« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

里芋堀・ウコッケイの卵

サトイモ堀り

サトイモの葉が霜にあって枯れてきた。

そのままにしておくと葉の根元から腐れてしまうことがある。

大きな株を選んでサトイモ堀。

本当は霜が降りる前に掘り起こすべきだったかもしれない。

水道に近いところは水が良くいきわたっているから芋の成長がよく子芋がたくさんついている。

畑の水道が凍っていて桶には5ミリ以上の氷が貼っていて冷たい。

取り敢えずお正月中の煮物用に使うだけあればと半分以上残した。

ウコッケイの卵

この時期になると昔コロシのホシを追いかけた探偵仲間が生みたての卵を送ってくれる。

有難いことだ。これでまた長生きできそうだ。

ありがとうございました。

野沢菜漬け

ハム子が松本の叔母達から送っていただいたのをお裾分けすると言って野沢菜漬け、キウリのカス漬けなどを持ってきてくれた。

これで安曇野を偲びながらお正月が迎えられそうだ。

年賀状

今年はいろいろ悲しいことが重なったが喪中のハガキも出せなかった。

お許しください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

歳末の差し入れ

歳末の差し入れ

ハム子から年末年始用のミカン、メロン、リンゴ、など果物、おれが好物のユリ根など心のこもったものの差し入れが届いた。

寒さに負けて外出は控え、TVの相手で時間をつぶす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

孫達とデイト・PC不機嫌

孫達とデイト

恵ちゃん、和ちゃん、恵ちゃんのBFと横浜西口でデイト。

年末でどこも満員だったが、惠ちゃんが予約をしてくれていたおかげ待たずに席が取れた。

来年の恵ちゃんたちんハワイの結婚式のことなど話題は楽しい内容で時間を忘れた。

みんなに「おじいちゃんそれまでは何としても元気でいてね。」と励まされ通し。

バ_ちゃんと別々に早めのお年玉ももらった。

美味しかったし楽しかった。

どこも人で一杯。年寄りは若い者に縋ってよちよちついて歩くのが精一杯だった。

でも何とも楽しい一日だった。

PC不機嫌

ここのところPCが言うことをきいてくれなくて往生している。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

デイトの約束

デイトの約束

惠ちゃんと明日昼食の約束。忘年会か?

今日は風もなく好天気で富士山もすっかり冬化粧をしてお目見え。

寒いからどうしてもベッドから離れられない意気地なさ。

雪割草も確実に蕾を成長している。早くお目にかかりたいもの。

鉢の移動時期を誤ったためお正月には見られないのは残念。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

楽しさいっぱいの年末納め会

楽しさいっぱいの年末納め会

昨日の集まりは楽しかったね。皆さんからのコメントがそれを物語っている。

大事な宝物をいただいてしまって本当にいただいてしまってよかったのかと心配しています。

JBK友の会へのコメントも普段の何倍もの行数で、一行一行にその雰囲気が伝わってきます。

皆さんご苦労様でした。新年会が今から楽しみです。

いい方とお会いするのは本当に楽しいですね。

これがいい生き方と言うんでしょうね。

よろしくね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

篠笛・シミドウ教室関連懇親会

篠笛・シミドウ教室関連懇親会

ハム子に送ってもらう。

ハム子もオジイチャンがいつもお世話になっている方々だからと手造りのお菓子を差し入れてくれた。

鶴見・シェ佐山であちこちの教室有志・気心があった昔仲間などとの懇親会。

先生も特別ゲストとして参加してくださった。

和気藹々楽しいひととき。

店長が気を遣ってくれて料理もおいしかった。

帰りは山猿さんと一緒に歩いたが無事家までたどり着くことができた。

先生が一曲演奏してくださって引き締まった。

予報ではお天気が危ぶまれたが何とか持ちこたえてくれた。

あんな素敵な音色はいくら練習しても出てきそうもない。

切り上げ時かもしれない・・・・。

画伯さんから素敵なものをいただいてしまった。ありがとうございました。

宝物が増えた。大事にしよう。

藍ちゃんたち女性軍有志は帰り画伯が出品している展覧会へ足を延ばしたらしい。元気がいいね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

オヤキ

オヤキ

「オヤキ作るから焼きたて食べにおいでよ」

ハム子からの電話で起こされ顔を洗ってそのまま自転車で出かける。

手袋を忘れて行って、失敗した。結構寒い。

安曇野のおバアチャンから教わったとお売りの作り方で、美味しかった。

帰ってから水やりをして寝ころぶ。

髭だけはおんなじように伸びるから不思議。

食事前に、朝酒はおいしいよ。とうまい焼酎を一杯ご馳走になって焼きたてのオヤキをご馳走になって帰る。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

雪割草

雪割草

好天気に恵まれ庭の仲間も元気いっぱい。

雪割草の蕾がまた一段と大きくなってきた。

花の世界はいい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

手持ち無沙汰・もの悲しい暮れの風景

手持ち無沙汰

寒さが骨身にしみ込み、庭作業もお手上げ。

それでも庭の仲間の様子が気になって畑に出てみると雪割草、春蘭など棚の仲間が元気よく出迎えてくれる。

蕾が大きくなった一鉢を二階ベランダに運んで暇さえあれば様子を見ている。

置き場所が気に入ったらしく蕾を膨らませ始めてくれた。

毎日見られているのに照れているのかそんなに変化は見せない。

貰える当てのないお年玉を入れる新聞紙を折りたたんで作った紙財布を枕元に置いてお祈りした幼かった頃が懐かしい。

お正月が来るのを指折り数えていた幼かった頃。

今年は頼りにしていた田舎の甥達に先を越され寂しさだけが重く残った。

みんな元気に再会できただろうか?

悲しさ、切なさ、やるせなさだけが目立つ今年・・・・。

悪いことばかりは続かないよ来年はきっといいことがやってくるよ。

と優しい仲間の励ましをもらって元気が出てきた。

それでもそれは容赦なく確実にやってくる。

年を取ったな…。

笑わないでよね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

食欲不振

食欲不振

体調不良か?

運動不足が主原因は明らか。

その気持ちはあるものの寒さがそれを遮る。

それでも体重が1キロばかり減った。これは大きな成果

年寄りは無理することはない三途の川を渡るだけの体力さえ残しておけば問題はない。

ベッドに潜って年末用放送にしがみつくだらしなさ。

年は取りたくないね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

デイト

デイト

和ちゃん、彼女、と伊勢佐木町デイト。

ハム子に送ってもらい行きつけの中華店で昼食。

街は年末の雰囲気に包まれ賑やか。

和ちゃんが靴が欲しいということでクリスマスプレゼント。

篠も一緒に散歩用に軽い靴を一足購入。

ハム子は現物を希望・・・・。

顔なじみの店員が

「おじいちゃんと一緒にお買い物なんて今頃の若い人は言うことを聞きませんよ。幸せですね」

その通りだと思う。

猪瀬知事辞任

多額のお金を担保もなしにもらっておきながら、曖昧な答弁。

ニュ_スにもならない・・・・。

候補者は出たい人はいるだろうに、選挙は後出しジャンケンで後で出てきた方が有利と言うことで、まだ名乗りを上げていない。

真剣にやってくれないと都民はやりきれない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

栗ご飯・植え替え

栗ご飯

「美味しい栗ご飯ができたから取りに来てよ」

朝早くハム子から電話をもらって自転車で出かける。

田舎のおばたちに毎年贈って喜ばれている。その中の一パックをお裾分けするということだ。

赤飯、煮物なども一緒にもらって帰る。

植え替え

サカタのタネで購入してきた春蘭を新しい鉢に植え替えた。

値段は高いが来春が楽しみ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

ドンヨリしたお天気、新しい仲間

ドンヨリしたお天気

何といっても12月も半ば過ぎてくると街も師走ム‗ド一杯。

畑の松も枝振りのいいのを松飾用に大事にしてきたが、暮れ真近に思わぬ不幸が飛び込んできてしまった。

書こうと思ていた年賀状、今年は失礼して書かないことに決めた。

訃報のご挨拶もどうしても書く気になれない。

これから頼りにしようと思っていた甥たち二人の訃報は老骨にはショックだったようだ。

暮れの休みを利用して遊びに来てくれることになっていたのに・・・・。

いまだに信じられない雰囲気。

ブログを見ておられる方々にはこの紙面でお許しいただくことでご勘弁願うことにした。

お許しください。

大勢の方々からお見舞い励ましのお言葉をいただきもう少し生きていく気にさせていただいた。

買い物

サカタのタネから年末割引の案内が来てハム子かお誘いがあって出かける。

もう増やさないつもりだったが新種の雪割草と春蘭の苗に手が出てしまった。

これはほとんど病気。

来春の花との対面が楽しみ。

植え替えをしたいが冷たい雨で断念。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

篠笛個人レッスン

篠笛個人レッスン

二俣川で篠笛個人レッスン。

雨が降りそうなのでタクシ_利用。

青葉の笛・世界は二人のために等ご指導願う。

旅行の疲れか肩こりがひどく頭痛もひどい。

帰りいつも行き付けのマッサ_ジ。

焼き鳥屋から懐かしい匂いが漂ってきていたが雨が降りそうなので誘惑を押し切って帰宅。

正解だった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

蕾を膨らませてきた花の仲間

元気な花の仲間

雪割草の成長がすごくいい。

寒さに立ち向かって闘っているようだ。

やっぱり寒い時の花だ。蕾の膨らみは寒さ知らず。厚物の綿入れを着込んだような感じ。

早いものは花の色を覗かせているものもある。

ブル_、ピンクが早く咲きそう。

花との話し相手が一番。

いろいろ気を遣うこともない。

ただひたすら水を切らさないようにしてやればいい。

でもお日さまの光が欲しそう。

今日みたいにどんより曇った日はあまり好きではないようだ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

PC不具合

PCの具合がおかしい?

陽気の変わり目化か安曇野旅行以来PCが言うことを聞いてくれない。

年寄りだと思ってバカにしているのかもしれない。

安曇野ではみんなが80歳を超えてPCを持っているだけでも話題のタネだよとか言って煽てられてきた。

横浜では通用しそうもない。

JBK友の会通信だけでも継続していきたい。

それにしても今晩は冷えるね。

藍ちゃんいろいろありがとうございました。

PC参与ご機嫌を直してよね・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

畑の仲間レタス

畑の仲間

霜が降りたり寒気が強まってきてモロッコインゲンなど畑の仲間はやられてしまった。

そんな中ブロッコリ‗、白菜など冬野菜は生き生きとして元気。

野菜不足を補う意味を含めてレタスを収穫。

「新鮮なお野菜を自家栽培なんて羨ましいですね」

通りすがりの奥さんが声を掛けて通り過ぎていく。

一株差し上げるほど親しいわけではない。

でも声を掛けられるのは嬉しい

| | コメント (7) | トラックバック (0)

レタス

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

和ちゃん来訪、新しいipado

和ちゃん来訪

朝早く和ちゃんが尋ねてきた。

これでいつでも爺ちゃんとコメントができるねと、新しいipadoを見せに来たのだ。

安曇野旅行に付き合ってくれた記念にPC購入に手を貸してやろうと思っていた。

俺が持っているものより性能がいいらしい。

孫は可愛いね。

今日はこれからデイトらしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

安曇野便り

夕べ安曇野から電話があった。

寒い中、体調も悪いのに遠方からS君の告別式に参加したことへの労いの言葉だった。

S君今頃どこを旅しているのだろうか。

ジジ・やババに巡り抉り巡り合えただろうか?

「あの子はいちばん親思いの孝行ものだった・・・・のに最後こんな悲しい・辛い思いをさせて…」と涙していたお母さんの涙が蘇えって切ない。

庭の仲間

雪割草・春蘭など庭の仲間が元気よく慰めてくれている。

それにしても目のショボショボが改善の兆しも見せないのが切ない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

雪割草

雪割草

寒さ厳しさが増す中、棚の雪割草の花芽がだんだんふくらみを増してきた。

水遣りの失敗で葉が全部落ちてしまった株も寒さをまったく気にする様子を見せないのは頼もしい。

落ち込んでいる育て主に頑張れとエ_ルを送ってくれているようだ。

初めて会う花もあって成長が楽しみ。

できれば花が咲く時期までにその容姿をブログで紹介出来うように勉強したと思っている。

これは願望。

長旅の疲れか眩暈・痺れ・肩こりが収まらないのはちょっと気がかり。

今日もベッドで不貞寝療法になりそう。

年には勝てそうもない

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

無事帰宅、お悔やみ。慰めありがとうございました

無事帰宅

告別式が終わって親戚の人たちが何か話したがったが、勤めのある和ちゃんを理由に帰宅の途に付く・

道は思っていたより空いていた。

玄関にたどり着き本当にほっとした。重い辛い涙を背負っての旅は終わった。

JR中山駅までハム子が迎えに来てくれて助かった。

風呂で汗と涙を流しl

今晩はぐっすり眠ることにした。

皆さんお悔やみ、慰めのお言葉ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

安曇野・お通夜

安曇野・お通夜

先日亡くなったS君のお通夜。

和君が同行してくれる。

雪道は不慣れと言うことで、電車で行くことになった。

JR中山駅までハム子が送ってくれる。

最近はいつも車旅だった。電車は久しぶり。

それにしても辛い、悲しい旅。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

寒い

寒い

朝目が覚めると一番先に出てくる一言、「寒い」

明日は安曇野行き。

安曇野はこのところ寒さが一段ときつくなってきたらしい。

和ちゃんの仕事の都合で出発午後らしい。

その方が路面の凍結も溶けていて安心。

それでも凍結を避けて松本までは電車にすることになった。

スノ_タイヤを履いても馴れないからより安全を考えているらしい

「温かくしていきなよ」

ハム子から警告。

一段と寒くなっている安曇野行き。

眩暈・痺れが心配だがそんなことは言っていられない。

午後から日差しが差してきた。

ミセバヤ・ドウダンツツジ

霜にあたったミセバヤ・ドウダンツツジが見事な紅葉で存在感を示している。

紅葉の命は短い、既に一部散り掛けてきた。

雪割草の蕾も一時ほど成長が見えない。

蕾部分だけの頭を出して寒さを待っていたかのように辺りの様子を見ている感じがする。

寒さが厳しくなってきたせいか明け方から救急車のサイレンが絶えない。

どこかに止まるとその近くの仲間の顔が浮かぶ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

訃報

訃報

田舎から突然の電話に驚いた。

姪の連れ合いの訃報。

S君56才

交通事故だという。

詳しい状況はわからない。

俺が田舎に行くと、痒いところに手が届くといった細かいところまで気遣いを忘れない好青年だった。

12日お通夜

13日告別式

和ちゃんが一緒に行ってくれることになった。

向こうの状況はよくわからないが、路面凍結が怖いということで電車で行くことになった。

俺が代わってやりたい。

御冥福祈るのみ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

眼鏡発見

眼鏡発見

昨日携帯用の眼鏡をどこかに置き忘れて、しまった。

今朝掃除の際ベッドの下に掃除機を入れたところカタカタと音を出して眼鏡が出てきた。

今日は買いに行こうかと思っていたところだったので大助かり。

ジャンバ_のポケットに入れていたのがすべり落ちたようだ。

たまには掃除もするもの。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

本格的な冬?マグロ

本格的な冬?

朝晩の冷え込みは本格的になってきた。

ヒヨドリが狙っているレタスを収穫。

柔らかくて美味しそう。

マグロ

むかしのなかまが新鮮なマグロを送ってくださった。

今晩はおいしい刺身が頂けそう。

ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

優しいコメント

優しいコメント

ここの所皆さんのコメントが優しくて感涙せざるを得ない。

年のせいばかりではない。

こんな年寄りはほかにはいない。

人を観るには、付き合っている人を観よ。と昔の人が言っていた。

本当にその通り。

みなさんありがとう。

JBKもいつ書けなくなるか分からない

息のあるうちにお礼を申し上げることにした。

そういう奴に限って長生きするんだよね。

誰かの呟き聞こえる。

日が暮れるのが早くなって植木に水をやるのを忘れてしまった。

一日くらい我慢してもらおう。

雪割草の蕾はますます大きくなってきた。

楽しみは色々のところにある。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

篠笛鶴ヶ峰教室

篠笛鶴ヶ峰教室

朝ハム子に送って貰う。

参加者

フクロウさん、春野さん、山猿さん、、ライスさん、ナンコさん、Fさん、Yさん、篠の8人

恒例の近況報告では皆さんそれぞれ個性あるものだった。

音出し代わりに荒城の月。

後はそれぞれ想いを込めた持ち歌を披露。

持ち歌はみんな真剣そのもの。

昼食は山猿さんの案内で二俣川に移して居酒屋さんでビ_ルで乾杯。

あとはそれぞれ自分のお好みのもの。

一本の竹が取り持つ不思議な縁。

フクロウさんのオカリナ演奏は圧巻だった。

気にしていたが、笛を吹きだすと不思議に眩暈は消えていた。

忘年会

教室の忘年会を、12月26日藍ちゃんが設定してくれた鶴見のシェ佐山で行うことも決まった。

藍ちゃんよろしくお願いします・

当日は笛を吹かない方もどなたでも参加OKです。

特にIBK友の会のメンバ_方お忙しいと思いますがお仲間をお誘いして沢山参加してください。

JBK友の会

JBK(丈夫で、ボケずに、コロリンコ)の極意を語り合いましょう

お待ちしております。

詳しい時間は後日お知らせいたします。

みなさんふるって参加してください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

篠笛k二俣川教室。車輪梅

篠笛k二俣川教室

お天気もよし自転車で参加。

講話の後。世界は二人のために。青葉の笛を中心に教えていただく。

帰りの自転車は汗ばむほど。

雪割草

雪割草ん成長のいいのを棚下に移動。

直射日光をすこしでも避けるためだが効果のほどはわからない。

効果が分かるのは来春。

庭のボケの花が咲きだした。何か俺を励まして居るようにも見える。

車輪梅

靖国神社の境内から頂いてきた車輪梅ガ純白の花を咲かせている。毎年変わることなく咲いてお袋や靖国神社のことを思い出させてくれる。

安曇野の実家庭にもこの兄弟分が植えてある。

お袋は靖国神社の花だと。大事にしてくれた。

そういえば今年は体調不良を口実に神社の参拝を結略してしまった。

車輪梅の花はは家の庭のあちこちで毎年欠かさず咲いて四季折々の便りを届けてくれる。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

ボケはとうとう本物

ボケはとうとう本物

今日は篠笛個人レッスンの日と思って自転車で出かけた。

地区センタ_待合室でいくら待っても先生の姿がお見えにならない。

受付に問い合わせると今日は笛の日ではないことが分かった。

また明日出直しとなった。

ボケもいよいよ本物になった。帰りの坂道自転車が嫌に重かった。

帰ってふて寝。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

雪割草・眩暈

雪割草

一番蕾が大きなった雪割草を一鉢二階ベランダに移し見たい時に見られるようにした。日当たりが良いこともあって背長が早い。

この分だとお正月には花が見られるかも知れない。

眩暈

草花は順調に成長している中眩暈は相変わらずで憂鬱。

いつまでもゆっくり寝ているに限る。というアドバイスはありがたいがこのままベッドのお世話になったままお正月を迎えるわけにはいかない。

雪割草などに薄い液肥の追肥

害虫

お天気が良いせいだろう、せっかく伸びてきたサヤエンドウの新芽が一晩で見る影もなくやられてしまった。

根が残っているので復活を祈って見守ることにした。が・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

雪割草の仲間・ヒヨドリ

雪割草の仲間

送られてきた園芸雑誌を見ると雪割草には種類がたくさんあって高いものは一鉢何万円もするものがあることはわかった。

写真を見ると確かに見事だがとても何万円も出して購入する気にはならない。

ヒヨドリ

庭の南天の実が熟して真っ赤になってきた。今年は天候のせいか実が大きい。

暫く静かだったヒヨドリが甲高い声で仲間を呼びながら啄んでいる。

正月用に一枝だけは残して後は鳥たちにあげることにした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

抜けない怠け癖

抜けない怠け癖

一度住み着いた怠け癖は。ちょっとやそっとで退散してくれない

やりかけた雪割草などの植え替えも中途半端のまま。

このまま冬に突入してしまいそう。

でも今度購入した雪割草は、園芸雑誌を見ると品格があって花を見るのが楽しみ。

あちこちで初雪が観測されたというニュウスに慌ててしまう。

年寄りが無理をしなくてもいいと言う声についつい甘えてしまう。

それにしても眩暈と。手足のしびれは居座ってしまったようだ。これから長い付き合いになりそう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »