃんが「じいちゃん今年はどうするの?」と声を掛けてくれたのがきっかけでその気になった。山猿さんに声を掛けるとまだ一度も行ったことがないから是非行ってみたいといことで急遽ドーム行きが決まった。

日曜日とあって人が一杯。花をゆっくり鑑賞するような雰囲気ではなかった。

中年のおばさんたちが主流で年寄りは少なかった。

迷子にならないように山猿さんのゴマ塩頭を見失わないように付いていくのがやっと。

それでも折角行ったのだからと適当なものを記念に一鉢購入。

メぐちゃんの案内で去年も行ったことがあるホテルの食堂で軽い昼食。

人混みの中を歩き回って咽喉が乾いていたせいか一杯の生ビールの美味しかったこと。

もう来年は無理。

恵ちゃん山猿さんご苦労様でした。

購入してきた鉢を玄関に置くと香りもよく素敵な買い物だった。それだけが慰め。

疲れた足がガクガク。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

冷たい風。パソコンストライキ

冷たい風が肌を刺す。庭作業は中止。
パソコンの調子がおかしい。
少しあちこち触ったせいだと思う。
使いこなしていない。パソコンにいいように操られている。
負けてたまるか、今に見ていろ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

負けてたまるか、さとがえり

負けてたまるか 里帰り。
最近になって負けてたまるかを読みたいと云う方が出て来た。絶版になっているから探すのが大変。
純ちゃんに頼んで探してもらった。
ほとんど新品に近いものが八冊も探して送って頂いた。
お土産付きで感謝.純ちゃん有り難うございました。
お読みになりたい方は今ならお譲りかもしれません。
いい本ですよ.本当。
よくこれをまとめたものと感心しているところ。
三冊目もしっかりやらなければね。
時間と根気の闘いだ.ご支援お待ちしています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

シミドウ篠笛教室

シミドウ篠笛教室
s先生もきてくださって音出しの基本を丁寧に教えて頂いた。
院長先生に美味しいお蕎麦をご馳走になった。
出席者は院長さん、藍ちゃん、ナンコウサン、nさん。
色々勉強になった。
みんなそれぞ忙しく時間が 早く終わったので西口ノアカチョウウチンに顔をでせなかったのは残念。
早く帰って、バーちゃんが驚いていた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

雪割草の訪問

jbkを休止してみたが、何となく手持ち無沙汰。
コメント衆との会話がなくなった事が、こよなく寂しい。
窓辺に移た雪割草が可愛い花を咲かせて慰めてくれている。
この花を好きだった戦友も話しかけてくれている。
明日はシミドウ篠笛教室。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

戦友に学ぶ

戦友に学ぶ

 

昨日スポーツセンターでO戦友に会った。

末さんと同じ時期食道がん手術。再発後きつい治療を受けながら。病を治すのは患者本人の気力・免疫力。と杖を突きながら散歩に取り組みきつい副作用も乗り越えてきた。

食道が詰まって十分な嚥下ができないのを一滴の水を時間を掛けて飲み込み次オカユにも挑戦…。免疫力は水一滴でも自分の口から摂取し、歩行に勝る運動はなしと散歩を開始してスポーツセンターまで足を運んできているとのこと。

この精神力・気力には学ぶべきものが多い。

奮闘を祈る。

Oさんは知っている方もいるので参考までお知らせした次第。

今日は風邪気味で足もふらふらするのでスポーツセンターはお休みにした。

散歩を兼ねてハム子のところまで自転車で。歩けばいいのだがふらつきが気になってつい自転車に頼ってしまう。

雪割草

二階ベランダに移した雪割草が「元気を出せよ」と花を咲かせ話しかけてきてくれている。

「負けてたまるか」

最近になって負けてたまるかを読みたいという人が出てきた。絶版になっていて手持ちもなくなった。

純ちゃんにお願いして探してもらうことにした。

JBKを休止しても書くことがあるうちは続けていきたい

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

JBK

JBK休止

昨日JBKのしばらく休止を宣言した。

何となう寂しい気がする。

でも広津のハルキくんとのオジとオイとの往復書簡やかねがね口に沿ている三冊目の原稿セリなどかえって忙しくなってきた。

じっと強いられない性分なんだね。

恵ちゃんとデイト

久しぶり恵ちゃんからデイトのお誘い。

彼氏のご両親が横浜に出てこられて、スカイラーク29階レストランで一緒にビーフステーキをご馳走になる。素敵なご家族で楽しく美味しい昼食だった。

「負けてたまるか」

「負けてたまるか」をぜひ読みたいという方が出てきた。もう絶版で書店で探すことは難しい。西田書店の純ちゃんにお願いして集めてもらうことにした。三冊目を早く出さないといけなくなった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

JBK友の会・休憩

暫く休憩したいと思います。

JBK友の会も毎日更新を続けてきたが、年とともに疲れてきた。

この辺で毎日更新をやめて好きな時に、また特別な時に書くことにしたいと思う。

毎日コメントを書き込んで励ましていただいた皆さんには申し訳ないと思いながら気力の衰えがはっきりじぶんでわかるようになった。

今でも毎日平均186人もの方がアクセスしてくださっているのに申し訳ないと思います。

大変ありがとうございました。心から御礼申し上げます。

庭の花の様子などは変化があったとき書き込んでいきたいと思います。

元気であるというシグナルになるかどうかわかりませんが藍ちゃんの藍弥生の世界」にはお邪魔したいと思っております。

ご意見があれが遠慮なく申し付けてください。

大変ありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

花の命

花の命

外に一歩出ると寒気の流れのせいか冷たい風が肌を刺す。

花を咲かせた雪割草・クリスマスローズがそんな環境に立ち向かうように花数を増やして春はもう直ぐだよと語りかけ、咲き続けている。

花が咲いている鉢を二階ベランダに移しカーテン越しにいつでも話し相手になってくれるようになった

暫くは咲いてくれそう。

何もかも

黙って

話し相手に

なってくれた

雪割草

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

パソコン反乱
どうもパソコンの調子がおかしい。云うことを聞いてくれない。
仕方なくiPadで送信することになった。
暇に任せてあちこち触ったのが気に入らなかったようだ。
きょうは篠笛教室個人レッスンの日。
お話のあと赤とんぼ、青葉の笛を中心に教えて頂く。
雪割草が咲き出して話し合いてになったくれる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

雪割草・クリスマスローズ

雪割草

雨というよりみぞれのような冷たい冬のプレゼント。

予報によると午後から明朝に本格的な雪に変わるらしい。

開花した雪割草は家の中に取り込んだまま。

日が落ちると花をつぼめていたが、曇っていても日の出時間を過ぎると、花を開いて優しく話し掛けてくる。話し相手には最高。

外には出られない、黙って聞いてくれるからたっぷりいろんな話ができ

やるせない

秘かな想い

籠めて

咲く

雪割草

クリスマスローズ

雨の日はナメクジが活発に動き出す。雪割草などせっかく出てきた新芽が狙われる。傘をさして棚の様子を見に行くと。暮れにハム子がプレゼントとしてくれたクリスマスローズの花が満開になっていた。

極淡いピンクの花がひっそりと咲いていた大きめの葉に隠されてので気が付かなかった。

雪割草にばかり気を取られていてすっかり忘れていた。

花は寒さや雪は気にならないらしい。頼もしい限り。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

次々花を咲かせる雪割草

次々花を咲かせる雪割草

大事にしてきた雪割草の花が咲きだすと次ぎから次と可愛い花を競うように咲かせてくれている。

二階のベランダ・窓際に移し暇さえあれば話し相手になってもらっている。

先日サカタのタネでちょっと奮発して購入してきた「桃仙」ピンクの千重咲で何とも優雅。いくら見ていても飽きない。

根元の方に小さな蕾が隠れていて当分は楽しめそう。

サカタのタネで20万円の値札がついていたものと見劣りがしない。(そう思って眺めている)

雪割草をこよなく愛していた戦友たちも見に来てくれていることだろう。

増やしても後のことが心配だが、違う色のものを並べてやりたい・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月 4日 (月)

つくののおサルちゃんが鶴見神社で豆まき

つくののおサルちゃんが鶴見神社で豆まき

コメントによると、つくののおサルちゃんが鶴見神社で豆まきをしたことが分かった。

貴重な体験をされた、おサルちゃんのコメントをそのまま搭載する。

「ひと鉢何十万円もする花はまさに高嶺の花ですね。きょう、鶴見神社さんにお声をかけていただいて節分の豆まきに参りました。厳かな祝詞を聴き神事のあと、五合升をうけ取り赤い色の壇上に上がって豆まきです。私はまさか私まで豆をまくとは考えてもいませんでしたが、お預かりした升にはなんと私の名前が書かれていて驚きました。このような体験は生まれて初めてでした。深く心に刻みました。お祭りの宴席で先日大船でお目にかかったSさんにお会いしました。篠先生の関係というUさんという女性にもお会いしました。

投稿: つくののおサル | 20132 4 () 0248分」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

サカタのタネ・雪割草フェアー/

節分

豆まきは省略

サカタのタネ・雪割草フェアー

和ちゃんハム子に誘われてサカタのタネ・雪割草フェアーへ。

浮き輪理想高価なものは一鉢20万円もの値札がついていた。そんな高価なものは見るだけ、目が合った手頃なものを4鉢棚の仲間に。

オカユ

和ちゃんの希望で中華街へ足を延ばして行きつけのオカユ屋さんでオカユ。日曜日とあって行列ができていた。

おいしかった。

バーちゃんのお土産に肉まん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

梅の花・おふくろの悩み

梅の花

鉢植えの梅の花芽が膨らんできた。

この梅の木は現役最後の強盗殺人事件犯人検挙の記念の木。

ホシを検挙して記者会見の日、懇意になった盆栽愛好家が大事にしていた樹齢百年ともいわれる梅の盆栽。相当のポケットマネーを奮発して譲ってもらったもの。

「あと数時間で新任地(警察署長)へ転勤と決まっての犯人逮捕の記者会見の感想は?」

一言多かったためか?誰が見ても左遷と思われる転勤。

ごく親しい記者からの質問についホロリとしまった。そんな状況が翌日囲みの記事になった。

そんなことも知っている思い出がいっぱい詰まった木。。

思いのままの大木で毎年きれいな花を咲かせてくれている。うちの棚の中で一番大きな存在。

今年は夏場の乾燥が祟って花芽は少ない。

一緒に泊まり込みをして捜査をしたOさんはすでにいない。彼が元気であれば一杯酌み交わし梅の花見をしながら昔話ができたのに残念。

長生きし過ぎると話し相手もいなくなってしあう。贅沢な悩み。

おふくろの悩み

98歳で天寿を全うしたおふくろが「あまり長生きし過ぎるとお葬式してくれる人がいなくなってしまうからな。いい加減にしておかないとな。

「長生き」を笑い話のネタにして笑わせていた。

長生き長生きって言うがな

あんまり居座ってると

葬式してくれる人

いなくなっちゃやしないかと

98歳おふぅろの悩み

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

篠笛を楽しみま専科鶴ヶ峰教室

篠笛を楽しみま専科鶴ヶ峰教室

何もしなうちに、アッと言う間に一か月が終わってしまった。

ハム子に送ってもらう。

出席者山猿さん、ナンコーさん、春野さん、Fさん、山さん,篠の6人。

今日で世話人代表を辞任山猿さんに引き継ぎ手続きも済ませる。

山猿さん司会でいつもの通り練習。持ち歌もそれぞれ落ち着いてきた感じ。

帰りいつものところで昼食。

篠笛をしなければこうして顔を合わせることがなかったね。誰が言うともなくそんな言葉が出ていた。

篠笛が繋ぐ不思議な絆。

サカタのタネ

3割安の広告に釣られ、玄関先まで運んでくれるので

いろいろ注文。

明日から忙しくなりそう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »